やさおい雑炊

「ん?、やさおいってなんじゃらホイ」と思ったアナタ。
スイマセン。
それは、カラダに優しくて美味しいの略、ワタクシの造語であります。
「なんやアホクサッ」
いやね、タイトルはこれでも工夫してるんですよ~。
ちゃんとしたお料理のレシピを検索されている方が、
うっかりここのタイトルを見、期待満々で来られたらお気の毒でしょ。
「なんじゃ~、この役に立たんブログめぇ~、火をつけてやるぅ~」
なんてことあってもイヤだし~。
「じゃあ、役に立たんヘタレ料理なんか出すな~」
と、おっしゃられてもねぇ。

ということで~、凝りませず、お雑炊二種。

まずは『もずく雑炊』。昨日のブランチに食したもの。
d0005397_16292580.jpg

洗ったもずくを投入して、味付けは手抜きで「昆布茶」をひとつまみ。
種をとった梅干をちょいと乗せていただきます。

この土鍋は一人用の小さなもの。蓋をかえせば碗になるという、便利なヤツです。
雑炊やお粥に重宝しています。

お次は『椎茸と白菜の中華風雑炊』。こちらは本日のブランチ。
d0005397_16353114.jpg

乾しエビを細かくして沸騰した湯に投入してダシを取ります。
本来は水に浸けてもどす乾しエビですが、急ぎのときはこれでもけっこうダシが出ます。
でがらしエビも具として食べちゃいますしね。
味付けは手抜きで中華ダシの素なんぞをちょっぴり。
野菜やキノコは冷蔵庫の余りもの。
好き好きですが、仕上げにゴマ油か、ラー油をひとたらししても良いかも。
滋養の欲しいときは玉子を入れてもぐぅでしょう。


それにしても、なんで雑炊を毎日食べているかというと、
やはり12月はなんだかんだと外食多く、過食しすぎで、胃にきちゃったんですね。
胃は重だるいし、顔にプツプツが出まして、ああ、これはいかんと。
せめて昼だけでもやさしいものを食べようと思ったのです。

ホントはね、忘年会とかは昼にやって、夜は胃を休ませたいというのが希望。
な~んてこというなんて情にゃいねえ、もう若くないということなのかにゃ~。
気分ヨボヨボ~、ジャイアント・ヨボーッ♪。

ま、もともと、雑炊とか粥が大好きなので、これからもエントリーしちゃうぜ(^^)v。

懲りないヤツ。

ところで、ウチにはもひとり懲りないヤツがおりました。

ストーブやヒーターの前から離れないこびん。
今の今までグースカピーと寝ていたはずなのに、
ムクッと起きるやいなや、おやびんのかかとをカプリンコ。
d0005397_17457.jpg

「いてててっー」とおやびんが悲鳴を上げると、さも満足気な様子。
d0005397_1761324.jpg

なにが「ふーんだ」やねん?。
わからんっ!!。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-12-28 17:19 | 美味しいもの  

<< 本日、大根日和 Xmas in KobeCity >>