こびんの陣地

若いこびんにとって、家中の高い場所は自分ひとりの陣地。
そのはずだったのに・・・。

フトみりゃ、突如 チャー子姐さんが食器棚の上に!!。
d0005397_1562819.jpg

ど、どーしたんよ、チャー子姐さん!。
d0005397_157825.jpg
どうやら妹が、「たまにはアンタも上がりなさい」と、乗せたらしい。
そうだろうなあ。
ものぐさ姐さんが自分から高いところに上がるのはテーブルどまりだもん。

しかし自分の陣地を侵略されたこびんの心境は穏やかではなさそう。
d0005397_22853.jpg


d0005397_232289.jpg


d0005397_2292395.jpg
おやびんに無言の訴え目線。
まあまあ、こびんよ。せっかく姐さんが楽しんでいるんだから、ここはひとつ耐えてくれ。

d0005397_252942.jpg


それにしても、この後はどーなるの?。
時刻はもう深夜過ぎ。妹はさっさと寝てしまっているし、
さりとてこのままチャー子姐さんを放っておいて、無理な着地で足でも折るといかんし。

やむを得ず見張り番。

d0005397_2303747.jpg

d0005397_2304879.jpg

d0005397_2305793.jpg
こらっ、寝るな~!!。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-09-30 02:34 | 2にゃんねる  

<< フテ寝猫と太寝猫。 ブログ三昧、オヤツ三昧 >>