京都カフェ(&レトロ食堂)めぐり♪



前回の記事。京都は大谷大学響流館を訪ねたあと、
写真展とワークショップの主催者大桑千花さんと、同行友人ミキさんの3人で、
大学近くのカフェでお茶タイム。
この日はむちゃくちゃ冷えた日で、カフェまで歩く道すがらも「寒い寒い」の連発。

京都はオサレなカフェの宝庫。
なかでも京都らしいのは、やっぱり町家カフェ。

d0005397_1929884.jpg

あとで知ったけど、こちら映画のロケでも使われたカフェだとか、


d0005397_19295920.jpg


d0005397_192965.jpg

ステキな佇まいざんす。

d0005397_192944.jpg


で、ホッとひといきのプレイクコーヒー。

d0005397_19295662.jpg

小腹が空いていたので、千花さん、ミキさんはケークサレをオーダー。
最近よく耳にするようになったケークサレ。
塩味(つまり甘くない)ケーキ。キッシュのようでそうではない。
具を練りこんだ、いわゆる食事パン。ワタシはチョコトースト。
寒いので珍しく甘いもんが食べたくなり。

で、楽しくガールズトークで盛り上がり。
・・・・なんだけど、いやあ、末端冷え症のワタシ、
時間がたつにつれ、足の感覚なくなってきた。
冬の京の、町家の土間の、底冷えの恐ろしさを忘れておったわ(^_^;)。


あまりに寒いのと、もはや夕暮れ、トーストでは腹がもたんので、
地下鉄にて移動し、京都育ちのおふたりさんにはお馴染み、
ワタシも大好きな新京極商店街まで。

千花さんミキさん共にご推薦の下町食堂へ。

昭和初期っぽいレトロ食堂。
奥のテーブル相席で、お店の人たちもお客も和気あいあいでいいカンジ。

d0005397_19294389.jpg


d0005397_19294034.jpg

てんこ盛りの揚げそばやオリジナルのコロッケなんぞを食し、
ワタシのカラダも内からあったまり。

食後の腹ごなし商店街の雑多な店を冷やかしつつブラブラ、
次なる目的地は、ミキさんイチオシのコーヒーラウンジへ。

このお店が、とってもとってもワンダホーでした。

d0005397_19283849.jpg

会員制バーのような落ち着いたしつらえと雰囲気。
ほどよい暖房が隅々まで行き届いていたのも評価高し。
って、この日はほんま寒かったからねえ(爆)。


d0005397_19285085.jpg

さらに感動は、店内にセンスよく配置された鉄筋彫刻。
一筆書きのようなミュージシャンたちが軽やかにスイング、
これが鉄筋で表現されているとは、オドロキ。

d0005397_19285280.jpg

しかもこの作品たち、すべて販売可とのことで。
うーん、欲しいっ。
でもこのときはちょっと持ち合わせがなくて・・・(笑)。


d0005397_19295477.jpg

なんちて、美味しいケーキもいただきつつ、ゆったりまったり、
またまたガールズトークで盛り上がるうち夜は更けて。

おふたりと別れ、ワタシはバスで京都駅。

d0005397_1928411.jpg

京都タワーどすえ。

今回も名所観光いっこもでけへんかったけど、
楽しかったわ。京と京の友人たち。

d0005397_1928194.jpg

やっぱり京都、すっきやわあ。

また来るね。



d0005397_1950567.gif



[PR]

by Tamarind-cafe | 2011-12-27 19:51 | 神戸&関西街歩き  

<< あけましておめでとうございます! 写真展「クロアチアとにっぽん」 >>