えべっさん参詣

えべっさんに行ってきました。
えべっさんとは、戎、夷、恵比須、蛭子、恵比寿、ゑびす等と表記される
神さんで、七福神のひとり。古くは漁業、農業の神さんでもありますが、
「商売繁盛、笹持って来い~♪」の福の神として知られ、
西日本を中心に広く信仰されるえびす講の祭神です。

総本山は西宮神社。こちらは福男競争など、毎年TVでもニュースになるので
ご存じの方も多いでしょう。同じくらい大きく賑わうのが大阪の今宮神社。

私も西宮神社まで出かける年もありますが、今年は地元でお参りしようということになり、
兵庫の柳原蛭子神社に出かけました。我が家からチャリで15分くらいでしょうか。
この界隈は、かつて「大輪田の泊」と呼ばれ交易で栄えた、兵庫神戸の始まりの地です。

ピリピリと頬を刺す夜気のなか、「ひぇぇぇ~寒いっ」と叫びつつ、チャリを走らせました。
JR兵庫駅海側から西に向って蛭子神社まで500Mほどに渡って、
裸電球を赤々と照らす屋台がズラリと並んでいます。
なかでも派手なのが縁起物の店。
d0005397_22403746.jpg

えべっさんといえば、縁起物。
神社の周囲はこの縁起物の店が軒を連ねます。
どの店からも「さあ買うて行ってや~、福持って帰ってや~」という、
威勢の良い声が飛び交います。
その声に誘われ、商売人らしき人たちがバンバン買って行きます。
けっこう大きいのから先に売れていくようです。
d0005397_22373377.jpg
熊手やザルはお金をザックザクすくえるようにという願いがこもっています。
千円から、数万円するものまで、大小さまざま。
えべっさんは9日の宵えびす、十日えびす、11日の残りえびすと三日間続き、
最終日の残りえびすにやって来て、縁起物をネギり倒して買う人も多いようで、
これまたえべっさんならではの風景といえるでしょう。
d0005397_2322339.jpg

とりあえず、おまいりを先にしておきましょう。
蛭子神社には、えべっさんの親ともいわれている大黒さんもいてはります。
この神さんも福の神。さきに大黒さんに行ってから、えべっさんにまわりました。
すんごい人の波に押し流されつつ前に進んでいきます。

d0005397_22505998.jpgd0005397_22511595.jpg









d0005397_2311534.jpgd0005397_23105962.jpg









ご祈祷してもらっている人たちもいました。
巫女さんの舞が奉納されています。
d0005397_23173499.jpg

お賽銭投げて鈴振って、招福を願いました。お守りも買いました。

さて、お参りが終わったら、お楽しみの屋台めぐり。
この風景は子供の頃と変わりません。
新しい食べもんも増えてるけど、まるで昭和の時代に戻ったみたいや。

d0005397_23291523.jpgd0005397_23293797.jpg









d0005397_2331534.jpgd0005397_23311927.jpg









d0005397_23354735.jpgd0005397_23361539.jpg









広島焼や宮崎牛の串焼き、日本のあちこちから美味しいもんが来てるみたい。
なんでもええけど、いくつになっても買い食いは楽しいなあ。

d0005397_23382988.jpgd0005397_23384566.jpg









今年も行って良かった、えべっさん。
これでやっと新年が来たなあという気分になれました。
付き合ってくださった皆さまにも、この一年、たくさんの福が来ますように。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-01-11 00:08 | 神戸&関西街歩き  

<< ハワイのピクトさん ヘタレなこびん >>