ルミナリエで疲れたえ~


昨夜、友人たちと集まって、小龍包食べました。
d0005397_3415216.jpg

いやじつは、小龍包だけじゃなくて、フカヒレ・スープも、
カニの豆鼓(トーチ)醤炒めも、牛肉のオイスターソース炒めも、
ブタさんの黒酢の酢豚も、その他チャーハン、デザートなども、
いろいろ食べたのだけど、例によって外飯は写真撮るのを忘れがち。
覚えていて撮ったのは、小龍包と
d0005397_3435899.jpg
てめえの皿の山椒味海老のみ。
d0005397_3483676.jpg

ともあれ、腹いっぱいにスタミナつけて、出かけたるは
クリスマスを控えた神戸の夜を彩るルミナリエ。
大震災の鎮魂として始まったこのイベントも、今年で12回目。
これまでの経験から、夜も20時過ぎに行くと
人が少なくなってくると分かっているので、
先に食事してからくりだします。

しかし、なめてました、土曜日を。
なんだこりゃ~。前も後ろも人、ひと、ヒト。
私の経験としては過去最大の人出ではないか。
文字通り、数え切れぬほどの人が集まって、巨大な一本の帯と化し、
三宮から元町西口、駅ひとつ以上の距離を、厳重な警備の指示に従って
通りから通りと、蛇行しつつ60分チンタラ歩いても、
まだルミナリエの入り口にたどり着きません。
こりゃHPに掲載している「順路」の倍は歩いてるぜよ~。
う~、なんてこった。
こんなことでは、ルミナリエ会場に到着する前に
消灯時間の22時になってしまう。
ついさっきの上海料理での至福の気分はどこへやら、あせる我々一行。
集合場所を決めて、それぞれ各自の裁量で人の波を泳ぐことに。
d0005397_424659.jpg
私も忍者のように人の間をヒョイヒョイとすり抜けつつ、
ようやくルミナリエの入り口(フロントーネ)に着いたのは、消灯10分前。
d0005397_43186.jpg
人の少ない通りの端を駆けつつ光の回廊(ストラーダ)をくぐりぬけ、
なんとか終点の広場(スパッリエーラ)に到着し、
d0005397_443359.jpg
中に入ろうとしたところで
d0005397_44459.jpg
消灯!。
「おおおーっ」と広がる人々の失望の声とため息。
振り返れば、まだまだ人の帯は続いていて、その最後尾は確認できない。
彼らはちゃんと見れたのか、ルミナリエ。
かく言う私もちゃんと見たとはいい難い。

いやもうとにかく、疲労困憊(>_<)。
ごらんの通り、写真もこんな程度のヘボヘボなので、
本当の美しいルミナリエはルミナリエ公式HPで見てちょんまげね。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-12-17 04:35 | 神戸&関西街歩き  

<< またたびパーティ 最終回 羊たちで沈黙 >>