秋晴れの相楽園


秋晴れのとある日、
久々に神戸にやって来た友人を誘い、相楽園 を散策してきました。
d0005397_23555343.jpg


相楽園は神戸の街中にある唯一の日本庭園でして、
おりしも菊花展開催中。
d0005397_23562264.jpg

秋晴れがあっぱれすぎて、日差し強すぎ、
せっかくの菊も雰囲気のある感じに撮れず、ちとガッカリ(苦笑)。
d0005397_23574163.jpg
でも実際に見る分には美しく、見事な菊たちでした。
d0005397_23583916.jpg
お約束の「あつもの」に、盆栽たち。
d0005397_013572.jpg

丹精されて見事に咲いています。
d0005397_015838.jpg
d0005397_021369.jpg
一鉢欲しい~。
って、持ってたら手入れがタイヘン(笑)。

コチラ、重文の『船屋形』。
d0005397_031220.jpg


アチラは茶室の『浣心亭』。
d0005397_033620.jpg


庭を一望のあずまや。
d0005397_04922.jpg


小さいながら滝などもこしらえられて、
d0005397_042747.jpg

渓流は中央の池に注がれております。
d0005397_055431.jpg


水面に小さい秋、みぃつけた♪。
d0005397_062187.jpg


紅葉だって楽しめます。
d0005397_23565492.jpg


日本庭園ですが、園内には北野から移築された
美しい異人館『ハッサム邸』(重文)がありますのよん。
ただし残念なことにただいま修理工事中、
組まれた足場が無粋なので、撮影せずでした。

こういう異色の建物も。
相楽園は、もともと実業家小寺泰次郎氏の本邸に営まれた庭園。
その庭園の一角にあるこの西洋風の建物は、元厩舎だそうです。
こんなところに住んでたお馬さんたちって、めっちゃセレブやん。
こちらも重文ながら、内部は催しにも活用されているようです。
このときは四川省の画家の展示会をやっていました。
d0005397_064923.jpg

静かな穴場と思っていたのに、意外と賑わっていた相楽園でしたが、
そぞろ歩きでゆっくりと庭を楽しむことができ、
遠来の友人にも気に入ってもらえたようでした。
良かった、良かった。

ちなみに園を出て坂をちょっと北に上がると、
可愛いパン屋さんがあり、
こちらのパンはどれもとっても人気なんですのよ。
d0005397_3334453.jpg


てな感じで、ついでに周辺も散策し、
そのあとは園の正面玄関近くのカフェで、
d0005397_0719100.jpg
まったりコーヒー・ブレイク。

ん~。やっぱり、秋っていいなあ。

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-11-20 02:04 | 神戸&関西街歩き  

<< 食わねばっ! 秋の味覚♪ 秋深し・・・ >>