カテゴリ:サワドリ&スム部( 4 )

 

真夏の果実・・・とハーブの、お飲み物


毎日毎日、暑いのに飽きて、さすがにうんざりしてきましたね。

ここいらで、ちょっと涼しげな画像をば。
d0005397_9391366.jpg


すっかり忘れていたけど、初夏に漬けたんでした。
おなじみサワードリンク各種に加えて・・・果実酒。
d0005397_941110.jpg
アメリカン・チェリーとバレンシア・オレンジ。
しっかり飲み頃になってました。
かなり甘い。なのでソーダで割ると、キリリとしていい感じ。
で、クイクイ。けっこうヨッパらいますよ、これ。

漬けた瓶。今年の新兵器。注ぎ口がついていて便利。
3キロ近くありますが、蓋も持ち手もしっかりしていて、ブンブンしても平気。
ダンベル代わりにストレッチに使えそう。
d0005397_951797.jpg

d0005397_9515710.jpg
タハハハ~。


新兵器、サワドリにも導入しましたよ。
d0005397_10102951.jpg
こちら、スーパーでふと目に付いたクールサーバー。
こぶりでサワドリにぴったり。
パイナポーやグレフル、バナーナなど、数個並べて悦に入ってます。


今夏は生ハーブ・ティーの美味しさに開眼した年でもあります。
これまた初夏にいろいろ種を蒔いて育てたハーブたち。
そのなかでも、とりわけ元気に育ってくれたレモン・バーベナ。
さわやかな香りだけでも癒されますが、

d0005397_10255981.jpg
これをたっぷり収穫して、沸騰した湯で抽出し、
そのままでもいいけど、氷で冷やしてレモンを絞って飲む一杯。
d0005397_10281166.jpg
シャキーンとします。
果実とハーブのチカラで、残暑乗り切れるか、
ときどき焼肉入れつつ、ガンバリましょー(笑)。

d0005397_431388.jpg



[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-08-07 10:42 | サワドリ&スム部  

しゃわしゅわ~♪ 梅サワドリ


一年漬けた梅のサワードリンク。
熟成の月日を重ねて、もう「酢」という感じはどこにもなく、
まろやか、とろりとコクありで、めっちゃおいすぃぃ~♪。

梅も、完熟梅(ゲットする時期が遅かった)を漬けたせいか、
シワシワにはならず、柔らかな実がとってもフルーティ。
甘露、甘露♪♪。

d0005397_1445311.jpg

今日は炭酸水で割ってみました。
しゅわしゅわ~とオトナのサワドリ。
アルコール入ってないのに、酔えそう~(笑)。

PS:今年も漬けたいけど、まだ梅ゲットできてませ~ん(汗ッ)。
サワドリ部部長(工場長)のとこでは、もう熟成完了とのこと。
でもね、工場長。美味しいからってすぐに全部飲んじゃわないで、
ガマンして一年「待つ~わ♪」してみてちょーね。
もうホント、すっごく美味しいから!。

d0005397_4364925.jpg



[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-05-27 15:00 | サワドリ&スム部  

梅、うめ~♪


先月末に漬けた「梅シロップ」。
解禁してます。
シロップだけをトロトロ煮詰めて保存瓶に。
d0005397_239199.jpg

d0005397_2394936.jpg
「うめ~よ~♪」
なんちて。
いや、だからといって、何杯飲んでも泥酔したりしませんよ。
でも来年は「梅酒」への挑戦もアリ、かもね。

漬けた梅は種を除いてジャム。
オサレに言えば、梅のコンフィチュールざます。
d0005397_23211832.jpg
ヨーグルトにかけると、このスッパさがなかなかオツ!。


梅サワドリは解禁まだだけど、ちびちびと味見にかかってます。
d0005397_23111353.jpg
これまた美味し。
d0005397_23133212.jpg
この琥珀色がまた良いね~。
ジャズなんか聴きつつサワドリ。
良いかも。
解禁までになくなっちゃわないか、ちと心配。
d0005397_0294072.jpg


梅味噌。
d0005397_23154593.jpg

正直、こんなに作っちゃって、何に使うんだべ?、なんて思ってた。
けど、イケるじゃーん。なんにでも合うじゃーん。
d0005397_2317799.jpg
とりあえず、この季節、大好きな刺身コンニャクにドバッとかけて。
いやまてよ。
コンニャクはいくら食べても肥らないだろうけど、
もしかしてこの味噌は・・・・ヤバイかも!。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-07-21 23:35 | サワドリ&スム部  

サワドリその他、漬物いろいろ♪

ムシムシダレダレの日々が続いています。
ちべたいサワドリ(サワードリンク)、飲みまくりです。
おかげで在庫がだいぶはけてきたので、ライン再開。
新しい仕込みに入りました。

レモンのサワドリです。
d0005397_1715506.jpg
レモンはよく洗って皮をむき、輪切りで漬けました。
白いフワフワのところは余分な水分や苦味を入れないよう、できるだけはぶきました。
香り付けに皮も入れましたが、これも白い部分はそぎ落としました。
レシピはレモン150g、酢150cc、氷砂糖110gです。
ミツカンレシピより、少し砂糖控えめ。
このまま一週間漬け込みます。柑橘系は失敗がないので楽しみですわ~。
d0005397_18322175.gif
ちなみに
ゴーヤは美味い、キウイはイマイチという報告が各地から届いています。
メロン、意外とフツーというつぶやきも聞こえました。
私からは、マンゴー(安いやつ)はまあこんなものでしょう、
枇杷はけっこう香りが良くて美味しいかも~という報告を出しておきます。
あくまで個人の感想ですが、参考までに。


いつものバナナのサワドリ。
d0005397_17235831.jpg
麦芽糖と一緒に漬けました。
裏技の一分間チンで、明日には飲めるはず。

d0005397_1865315.gif「バナナのサワドリ、いつか作ってみよう」
などと独り言をいってる人がいましたが、
カンタン、かつ失敗のないレシピですので、
すぐさま作りましょうね!(笑)。

チンしたあとは見かけが悪いけどね~、美味いのよ、バナナは♪。


こちろらはサワドリではないですが、以前サワドリ工場長が作っておられた、
青唐辛子の酢漬け、私もやってみました。
d0005397_17272522.jpg

唐辛子はそのまま食べてもよし、酢は餃子のタレ、中華の焼きソバや八宝菜、
またタイやベトナムの麺にかけてもウマウマの、なにかと便利な唐辛子酢。
これで我が家も晴れて常備完了です。
ただし、使った唐辛子、「甘長」なんですよね。あまり辛くないかもなぁ。
去年、栽培していたハバネロ唐辛子を収穫したとき、酢漬けにすればよかったんだなあ。
今頃気がついても遅すぎるって~(自嘲)。


ところで、以前紹介しましたキュウリのビール漬け
略してビールのQちゃん(略か?)ついての補足レポートを発表します。
d0005397_17585039.jpg

このビールのQちゃん、キュウリを砂糖と塩とチューブの和芥子(または唐辛子)を
溶かしたビールにつけて一晩おけばアラ不思議、美味しい漬物に早変わり、
という錬金フードなのですが、(レシピはweb上にたくさん出ています)
ビールはコストが高くつくと懸念されてる方もいらっしゃる様子。

私は発泡酒を使っています。一缶百円ちょいの安いやつで充分美味しく漬かります。
それできゅうり5本は漬かりますから、けっして高くはないと思いますよ。

そして、もっとコストを下げようと、うわさで聞いたビール床の再利用を試みました。
今まではキュウリの完食とともに捨てていたビール床。
今回は、それに新しいキュウリを投入して一晩置きました。
d0005397_17581081.jpg

結果、新しいビール床だと一晩置けば早くも食べられるくらい漬かっていましたが、
再利用床では、キュウリを小さく切ったにもかかわらず、まだまだ青臭いままでした。
そのまま3日~5日くらい冷蔵庫に放置し続けるとなんとか漬かりましたが、
味は新しいビール床には及びませんでした(T_T)。
やはり再利用は再利用。
キュウリから出た水分でビール床のエキスはすっかり薄まっちゃってるのですね。

結論としては、ビール床を再利用したい場合は、汁を半分くらい捨てて、
新しくつぎ足しする方が良いでしょう。
その際、キュウリは丸ごとやぶつ切りより縦割りにし、
種をこそぎ取ると良いかと思います。
余分な水分を取り除くのと、漬かりを良くするためです。
ちなみに私は、いつもぶつ切りですが、投入前に塩で板ずりしています。
皮に傷を入れることによって、やはり漬かりを良くするためです。

結論の結論ですが、私はビール床は漬けるたびに新しくしようと思います。
捨てるのはもったいないとは思うけど、いちいち継ぎ足すくらいなら、
キッパリ新しい方が美味しく漬かったのが食べられて良いなぁということです。
もちろん百円チョイの発泡酒でね♪。←あくまで自分が飲むビールは使わない(爆)。

追記:下のコメント欄で、ビールのQちゃんのレシピについて書きましたが、
塩の分量について間違った記述をしていました。
改めて、私のレシピを記しておきます。
「きゅうり5本に対して、発泡酒一缶、砂糖60g、
塩は板ズリ分含む大さじ1弱、チューブの和芥子少々」
これが私にはちょうどいい味付けに漬かるレシピです。ご参考までに。

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-07-13 18:41 | サワドリ&スム部