<   2005年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

フテ寝仔

「おやびんは忙しいっちゅーねん」

執拗な「遊んでぐでぇぇぇ~」攻撃にも応じてやらないでいたら、
とうとう諦めたらしくフテ寝するこびん。

d0005397_2021382.jpg


相変わらず寝相が悪いっちゅーか、でたらめやん。
なんでそんなカッコウで寝てんの?。しんどくないん?。

ありえなーい! (へへっ、若い子のマネしてみました(^^)v)。

d0005397_20211451.jpg

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-05-30 20:22 | こびん  

タイ風に○!

なんか忙しくって自炊できましぇ~ん。って、誰に言い訳しとるの?。

そんなときこんなとき、自宅から100m四方に数軒あるコンビニが私の味方!。

まあそんなにうみゃあもん(なんで名古屋弁?)が見つかるわけではないが、
コンビニも競争激しいで、それなりに工夫しとるでよ(あり?、止まらなくなっちゃった)。

で、ふと目に入ってきたのがコレ。『タイ風グリーンカレー』

d0005397_13185280.jpg


ちょーどタイ・カレー食べたかったのぉ~。

仕事が切羽詰ってきて、どうしてもテンション上げたいとき、
めちゃくちゃ食べたくなるのが辛~いアジア(タイ、インド、韓国、四川)料理。
和食じゃ気持ちがまったり和んでしまい、腹がくちくなったあとは眠くなって困るんす。

この際レトルトでもなんでも良い。タイ・カレー食べたい~!!。
それなりの味なら許すわ~と、すぐさま買い。
レッド・カレーもあったけど、最初に手に取ったのがグリーンだったからそのままレジへ。

でもって、作った(鍋に放り込んだだけじゃん)のがコレ。

d0005397_1356459.jpg


けっこう「まいう~」。
予想以上に具が入ってて、お味もちゃんとタイ・カレー。
「大辛」とあるほど(私には)辛くはないけど、300円弱でこのレベルなら、

まるっ!

それに「タイ風」とあり、アジア料理も珍しくない昨今、そこそこの自信がある商品と思われるのに、
「本格じゃないですよ~、日本製のレトルトですからね~」と、ちょっとへりくだってるというか、
フェイントかけてるとこがいいね。

メーカーは「銀座カリー」のヒットを飛ばしてる明治製菓。

とりあえず、誉めてつかわす。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-05-29 14:19 | 美味しいもの  

ちょーしづいとる

名古屋人の友人Yからメールがあった。

彼は東京に出た後、今は別の土地で仕事しているのだが、
先週末に実家に帰ったら、万博効果か、えらく街に活気があったらしい。

で、なにを思ったか、こんなポスターを添付してきた。

d0005397_20115927.jpgd0005397_201227100.jpg













どこかのショッピングセンターのポスターらしい。
モデルは名古屋人には見えないが、見事な金のしゃちほこである。
うむうむ、なかなかセンスのあるポスターじゃないか。

ん?、ポスターの上の方になにか書いてあるぞ。


d0005397_20176100.jpg


「もったいない」かあ、ははは、東京人への名古屋人らしい言い草だなあ。

こっちは何て書いてるのかな?。

d0005397_20185212.jpg


。。。。「かわいそう」

むむむ、コレは挑発だな~。
大阪人よ。
この挑戦を受けて立ち、ただちに反撃せよ。

オリンピックを北京にとられてショボクレている場合ではない。
なにわの商人の誇りにかけて、傾いた経済を立てなおすんじゃ!!。

↑↑非力ながら(非力すぎるが)、神戸人は応援しているぞ!。←他人事かい(^^ゞ


友人Yのコメント
「災難続きの西ですが、西の復活はいつでしょう?
今は名古屋がのさばってます。

チョーしづいとる、そのうちコケるでよ」

おいおい(-_-;)
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-05-26 20:50 | Free Time  

ベビーラッシュ!

気温が上がってきたのか、ヒメダカちゃんたらベビー・ラッシュ!
どんどこどこどこ産まれてきて、
小さな孵化用のプラケースが無法地帯の託児所状態(どんなんや?)になったので、
あわててベビーたちをスプーンですくって水鉢に移したざんす。

d0005397_0524163.jpg


託児所にしちゃチョイと渋すぎる水鉢には、もう2週間くらい前から砂利を敷き、
水を張って準備をしておきました。
というのも、肝心なのは水質なんざますね。ベビーを生かすも殺すもコレしだい。

以前はこの水つくりにずいぶん試行錯誤したものだけど、
経験者の友人から炭を使うようにアドバイスをもらってからは苦労ナシ。
やっぱりすごいざんすよ、炭の浄化力は。
濁ることもなく水換えもまったくしないでOK。

水草や藻も元気に生育してるから、
繁殖期や成長期以外はろくにエサをやらなくても大丈夫。
狭いながらも生態系が整っている証拠ざんすね。
面倒くさがりの私には、ありがたやのお炭さまさま。

ベビーたちの水鉢にももちろん炭を投入。
壊れちゃった陶片や花鉢なんかも捨てずに利用。
メダカちゃんたちの隠れ場所を作ってあげるざます。

なんてエコなの。いや、たんにケチなだけか(>_<)。

ともあれいろいろ働いたので、ひと休みしてビールでも飲むかと思い、
なにか肴をと捜すと、いただきもののタタミイワシがあったので、
ちょっとあぶってパリパリ食べると、うま~っ(^^)v。

d0005397_117677.jpg


食べながら気がついたけど、メダカのブリーダーしつつ、タタミイワシを食うワタシ。

なんだかシュールざます(-_-;)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-05-25 01:29 | Hobby  

おやびんこびん気分不一致Ⅱ.

d0005397_291543.jpg
            「おやびーん、遊んでくでぇ~」

d0005397_294571.jpg
            「にゃあ、遊んでくでぇ~、遊んでくでぇ~」

d0005397_2105783.jpg
            「遊んでくでったら~、にゃあにゃあにゃあ」

d0005397_2114276.jpg
      「こびん、泣くぞ。にゃあにゃあ泣くぞ。遊んでくれにゃ泣くぞ~。うるさいぞぉ~」
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-05-20 02:15 | こびん  

おやびんこびん気分不一致Ⅰ.

d0005397_1433693.jpg
          「おーい、こびん。遊んでやろう(^^)v」(猫ジャラを持ち出すおやびん)            


d0005397_1451924.jpg
          「ほれほれ、遊んでやるちゅーに(^_^)/~」(猫ジャラを振るおやびん)

            

d0005397_1541386.jpg
          「遠慮するな、遊ぼうぜ~(^_^)/~」(なおも猫ジャラを振るおやびん)


d0005397_1464294.jpg
   「こりゃ~、その態度はなんじゃ~!!<`ヘ´>」
(ブチ切れて猫ジャラを投げるおやびん) 


                 
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-05-20 02:05 | こびん  

メダカちゃん誕生!

今年イチバン乗りのヒメダカのベビーざます。
体長2ミリくらいかな。
近より過ぎてデジカメのレンズを水につけちゃったざます。ぷんぷん

d0005397_8543242.jpg

メダカは水温が20度くらいになったら卵を産むざます。
今年は5月になってもなんだか肌寒く、
ベランダ水鉢のメダカどもはイマイチ繁殖気分になっていないもよう。
しかし室内水槽のメダカは動きも活発、ボチボチその気になってきて、
毎朝水草にポコポコ産み付けているざます。
今だとだいたい2週間くらいで孵化するざんすね。

d0005397_8535752.jpg
ところでメダカって近眼なのかアホなのか、
産んだ卵や孵化した稚魚を、
エサと間違えて食っちまうんざますのよ~。
ま、川なら適数生き残るのでしょうが、
水鉢、水槽では逃げ場もなく、全滅は必至。
だから、産んだ卵は親と別にしてやらないといかんのざます。
じゃまくせ~やっちゃ。


d0005397_8533269.jpg

夏までに孵化して大きくなったベビーは元気に越冬するので、
これからしばらくがハイ・シーズンちゅーか、
我が家は「メダカの学校」ならず、「メダカの保育園」ざます。

はあ~やれやれ。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-05-17 09:36 | Hobby  

新茶到来

今年は天候のせいで、例年より少し茶摘みが遅かったよう。
ちょっと心配したけど、ちゃんとやってきた、作りたてのあら茶。

あら茶とは、市場に出す以前のお茶。

摘まれた茶は茶農家自身の手ですぐさま蒸され、
数段階の揉捻(揉み)を経て乾燥される。

それがあら茶。荒茶とも書く。

その後は市場に出、買い付けたメーカーによって
成形(ふるい分け、切断)、火入れ乾燥、選別、そしてブレンドという行程をたどる。

だから、あら茶は、純粋に原産地そのもののお茶であり、
作り手の個性が感じられる茶といっていい。
本来、茶農家自身が飲むために、手元に残す茶なのだが、
一番茶にかぎり、付近の地域限定でおすそ分けする茶農家もある。

d0005397_12511483.jpg


これは、そのおすそ分けとしてやってくる本山(ほんやま)のあら茶。
静岡市の北、安倍川支流藁科川沿いの、
この地方でもっとも古い、18世紀初頭から続く茶農家の手摘み茶である。

一芯二葉、柔らかく新鮮な茶葉をたんねんに手で摘んでいく。
ただでさえ、需要に対して後継者が不足している茶農家なので、
いまどきそのような効率の悪い手摘みする茶農家はごくわずかだが、
旨い茶を作ろうと思うなら、やはり手摘みにまさる摘み方はない。

蒸しは浅く、水色は淡い黄金色。香りも淡いが凛とした主張がある。
余分な渋みや甘みもない、さっぱりと清々しい、あら茶ならではの味わい。
フレッシュな、初夏の訪れを告げる味。

一番茶が至福の時間を運んでくる。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-05-13 01:21 | お茶のある暮らし  

ニャン訪問日

久々にとなり町の地域猫さんたちに会いに行きました。

商店街の近く、しもたやの並ぶ一角、小さな原っぱや駐車場が彼らの集会所。
周辺のオバチャンたちが入れ替わり立ち替わり面倒を見ています。
ご飯をあげて、怪我や避妊などで、ときには病院に連れて行ったり、
病気などで弱ってる子には軒先に小屋を作って養生させています。

それでもどこかに旅に出て行くニャンもいるし、運良くもらわれていくニャンもいる、
それから、悲しいけど★になっちゃうニャンもいるわけで、
少し減って寂しくなったなと思っていると、また仔猫が数ニャン増えてたりして、
「わざわざここに捨てに来よるんやわ」と、苦笑いするオバチャンたち。

だから、ここはいつも賑やか。ニャンとオバチャンたちのparadise。
ひとしきりオバチャンたちのニャン話を拝聴し、手土産の猫缶とカリカリを託し、
元気なニャンたちとしばし戯れ、療養中のニャンをお見舞いして帰路につく。
         

d0005397_0561562.jpg←元アイドルのシャムちゃん。可愛いので何度ももらわれたが、脱走してここに戻ってくるという自由を愛するニャン。若手のさくらちゃん(この日は留守)にアイドルの座を譲ったものの、相変わらずファンは多く、いつも違う首輪をしている。


↓ちょいとゴンタなちから君。とっても大食い。夜は近くの婆ちゃん家で寝ている。こう見えて年上のオンナに取りいるのが上手なジゴロ系。
d0005397_0594546.jpg


d0005397_111419.jpg


帰りの公園で出会った可愛子ニャン。とっても内気そうで、すぐさま花壇に隠れてしまった。
(私を怪しいと思ったのかしらん。
ソリは正しいぞよ)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-05-12 01:40 | 神戸&関西街歩き  

タイ・カレーの素は元気の素!!

coco_sabaai さんの サバーイな日々。タイ料理をどうぞ。にトラバでござる。
「辛口」の話題が続いております。北半球、夏も近いぞ!。

本日のお題ランチ・メニューは、
「ゲーン・キオ・ワーン・ガイ(鶏肉のグリーン・カレー)」。
ご存知タイ・カレーです。骨付き鶏肉は焼いてから添えました。
サイドメニューに「ヤム・ウン・セン(春雨サラダ)」が欲しかったけど、
春雨をはじめ食材が足りず断念。ただの生野菜に。
d0005397_14435713.jpg

食べるのは好きだけど、怠惰な私の自炊ライフには、アジアな「料理の素」が欠かせません。
なかでもタイ料理のソレは必備品。
近所のスーパーでもそこそこの種類が売られており、ときおりは買っちゃいますが、
なんたって現地価格に比べかなりお高いのがシャクでござる。
なもんで、タイ旅のときには、しこたま買い込んできます。
↑↑ま、それが原因でヒコーキの超過料金とられてちゃ、シャレになりませんが。
                 
d0005397_1444369.jpg
「タイ・カレーの素」いろいろ。
これにココナッツ・ミルク(パウダー)と、ナンプラーの小瓶を添えて
友人たちへのお土産にすると、とても喜ばれます。
うっかりすると自分の分がなくなってしまうことも(T_T)。

d0005397_14474317.jpg
それにしても、こんな立派な本、いったいなんのために買ったんでしょね?。
アジア・ブックスにて、1200バーツ。↑もちろん眺めてまたタイ旅気分を盛り上げるため。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-05-07 14:47 | 美味しいもの