ボルネアンな夜と朝

ボルネオ島にリゾートに行ってた友人からオミヤゲを貰いました。

「これでボルネオの気分を味わって」と、渡された袋から、まず出てきたのは
 
雪の結晶型のフロート・キャンドル

ん?、ボルネオはたしか熱帯雨林の島。
なんで雪の結晶?。

ま、いーか。

ということで、早速火をともし、ガラス皿に水を張って浮かべてみました。
d0005397_17445026.jpg

どーだ。熱帯リゾートの雰囲気が出たかな?。

d0005397_17455060.jpg

ひとつひとつが、雪の結晶。
水皿の上をふるふる回ります。

ボルネオならずとも、
クリスマス・シーズンにピッタリ。




次に出てきたのは、サバ州名産(らしい)、

ココナッツと玉子のスプレッドと、キナバル山の紅茶のティーバッグ

ほほほぉ~、これは美味しそう。

ということで、これまた早速、翌朝のブレックファーストに起用。
スプレッドはビゴ( BIGOT )さんとこのバゲットにぬってみました。

d0005397_17552993.jpg

ココナッツ&玉子のスプレッドは予想に反して、あっさりした上品な甘みで、ぐぅ。
とにかく私はココナッツ・フェチですから。
紅茶は、ティーバッグなのに水色良く、香りもまずまず、味は雑味のない正統派。
キナバル山、ぐぅ。

ふむふむ、ボルネオ、なかなかやりおるわい。

ということで(こればっかし)、目も口も楽しませてもらいました。
あとはボルネオが環境に配慮したリゾート開発されることを祈るばかりです。
なーんちゃって、ありがとう、遊び好きの友よ。
熱帯リゾートのあとの寒波は、さぞ厳しかろうのう。


その寒波。耐え切れずに出しましたオイルヒーター。
石油ストーブを捨てた後、空気を汚さないからと買ったものの、
部屋を温めるには時間がかかる上に電気を食うので、仕舞い込んでいたのでありました。

さっそくそばに寄って寛ぐこびん。
d0005397_19112093.jpg

なんでって、高い電気代地球温暖化のことを思うとね~。

ま、電気ストーブよりオイルヒーターの方がチョビには安全なので、やむなし。
両面でおやびんこびんが暖まられるという利点もあるし。
ということで(笑)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-12-15 19:30 | 美味しいもの  

<< ゴマのスプレッドとナツメ茶 それぞれの冬支度 >>