「だし」&「バナサワ」再び

原油の高騰でいろんなものが値上がりしていますが、
この夏、いよいよティッシュやトイレットペーパーも大幅な値上げになるそうです。

その状況に、我が家で一番ダメージを受けているのが、こびん。
おやびんから、今後いっさい、遊びでティッシュペーパーを
箱からかき出してはならぬという厳命を受けました。

d0005397_22514097.jpg
少なからぬショックが隠せない様子のこびんです(^^ゞ。


さて、おやびんは今日も麺ですぜ。
d0005397_4571082.jpg


冷やし素麺に「山形のだし」をてんこもり。
d0005397_22543147.jpg
しょっちゅう食べているので、しつこいけどまた出しちゃう。
どーよ、どーよ。
「だし」、美味すぎますわ。山形に fall in love!。
一日一粒の梅干も忘れずに。


d0005397_1511541.jpgそしてサワドリ。


昨日、whitewaterlilyさんことりりぃさまに「バナナのサワドリ」は痩せるらしい」と聞き、
それは初耳だったのでびっくらこいて調べてみると、
なんと本まで出ていて、ダイエット目的で飲んでいるヒトも多いようでした。
市販品もあるみたいでしたが、自作したって「バナナと酢と砂糖でチン」ですよ。
5分もかからへんで~。
一昨日作ったの、もう飲んでます。
d0005397_2323387.jpg
バナナはハチミツや黒砂糖、麦芽糖など、ちょっと濃い味の糖分と合いますねぇ。
バナサワだけでダイエットできるかどうかは知らないけど~、
(痩せる努力するヒトは何をやっても痩せるであろうと思ふ)、
私は美味しいから飲みますよ、バナサワちゃん(^^)v。

(追記)
とはいうものの、やはり気になる「バナナ・サワドリの効用」。
なぜバナナのサワドリ(バナナ酢)は痩せると話題になっているのか。
ちょっくら簡単に記しますと、カリウム、マグネシウム、食物繊維を
多く含有しているバナナには、脂肪分解、利尿作用、整腸効果、血液サラサラ、
免疫力、新陳代謝を良くするなどの効用があるといわれています。
それをサワドリにすると、糖分の働きによってバナナの成分が酢に溶け出し、
もともとの酢の効用との相乗効果で、体内への吸収も良くなり、
美顔、ホルモンバランスを整える、風邪などがひきにくくなる、
便秘の改善、体脂肪の燃焼などに効果が得られるとのことです。
また気になるのがバナナに含まれる糖分ですが、これはブドウ糖、ショ糖などで、
エネルギーになる糖質です。これで肥るということはないそうです。
カロリーも一般的なバナナ一本は、ご飯一膳の半分以下。
対して、酢に加える糖分ですが、
これが少なすぎるとバナナの成分はなかなか酢に溶け出しません。
お酢のツンとした匂いも残りがちです。健康に良いと思われる糖を使うなど、
そのあたりの加減と工夫は、それぞれのお好みでやってみてくださいね。
そのまま食べるときはもちろん、サワドリに使うバナナは熟したもの、
とくに黒いテンテンが出たものが、栄養価が高くなっていてオススメです。
間違っても青く硬いバナナは使わないようにね♪。




こちらは「マンゴーのサワドリ」。
安いマンゴー(1個百円)のわりには美味しく漬かったのですが、
期待していたトロピカルなパンチにはちょっと欠けるかなと思っていたマンゴー・サワドリ。
d0005397_2374030.jpg
ところがレモン・スライスを一枚入れただけで、キリッと美味しいサワドリに!。
レモンって安い(こればっか)のに、偉いわねぇ。

あ~、レモンのサワドリも早くできないかな~。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-07-15 23:31 | 美味しいもの  

<< 君子危うきに・・ 走れ激辛道! >>