春、初体験!


この春、
生まれて初めて「親知らず」を抜きました。

奥歯が近頃内頬を圧迫して、なんだかちょっと不快なんです~と、
駆け込んだ三年ぶりの歯科。
しかしそれは、虫歯ではなく「親知らず」だった。
三年前、これは別の歯の治療であったが、
「ここに親知らずが出てきてますね~と教えましたよ」と、センセイ。
それをサラリと聞き流してたらしい。
「なんでもリゾート旅行の直前、ということでしたね」
そうでした。
きっとワタクシ、ココロはすっかり旅の空だったんでしょうな。
それにしてもセンセイ、三年前の一患者との会話をよく覚えているもんだ。
私って、そんなに印象的なのかしらん。
もしかして、うぬぼれていいですか~♪、なんちって(爆)。
ちなみにセンセイはけっこうイケメン。
しかし、産んだ親もビックリという、もっともひどい顔を曝すのが歯科である。
でっかく開いた口の中に両の手や器具をつっこまれ、
「ちょっとの辛抱ね~」となだめられ、あふれるよだれを吸われetc、etc、
大人としての尊厳は、脱いだ上着やバッグとともに、足元のバスケットの中に。
・・・まあどう間違っても、ロマンスが発生する心配(笑)はあるまい。
ましてや私は、徐々に成長(?)する「親知らず」を、後生大事に磨いていた阿呆である。
「この先、必要になる歯ではありませんから~」と、
やんわり説くようにおっしゃるセンセイ。
いや、別に意地で温存してたわけじゃないんですから~。
抜きますよ、ハイ、お願いします、抜いてください。

さぱっと抜いてもらった。

しかしついでに診てもらったところ、他の歯の異常が露顕し、
こっちの方はこの先も必要な歯だと説得されて、治療開始。

しかし、治療前はまったく問題なく食事が楽しめていたのに、
治療中の歯というのは、どうしても違和感があってストレスであるな。
おかげでさすがの私もいささか食欲減退。
コレ幸いと、夏に向かってダイエットなるか?。

それにしても、この春、
昇進した友あり、条件アップで転職した友あり、
それぞれ新しき春を満喫しているというのに、
私ときたら、歯の治療ですかい。

なんとも、つまらんのー。


画像は、カリカリをたらふく食ったあと、たっぷりと水分補給するこびん。
d0005397_11595643.jpg
いいねえ、若い歯は丈夫で・・・(笑)。




[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-04-29 11:31 | 徒然Diary  

<< ビンボー性のガーデニング&ぷちDIY なんぢゃぁ~こりゃ~? >>