ますますサワドリ♪

お酢を使ったサワードリンク、略してサワドリ(ⓒたまりんど)、
いぜん飽きずにドンドン作ってグビグビ飲んでます。
夏はこれから、サワドリもこれからが本番だよ~♪。

ということで、
美味しいとサワドリ名人たちお墨付きのグレープフルーツも漬けてみました。
色がなんとも美しいねぇ。しかし飲めるのは一週間後です。

d0005397_15443741.jpg

そんなに長くは待てぬとおっしゃる向き(私か)には、レンジでチンというウラ技で、
翌日には飲めちゃうサワドリもございますぞ。
とくにバナナのサワドリは美味しさも抜群で、わたしゃすっかりリピーター。
今回は黒砂糖でやってみたところ、コクが出てますますウマウマ♪。
見た目はけっして美しくないバナナ・サワドリですが、甘く濃厚なトロピカル味が魅力です。
水や炭酸で割るほか、牛乳で割ってみると、な~んと乳酸飲料の風味が楽しめますよん。

d0005397_15462070.jpg

短気ゆえ、即席サワドリの開発に余念のない私。
先日ナツメの蜂蜜漬けでサワドリしてみたら翌日飲めたうえ、めちゃくちゃ美味しかったので、
ふと思いついて冷凍庫で眠っていた台湾の茶梅をサワドリしてみました。

台湾の茶梅というのは、台湾中部一帯の名産であるプリップリの大粒梅を、
烏龍茶や緑茶などで漬けて香りを移し、黒砂糖や蜂蜜など甘味もたっぷり吸収させたもの。
台湾では大人も子供も大好きな、スローフードのオヤツです。

私は以前、茶梅好きの友人と一緒に、もっとも美味しいといわれる天山梅を求めて、
台湾ド真ん中、俗に言うヘソ近く、水里という風光明媚な田舎町まで旅したことがありますが、
各地の茶梅はもちろん台北の、夜市屋台でも買うことができます。
屋台では品質や味などはまちまち。しっかり味見して、気に入ったものを量り売りで買います。

d0005397_15523177.jpg
画像中央から奥が茶梅。梅の種類も味もいろいろありすぎて迷います。
(誰じゃ~い、向こうの下着に目が釘付けなのは~)


そんなふうに、あちこちでいろんな種類の茶梅を買ってきた私、
ある程度食べた後は冷凍庫に保存し、それからすっかり忘れていたのでした。
(そやからいつも冷凍庫がいっぱいなんや~(^^ゞ)

d0005397_15251626.jpg
しかし、酢に漬かって再びよみがえる茶梅。
漬けたら翌日には梅のエキスと梅に染込んだ甘味が酢に溶けて、
うひょ~、なんともいえず美味しいよん。
d0005397_1555679.jpg
いやあ、冷凍庫に置いと(忘れて)いて、良かったわぁ。

高価だったり輸入事情のモンダイで新鮮トロピカル・フルーツがなかなか入手できず、
ややマイナー路線を走っている感のある私のサワドリ道ですが、
私をこの道にハメた『天然色ごはん』のサワドリ名人deartenさんは、
豪華素材を使ってのサワドリ工場フル回転中

もっとも作りすぎて、現在は空き瓶も置き場所も資金も尽きたとおっしゃっていますが、
サワドリ発展のため、ますますレッツ・サワドリしていただかねば。
そしてもっとサワドリの輪を広げ、サワやかな夏を先ドリしようじゃありませんか♪。

とまあ妙にハナイキ荒い私、deartenさんのサワドリ画像を使って、
「サワドリ倶楽部」バナーを作ってみました。
バナーといってもリンクのためのものではなくて、
サワドリを作って記事をアップするとき、良かったら貼ってもらおうじゃないのという、
いわばシールですね。

大きいのと小さいののそれぞれ二種です。
チャチャッと作ったものですが、お気に召したら使ってください。

d0005397_1695424.jpg
d0005397_16101614.jpg

d0005397_16104035.jpg
d0005397_1611426.jpg


なお「サワドリ倶楽部」などといっても、これらはあくまで「愉しみ」というか「遊び」ですから、
エキサイトのネームカードの登録や特別なコミュなど関係ありません。
サワドリを作ったが最後、あなたももうサワドリ倶楽部(笑)。
こんなの作った、こういうレシピがあったなどなど、記事をアップされたら、
お気軽にTB、コメントし合いましょう。

合言葉は「レッツ・サワドリ♪」




なんだかダラス方面が騒がしいと思ったら、
サワドリ倶楽部の後を追うようにして登場したスムージー同好会に
サワドリ道を一直線に歩む私も、いやおうなく(笑)巻き込まれつつあります。
両者お互い入り混じる日も近いでしょう。というか、もう充分混じってるみたい(笑)。

しかしこのアメリカ生まれのスムージー、まずは原材料を凍らせるのが基本、
現在、ウチの冷凍庫には果物を凍らせるスペースがない(大きい冷蔵庫が欲しい~)ので、
とりあえず、黒ゴマペーストと黒砂糖、そしてクラッシュアイスを投じて
ミキサーでガーッした、「スムージー風豆乳ドリンク」を作ってみました。
d0005397_1551260.jpg

あっさり甘くて、しかもけっこうヘルシーざんしょ。

そうそう、まだ凍った茶梅が残ってるんだけど、それでスムージーもいっちゃうかな。

ワタクシ、リサイクルでエコでスローなサワドリとスムージーを目指します(笑)。
ん?、ビンボーくさいの間違いやろって?。それをいっちゃあオシマイよん。

ところで、スムージーの合言葉はなに?。

追記:スムージー同好会、略してスム部。
スム部長の『だらだらダラス』のだらりさんいわく、
「スムージー同好会の合い言葉もバナーも(略)同好会だから弱小だからないの」
とのことですが、弱小とはとうてい思えませんねぇ(笑)。
まあ、地味に飽きずに長~く続けたいという部長の趣旨はよく理解できるので、
合言葉はともかくとして、地味 シンプルなバナー(シール)を作ってみました。
デザインは、スム部員の『yururito』のyururiさんからお借りした画像をベースにしました。
こちらもサワドリ倶楽部同様、お気に召したらお使いくださいね。


d0005397_14593699.jpg

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-06-25 17:31 | 旅のハナシ  

<< 横たわる夜の猫 姐さんへの素朴な疑問 >>