花盛りの季節

近頃ちょっと用事が立て混んで、落ち着きのない毎日が続いています。
気がつけば桜は終わり、ツツジが咲きはじめていました。

といっても、ウチの庭のツツジじゃなくて、近所の街路植え込み(神戸市)のですが(笑)。
d0005397_16292395.jpg
d0005397_16293862.jpg

ツツジは地味だけど、満開になるとそれなりに華やかですよね。
でもポツポツと咲き始めの姿もよく見れば可愛いもんだ。
ツツジを漢字で書くと「躑躅」ですと。初めて見たかも、こんな字。
どこがどうツツジなんでしょう。
あたしゃ読めません、書けません(>_<)。

パンジーやビオラなどは最盛期。
夕方に撮ったので、ちょっと色が冴えないですけれど。

d0005397_1751584.jpg

d0005397_175396.jpg

ところでどれが「パンジー」で、どれか「ビオラ」か、最近までよくわかっていませんでしたが、
花の直径が3~5cm以上のものが「パンジー」で、それ以下のものが「ビオラ」なんだそうです。
ちなみにパンジーは「パンセ」が語源なんだとか。
「パンセ」といえば「パスカル」、そして「人間は考える葦である」と連想しちゃいますが、
パンセは葦じゃなくてパンジーでした。
そのココロは、花びらが下を向く姿がパンセ(思考)しているように見えるからだそう。
そういやロダンの「考える人」もちょっと下向きだなあ。
私は考え事するときは、腕組みして天を向いているぞ(笑)。


好きな花は基本的にブルーや白い花。
でもたくさんの黄色の花を見るとなぜか元気がでるので、近年、とみに好きになりました。
d0005397_1755397.jpg


小さい花たちが岩肌や地を張って群生する風景も好き。
冬の間はすっかり忘れられているけれど、
いつしかまた地から這い出て、春になれば必ず咲きます。
この地味だけれども、粘り強い生命力を見習いたい私です。
d0005397_17161898.jpg

d0005397_17163378.jpg


とまあ、なんやかんやいいつつ、
自分チのベランダ・ガーデンの手入れは放置したまま、
ヒトさまの丹精した植物を楽しませてもらう日々が続きそうです(^^ゞ。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-04-26 17:35 | 神戸&関西街歩き  

<< 本日食ったもの セーラー・キャットの宅配便 >>