久々の・・・やっちまったなー!!


私のノート・パソの
d0005397_15232219.jpg

後ろには・・・
秘密の小部屋があって、

そこには、可愛い小人さん・・・・・
d0005397_2393527.jpg

ではなくて・・・、

シロクロの衣装を着た悪魔が住んでいます。
d0005397_241197.jpg


コヤツは、私がパソをいじっているあいだ、
ここでボーッとしたり、ウトウトしたり、
d0005397_2414511.jpg


マヌケ面さらしてあくびしたり、
d0005397_2421417.jpg


気ままにすごしているのですが、
d0005397_245696.jpg


昨夜、久々にやらかしてくれましたっ!。

毎夜の愉しみであるツナ缶を食べたあと、例によって舌なめずりしつつ、
ここに上がりこみ、さて横になろうとした瞬間!、もよおしまして、
ウゲゲッという前兆音に驚いた私がとめる間もあらばこそ、
ダーッと、胃液で膨張したソレを、
それこそ滝のようにダダーッと、ばら撒いてくれまして、
しかもソレは、あろうことかパソの冷却ファンに容赦なく降り注ぎまして・・・・、

その惨状に・・・わたしゃ気が遠くなりましたよ・・・。

ヌクヌク、ホカホカの、ネバついた、生臭い、大量の、ソレ。

ファンの隅々にまでに入り込んだソレを取り除く清掃作業は、
大量のティッシュと麺棒とクリーナーを動員して、
1時間もかかったのでした。


「食うたら吐くな、吐くなら食うな!」

が、当家の家訓なのですが、

んなこたぁ、あーた、
猫の耳に念仏。

そんでもって、
猫の胃に戸は立てられぬ。

つまり、
猫災は忘れた頃にやってくる。 

わけなのであります。

とほほ、ほ、ほ(T_T)。

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-06-13 03:20 | こびん  

<< やーさいやさい、夏野菜。 布の記憶/糸の時間 [日中交流展] >>