<   2005年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

ぷりっぷりのかかとケア

d0005397_3412238.gif誰しも顔や手の肌荒れはひどくならないうちに、文字通りなにか手を打ちますが、トンデモナイ状態にまで放置されがちなのが「かかと」です。

私の場合、乾燥の秋冬のみならず、春夏でもかかとの角質がザラザラを通り越してバリバリになります。けっこうよく歩くし、家の中では靴下を履かない生活だからでしょうか。

毎日ちゃんとお風呂上りにクリームをすり込んでいれば、まだマシなのでしょうが、
それを怠ってしまうのも、普段は自分の目につかない部分だから。
気がつけば、干乾びた餅のようにビビわれし、女子にあるまじき状態になったかかとちゃん。
慌てて軽石やヤスリなどでかかとの角質をこすったりしますが、
こうなったら最後、ちょっとやそっとで元には戻りません。
d0005397_3154725.gif
以前、香港で一流の施術者による「上海式メディカル・ペディキュア」をやってもらって、見違えるほどつるっつるの美しいかかとになったときも、数日たてば12時過ぎのシンデレラのように元の木阿弥でした。
それに、やすりで角質削るのって、もしかして復元力で前より皮が厚くなるかも?。
そんな懸念もちょっとあります。
また、市販のかかと専用の保湿シートを「ぜったいこれは効くはず」と、期待をかけて一晩貼って寝たこともありますが、意外と効果イマイチでガックリ。朝シートを剥がすと粘着液が皮膚に残ったのもちょっと不快でした。

そんなこんなでたどり着いた私の「バリバリかかとのレスキューケア」が、これ↓です。

d0005397_2372610.gif①まずお風呂につかり皮膚が柔らかくなったら、軽石かやすりでちょっとこする。一度に角質をけずりすぎるのは、やっぱり逆効果です。
バスタブなしでシャワーだけという習慣の人は、洗面器などに湯をはって足を温めます。そのとき湯にお酢を少量入れると、皮膚が柔らかくなります。お酢の匂いが気になる人は、ちょっと贅沢ですが、リンゴ酢などを使うとぐぅです。
なにしろかかとの皮の厚さは、顔の皮膚の15倍だそうです。硬いままじゃクリームの成分が皮膚に浸透しないのです。

d0005397_223471.gif②さて、角質が柔らかくなったら、ポピュラーなVaselineか、薬局で売っている白色ワセリン、またはラノリン(羊毛アレルギーの人は使用に注意が必要)などを塗り込みます。ラノリンや馬油をベースに、皮膚を柔らかくする効果のある尿素を少量混ぜ込んで、特製クリームをハンドメイドして使うのもかなり効果的です。

d0005397_39763.gif※尿素は保湿、柔軟の効果大です。安価ですし、機会があれば入手しておくとなにかと重宝します。ただし大量に使用すると刺激を感じる場合がありますので、少量配合のこと。

③クリームを塗ったら、サランラップ(クレラップでもモチロン可!)でかかとを巻きます。

④その上から靴下を履いて寝ます。

以上のコース、レスキューじゃなくても、だいたい1週間から10日に一度やっておけば、オーマイガッなかかとになることは避けられます。
d0005397_3541626.gif
ところで、私と同じように「バリバリかかと」でお悩みで、しかし尿素だのラノリンだのと、薬局でいろいろ買ってきてコネコネ混ぜ合わせるのはかったるいよ~。なにか市販品で手っ取り早く効くものはないのかい~と、思ってらっしゃる向きもあるかと思います。
あります。
ためしてがってん、じゃなくて~、ためしてビックリだったブツが。
それは、Burt's Bees の『Coconut Foot Cream』です。
d0005397_4194519.jpg


アメリカの養蜂おじさんが始めたというバーツビーは、成分のほとんどが天然成分であり、しかもとてもリーズナブルであることから、私のお気に入りメーカーのひとつです。
そのなかの『ココナッツ フットクリーム』は、厚いうえに固くなった皮膚に浸透をよくするため、テクスチュアがちょっとネットリとして重くなっています。しかし少量でよく伸び、塗ったところが少し温かくなります。これがまた「効くぅ~」という感じでぐぅです。
マッサージオイルとして最適のココナッツ・オイルに加え、ビタミン豊富なサンフラワー・オイル、ラノリン、カラスムギ、血行促進&酸化防止のビタミンEなどが配合され、これらの成分がしっかり浸透していきます。
この『ココナッツ フットクリーム』をかかとに塗りこみ、靴下を履いて一晩。
翌日、かかとはウソのようにぷりっぷりになっていました。カラダさえ柔らかければ、自分のかかとをほおに持って来てすりすりしたくなるほどの効果でした。

せっかくだから念を入れて、お風呂のあとに足全体をマッサージするようにもみ込んで使うと、足の甲も指先もすべすべになります。膝や肘など、やはり皮膚の厚いところにも使えるのでありがたいのです。膝や肘に白い粉がふいていては「恥ぢかし~い」ですもんね。
ただしこれ名前の通り、甘いココナッツの香りがかなりします。苦手な方はご注意です。
なんといってもバーツビーの製品は、食べちゃいたいような匂いのもの、実際に口に入れても大丈夫なものが多いのです。
d0005397_5265838.gif


ついでながら
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-30 05:49 | Comfortable life  

山猫郵便

本日午前の郵便で、『山猫の缶詰。』の、山猫さんたち&アザラシーズから「山猫兄弟ニッポン上陸」カードをいただきました♪。
ブログを始めて日も浅いので、ネット上でお知りあいになった方々からリアル郵便をいただくのはこれが初めてです!。とってもうれしい。

♪(*゚ 3゚)/~アンガチュッ~♪です、山猫兄弟&アザラシーズ(アカ&アオ)さま。
お引越しは大変だったとお察ししますが、みなさまお元気そうでなによりです。

そして、カナダ国旗のテープで封じられた封筒の中には、兄弟仲良く寄りそって眠る山猫さんたち(ハヤテ姫&ゲンマ王子)のカードの他に、手作り猫ジャラシとカナダのロリポップが♥♥。
d0005397_1521923.jpg


思わぬプレゼントにビックリのおやびんこびん。
この毛糸玉の猫ジャラシ(いったいどなたがお作りに?、まさかハヤテ姫?)。
即反応する野獣こびん!!。
やややっ、もしかして玉の中にはマタタビが入っているのでわっっ。

                       嗅いで。
d0005397_1553018.jpg

                       噛んで。
d0005397_156717.jpg

                       齧って。
d0005397_1563796.jpg

                  「おやびん離してんかぁ~」と引っ張り。
d0005397_157187.jpg

          あげく、寝技に持って行く。なんとすごい形相ぢゃ~、野獣大コーフン!。
d0005397_157275.jpg

          そして自分の陣地(ノートパソ裏)に引きずり込んでしまいました。
d0005397_15464379.jpg


いやはや(^^ゞ。
ところで、このロリポップは、おやびん用ですよね?。
もうなめちゃいましたけど(早い??)。上品な甘みでとってもぐぅ。色もキレイ、ホラ。
d0005397_15535241.jpg


おやびんこびん、こころより感謝!。
アザラシーズさま、どうもありがとうございました。
これからもどうぞ、よ(^o^)ろ(^o^)し(^ ^)くぅ(^-^)ノ゙(^^)v。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-29 16:03 | こびん  

チョビごっこ

こびんが例によって机の上のノートPC裏で昼寝している。
最近お気に入りの寝相は、うつぶせ万歳ポーズである。
d0005397_150278.jpg


前から見るとこういうポーズ。
これが寝心地よいのかどうか知らないが、いっそう場所ふさぎなのでとても邪魔である。
d0005397_155448.jpg


「せめて猫らしく丸くなるとか、ちょっと遠慮して欲しいんやけど、どう?」
d0005397_1573417.jpg


そう言うと思った。
「そんならそこでずーっとそうしてな。おやびんはあっちでテレビ観るわ」
d0005397_159517.jpg



で、キッチンでお茶を入れてリビングに行くと、
d0005397_1592226.jpg

d0005397_1593790.jpg


「なるほど、そうくるか」
もちろんおやびんは、ティカップを持ったままPCのところへ戻る。
しかし机の前に腰掛けるやいなや、後ろからこびんがやってくる。
d0005397_2251589.jpg


世間で言う「いたちごっこ」を、我が家では「チョビごっこ」という。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-28 02:28 | こびん  

ハンドメイド・ハンドケア

彼岸も過ぎ、さすがに亜熱帯のようだった関西にも秋の風が吹いてきました。
これから陽は短くなるばかり。おてんとうさま大好き人間のアタシ、損した気分でさびしー!!。

そしてこれから半年間は、乾燥の季節でもあります。
とくに荒れやすいのが水仕事をする手。
しかし夜寝る前ならともかく、手を洗うたびハンドクリーム塗るのって面倒。
そんなものぐさな自分のために作ったのがこれです。

栄養価の高いアボガドオイル(コスメ・グレードのもの。未精製or精製どっちでも)と、
粗塩を混ぜただけ。
カンタンに作れてカンタンにできるハンドケアです。

『アボガト・ソルト』 ←そのまんまやん。

d0005397_035383.jpg


(使い方)
洗面台に置き、石けんで手を洗ったあと使います。
軽い汚れの場合は、粗塩がスクラブになるので石けん洗いせずに使います。
用意のスプーンで塩とオイルをかき混ぜ、 ひとすくいして手に乗せます。
両手をくまなくこすり合わせたあと、さっとすすいで、
軽くタオルドライしたのち、手に残った油分をこすりあわせてなじませます。
テクスチュアは意外にも重くなく、これだけで驚くほど手がすべすべになります。

レシピです。
(用意するもの)
①空きびん(化粧クリームとか小さいジャムの空きビンとか清潔なもので、口の広いもの)
②粗塩(天然、天日作りでミネラルが多い製品ならなお良い)
③オイル(アボガドオイル3分の2にスィート・アーモンドオイル3分の1、あと酸化防止ためのビタミンEオイルを少々)
④精油(オレンジ油、レモン油、ローズマリー油など血行促進効果があり、好きな香りのもの数種とペパーミント油、スペアミント油、ハッカ油のいずれか。また肌荒れに効果のあるキャロット油などでも)
その他 セスキ炭酸ナトリウム少々(入浴剤などに入っているものですが、なければ重曹、またはなくても良い)
※輸入モノの自然派スキンケア商品(けっこう高価)からヒントを得て、使いやすいようにアレンジしたものです。

(作り方)
①空きびんに粗塩(作りたい分だけ)を入れ、オイルをひたひたになるくらい入れます。
ビタミン(V)Eオイルは酸化防止と血行促進のためのオイルですが、
スィート・アーモンドオイルだけでもOK。
サプリのVEのカプセルを割って中身を使うという手もあります。
またスィートアーモンドオイルがない場合はホホバオイルやオリーブオイルなどでもぐぅ。
他のオイルとブレンドせずアボガドオイルだけでもOKですが、
アボガドオイルは少々酸化しやすいオイルなので、VEオイルを心持ち多めに配合のこと。
②セスキ炭酸Naか重曹を少々と、精油(エッセンシャル・オイル)を数滴、
ペパーミントやハッカ油はけっこう刺激があるので、いずれかをほんの1滴、
全体で4~5滴ほどいれます。
まずは少なめで様子を見てから好みで足してください。
精油をお持ちでなければ、なくてもOKです。


この『アボガドソルト』を応用したのが、
荒れちゃった手用のレスキュー・レシピ 『アボガド・ハンドパック』です。
これまたカンタン。

①アボガドオイル大さじ1にアーモンド油小さじ2、VE油少々を混ぜ合わせ、
手にたっぷり塗ってラップでパックします。
②10分後、ラップを外したらティッシュなどで軽く油分を抑え、
あとはかるく手をこすり合わせて馴染ませます。
以上。
アボガドオイルは非常に栄養価の高いオイルですが、とくに未精製のものは8%もの微量成分を含み、そのなかに含まれた環状アルコール(シトステロール)が角質への浸透を良くしてくれるので、他のオイルと比べて肌への馴染みが早く、効率も良いのでおススメです。
このパックでガサガサになった手もつるつるしっとりになります♪。

お試しあ~れ。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-27 01:26 | Comfortable life  

チョビ子嬢の秋冬ファッション

先日の蝶ネク・ファッションで、チョビはゆったりした首輪なら、喜びはしないものの、さほど嫌でもなさそう、つまりはかなり無頓着と判明したので、おやびんの気晴らしにまたやってみました。

d0005397_385082.jpg
南ア北部からジンバブエにかけて住むンデレベの人たちが作ったビーズをつけたチョビ。
ブツはヨハネスブルグ国際空港内の『Out of Africa』で購入したもの。


d0005397_319157.jpg
けっこう我モノのような顔のチョビ。
わかってるだろうけど、ちょっと貸してあげてるだけだかんね。


d0005397_3225579.jpg
衣替えのためクロゼットの整理をしていたら、例によってお邪魔虫するので、出てきたマフラーを巻いてあげた。およよ、おやびんより似合うかも?!。


d0005397_3264023.jpg
「なんや、なにか言いたいことあるのん?」
「どーでもいいけど、おやびんのお古ばっかりやん」
「ははは、(^^ゞそやな~」
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-23 03:36 | こびん  

神戸南京町『中秋節』

d0005397_1353732.jpg
昨日、神戸元町まで用足しに出たついでに神戸の中華街である、南京町に寄りました。
18日の中秋を挟んで3日間、『中秋節』が開催されているのです。
あいにく天気は曇り気味、そのくせムシムシと暑く不快指数高い日で、中秋気分は残念ながらイマイチ。
それでも南京町は賑わっていました。










d0005397_133155.jpg

d0005397_27030.jpg

まあ週末はいつも大勢のお客さんでお祭りみたいな南京町ですが、
春節(正月)や中秋には中央の広場で獅子舞などの特別なイベントが催されます。

d0005397_2262291.jpg

d0005397_1384291.jpg


西遊記の主人公たちが、小さなお友だちに中国式参拝の仕方などを教えてあげています。
さすがは観光名所だねえ。本場じゃ観光客にそんなサービスしてくれないよ。
ま、あっちは真似事じゃないんだから、アタリマエだけどね。











こちら広場の公衆電話ボックス。いかにも、ってデザインざんしょ?。
カンケイないけど、最近は携帯電話の普及のせいで公衆電話が減ってるんですってね。
ケータイもってない子供や年寄りはどーすんだよN○T!。
d0005397_143653.jpg


南京町でのイチバンの楽しみは、やっぱ「食」でござるよ。
超有名ブタマン(肉マン)店の『老祥記』。 店内はちっこいので、ほとんどお持ち帰り客です。
いつ見ても客がズラーっと並んでるので、並ぶのが大嫌いな私は、もう長いことこの店のブタマンを食べたことないです。どんな味だったか忘れちゃったよ。
d0005397_1473926.jpg


シュークリームが人気のケーキ店『エストローヤル』。
「おっ、誰も並んでない、ラッキー」と思うと、売り切れだったりする店。
d0005397_1511982.jpg

パリッと香ばしい皮がぐぅ♪。
d0005397_155578.jpg


レストランも、レストランでない店も、店頭に点心の屋台を出すのが近年の南京町スタイル。
お行儀は悪いけど、やっぱり買い食いは楽しいよね~。
ぶらぶら歩き飲茶。ウォーキング・ヤムチャー。どーよ、これは香港ではできないよ。
d0005397_26938.jpg
d0005397_2252897.jpg

こちらのお店、お客さんが引いたところですかさずパチリ!。
理由はひとつ、可愛い売り子さんだから。昔の私のようですわ。←もちろんウソ(>_<)。
d0005397_2404017.jpg

飲み物やデザートも勢ぞろい。マンゴープリンにライチのゼリー、杏仁豆腐もあるあるよ。
d0005397_2362620.jpg

キンキラ土産物店。チャイナドレスやキッチュな雑貨。変身して記念撮影もOKよん。
d0005397_2363186.jpg


しかし私はちょいと路地へ。
観光客のあまりやってこない一角に、ひっそりたたずむは一軒のアジア雑貨やさん。
この店が私の御用達店。立ち寄るといつもなにかしら欲しいものが見つかるお店。
d0005397_2471164.jpg


これが今回のゲット品、小皿いろいろ。小皿、好きなんですよ♪。
d0005397_2504910.jpg


そして茶器。なにより好きなのが茶器。
気に入れば安物でも愛用するし、高いものも無理して買っちゃうことも。
実用的な器はあまり持ってなくて、ひたすら茶器ばっかり増えていく人生です。
これは安物だけど、なんとなく愛用品になりそうな気がする。
d0005397_2535887.jpg


さ、美味しいお茶を淹れて、残りの月餅でもいただくか~。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-20 03:06 | 神戸&関西街歩き  

今夜は中秋節

今夜は中秋の名月。
我が家のベランダから見た十五夜満月です。
街中ですが、さすがに本が読めそうなくらいピカピカ光ってるよ~。

d0005397_0251278.jpg


ところで、中秋の風習は日本だけではありません。 
古くから中国や朝鮮半島でも家族が集まって月を祀り愛る習慣があり、現代も続いています。
中国では中秋節、家族の団欒を表す団圓節ともいいます。
日本では月に住むのはウサギですが、中国では月娘娘と呼ばれる女性です。
この月娘娘は、本名を嫦娥(ジョウガ)といい、彼女にまつわる伝説はいくつもあります。
そしてこの中秋、日本では月見団子を食べますが、中国では月餅を贈り合います。

d0005397_172385.jpg
これは老舗の上の画像は『奇華餅家』というメーカーの広告です。香港映画の大物俳優兼プロデューサーのエリック・ツァン(曾志偉)が出演しているので紹介しちゃいます。私は昔から彼のファンなのであります(^^)v。このメーカーのクッキーも美味しいよ。

うちにも香港の友人から送られて来ました。↑の月餅ではないですけどね。
ともあれ今年の中秋の名月は中国式です。というか、毎年たいてい香港式なんですよね。
というのも、中秋の季節は香港に行くことが多いのです。しかし今年は、先日の香港ディズニーランドの開園で、中国本土からドドドッと観光客が押し寄せて香港が混雑気味のため、パスすることにしました。で、月餅の方からやって来てくれたってわけ。

d0005397_0304884.jpg

ウサギさんのポッチがついた急須と小皿は有田焼き。焼きしめ皿は友人の陶芸家の作品。

月餅をアップにしてみましょう。
これはもっとも伝統的な広東式の月餅で、「雙黄蓮蓉月餅」というものです。
蓮の実の餡に咸蛋というアヒルの卵の黄身の塩漬けをふたつ入れた、こってり味の一個200g弱、カロリーは軽く400を越えるヘヴィな月餅です。
実はこってり餡モノがイマイチ苦手な私、これはひとかけで充分、いや実は見るだけで満足のシロモノです。きっと月餅大好きな人でも一度にこれ一個はぜったい食べられないと思う。でも大丈夫、冷蔵庫で保存が効くので、少しずつやっつけることにします。

d0005397_292347.jpg


ちなみに月餅は、今ではどんどん種類が増え、しかも豪華になっています。
伝統的な蓮の実餡や胡桃餡、胡麻餡などの月餅に加え、ライチやマンゴーなどのフルーツ餡のもの、カスタード餡などケーキ風にアレンジされたものなどバリエーションも多く、近年は冷やして食べる「冰月餅」といった、ちょっと変わりダネも登場しています。

d0005397_055223.jpg
老舗餅菓子店や高級ホテルも独自の工夫をこらしたギフト用月餅を売り出し、このシーズンの月餅商戦は活気がすごいというか、すさまじいものがあります。

香港ではディズニーランド開園を記念してディズニー月餅も売り出されたようですよ。
きっとすごーく売れてるんだろうなあ。




そうそう、ついでにご紹介。ウチでインテリアになっているコレ、古い月餅の型です。
昔の菓子職人はこれを使って月餅をひとつひとつ手作りしていたんですね。
d0005397_0314881.jpg

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-18 23:10 | 雑学  

ホシのおニャンさま

前々から疑惑のあった器物破損のホシを、このたび現行犯逮捕しました。
以下は動かぬ証拠です。

d0005397_138328.jpg

d0005397_1381871.jpg
d0005397_1383471.jpg


こりゃぁ、えーかげんにせんかっ!!

d0005397_14181926.jpg


被害品 : おやぴんのメガネケース > あわれ~、もう外に持っていけんよぉ~(T_T)。
d0005397_13134670.jpg


d0005397_1385235.jpg

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-16 14:20 | こびん  

星の王子さま


あるとき、王子さまが白黒チョビ星に降りていらっしゃいました。

d0005397_135942.jpg


「おや、もふもふの毛皮でできた、なかなかいい星だね」と、王子さまは気に入ってくださり、
それを聞いた私も、たいへん嬉しく思っていました。

ところが、今日、
お気に入りのカステラ箱でうたたねしていたはずの白黒もふもふ星が
王子さまを見つけてしまいました。

d0005397_117510.jpg

「なにって、王子さまよ。とても有名な方で、いろんな星の見物をなさっているのよ」

d0005397_131255.jpg


d0005397_1314259.jpg


     あっ、コラッなにするねん!!


王子さまはこの世には、凶暴な星もあることを、
身を持って知られたのでありました。

さいわい、怪我のなかった王子さまに、私の宝物を見ていただきました。
大事にしている絵本です。
箱入りなのですが、ちょっとふちが黄ばんでしまっています。
腕時計はいつだったか、どこかのヒコーキの、機内販売で買ったものです。
もしかしたら、AIR FRANCEだったかもしれません。
見つけたときはとても嬉しくて、買った後も少し興奮してしまいました。

「旅に出るときもしていくのよ。王子さまと一緒に旅をしている気分になれるでしょう?」

王子さまはなにもいわず、微笑んでいました。
d0005397_146562.jpg


そして白黒もふもふ星です。

「寝ちゃったね」と、愉快そうにおっしゃる王子さま。
ムッシュウ・サン・テグジュペリいわく「寝転んで読んで欲しくない」本だというのに、
それを枕に寝ちゃうとは。トホホホなヤツです。
d0005397_1445133.jpg


「ぼくの星に行った夢を見ているかもしれない」と、王子さまはいいました。
でもおやびんは思います。
「いいえ、コヤツが行った先は、きっとカツオ星に違いない」と。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-09 02:12 | こびん  

気になるモンキーポッド

台風一過の晴れた朝。
チョビたん、机の上でヘンなもの見つけた。
ヘビに似ているし、どうにも気になってしかたない。

ちょと触ってみる。
d0005397_20289.jpg


ちょと嗅いでみる。

d0005397_243646.jpg


ちょと蹴ってみる。
d0005397_1434853.jpg


思い切って蹴ってみる。
d0005397_144351.jpg


ありゃりゃ~。
d0005397_1442282.jpg


落ちてもた~。
d0005397_1443582.jpg


その正体、実はコレ。
7月12日エントリーの「この木なんの木で朝ご飯♪」の日立の木(モンキーポッド)の豆果。

d0005397_135282.jpg


オニギリ食べてたら、ポトンと落ちてきたので、
これ幸いと、そのまま持って帰ってきちゃったのですねえ。イケナイワタシ♪。
d0005397_147276.jpg


黒くて硬いサヤの中に種が入っていて、振るとカシャカシャと乾いた音がします。
日本の気候じゃ、いくら「この木なんの木」の実の子とはいえ、さほど大きくはならないだろうけど、
うまく育てれば、可愛い観葉植物になってくれるとのこと。

このままチョビのオモチャにするのもいいけれど、

そろそろサヤを割って、種を土に蒔いてみようかな。

となれば、
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-08 02:35 | こびん