テレビを壊す猫たち

内気なチャー子姐さんと、
d0005397_035253.jpg

そのストーカー、こびん。
d0005397_0352516.jpg

妹の部屋に入りびたりのふたり。

そして妹の部屋のテレビの上。
ときには、キャットタワーの上のこびんを牽制するチャー子姐さんが、
d0005397_022516.jpg


またときには、ベッドでくつろぐチャー子姐さんを張りこみするこびんが、
d0005397_041160.jpg
交互に活用していたのであります。

ところが昨夜、
なにかの拍子(追いかけごっこか?)に、ふたりともが乗っかってしまったようで、
つまり合計8キロがテレビの前部分(平になったところ)にかかったと思われ、
そのとたんに惨事勃発。

ぐぉっとっ~ん!!

ただごとでない音と地響きに驚いたのは、リビングでくつろいでいた私と妹。
(そして階下の住人さん~スンマセ~ン!)

駆け寄ってみれば、25kgはあると思われるテレビがラックから大転倒。

テレビが床に激突するより早く、
リビングを駆け抜けて私の部屋に飛び込んだこびんは、シッポをボン!、
妹のベッドの下に退避したチャー子姐さんは、ノミの心臓をバクバクさせてはいたけれど、
とりあえずふたりは無事。
「はぁ~、やれやれ」
安堵の胸をなでおろし、即死してしまったテレビを片付けながら、反省しきりの姉妹の会話。
「引越しのとき、ちょっと安定悪いなあと思ってたんや」
「あとで固定しようと思って忘れてたわ」
「そしたら、次はもう猫たちが乗らないよう、薄型のプラズマか液晶にする?」
「したいけど、したいけどね~、う~無理・・・(T_T)」

というわけで、世は華やかなりしデジタル時代だというに
ウチにはまたでっかい(安い)ブラウン管TVがやってきそうな気配。
ま、猫たちの大好きなご休憩所だしね~(言い訳)。
でも、今度はしっかりと安全(猫&地震)対策しなくちゃね。

d0005397_0533380.gif

けさのこびん。
おやびんに叱られ、反省しているのかいないのか。
リビングのテレビ(これはバッチリ固定済)の上の、いつもの箱でショボボ~ン(笑)。
d0005397_0392611.jpg


そしてチャー子姐さん。
こちらは叱られる理由もない(なにしろオッカケしたのはこびん)ので、
いつものようにベッドの上で、のんびりまったりおくつろぎ。
d0005397_0421191.jpg


たのんますよ、お嬢さん方。
今日はなにも壊さないでね!。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-05-15 23:44 | 2にゃんねる  

<< 美味礼讃 明石焼き 平行線上の猫たち >>