秋の神戸北野散歩 その①『外国人倶楽部』バザー

神戸でもっとも異国情緒あふれる北野の『外国人倶楽部』にて
恒例のチャリティ・バザーが催されたので、散歩がてらにちらっと行ってきました。

d0005397_19510.jpg

神戸元町トア・ロードの、坂を上がったどんつきにある『神戸外国人倶楽部』は、
兵庫港開港の翌年1869年の創立というから、136年の歴史があるクラブです。
私は以前、親代々からのメンバーという華僑の方に招かれて倶楽部内のレストランで
食事をしたことがありますが、施設内はちょっとレトロな独特の雰囲気がありました。

とはいえ、創立当時は外国人のみがメンバーだった倶楽部も、
現在では日本人がもっとも多いのだとか。
そういえば近年は中華同文学校にも日本人の入学が認められているそうですし、
カナディアン・スクールにも3割ほどの日本人生徒がいるそうですよ。

ともあれ、その外国人倶楽部の庭が開放されての国際交流のお祭り兼チャリティ・バザー。
さすがにさまざまなお国の人々と、さまざまな屋台で賑わっていました。
d0005397_1333762.jpg

屋台は古着やエスニック雑貨などの他、パレスチナ難民救援、人権保護や動物福祉のブースもありましたが、もっとも賑わっているのは、食べ物の屋台です!。

広東家庭料理の屋台。肉マン鶏マン、ハォチーです。
d0005397_134758.jpg

韓国料理の屋台。焼肉、チョアヨです。
d0005397_1342146.jpg

インド料理の屋台。ナンちゃん、カレーちゃん(うっちゃんはいない)ですね。
d0005397_1344049.jpg

タイ屋台のパッタイですタイ。
d0005397_2563124.jpg

オヤ、たべもの屋台の写真ばっかりですねえ(^^ゞ。まっ、いーか。

その中から、私が選んだのはこちらの屋台です。
d0005397_147487.jpg

ちなみに、神戸に長く暮らす外国人たちの共通言語は、神戸弁です。
このインド屋台のおっちゃん(右)チャブラニさんも、コテコテの下町長田でお店をやってるだけに、
「ご飯、てんこ盛りしとこかぁ?。ハ~イ、いっせんまんえんお預かりやで~」
などと、千円札握って、しょーもないことを言います。

ナンとカバブのサンド。ごひゃくまんえん也~。
d0005397_152592.jpg

カレー(ベジとチキンの両方作ったのに、途中で混じってしもてんて)。よんひゃくまんえん也~。
d0005397_1521989.jpg


プールサイドで食べながら、コンサートやビンゴ・ゲームを楽しみます。
d0005397_2223710.jpg

このビンゴカードの収益金も、もちろんしかるべきNPO、 NGOに寄付されるそうです。
d0005397_225698.jpg

大人も子供たちもけっこう真剣。早々に「ビンゴ!」の人も。
私?、私はですね、こういうちっちゃい事で自分の運を使っちゃったりしないんです!。
↑ (ヘリクツ風「すっぱい葡萄」、いやしかしクジ運ないわ~、アタシって)

そんなこんなで、スゴスゴと敗退です。

ついでなので、次回は観光客で賑わう北野界隈を、ちょっとご紹介しますね。

                       
                           ということで、(続く) (;´д`)ノオイオイ
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-10-17 03:01 | 神戸&関西街歩き  

<< 秋の神戸北野散歩 その②異人館... ひとあしお先のHalloween♪ >>