やぶぁいぜ!ベンキ・チョコ

ひっさびさのCISのチョコレート諜報です。

こんなに暑くなる前、三宮駅のいかりスーパーで偶然目に止まったもの。
イタリアはチョコで有名なトリノのVenchiのエクストラ・ビターチョコレート。

d0005397_20353083.jpg

パッケージがぐぅ。なにげに私好み。
「Venchi」。これ現地読みだとベンキですってねえ。
しかしチョコにベンキはまずいだろう、というワケか、イカリは「ベンチ」、
明治屋などは「ヴェンチ」と呼んでいるようです。
どっちでもいいけど、ベンキ、いやVenchiが
超高級老舗チョコ屋さんであることは間違いないですね。
※ちなみに2000年同じピエモンテ州のクーバ社と合併。

d0005397_20435776.jpg

ということで、さっそく食べてみたところ、
d0005397_20373626.jpg
びっくり!!、めっちゃ美味しい♪。カカオの濃さと程よい甘味が味わえると思い、
カカオ75%を選んだのが良かったのか。
ダークチョコとは思えないほど、お口の中でふんわり甘くとろける感じがええわぁ。
しかも濃厚なカカオの香りが鼻腔をくすぐるというゴージャス感があります。
ううむ、あくまで私の好みですが、板チョコでこのレベルとは驚きです。

ちなみにイカリ・スーパーはVenchiの品揃えが良く、
エクストラ・ビターだけでも56%、75%、85%と揃っていて、
美味しそうなジャンドゥヤやクーバ・ラム、75%カカオ・クボットなど、
普通は袋入りやアソートのチョコをバラ売りもしていました。
そうそう、ココア・パウダーとかもありました。
きっとキャンペーン中だったんでしょうね。

今度行ったとき見かけたら、もっといろいろ買い込むぜ~と、
ハナイキ荒くなるほど、おいしゅうございました。
ちよっぴりお値段高いめですけどね(>_<)。でも値打ちはあります。


ところで、私のゴージャスなチョコ生活はまだ続くのです。
ある日届いた大判の郵便封筒。
差出人は、キュートな猛獣猫チャオちゃんの日常を綴った
わいるどえにもぉ~のCiaoママさん。

中身は、
d0005397_1143783.jpg

すご~い、ベルギーの「Cafe TASSE」のチョコですぜ。
一口サイズのカフェタッセのチョコが各種。こんなに種類があるなんて!。
パッケージがまたステキなんですわ!。

d0005397_0121937.gif
これは、チャオママさんのフランス帰りのご友人が、
わざわざ私にとおっしゃってくださったものだそうです。
嬉しいなあ。チャオちゃんの肉球タグつきなのも嬉しい。


カフェタッセとはコーヒーカップのこと。
メーカーのコンセプトにしたがって、コーヒーのお供として
(もったいないので、ちびちびと)いただいてます♪。
ちなみに一番最初にいただいたのは「nougat」。
キャラメル味やナッツのフレーバー、美味しいですね!。
感謝感激です。ありがとうございます!!。


そしてこちらはCiaoママからこびん&チャー子姐さんにいただいたもの。
d0005397_1134233.jpg
焼津の鰹節。これまたご~じゃす!。
さっそく香りを嗅ぎつけて寄ってくるこびん。もしかして独り占めする気か~?(笑)。
こちらも、ありがたく頂戴し、ふたりになりかわり、厚く御礼申し上げます♪。
ぢつはコソーリ、私が食べてたりして(^^)v。






オマケ諜報ですが、
夏季CIS活動の一環(笑)として、一日一個は食べているチョコ・アイスたちです。
身分相応に、スーパー&コンビニのアイスたちですが、
ちべたくて、甘くて、愛すべきアイスたちです(笑)。
d0005397_2042475.jpg

d0005397_2042536.jpg

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-06-07 21:19 | CISチョコレート情報局  

<< ポットになった猫 オーメンな猫たち >>