神戸地底探検1


うす暗き地下道を行く無数の人々。
d0005397_23593247.jpg

黙々と歩く彼らの頭上に降りかかるは、
古びた煉瓦の隙間からにじみ出た地下水。
d0005397_00021.jpg


はたしてここはどこなのか?。
そして人々の正体は?。
d0005397_23594550.jpg



実はここ、神戸市兵庫区の会下山(えげやま)にある「湊川隧道」。
日本初の近代河川トンネルとして四年の歳月をかけて建設され、
明治34(1901)年8月に完成、通水されたもの。
d0005397_002843.jpg
百年後の平成12(2000)年、
新湊川トンネルの完成にともない「湊川隧道」は本来の役目を終えたが、
現在は貴重な土木遺産として保存され、
ときにはミニ・コンサートなど市民の催しにも使われているそうな。

ということで、人々は見学ツアーの皆さん。
d0005397_914724.jpg
神戸土木事務所の職員さんの案内で、坑内をぞろぞろ見て周り、
「へー」やら「ほー」やらと感心しているところ。


こちらが保存版「湊川隧道」の入り口。煉瓦造りってやっぱり良いね!。
d0005397_01630.jpg

その手前が、「新湊川トンネル」の呑口。
d0005397_013165.jpg
治水の難しかった新湊川、
じつは阪神淡路大震災の後も大きな水害があったのだけど、
これからは大丈夫でしょう!。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-04-07 09:59 | 神戸&関西街歩き  

<< 姐さんとチュー君 蠱惑の台湾食堂 >>