豚マン三昧、あるいは元町な1日

関東での肉まんは、関西では豚まんと呼ばれます。
関西じゃ「肉」といえば牛ちゃんのことですから、豚肉まんは豚まんなわけです。

ところで、この週末は豚まん三昧でした。ぶひ。
ことのおこりは土曜日の朝。いきなり従姉から電話がありました。
「今から南京町まで出てこい」とのこと。

従姉は神戸からJRか山陽電鉄で小1時間の、姫路という町に嫁いでいるのですが、
ときどき買物がてらに神戸に帰ってくるのです。
この従姉、私より11歳も年上ながら、金髪に染めたベリーショートヘアをムースで逆立て、
上から下までブランド物をヤンキー風に着こなすという、すげえオバハンです。
加えて、昔から私を子分扱いする、世界で唯一のヒトです。

呼びつけられるがままに、チャリを駆って神戸元町の中華街である南京町に行きますと、
従姉は有名豚まん店の行列の中にいました。

d0005397_0532178.jpg


週末とあって、普段よりいっそう長い列です。
ちなみに私は並ぶのが嫌いなので、もう長いことこの店の豚まんは食べていません。
従姉が並ぶのに付き合ってやるのもまっぴらなので、他の店を冷やかして時間を潰しました。
ところが、従姉はそんな薄情な私の分も買ってくれていました。
しかも十個もです。ありがたや。ぶひぶひ。

d0005397_0588100.jpg


ところでこの店、斜め向かいに、新たに包子専門店をオープンさせています。
d0005397_101037.jpg
こちらはこじゃれた店構えで、雲南の乾しマツタケを使ったという、マツタケ肉包が限定発売中です。
なんかうまそうじゃん。

私としては、せっかくだからこっちの方を試してみたかったのですが、
従姉は「いつものが良い!」とのこと。
私はまた出直せばすむことなので、まっいーか。

その代わりにランチをおごってもらいました。
こちらも南京町の有名広東料理店。ランチ時と夕方の開店時にはすごい行列が出来ます。
もちろん並ぶのが嫌いな私ですから、近頃はとんとご無沙汰しています。
なのに従姉はまた並ぶという。
えーっ、堪忍してよぉ~。

並ぶのが好きなヒト、これがイマイチわからない。
並んでまで食べたい店というのはよく聞くが、並ばなくても美味い店はたくさんあるのです。
それを知るコツはただひとつ。自分で食べ歩くことです。
まあでも従姉は遠方から来てるのだしね、好きなようにさせてあげよう。
トホホ。

実は従姉はとても小食です。何度かのダイエットと一時患ったため、
胃がとても小さくなってしまったらしいです。
ということは、注文したら最後、それを平らげる役目は私に回ってくるということです。

ところで、この有名店にはランチセットなんてものはありません。すべて単品注文です。
中華の常で、一皿は3~4人分の量です。値段も他より高めです。
それを知っている私は慌てて従姉からメニューを取り上げ、注文を最小限にとどめました。
野菜、ご飯、オカズ、です。
あと一人いればスープか豆腐の煮込みあたりを注文したいところですが、
二人ならこれで充分です。
オカズは、この店の名物でもあるイカの天ぷらにしました。
野菜は青菜のニンニク炒め、ご飯は炒飯です。

d0005397_1532735.jpg


d0005397_1533898.jpgd0005397_154236.jpg








d0005397_2403628.jpg

この店の料理はいずれも味が濃く、あとでちょっとノドが渇きます。
もちろん日本風の中華料理ですが、旨いことは旨いです。
従姉がどうしても食べるといい、炒飯をほとんど私に押し付けて杏仁豆腐を注文しました。
一口味見しましたが、杏仁がキツくなく、こちらも日本人好みの美味しいデザートでした。
もっとも私自身は、杏仁のきいた本場モノも好きですが。

ランチのあとは、近くの旧居留地(※)での買物のお供。
※神戸開港のときに外国人商人のための居留地であった地区。
  現在もいくつかの歴史ある建築物が点在するオサレなところ。

従姉はブランド好きで、ヨーロッパなどにも買物に行くのですが、
たいていはこの旧居留地に点在するブランドの直営店で買物しています。

この日は、ヴィトンとシャネルにお取り置き商品の引取りとお直しの依頼。
ヴィトンは数日前に本店に連動してすべての価格が上がったそうで、
それに気づいた従姉、めっちゃ悔しがってました。
それでもミュゼット・タンゴのショルダーバッグを現金買いしました。
続いてシャネルで真っ赤なスニーカーを買いました。
オバハンの自覚まるでなしの彼女、プラダもアニエスbも好きらしい。
やれやれ。

お直しのブツは来月初めに修理できるとのこと。
取りに来るという従姉を押しとどめ、料金着払いの配送にしてもらいました。
そんなにしょっちゅう来てもらっちゃ、こっちが困るでねーの。
「交通費よりその方が安いのよ」という私の言葉に、「そやねー」と顔を明るくする従姉。
ささいなトコにケチな節約する性分なのは、こちとら先刻承知なのだよ、ふっふっふ。

なんだかんだと、すっかり日が暮れるまで買物三昧。
山のような買物袋を下げて、従姉はようやく姫路に帰って行きました。
くたびれたでよ~。
まあしかし、従姉にもらった豚まんのおかげで、夕食のしたくはせずに済みます。

と、そこへ、土曜日も出勤だった妹が、仕事帰りにやってきました。
ウチは駅と彼女のアパートとのちょうど中間点にあるので、
(というか、数年前に妹がわざわざ近くに引っ越して来たのですが)、
妹はしょっちゅうやってきます。狙いはもちろん晩ご飯です。
まあ手ぶらというわけではなく、いつもなにかしら土産があるのですが、
それはおもに自分が食べたい甘い物であることが多いです。
ところが、この日の手土産は、
蓬莱本館の豚まんでした!!!。ぶひひ~。

d0005397_3213155.jpg

d0005397_323454.jpg蓬莱系列の豚まんはでかい!!。
しかも6個もある。
そして行列店の一口豚まんが10個。

自分が豚になってしまう日も近い。
そんな気がします。

ぶひーっ!!
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-11-29 03:57 | 神戸&関西街歩き  

<< Lovely♥Soapdish ニャン偵事件簿 猫缶の謎 >>