カテゴリ:神戸&関西街歩き( 106 )

 

楠公さん 菊水天神祭 宵宮風景



昨日24日夕方、近くを通りかかったので、
いよいよ夏祭り突入の楠公さん(湊川神社)に寄ってみました。

d0005397_14202921.jpg

宵宮祭なので、屋台もまだポツポツ。

d0005397_14203439.jpg

でも近所の子供たちが集まってきていました。


ねぶたも登場。

コチラ「桜井の別れ」。
楠正成父子、今生の別れのシーン。

d0005397_14203711.jpg


コチラは「湊川の戦い」。
「負けるとわかっていても、
 オトコには戦わねばならぬときがあるんじゃあ、バリャ~」
ってカンジですね。

d0005397_14204116.jpg


ちなみに日本人は負けた武将がけっこう好き。
判官贔屓つうやつね。


明日からの菊水天神祭本番に向けて、準備は着々。
d0005397_14204672.jpg


d0005397_1421032.jpg



本殿では、ちょうど献燈祭の斉行中でした。

d0005397_14205211.jpg


d0005397_15543448.jpg

この本殿、天井画が必見ですよ。


昭和27年に完成した本殿は、天井画が、棟方志功、福田眉仙、
北大路魯山人、川端龍子といった超オオモノ芸術家たちによる、
日本画、版画あわせて計163枚の奉納画で構成されています。
それが2007年初夏に修復され、当時の美しさを取り戻したのですが、

以下の画像は、その2007年の修復完成のすぐ後に、許可を得て撮らせてもらったもの。
つうてもコンデジ撮影やし、ショボイくてすまん。

d0005397_14401512.jpg


d0005397_1440449.jpg

圧巻の大青龍図は福田眉仙作。

d0005397_14401822.jpg

すばらしさがちょっとわかってもらえたカシラハツネギ(笑)。



ところで神社敷地内の楠公会館では、
恒例の上品系?ビアガーデン、今年もやってます。

d0005397_14214100.jpg

期間は今月の19日から27日(夜9or10時まで営業)までと、夏祭り期間のみ。
会場内に13展のアート作品が展示されているとか。
ビュッフェの料理ではカレーが人気だそうです。



d0005397_15492980.gif



[PR]

by tamarind-cafe | 2010-08-25 14:54 | 神戸&関西街歩き  

神戸プラージュで夕涼み



今夏期間限定のイベント、神戸プラージュに、
山科からわざわざ来てくれた友人のミキさんと行ってきました。

ハーバーランドでお茶したあと、プラージュ会場である第一突堤まで海岸通をテクテク。



第一突堤って倉庫ばかりだし、ふだんは来ることないよなあ。
しかしプラージュがなくても、向かいのハーバーランドの夜景がバツグンで、
ぢつはけっこう穴場のスポット(らしい)。

ついでに夕陽も素晴らしいと良かったのだが、

d0005397_0164468.jpg

今日の夕陽は残念ながらショボボ。

あっさり太陽は沈み、プラージュ会場に灯りが点りだす。

d0005397_0164040.jpg


d0005397_0163796.jpg

屋台充実、いいカンジ。

d0005397_0145124.jpg

こちらプラージュ特設のビーチ。
ビーチバレーとか砂浜宝探しとかできるそうですが、
今夜は静かな、ただの砂場でごぜえやす。

d0005397_0161785.jpg

リニューアルしたてのポートタワーや

d0005397_0154275.jpg

メリケンパーク・オリエンタル・ホテルにも灯りが点り、

d0005397_0135618.jpg

ただの砂場だった特設ビーチにもイルミネーションが輝きはじめました。

d0005397_0133884.jpg

こちらルミナリエでおなじみのカッサ・アルモニカ。
寒いとき(12月)に見慣れているせいか、違和感ちょいとあり。
そんなこといっちゃ可哀想アルモニカ、なんちて。



それよりも気になるのは、やっぱり屋台の灯り。

おお、これに見えるは、人気のインド屋さんではありましねえか。

d0005397_0131211.jpg

誘蛾灯に誘われる夏虫のように、インド屋に近づく我々。

d0005397_013372.jpg

気がつけば、いつしか手にはカレーの皿が。

d0005397_0125921.jpg

早速、座って食べましょうぞ。

ステージではライブ。
平日とあって観客は決して多くないけれど、雰囲気はすっかりビアガーデン。

涼しい海風に吹かれ、お腹もいっぱいプラージュ堪能。

最後にもいちど、

d0005397_0124775.jpg

夜景よ、今夜もありがとう。

帰りは無料送迎バスにて三宮駅へ。
今日もめいっぱい遊んだなあ。

お近くにお住まいのみなさまも、夕涼みに神戸プラージュへどうぞ。
今月末までやってます。


ところで明日の21日土曜日は、
メリケンパークで恒例の「こうべ海の盆踊り」が開催されますよ。

そして、楠公さんこと湊川神社では、
これまた恒例の夏祭りが20日~26日に開催されます。
20日夜の宵宮祭から「ねぶた」も登場。
メインの「菊水天神祭」は、24日、25日、26日の3日間。


盆踊りも楠公さんの夏祭りも屋台がたくさんでますよ。
祭りだわっしょい、エンジョイ!神戸、真夏の夜の夢。

では、会場でお会いましょう♪(笑)。



d0005397_133459.gif






[PR]

by tamarind-cafe | 2010-08-21 01:53 | 神戸&関西街歩き  

旧居留地でランチ


ひさびさに旧居留地でランチ。

d0005397_1328317.jpg


朋友オススメのコチラのお店に。
たしかオープンして1年くらいかな。

d0005397_13283573.jpg


この店、神戸のカフェ草分けってな老舗カフェ系列だから、
店の雰囲気も料理の味も保証されてるようなもんで、

場所も場所だし、ランチ時はかなり混むみたいですぜ。
私たちは 賢く正午チョイ前に入ってりガッチリ席ゲット。

d0005397_13282851.jpg

店名の64はロクヨンと呼びます。
旧居留地のレストランやカフェは番地を店名につけるとこ多いね。

ランチの種類も多くてぐぅ♪。

パンはブッフェ式でこんなかんじ。

d0005397_13284078.jpg

ひとくちサイズにカットしてあるのがオンナノコには嬉しいっ。

って、誰がオンナノコやねん。
オバハンはもっとでかいの食いたいぞ。


d0005397_13284756.jpg

結局たくさん取るんやけどね(爆)。

ランチセットにはサラダかスープが付いてます。
どっちもいいが、どっちかと言われればやっぱり野菜。

d0005397_13285135.jpg


で、チョイスはパスタのランチ。
わし、相変わらずの麺食いっす。
この日のパスタは野菜と小柱のオイルパスタ。

d0005397_1329499.jpg

うめー。
見た目シンプルなのに、さすがプロの味じゃ。
って、アタリマエか。

d0005397_1329964.jpg


パスタは量がそんなに多くない(あくまで私的(笑)には)ので、
珍しくデザート(同系列のココのケーキなのでうまいに決まっている)もいっちゃえそうなのだが、
しかし、両隣と席が近いのはいいとして、話声が天井に響いて騒がしいのと、
ランチ時だけにあまりゆっくりできる雰囲気ではない
(食べ終えると同時に皿を下げていくあたり、スタッフ優秀)ので、
さっさとコーシー飲んだあとは、そそくさとお勘定。待ってるヒトに席を譲ります。

ゆっくりお茶とスイーツしたいときは、ランチ時間を外すのがいいみたい。
テラス席もあるので、もう少し涼しくなったらそっちも楽しみたいな。

で、食休みのため近所の別のカフェ(つうか、きっちゃ店)に移動(爆)。
しかしきっちゃ店って、いまだに禁煙・分煙してないとこあるってのを忘れてた。
せっかくの美味しいランチのあとなのに、ちょっと失敗。



ということで、肝心の食休みもそこそこに、
朋友は行きつけのヘアサロンに。
私は炎天下の旧居留地から逃げるようにしてサンチカに潜り、
デパ地下でお気に入りのケーキをゲットしてさっさと帰宅。

d0005397_13292272.jpg

ユーハイムのフランクフルタークランツ。
見た目はとっても地味(写真映えしない)だが、
サクッとしたデリケートなテクスチャーと、
ヘンな甘さが口に残らないあっさり上品な味わい。
いつ食べても美味しいぃぃぃ。

d0005397_19414623.jpg


それにしても、ああ、おうちは静かで涼しいのぅぅ・・・・(笑)。


みなさま。
まだまだ猛暑は続きます。
美味しいものガッツリ食ってがんばりましょうね。


d0005397_13293765.jpg




d0005397_13325168.gif



[PR]

by tamarind-cafe | 2010-08-06 13:36 | 神戸&関西街歩き  

黄昏時の旧・三菱銀行神戸支店



黄昏時の栄町通り界隈。

d0005397_16404483.jpg

仕事帰りの友人と近所のカフェで待ち合わせ。
時間があったので、その前に付近をパチリ。

d0005397_15364048.jpg

旧・三菱銀行神戸支店。
1900年(明治33年)築
設計者は曾禰達蔵

洋風建築の黎明期に建てられ、
鈴木商店をはじめ、栄町の栄枯衰退を見てきたビルである。

現在は子供服のファミリアの所有でファミリアホールと呼ばれている。
ちなみにファミリア本社は奥隣に建つ、フツーのビル。

d0005397_1537295.jpg
正面。

d0005397_15381559.jpg
側面。

d0005397_15385773.jpg
角にはさりげなくスヌーピーが。


この辺りは夕方ともなればオフィス街から吐き出された人の通りも多く、
交通量もそこそこあるので、信号待ちを狙ってみました。

d0005397_15395173.jpg



d0005397_1637440.jpg
斜向かいの中央郵便局。
ちょくちょくお世話になっています。

d0005397_15413235.jpg

ぼうぼうに育ったローズマリーとランタナがいいカンジ。

ここいらの花壇は、そこそこ放ったらかしな風情で、私の好み。

d0005397_15433871.jpg


d0005397_15442885.jpg


d0005397_15445295.jpg

並木の陰でみなひっそりと、でもキレイに咲いているなあ。

なんてことしているうちに、
「カフェに着いてるよ~」と、友人から電話。

おおっと、すぐに行きま~す。


[PR]

by tamarind-cafe | 2010-06-11 16:46 | 神戸&関西街歩き  

第10回新開地音楽祭



この土日、恒例「新開地音楽祭」開催中!。
d0005397_17175.jpg

昨日土曜日の昼、ちょこっとのぞきに行ってきました。

メイン会場の湊川公園
d0005397_173139.jpg

お、やってる、やってる。

ここでも。
d0005397_12345393.jpg
神鉄本社ビルを背に、山陽電車の歌を歌ってます(笑)。


しかし昼時とあって、激しく賑わっているのが、
これまた恒例の、(ご近所の店による)「世界のグルメ屋台村」。
d0005397_12455777.jpg


韓国やエクアドルのスナック、台湾のスィーツ、スリランカやインドのカレー、
メキシコのタコス、イタリアのパスタ・・・。
どれもうまそうじゃ~。

しかし日本勢もすごい。

d0005397_12463875.jpg

もっとも列が長かったのは、地元神戸新鮮市場プロジェクトの「ホルモンうどん」。

d0005397_12474428.jpg

平和台自動車学校プレゼンツの焼きそばも人気だったなあ。
ちなみに私もここで教習しました。
教官が厳しくてよぅ、公道教習のとき、後続の市バスを
寄せるだけ寄せといての坂道発進でビビらせてやったことあったなぁ、ヒヒ。


あちしは、ちょっと軽めで、なじみの「インド亭」さんへ。
d0005397_12485319.jpg
タンドール釜を持ち込んでナンを焼いてます。

d0005397_12493954.jpg
ふひっ♪。


d0005397_1252077.jpg
ところが食べ終えて、兵庫県特産品市に行くと、

かようなものを発見。
d0005397_131426.jpg
有名な淡路バーガー。
淡路特産のタマネギ(それはそれは甘くて美味しい)を使ったバーガー。
しかし腹ペコリンだとしても見るからにヘヴィなバーガーであるからにして、
今回は残念ながらパスであります(T_T)。

淡路オニオンを使って、こういうスナック菓子もありました。
d0005397_1341411.jpg
以前マウイ島で、かの島特産のオニオンを使った美味しいオニオンポテチを食べたとき、
これは「淡路でもぜひやってほしい!」と思っていたので、商品化されて嬉しい。
より玉ねぎフェチには隣の玉ねぎ煎餅がオススメです。なんちて(笑)。

そのほかにも六甲山の蜂蜜、明石だこのおにぎり、但馬牛のコロッケなんかが人気でした。
つうか、私は物産展とか「道の駅」系が大好き。血が騒ぐわ。
神戸ではおなじみの明石、淡路、丹波の物産をはじめ、
赤穂、宍粟、香美町といったちょいと遠方からの物産は、もの珍しくて楽しかった。

それにしてもだんだん日差しが強くなってきた。
テントのあるとこはいいけど、
盛大に開催中のフリーマーケットなんか子供たちも多いのに大変そう。

d0005397_13205843.jpg


d0005397_132373.jpg

でもみな元気。
よくよく見ればオモシロそうなものが見つかるので、ついつい時間をすごしてしまう。

アート縁日のワークショップも賑わっていて、
d0005397_13212513.jpg


d0005397_13241417.jpg


子供広場も盛況。
d0005397_13293282.jpg


d0005397_1330122.jpg


しかし、風邪をまだ引きずってる身の私は、人酔いでそろそろ疲れが・・・(爆)。
ひやっこいものをゲットしてリタイア。

で、ジャーン。
ゲットしたのは、これ。

d0005397_1371159.jpg


d0005397_13334855.jpg

有馬温泉のありまサイダー。

日本初の多い神戸ですが、サイダーも日本発。
それがありまサイダー。
外国航路船向けにガス入りミネラル・ウォーターを製造販売したのが始まりとか。

d0005397_13404288.jpg

昔は「有馬シャンパン・ソーダ」といったそうですが、
「てっぽう水」の別称からも想像できるように、炭酸がめっぽう強いのが特徴。


では、失礼して、飲んでみます。
あ、ゲップは割愛・・・、オホホホホ(笑)。


[PR]

by tamarind-cafe | 2010-05-09 13:55 | 神戸&関西街歩き  

爽やか手づくり市




皐月の名にふさわしい爽やかな朝。
毎月ついたちに開催される楠公さんの「手づくり市」に行ってきました。

d0005397_14473868.jpg


楠公さん>湊川神社です。

d0005397_1448168.jpg

ここんとこ毎月ついたちはお天気が悪かったり、
また忙しかったりで、私としては久々の手づくり市。

d0005397_14493724.jpg


d0005397_14495982.jpg


d0005397_14501392.jpg


海外旅行でなくてもいい、テーマパークでなくてもいい、
GWに近所の神社、サイコー!。雑貨あさり、ブラボー!。

で、本日の戦利品。

d0005397_1455625.jpg

木製のトレー。
写真でみるとなんだかコギレイだが、

d0005397_14523459.jpg

じつはけっこう古道具っぽい。古材で作ってるらしい。
使い込まれたカンジが出ていてぐぅ。なんと600円でした。やたーっ。

こちらは、小さなクッション。

d0005397_14505712.jpg

ピンクッションにするには少し大きい。
作り手さんによると「飾り」とのことだけど、

d0005397_14562084.jpg

小さいのはキーホルダーなどに、
大きいのはPC作業のときのリストピローとして使おうかと思ってます。

d0005397_14573831.jpg

これ、生地模様にちょっとエロっちい少女が・・・うひひっ。


手づくり市のついでにスーパーによってどっさり野菜も買い込んだし、
充実のサタデー・モーニングどしたわ。
ほんまは家に帰りたくなかったくらい。あー、でも仕事が・・・・(T_T)。


さて、ブランチは自家製の屋台風汁ビーフン。
d0005397_14581688.jpg

昔は某陶器市で仲間と一緒に屋台を出したことも
(もっとも交通費もでない赤字まみれのお遊び商売だったが)ある、
我ながら いわくつき 自慢の汁ビーフンである。
板宿市場の人気焼き豚をのっけ!。

マイセルフ・イメージとしては、
サ〇トリー烏龍茶CMの范 冰冰(ファン・ビンビン)
と化してむさぼり食いました。
だって、ハラペコリンだったも~ん。


[PR]

by tamarind-cafe | 2010-05-01 15:02 | 神戸&関西街歩き  

ご近所巡りとガッツリ昼飯


あいもかわらずのご近所風景なれど、
天気がよければチャリ下りて、コンデジ取り出しパチリと一枚。

兵庫県公館。桜、そろそろみごろ。
d0005397_1414641.jpg


神戸栄光教会。
d0005397_1421126.jpg


こちらはハーバーランドのきりんさん。
d0005397_1423712.jpg


手前に神戸空港、かなたには泉州さかいみなと。
d0005397_1431556.jpg


足元は川崎造船。
左下、チョコマカ動いてるちっこい船は水陸両用の観光バス。
その名もスプラッシュ号。
d0005397_1433865.jpg



腹が減ったら、ハーバー近くの隠れ家カフェへ。
d0005397_144036.jpg


地下には心地よいインテリアと音楽。
d0005397_1454083.jpg


奥のとっておきソファでまったり・・・・
じゃなくて、ガッツリ。
d0005397_1511618.jpg

近頃のカフェにゃ珍しい大盛り飯にコッテリ揚げもん。
その名もカツ飯。加古川の名物だそうな。

d0005397_1472099.jpg

あか~ん、食いすぎて、もう動けんわぁ・・・・。

沈没・・・・。
d0005397_2395046.jpg







オマケのYoutube スプラッシュ号で神戸観光♪




[PR]

by tamarind-cafe | 2010-03-29 02:12 | 神戸&関西街歩き  

街を歩けば


先週のこと。

所用ありて外出し、その帰り道。駅に向かって歩いていると、
前からきた年配の男性が、バッタリと前のめりに倒れるのを目撃。

急いで駆け寄り「大丈夫ですか」と声をかけると、
意識はあるが、倒れた状態のままピクリとも動けない様子。
石にでも蹴躓いたのか、それとも気分が悪くなったのか、
倒れた原因がなにか、わからない以上ヘタに起こすのは危険と考え、
とりあえず歩道にぶつけて出血している額に手持ちのティッシュペーパーをあてがい、
片手で傷口を抑えて止血というか、怪我人の頭を抱えたまま、
もう一方の手でケータイをピポパッ119。
手っ取り早く状況を伝えて、すぐ来てもらうことに。

現場は、車両の交通量は多いものの通行人の少ないところであったが、
それでもたまたま自転車で通りかかった人などが
「なにか手伝えますか?」と声をかけてくれたので、
「では救急車が来たら、手を振ってこっちに誘導してください」と頼むと、
数人で歩道脇に並んで手をぶんぶん振ってくれた。
その様子が、まるでマラソンの応援みたいだったのが可笑しかったが、
おかげで救急車はスムーズに現場に到着。
怪我人を無事にプロの手にゆだねることができた。
やれやれである。

思いおこせば数年に一度、こういう状況に出くわしている。
今回は真昼間だったが、前回は真夜中のことであった。

これまた帰宅の途中、家の近所の側溝に人が倒れこんでいるのを発見。
暗がりのこととて詳しくは見えなかったが、やはり年配の男性。
声をかけたが返事はない。
ないが、どうやら息はあるらしい。
見えずとも匂いでそれと知れたが、そうとう泥酔している様子。
おそらく立ちションしようとして側溝に落ちたと思われるが、
怪我をして意識朦朧なのか、はたまた眠り込んでしまったのか、
そこんとこまではわからない。
とにかく私ひとりでは男性というかオッチャンを溝から引き上げることもできず、
今回と同様、真冬のことで、そのまま放置すれば凍死のおそれもありなので、
やむをえず119して救急車に来てもらった。

いつも思うが、救急救命士の方々、ほんとうにご苦労さまである。

オッチャンは、意味不明のうめきをもらしつつ担架に乗せられ病院に運ばれていったが、
きっと酔いが覚めたあと、迎えに来てくれた家の人にこっぴどく叱られたことだろう。
ま、自業自得か。

それにしても、状況は異なれど、
道端で倒れているのはなぜだかみなオッチャン、ジーチャンである。
謎めいた美人が持病の癪で苦しんでいる、などという場面に行き遭わしたり、
記憶を失って困っているものすごいイケメンを救うなんてことも、
たまにはあってもいいと思うのだが、現実のなんとシビアであることよ。
なんちって。


さて、地元に戻って、気分転換にちょいと寄り道。

黄昏のハーバー。
d0005397_4562158.jpg


新年の装いの残るモザイクのイルミネーション。
d0005397_4552083.jpg


夜の気配がし始めた運河通り。
d0005397_4574531.jpg


日が暮れると、さすがにぐっと寒くなってくる。
さあ、そろそろおうちに帰ろうか。



補足

蛇足になるかもしれませんが、記事をちょっと補足します。
救急車を呼んでしまった記事になりましたが、
私は日頃から安易に救急車を呼ぶ人が多いというハナシを聞くたび、
呆れたり、苦々しく思っているひとりです。
病院に行くと「救急車はタクシーではありません」というポスターが張ってあります。
ほんとうにその通りだ!と思います。

記事でも後者の泥酔悶絶オジィはともかく、前者の方は意識があったので、
「呼んで欲しいかどうか」本人確認しました。
119すると、電話の向こうでは「近くの病院まで自分たちで行けないか」と聞いてきました。
「本人はまったく動けないと言ってます。私は一人なので運べません」と状況を伝え、
来てもらえることになったものです。
119でも聞き取り情報からきっちり出動の判断しているんだなあと感心しました。

私個人の過去例をいいますと、
母が呼吸困難で意識不明になったときは来てもらいました。
父が深夜、消化器系でなにやら激しく苦しみだしたときは、
119に電話して症状を伝え、本人の意向もあって救急車は辞退し、
救急窓口の開いている病院を教えてもらって、タクシーで急行しました。
ウチは街中なので、夜中でもタクシーが拾えるという利点があります。
少し遠い病院しか開いてなくてもタクシー代は数千円程度で済みます。

テレビでいってましたが、救急車は一回の出動に4万5千円かかるそうです。
ちょっとビックリしました。そんなに経費がかかるとは。
ますます安易に使われたくないと思いましたね(笑)。

で、そういう事態を改善すべく、
新たに「#7119」という電話サービスが設けられたことを知りました。
これは「救急安心センター」の番号で、救急車が必要かどうかを含めて、
医師や看護師さんたちが救急相談や医療機関を案内してくれるというもの。
もちろん24時間体制だそうです。
このサービスの認知度が高まれば、
安直に救急車を呼ぼうとする人が減るかどうかはともかく、
救急車が必要かどうかの判断ができかねる人たちの助けになると思われます。

ただしまだそういう体制の整っていない自治体もあるようです。
また電話の形態や状態によって「つながらない」ということもあるようです。
しかし、前述したように、そういう相談はもともと119でもやっています。
困ったことがあれば、まずは119、もしくは#7119で相談。
つまりは、そういうことですね。

って、ここでくだくだ書いても役にたたない気はしますが・・・参考までに(苦笑)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2010-01-19 06:00 | 神戸&関西街歩き  

ルミナリエ再び


つきあいで、また行ってきましたルミナリエ。

今回はルミナリエ会場付近の光景もご紹介しましょうかね。

ルミナリエ効果で、いつもより賑わっている南京町。
d0005397_0432958.jpg


通路の両側にぎっしり並んだ点心屋台が流行っていて、
キンキラ台湾夜市っぽいフンイキ。
ちょいとぐぅぅぅ(^_^)vでやんすよ。

d0005397_0435255.jpg


さて、チャイナな気分を満喫したあとは、いざルミナリエ。
警備員さんたちの誘導に従い、旧居留地へと歩を進めます。

d0005397_0492568.jpg
わたくし御用達のデパートざます。
なんちて。

d0005397_0501320.jpg
私はいつも先にゆっくり食事して、
おいしいものを堪能してからの出動です。
9時を過ぎると、さすがの混雑もかなり緩和されてきます。
腹へり状態で順路を行進するのと、
腹ごなしにブラブ~ラ歩くのとは、気分的にも大違いだしね。

フロントーネ前のルイ・ヴィトンのショーウィンドー。
ルミナリエとコラボ。
d0005397_052588.jpg


d0005397_057258.jpg
ガレリアを進むと、

ところどころで、来年度開催のための募金運動が。
d0005397_0543774.jpg


ボランティアの人たちががんばってくれています。
d0005397_0552331.jpg



スパッリエーラ。
d0005397_12557100.jpg


d0005397_1264160.jpg


カッサ・アルモニカ。
d0005397_1273173.jpg


そして、メルカート。
じゃなくて、お祭りヤターイ。
d0005397_1284318.jpg
募金付きスクラッチやルミナリエ・グッズ、神戸の名産菓子のブース、
そしてスナック屋台がズラーリ。
賑わってますよ~。
生キャラメルの屋台なんかもあって、わたしゃちゃっかり試食。

d0005397_1285899.jpg
てなカンジで、チャイナにイタリアーンに、こてこてのジャパーン。
いろいろ楽しめるルミナリエとその界隈、
行かなきゃソンですぞー(笑)。

といっても、ルミナリエ開催期間は13と14日の、あと2日間。
ご近在でまだ未見の方、ぜひぜひぜーひ。



[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-12-13 01:05 | 神戸&関西街歩き  

今年もルミナリエ♪


やほーい。今年も無事にルミナリエが始まりました。

今年は3日から14日まで。
近在のみなさま、まだの方はぜひぜひぜーひ♪。

私も、去年はちょっと大変だったので残念ながらパスしちゃいましたが、
今年は早々に行ってきました。

ということで、とりあえず、今年のルミナリエ。
テーマは『光の抱擁』。
そういわれれば、例年より派手な印象です。

といっても、人波にもまれつつ前に進みつつのコンデジ撮影なので、
例によってたいした画像は撮れていません。

ホンモノはもっとキレイなので、ぜひ現地にてご覧ください。
※週末は大変な混雑です。平日がオススメ。
とくに平日の20時半以降になると混雑はかなり緩和され、
順路もショートカットされることが多いようです。


d0005397_29717.jpg
正面のファサード。

アーチをくぐります。
d0005397_2103221.jpg


光の渦に包み込まれつつ、荘厳な気持ちになったら、
次回開催のための百円募金も忘れずに・・・。

次なるステージ、東遊園地に到着。
d0005397_2123177.jpg


やっぱりすごーく綺麗です。
d0005397_2133160.jpg


d0005397_2135778.jpg


お月さんもキレイ。
d0005397_2153781.jpg


d0005397_441499.jpg


d0005397_2163352.jpg


撮るの忘れたが、毎年増えているようすの屋台群も楽しめたし、
期間中、もう一回くらい行けるかなと思っています。

惜しむらくは、近在の飲食店。店じまい早すぎだべさ。
消灯まで楽しんだあと、余韻を楽しむべくカフェを求めるが、
会場界隈で空いている店は少なく、あっても当然混んでいて、
毎度のことながら、友人たちとあっちゃこっちゃふらふらとお茶したい難民。
結局、駅の山側の繁華街まで行かなくちゃならん。
つうても深夜じゃないんだよ。たとえば香港、バンコックなら宵の口。
せっかくのルミナリエ。人出が見込める間だけは、もっと貪欲に稼ごうよ。
ましてやこんな時代なんだしさ~。
なのに日本人、他のアジア人に比べて欲がないつうか、
なんだかガッツが足りねえんだよな~(特にサンチカ!)、
トカ思ってしまったのでありました。

いや、単なるワガママなんだけど・・・(笑)。


[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-12-05 02:32 | 神戸&関西街歩き