撒き散らす猫

昨夜、大変な事件が起こりました。
いつもは平和なキャットルームに突如起きた惨事。
現場は逃げ惑う猫と事態を収拾しようとするヒトとで一時はパニック状態でした。
一夜明け、ようやく秩序と治安をとりもどした現場からレポートをお届けします。

こちら現場です。
惨事の痕は今はもうありません。
これから現行犯逮捕された犯猫自身による現場検証が行われようとしています。
d0005397_028467.jpg
昨夜、夕食とデザートのカツオブシをいちはやく平らげた犯猫は、
食後の運動とばかりにこのタワーに駆け上がり、その一瞬後に惨事が起きました。
犯猫の供述です。
d0005397_0294790.jpg
なんと、現行犯でありながら、犯行を否認し続けている模様です。
実は犯猫は、今回が初犯ではありません。
つい先日も同じような事件を起こしたばかりであり、
現在は執行猶予期間中でありました。
d0005397_0321721.jpg
こちらが前回の犯行現場です。
このときも犯猫は犯行に対して白々しくシラをきり通し、
なおも詰め寄られると逆切れして捜査官の足を噛みました。

昨夜の思わぬ事件に巻き込まれてしまった被害者のひとりにインタビューしてみましょう。

「あなたは事件が起きた時、ちょうどキャットタワーの手前、現在も検証のために
そのままにされているご飯セットで、ちょうどカツオブシを食べているところでしたね?。
すばやい判断と行動で、最悪の被害はまぬがれたわけですが、どんな感じでしたか?」
d0005397_0504752.jpg

「そういえば、捜査官が駆けつけたとき、あなたはパニクッたまま、
カツオブシをひげにくっつけていたそうですね?」
d0005397_0525794.jpg
「これは失礼」

現場ではまだ検分が続けられているようですが、
捜査官の私見によれば、犯猫は再犯の可能性が高いと思われるとのことです。
なぜならば犯猫は
1、腹いっぱい食べた直後にすぐさま高いところに駆け上がるのを好み、
2、犯行は、腹いっぱい食べた直後に及ぶことが多い。
からであります。

食後、膨らんだ胃袋で高いところに駆け上がり、
毛玉を含むすべてのものを、下界に向けて吐き出すとは、
なんという、暴君ネロも顔負けのすさまじき悪行でしょう。
捜査官はこう予言しています。
「犯猫はかならずや、また再びの犯行に及ぶであろう」と。

d0005397_1115468.jpg
此之猫、空中ゲポ散布常習犯也。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-08-30 23:32 | 2にゃんねる  

<< 箱猫 久々の茶漬けに舌鼓ポンッ! >>