癒しの初大師参り

へへへっ。

慰め、励ましてもらいました。

d0005397_053558.jpg
しっかりね。

d0005397_0541155.jpg
ガッツだぜっ!。

d0005397_0561461.jpg
OKOK、マイペンライ、モウマンタイ、大丈夫。

d0005397_057773.jpg
がんばれーっ!!。


なんちゃって(笑)。



d0005397_155692.jpg
ここは神戸の西にある『須磨寺』。
開創仁和二年(西暦886年)という、真言宗十八本山のひとつ。
ときおり冷たい雨が降ってくるこの日は「初大師」。
怒濤の年末年始。初詣もえべっさんも行きそびれた我ら姉妹、
思い立って、やってきました。

というのも、須磨寺のお大師さんといえば、
幼きころから母に連れられてきていた思い出多きところ。
前回きたのは震災前なので、久しぶりの訪問。

今回からは、母の名も経木に記され、
d0005397_112322.jpg


d0005397_1185147.jpg
ご先祖さまたちと一緒に供養してもらうことになりました。

d0005397_105141.jpg


こんなあいにくの天気やのに、
さすが「初大師」や、ぎょうさんの人が来てはるわ。
d0005397_21395.jpg

お坊さんたちもフル回転で忙しそう。
d0005397_2135116.jpg

お賽銭あげようとしてたら、
d0005397_2442477.jpg
掃除機かけてるお坊に横切られてん(>_<)。


お山が煙ってるのは、雨のせいばかりやないねんね。
d0005397_2331669.jpg
人々の祈りがお山を白く包んでいくんやなあ。

私らもお線香焚いて
d0005397_272943.jpg
d0005397_27465.jpg

蝋燭も燈しとこ。
d0005397_28366.jpg



さて、『須磨寺』といえば、
昔馴染みの人たちは、元気してるんやろか?。


いてたいてた。

敦盛さん、熊谷直実さん、
相変わらず、一ノ谷の合戦中やねんね。
d0005397_1352052.jpg
なんや知らんまに足元の色が鮮やかになってますやん。

↑ということは、派手な方がbeforeで、
↓渋い方がafterなんか。

d0005397_1532176.jpg
ということで、敦盛さんの首塚。


そういや、あの子ら、どこやろ?。


あ、おったおった。

d0005397_1384748.jpg
相変わらず、働きもんやねえ。

d0005397_1393749.jpg
なにいうてんねん。幼児虐待やで。

d0005397_1402763.jpg
ほんまや、ほんまや~。


ふふふっ。
子供のころ、あんたらのアタマ撫でたら、
「かしこなるねんでぇ」とお母ちゃんに言われて、
毎回必死で撫でてたもんやったわ。
d0005397_143950.jpg
あんまり効かへんかったなあ・・・(笑)。


ほな、ぼちぼち帰ろか。


須磨寺の参道、
縁日の屋台は雨で早々に引き上げてしもたけど、
商店街はいつも通り。
d0005397_2571365.jpg


有名なお寿司屋さん。
d0005397_25892.jpg


名物の飴やお餅のお店も、あんまし変わってないなあ。
d0005397_2585811.jpg
d0005397_2592274.jpg
d0005397_2594192.jpg
お母ちゃんの好きやったお菓子買うて、

d0005397_314859.jpg
山陽電車に乗って帰ろな。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-01-23 02:15 | 神戸&関西街歩き  

<< ホントはふたりが好っきィな猫&... 永訣の朝 >>