イケ麺大放出

久々にイケ麺倶楽部。
d0005397_0543786.jpg

麺は相変わらず頻繁に作っては食しているのですが、
熱々の麺は作ったら即食べようとあせるあまり、うっかり撮り忘れ多し。
それでも画像がちょっと貯まってきたので、一挙大放出ぢゃい!。

まずは外食麺。
近所の広東料理店、香港仕込みのシェフ自慢の、
「中華冷麺」うまうま。
d0005397_23305086.jpg

それから「海鮮ヤキソバ」うまうまうま。
d0005397_2332504.jpg


続いておうち麺。
なんの変哲もないですが「とろろ蕎麦」。このズルズル感、好きなのよね~。
ま、あえて言えば、四万十川の青海苔がポイントっす。
d0005397_22405666.jpg


「納豆と海草の冷やし蕎麦」
くきわかめを佃煮風に煮て添えてみました。なんとなくヘルシー♪。
d0005397_22403567.jpg


二日目のカレーによる恒例の「カレースパゲティ」
こんなん邪道と思うなかれ、けっこう美味いのよ。
d0005397_23225846.jpg


「炸醤麺(ジャジャンミェン)」。
『のんびり午睡』でりりぃさまの盛岡じゃじゃ麺を拝見し、食べたくなって作ったもの。
本場の華北式に習い、甜麺醤たっぷりきかせて、やや甘め。
しかし本場仕様の手打ちの切り麺はないので、讃岐うどんの乾麺で代用と思ったら、
アチャー、切らしていた。やむをえず素麺で代用の代用。
d0005397_22293434.jpg

d0005397_23503354.jpg


炸醤麺のピリカラ味は
あとからラー油でお好みしだい。
ラー油はもちろんコレ。
りりぃさまからの差し入れ、
『石垣島ラー油』




ところでこの炸醤麺。夜遅く帰宅した妹は「中華麺で食べたい」とのたもうた。
華南~日本スタイルのジャージャー麺つうこってすな。
で、これ。
d0005397_22295992.jpg

4人前の具を作ったのだけど、ふたりで分けて麺に絡めてペロリと食べてしまい、
「盛岡じゃじゃ麺」で有名な鶏蛋湯(チータンタン)は作れず。トホッ。


次なるはエスニック麺「ラクサ」。
ペナンが本場、マレー半島やシンガポールなど広域で愛されている麺「ラクサ」。
地方や店によってレシピはそれぞれだけど、
エビのダシにココナッツ・ミルクをきかせ、ターメリックが入っているのが特徴。
香港の星馬菜(シンガ・マレー料理)でも人気の麺っすよ。
d0005397_2241486.jpg
チキン・スープをベースに干しエビのダシもミックスし、
やや強引な自己流でやってみたが、我ながらけっこう美味しくできました。
惜しむらくは、冷凍庫にエビの在庫がなかったこと。
代用(こればっか)で、ダシの干しエビをそのままトッピング。

ラクサを食べたら、デザートにピサゴレンが食べたくなったので作る。
ピサゴレンちゅーのは、バナナを揚げたもの。
これまたマレーやシンガのポピュラーなオヤツ。
地元じゃ移動式の小販(屋台)で買うと紙袋に入れてくれるので、
これを歩きながら食べるのがとっても楽しいのよね~(子供なアタシ)♪。
d0005397_2242387.jpg
本場じゃちょっと固めの小さなバナナを使うのだけど、
そんなのはないので、熟したバナナ使用。
しかも衣はホットケーキミックスで代用(またかよ)。
双子のモスラ(古ッ)みたいになっちゃったが、粉砂糖をふってペロ~リ。

「天高く馬肥ゆる秋」
そして、「麺美味く我肥ゆる秋」、ですなあ。(ノンキしてるばやいぢゃないですけど!)
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-09-06 00:32 | イケ麺倶楽部  

<< 残暑に怒る猫たち 遊んでくれない猫たち >>