カテゴリ:2にゃんねる( 117 )

 

テレビを壊す猫たち

内気なチャー子姐さんと、
d0005397_035253.jpg

そのストーカー、こびん。
d0005397_0352516.jpg

妹の部屋に入りびたりのふたり。

そして妹の部屋のテレビの上。
ときには、キャットタワーの上のこびんを牽制するチャー子姐さんが、
d0005397_022516.jpg


またときには、ベッドでくつろぐチャー子姐さんを張りこみするこびんが、
d0005397_041160.jpg
交互に活用していたのであります。

ところが昨夜、
なにかの拍子(追いかけごっこか?)に、ふたりともが乗っかってしまったようで、
つまり合計8キロがテレビの前部分(平になったところ)にかかったと思われ、
そのとたんに惨事勃発。

ぐぉっとっ~ん!!

ただごとでない音と地響きに驚いたのは、リビングでくつろいでいた私と妹。
(そして階下の住人さん~スンマセ~ン!)

駆け寄ってみれば、25kgはあると思われるテレビがラックから大転倒。

テレビが床に激突するより早く、
リビングを駆け抜けて私の部屋に飛び込んだこびんは、シッポをボン!、
妹のベッドの下に退避したチャー子姐さんは、ノミの心臓をバクバクさせてはいたけれど、
とりあえずふたりは無事。
「はぁ~、やれやれ」
安堵の胸をなでおろし、即死してしまったテレビを片付けながら、反省しきりの姉妹の会話。
「引越しのとき、ちょっと安定悪いなあと思ってたんや」
「あとで固定しようと思って忘れてたわ」
「そしたら、次はもう猫たちが乗らないよう、薄型のプラズマか液晶にする?」
「したいけど、したいけどね~、う~無理・・・(T_T)」

というわけで、世は華やかなりしデジタル時代だというに
ウチにはまたでっかい(安い)ブラウン管TVがやってきそうな気配。
ま、猫たちの大好きなご休憩所だしね~(言い訳)。
でも、今度はしっかりと安全(猫&地震)対策しなくちゃね。

d0005397_0533380.gif

けさのこびん。
おやびんに叱られ、反省しているのかいないのか。
リビングのテレビ(これはバッチリ固定済)の上の、いつもの箱でショボボ~ン(笑)。
d0005397_0392611.jpg


そしてチャー子姐さん。
こちらは叱られる理由もない(なにしろオッカケしたのはこびん)ので、
いつものようにベッドの上で、のんびりまったりおくつろぎ。
d0005397_0421191.jpg


たのんますよ、お嬢さん方。
今日はなにも壊さないでね!。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-05-15 23:44 | 2にゃんねる  

平行線上の猫たち

とくに進展なきまま、こびんは相変わらずチャー子姐さんのストーカーです。
今日も今日とて姐さんの部屋に入り込み、許可も得ずチェストの上に乗っております。
d0005397_054407.jpg


目線の先にはチャー子姐さん。珍しく対峙のかまえです。
d0005397_1142965.jpg
保護者である妹とでさえ目を合わせるのを嫌うナイーブなチャー子姐さんですが、
本日は潔く同じ高さでこびんを見返しています。
先日、尻を向けて嗅がれたのが、よほど答えたのでしょう。

d0005397_103715.jpg
しかしずっとこの体勢はしんどい。
チャー子姐さん、長年鍵っ子状態で暮らしたため運動苦手の9歳。

d0005397_117297.jpg
おや、先にこびんが座りました。無意識のうちに長期戦のかまえに入ったのでしょうか。

それをみたチャー子姐さん、自分も座りました。
そうとう足がしびれていたもようです。
d0005397_1201815.jpg
いかにも「やれやれ」という表情です。
いぜん力強く見つめ続けるこびんの視線を、なにげにそらせはじめました。
長期戦に備え、居眠りする気でいると思われます。

d0005397_1522242.jpg
膠着状態はなおも続いております。
日付も変わり、レポーターの方がやや疲れてきたといった状況です。

以上、現場からお伝えしました。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-05-13 01:54 | 2にゃんねる  

セ○ハラ猫こびん

念願のキャット・タワーを制したこびんに、もはやタブーはないのでしょうか。

いつものように飾り窓(またの名を山小屋)に閉じこもり、
こびんのストーカー行為から逃れようとするチャー子姐さん。

d0005397_1585666.jpg


その姐さんの後ろを追い、あろうことかケツを嗅ぐこびん。
d0005397_1595682.jpg


たいていのことには放任主義のおやびんも、これには怒った!。

こりゃぁぁぁ~!!!

d0005397_26224.jpg


d0005397_27765.jpg


いや、チャー子姐さん、それだけはご勘弁を~。
本猫も、ほれこうして尻尾を太くしていることですし、反省してますから~。
(でもどうせまたやらかすに決まってるんだけど)
どーもどーも、あいすみませんねえ~。

ひたすら、汗、汗のおやびんでした。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-05-10 02:28 | 2にゃんねる  

こびん初登頂!!

前回の失敗(恥さらし)を繰り返すまいと反省したのか、こびん。
チャー子姐さんから目を離さないばかりか、至近距離まで接近です。

d0005397_1323640.jpg


しかしチャー子姐さんはあくまでクール。
d0005397_134153.jpg


もちろんそれで諦めるようなこびんではありません。
d0005397_1362541.jpg

ビビリのくせに厚かましい、そしてしつこいこびんです。
d0005397_1363641.jpg


そうこうするうち、自分がキャットタワーに乗っていることを思い出したこびん。
d0005397_138779.jpg

d0005397_1382481.jpg


とうとうてっぺんまで登ってしまいました。
d0005397_138554.jpg


長く夢見ていたキャットタワーへの初登頂です!。
しかも単独、無酸素での登頂。感動もひとしおでしょう!!。
d0005397_1311337.jpg


この気持ち良さを独り占めはできないと思うこびんです。
d0005397_1311212.jpg

d0005397_13121111.jpg
ありゃりゃ、怒られてしまいました(T_T)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-05-08 13:18 | 2にゃんねる  

夜逃げ屋チョビ

昨夜、いつものように「のぞき」に行ったこびん。
ところが飾り窓にチャー子姐さんの姿がありません。

それもそのはず、チャー子姐さんは、ドアのそばのチェストの上。
まさかテキがおのれの頭上に居ようとは、夢にも思わぬこびんでありました(笑)。

d0005397_220256.jpg


d0005397_2204442.jpg


留守と知ると(カンチガイだけど)大胆になるこびん。
あつかましくもノッシノッシと家宅侵入&捜索を始めます。
d0005397_221566.jpg


d0005397_221269.jpg


d0005397_2214629.jpg


d0005397_222289.jpg


d0005397_2222133.jpg


まだ気がつかず飾り窓を覗き込むこびん。
d0005397_2231745.jpg


しかし、ここで異変に気がつきました。
d0005397_2233555.jpg
そう、鏡です。
鏡に映ったチャー子姐さんを発見したこびん。そのまま硬直して、しばし化石。
チャー子姐さん、その正体はメドゥサか、はたまたゴーゴンやったんか?。


もう半分腰が抜けちゃった態のこびん。
d0005397_2235183.jpg


ヘッピリ腰で逃げます。かっちょわる~。
d0005397_2305359.jpg


リビングまで戻って、やっと一息。シッポも膨らんじゃって・・・、アホや。
d0005397_2314294.jpg


d0005397_2315757.jpg

お騒がせしてすみませんねえ、チャー子姐さん。

極度のキンチョーで疲労困憊したこびん、
さすがにしばらく落ち込んでました~(爆)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-05-07 03:01 | 2にゃんねる  

家宅捜査官チョビ

お隣のチャー子姐さんはアンニュイな夜のオンナ。
昼間はけだるくベッドにもぐりこんでうたたねしています。

ところがこびんはそれを「留守だ」とカンチガイ。

なので、はじめはヘッピリ腰だったのが、日々大胆になって
今では我がもの顔でお姐さんの部屋に入り込んでいきます。

とりあえず部屋中を探索、ベッド周りも念入りに調べているのですが、
お布団の中にお姐さんがいることには、ちぃとも気がついていません。

こびんの好奇心が最終的にたどりつくところは、やはりキャットタワーです。

d0005397_20511077.jpg


d0005397_205211.jpg


d0005397_20521770.jpg


d0005397_18628.jpg


キャットタワーに夢中のこびん。
騒々しさに目覚めたお姐さんがお布団の中から見ているのも気づかず。
d0005397_20524923.jpg



そして夜のとばりが下り、
みづくろいしたチャー子姐さんは、例によってキャットタワーの飾り窓に。

それをのぞかずにはいられないこびん。
d0005397_1145277.jpg


「もう良い加減にしたら?」と呆れるおやびんの声もどこ吹く風。
d0005397_1164094.jpg


かたや、あくまで鷹揚なチャー子姐さん。

d0005397_135545.jpg


しかしチャー子姐さんの本心は・・・
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-05-06 01:36 | 2にゃんねる  

のぞき屋チョビ

近頃、おやびんに遊んでもらうのもすっかり忘れ、
お隣ののぞき見がやめられないこびんです。
d0005397_3574010.jpg


お隣さんちには妙齢のお姐さんがいて、いつもベッドでうたたねしているか、
キャットタワーでまったりしています。
d0005397_3572271.jpg


お姐さんはマイペースな性格なので、こびんがのぞいていても平気ですが、
それもあまり長いと、さすがにうざくなってくるようです。
キャットタワーの穴に入って向こうをむいてしまいました。
d0005397_357597.jpg


それでもこびんは飽きもせず、お姐さんのお尻を見ています。
d0005397_492071.jpg


おやびんは、そんなこびんのお尻を、あきれ果てた気分で見ています。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-05-05 04:17 | 2にゃんねる