京都路地裏イケ麺探検隊

忙中閑あり。
阪急電車に乗って、京都に帰郷中の『たにしの江戸参り』のtnkさんとオフ会してきました。

四条烏丸、大丸さんのティファニー前で待ち合わせ。
まったくの初対面なのに、挨拶もそこそこ、早速ランチをどこにするかの談合。
1年半ぶりの帰郷、今回は3週間の日本滞在というtnkさん。
ジュネーヴ暮らしで、食べものに関してかなーりストレスが溜まっていたご様子。
まだ帰国して数日しかたってないというのに、
食べたいもの全部は食べ切れそうにないと、早くも嘆いておられる(笑)。
それだけにランチの候補は山ほどあったのですが、
イケ麺部長の私とのオフ会ということで、
ランチ時だけ麺を食べさせるという、ステキなお店を物色してくれていました。
ということで、オフ会は突如「イケ麺探検隊」と化したのであります。

d0005397_46593.jpg

では、行ってみましょう~♪。
d0005397_1421054.jpg
京の中国料理『菜根譚』

錦市場の近く、町家を利用した雰囲気の良いお店。
入ってすぐがおくどさん。
d0005397_145172.jpg

通り庭。
d0005397_1472514.jpg

京の町家独特の細い梁。
d0005397_14829.jpg

隠し階段。京町家の真骨頂、省スペースの見本みたいな急傾斜。
奥に見えているのは、私たちが通された席。
d0005397_1482451.jpg

席から見える坪庭。採光もぐぅ!。
d0005397_1525795.jpg


tnkさんの頼んだジャスミン茶。
花茶をグラスで出したのに、「なかなかやるな」とまず感心。
d0005397_223827.jpg


私の鐵観音茶。
鐵観音といえば工夫(クンフー)茶。紫砂の茶壺(急須)を期待したが磁器の急須。
それは良いとして、香り薄く、鐵観音の味がしないのはちょっと残念。
d0005397_28114.jpg
でも茶柱が立ったから許す(笑)。
d0005397_283041.jpg


さて、メインの麺。
こちらtnkさんの牛筋辛味鍋麺。
d0005397_210793.jpg
砂鍋で供された。これまたなかなかの演出。
味見に少しいただいたら、麺にからまったダシにコクがあってかなり美味い!。
あとから押し寄せる辛味の刺激も心地よい。でもちょっとむせてしまった(笑)。
牛筋もよく煮込んであって、実に美味い。

私の麺は、黒胡麻坦々麺。汁ありの坦々麺です。
d0005397_2153234.jpg
これまた美味い。胡麻が花山椒や唐辛子の辛味とマッチ。
麺は細麺、硬麺好きの私にはかなり柔らかめだが、食感は悪くない。

麺にはご飯と香の物がついていました。
さりげなく薩摩芋の入った芋ご飯。これもペロリ平らげ。
d0005397_2182915.jpg


サイドメニューで頼んだ、韮饅頭。ふたりで半分こ。
d0005397_2173036.jpg
モチモチしてウマウマ。
d0005397_2194240.jpg
私の食べさしですが、ご覧くだされたし。

「また来たい。でも今回の滞在中にまた来られるかなあ」とtnkさん。
彼女がジュネーブに帰ってしまえば、私のほうが近い。再訪は私が先かもね(笑)。
ともあれ満足のイケ麺探検でした。満腹♪。


Intermission、錦市場。買えぬなら、せめて眺めよ、丹波の「マツタケ」。
d0005397_232422.jpg
どや、きゅうまんえん。
もちょっと安いのもあるぞよ。といってもやはり買えぬが。
d0005397_2323731.jpg
天然の「しめじ」とは珍しや。


さて、ぶらぶら歩いて河原町。
シメは、タカシマヤの私のオススメ店でデザート。
『糖朝(トンチウ)』、香港が本店だが、いまや日本国内に8軒の支店を持つ人気の店。
ぶっちゃけ言うと、本店より日本の支店の方が、店がきれい清潔。食器が欠けていない。
従業員の女性が若くて可愛い、しかも親切丁寧(香港はがさついオバハンが多い)。
やはり接客業は「日本がイチバン!」というハナシでも盛り上がったりなんかして。

『糖朝』といえば、やはり豆腐花(タウフーファ)。
長らく悩んだ結果、tnkさんはマンゴー入り豆腐花を所望。
ドライアイスのスモークに包まれて登場!。
d0005397_240881.jpg

私はミックスフルーツの豆腐花。
d0005397_2404027.jpg
あっさり品良く甘くて、やっぱり美味しいわ~。

美味しいもの三昧で、女ふたり。
おしゃべりの花も咲かせつつ、京の午後はまったりと過ぎていくのでありました。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-10-26 02:47 | 神戸&関西街歩き  

<< 続・またたびパーティ  LAKSAを食べよう~♪ >>