2005年 05月 12日 ( 1 )

 

ニャン訪問日

久々にとなり町の地域猫さんたちに会いに行きました。

商店街の近く、しもたやの並ぶ一角、小さな原っぱや駐車場が彼らの集会所。
周辺のオバチャンたちが入れ替わり立ち替わり面倒を見ています。
ご飯をあげて、怪我や避妊などで、ときには病院に連れて行ったり、
病気などで弱ってる子には軒先に小屋を作って養生させています。

それでもどこかに旅に出て行くニャンもいるし、運良くもらわれていくニャンもいる、
それから、悲しいけど★になっちゃうニャンもいるわけで、
少し減って寂しくなったなと思っていると、また仔猫が数ニャン増えてたりして、
「わざわざここに捨てに来よるんやわ」と、苦笑いするオバチャンたち。

だから、ここはいつも賑やか。ニャンとオバチャンたちのparadise。
ひとしきりオバチャンたちのニャン話を拝聴し、手土産の猫缶とカリカリを託し、
元気なニャンたちとしばし戯れ、療養中のニャンをお見舞いして帰路につく。
         

d0005397_0561562.jpg←元アイドルのシャムちゃん。可愛いので何度ももらわれたが、脱走してここに戻ってくるという自由を愛するニャン。若手のさくらちゃん(この日は留守)にアイドルの座を譲ったものの、相変わらずファンは多く、いつも違う首輪をしている。


↓ちょいとゴンタなちから君。とっても大食い。夜は近くの婆ちゃん家で寝ている。こう見えて年上のオンナに取りいるのが上手なジゴロ系。
d0005397_0594546.jpg


d0005397_111419.jpg


帰りの公園で出会った可愛子ニャン。とっても内気そうで、すぐさま花壇に隠れてしまった。
(私を怪しいと思ったのかしらん。
ソリは正しいぞよ)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-05-12 01:40 | 神戸&関西街歩き