マターリ町家カフェ・ランチ


息抜きのお茶、あるいは気晴らしのランチにと、
私の生活に欠かせないのが、お気に入りのカフェたち(酒場ではなくってよ)。

でも新年だし、たまには新しいのも開拓しなくちゃね~と、
前々から気になってたカフェに出かけました。


d0005397_1241716.jpg
神戸随一の日本庭園『相楽園』と、兵庫県庁に挟まれた一角にある、
神戸では珍しい町家を使ったカフェ


d0005397_127225.jpg
大きな窓は、外からでは内が見えないけど、内からはこのとおり。
向かいは職員会館。


d0005397_1291581.jpg
シンプルな店内には、シンプルなお正月のお飾り。


d0005397_1281769.jpg
高い窓、すりガラス、裸電球がノスタルジック。
外は明るいのに店内はほの暗く、この感覚、まさにアジアン建築ならでは。
とてもリラックスできるんだよね~。


d0005397_12181196.jpg

d0005397_12182817.jpg
朋友とそれぞれランチプレートをいただき、


d0005397_12184226.jpg
アップル・シフォンケーキとフレンチカフェでしばしマターリ。
おいしゅうございました。


しかし難をいえば、床は土間、いわゆるたたきなので、
末端冷え性の私には、足元の底冷えが・・・ちと厳しい。
お店の方が、玄関近くに小さな電熱ストーブをつけてくださったのだが、
「それはアータ、遠すぎます、もっと近くにカモーンカモーン!」
いえば(あまりにババくさくて)お店の雰囲気壊しそうだし、なによりコチトラ今回一見さん。
慎み深く・・・・耐えました(笑)。


d0005397_12125877.jpg

といいつつ、結局2時間近くもくつろがせていただきましたな。
また(ひざ掛け持参で)行かせていただきます(笑)。 

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-01-12 13:24 | 神戸&関西街歩き  

<< 新春チョコレート合戦 松の内(食ったもの)あれこれ >>