<   2006年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

ナツメ粥

ナツメがたくさんあるのを幸いに、ナツメ粥を作ってみました。

d0005397_17175496.jpg
『テチュチュク 대추죽 (大棗粥)』です。

参考にしたのは、先日のソウル滞在のおり、
宮廷風ベジタリアン韓定食でいただいた黒胡麻粥。
レシピの参考は韓国文化観光部発行の『韓国の伝統料理』からです。

韓国料理にはさまざまな粥(チュク)があり、
日本の粥のようにお米のつぶつぶが残ったものも多いのですが、
この粥は、水につけておいた粳米を潰して、サラサラの白い水にしたものを煮て作ります。
ムリチュクといい、粥として上等のもので、かつて李朝の宮中では
王と王妃に初朝膳(チョジョッパン)という粥膳を出していたそうですが、
その粥膳で出されるのがこのサラサラ粥です。
早朝、起きぬけに食するものなので、胃に優しいようにしてあるんですね。

合わせて煮るのは、胡麻だったり、松の実だったり、ナツメだったり、
そこは薬膳が得意の韓国ですから、
季節に合わせてカラダに良いものをいろいろ使ったようです。
味つけはほんのすこし。塩や甘味などを素材にあわせて使い分けます。

この粥は、米1カップに対してナツメ30個の割合です。
種を取ったナツメをいったん煮たのち、ミキサーにかけ粉砕してから
こちらもミキサーで粉砕して弱火で煮た米粉の汁に少しずつ合わせました。
レシピでは米1に対して使用する水の量は5でしたが、それではまったく足りません。
様子をみながら水をたし、結局10以上は使いました。

ただ、レシピでは、粉砕したお米の水は濾して使い、
ツブツブに残った米粉は捨てることになっています。
私はもったいないから、それも一緒に煮てしまいました。
従って、本来のムリチュクが持つサラサラ感に欠けてしまいました。
画像で見ても、白い米粒が少し残っていますし、粘りも少し出てしまいました。
ツメが甘いというか、ビンボー性というか。しょせん私は庶民でございます(笑)。
フードプロセッサーを使った方が、もっとキレイに出来上がると思います。

d0005397_18162881.jpg


ちなみに、このサラサラ粥のムリチュク、ほぼ同じレシピで、
おもに甘味をつけたものが、薬膳の本場中国は広東省~香港にもあります。
しかしこれは「粥」の扱いではなくて、デザートの扱いになります。
景徳鎮の安物のお碗によそってレンゲを添えれば、李朝宮中のお粥から、
香港庶民の甜品(スィーツ)に早変わりです(笑)。
香港では、これを「糊(ウー)」と呼びます。
米粉の汁を煮ると糊状になりますからね、そのまんまというか(笑)。
素材の名前をとって、たとえば黒ごまだと「芝麻糊(チーマーウー)」です。
日本語では、小豆ベースのデザートとひっくるめて、全部「しるこ」と訳されています。


◆お粥やお汁粉に適した薬膳食材と主な効用 ※あくまで参考までに

ナツメ 滋養強壮、血圧の調整、精神安定、抗アレルギー反応の抑制
※ちなみに、今回ナツメ粥に期待したのは、この最後の「抗アレルギー反応の抑制」。
はやくも花粉の影響でハナミズと目の痒みがではじめたのです。
ナツメは直接食べるのも美味しいですが、粥や煎じて茶にすると大量に摂取できます。
ただし糖分が多いのがネック!。

蓮の実 肝機能 消化器系の強化、下痢止め、腰痛、精神安定

クコ 滋養強壮、肝機能の調整、血圧を下げる、視力回復、生活習慣病の予防

松の実 肺機能活発、咳痰を鎮める、便秘

クルミ 呼吸器の強化、咳 喘息を鎮める 便秘、髪を黒くする

 消化促進、腎機能活発、血液循環、骨の強化

サンザシ 血液循環の調整、肩こり腰痛 、消化促進、下痢

大根 呼吸器の強化、咽喉の痛み、咳を鎮める

ニンジン 滋養強壮、消化促進、肌荒れ

カボチャ 胃腸弱の改善、妊婦や心臓病 糖尿病患者の滋養

小豆  利尿作用、むくみ改善

黒胡麻 滋養強壮、肝腎機能の強化、高血圧貧血の改善、便秘、自律神経失調の改善

百合根 呼吸器を潤す、咳を鎮める、精神安定

杏仁(アンニン) 呼吸器系の調整、喘息 便秘
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-02-28 21:05 | 雑学  

トリオ・ワンニャンピック~♪

友人の愛すべきワンコたち、ジジ嬢、悠々嬢と、
ウチのこびんとの、(祝)荒川静香選手=金メダルのコラボです。

Lady&Gentleman!。世界で初めて開催された
ワンコとニャンコの五輪「ワンニャンピック」の会場より中継です!。


d0005397_17501768.jpg
ああっ、早くもでました~、マルタ島出身のジジ選手~。
見事な「イヌバウアー」です!!。


続いて遠くはコーカサスに祖先を持つといわれる、
黄金の毛並みの悠々選手。
d0005397_17505162.jpg
おお、力強い演技でキメました~、
金です、悠々選手、金メダル獲得です~♪。
僅差でジジ選手、銀メダル決定です~。


表彰が終わったあとのエキシビジョンに、
日本から元ヤンキーのチョビ選手の参加です~。
ワンコと違い、日差しがあるときしかネコバウアーできません。
今日はどうか~、


d0005397_17492740.jpg
おっ、見事にキマリましたね~。
いやあ、盛り上がってます!!。

以上、ワンニャンピックの会場より中継でした~。

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-02-26 21:53 | こびん  

今夜は美ら島気分

休暇を沖縄で楽しんだ友人から、
手縫いの紅型巾着と、月桃とクチャのハンドメイド石けんをいただきました。

d0005397_20594075.jpg

めっちゃかわええ~♪

石けんは『ラ クッチーナ』という工房がコールドプロセスで作ったもので、
EVオリーブオイルと、ヘーゼルナッツ、ククイナッツ、ホホバオイルなど、
リッチなオイルをベースに、
死海のクレイと同等のミネラルを含むといわれる沖縄クレイの「クチャ」と、
美容、殺菌、アロマテラピー効果のある月桃が配合された贅沢なもの。
うほほほ~、さすが長年の友。私のツボを心得ているわ~。

友人手作りのキュートな紅型巾着は、
紐がリボンで、ストッパーとしてガラスのビーズがついてます。
う~ん、なにを入れて使おうかなあ。嬉しいなあ。

この友人、もともとセンス良く工芸が得意なヒトなのですが、
沖縄でまたなにかイマジネーションを得たようです。
まだまだ何か作りそうな気がするなあ。楽しみ♪。

そういや私も沖縄で遊ぶたびに、何か作りたい気分になってますなあ。

離島で拾ったビーチグラスや、貝殻を眺めていると、
「そのままでもステキだけど、ちょこっと何か作れそう」とか思っちゃって、

d0005397_22144239.jpg
ビーチグラスのストラップや、チョーカーなど。
それから、小さな貝殻と余ったボタンで作った画鋲(コルクボードで活躍)。
デキの良かったのや気に入ったのは友達にあげちゃったので、
今見たら、こんなのしか残ってなかった。
また作ろうかな~。

でもめちゃハマッたのはシーサー作りですね。
っていうか、いまもずっとハマッたままです。
作っている間は無心で、時間のたつのも忘れます。
これまで陶土や粘土でいろいろ作ってみたけど、次は漆喰でやってみたいな。
どうやら長~く続く趣味になりそうなんです。

d0005397_22145616.jpg


そんなことをつらつらと
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-02-25 22:50 | my favorite  

昨日はキノア(追加あり)

ちょっと前、whitewaterlilyさんのブログ『のんびり午睡』で、
キノアとブルガーのタブレというのを拝見しました。
りりぃ(whitewaterlily)さまの紹介してくださる、美味しそうで、目にも美しい、
しかもヘルシーなお料理には、いつも刺激を受けているのですが、
このときも「キノア」の文字と画像に目がくぎづけでした。

「キノア?、キノアってなんじゃらほい?」

調べてみると、キノア(キヌア)というのはアンデス原産でスーパーグレイン(脅威の穀物)と
呼ばれているアカザ科の植物だそうです。
必須アミノ酸を全て含み、ミネラル類(リン・ナトリウム・鉄分・カリウム・マグネシウム)も豊富、
食物繊維もたっぷりの、完全栄養食品なんですと。
アンデスといえば、すぐに思い出すのが天空都市マチュピチュ。←行ったことはないですが。
あんな高いところで育って、古代から人々の主食として受け継がれてきた穀物なんですねえ。

「これはぜひ食べてみなければ」

d0005397_6153888.jpgさっそく(ハナイキも荒く)ネットでお取り寄せしてみました。
やってきた「キノア」は、どうみても鳥のエサですぜ~。
見た目、ナミビア北部で食べた現地主食のシコクビエを思い出すなあ。
砂だらけの痩せた土地でも栽培できる頑丈な植物でした。
そういやシコクビエも必須アミノ酸その他バッチリの
スーパーグレインです。
ただし味はイマイチでしたねえ。
「キノア」はどうでしょう。ドキドキ。



d0005397_3525192.jpg

なにしろ初めてなので、テキトーにスープで炊いてみました。
あとはオリーブオイルと塩コショウ少々で合えて豆3種を添え、
キノアのサラダ(タブレ)の(これでいいのかな?版)出来上がり。

炊くと鳥のえさから、ちょっとなにかの卵っぽい姿に変化。
シッポみたいなのは、発芽してるってことかぁ。
ということは、ギャバがドッカーン。おお、すごいなあ。
いかにも元気ハツラツ~?、オフコース!、って感じ。

しかも、食べてみるとあんがいイケます。
見かけによらず腹持ちも良さそう。少量ですぐお腹一杯になります。
ということはダイエットにも最適?。
今度は押し麦か、玄米などと一緒にやってみてもいいかも。
とりあえず、初キノア、成功で~す。


ということで、昨日(アップが早朝なので実は一昨日)はキノアでしたが、
一昨日(一昨昨日)は全粒粉のスパゲティでした。
カンタンにペペロンチーノ。カンタンですが、辛くて臭いよ。
d0005397_4185495.jpg


とまあ、この2日間を見るかぎり、ヘルシー路線まっしぐら
というイメージですが、まあそんなには続かないものでして、
三歩進んで二歩下がるのが私流(笑)。

本日(くどいですが昨日)のブランチは普通のスパゲティで、ツナとトマトソース。
d0005397_4322054.jpg

いいですねえ~、アルデンテ。
精製した小麦粉だからこその、このプリップリッ感。
う~む、やっぱりやめられません。

そして今日のランチ
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-02-24 04:47 | 美味しいもの  

猫バス・にゃんにゃんにゃん♪

みんなよく言う。
「ドラえもんの、『どこでもドア』があればいいなぁ」
私も思うよ、『どこでもドア』欲しいよぉ~。

でも実は、『どこでもドア』より欲しいモノがある。
それは『猫バス』。
そう、『となりのトトロ』の、あの猫バス。
『不思議の国のアリス』のチェシャ猫にそっくりな顔をしたあの猫バス。

私は旅が好きなので、『どこでもドア』で、目的地に瞬時に着くよりも、
目的地までの行程が楽しめる乗り物がいい。
それも竹コプターや、アラジンの魔法のじゅうたんとか、
孫悟空の觔斗雲(きんとうん)みたいに、自在に乗りこなせるものよりも、
つれて行ってくれる猫バスの方が楽しそう。

で、ウチの猫バスはどうしてますかな?。

d0005397_4284557.jpg

d0005397_429463.jpg

d0005397_4291633.jpg

d0005397_4293066.jpg


あのう~、居眠り運転は困りますよ~!

祝! 2月22日
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-02-22 05:14 | こびん  

リップ大走査線

朝、洗顔してリップクリームをつけようとしたら、
まわりに一本も見当たらなかった。
使ったあとの始末が悪い私。
「またかよ~」である。
そんなことにならないようにと、アチコチに置いてあるのに、
そのアチコチからもすべて失せているのだ~。

「こびん。おみゃ~か、おみゃ~がどこかへやったのか?」

d0005397_17175422.jpg


はい、すんまへん。すべておやびんの不始末です。
いつもは「ま、いーか」と、ストックから新しいのを出すところだけど、
もう今朝という今朝は許しません、甘やかしません、自分。

バッグの中や上着のポケット、大捜索やりました。
出てきた、出てきた。
一応これだけ発見。

d0005397_17234628.jpg

行方不明だった、キューティクル・クリームも出てきた。
これらをまたアチコチに置いておけば、しばらくは大丈夫でしょう。
「はぁ~」

考えたんだけど、リップクリームを
ホイッスルみたいに紐で首から下げておけば、無くさないで済むかも。
そういや紐つきのボールペンなんか、あるよねえ。
リップスティックを差し込めばOKの紐つきホルダー、
そんなのがあれば、私、きっと買うよ~。
誰か作ってちょ~!。

とりあえず
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-02-20 17:35 | Comfortable life  

わたしが一番きれいだったとき

詩人の茨木のり子さんが亡くなられた。
一人暮らしをなされていたとのことで、孤独死だったそう。
79歳だった。

茨木のり子さんの作品で、とてもこころに残っている詩がある。
『わたしが一番きれいだったとき』という詩で、
私がいわゆる文学少女(たぶん)だった頃に出会った詩だ。

わたしが一番きれいだったとき
街々はがらがら崩れていって
とんでもないところから
青空なんかが見えたりした


という出だしで始まるこの詩は、
他のどんなドキュメンタリーより、戦争を語っていた。

わたしが一番きれいだったとき
わたしの国は戦争で負けた
そんな馬鹿なことってあるものか
ブラウスの腕をまくり卑屈な町をのし歩いた


女が一番きれいだったときを、オシャレもデートもできない時代に捧げ、
なのに戦争に負けてしまって、これはいったいどういうことよ!。
思春期の私には、敗戦当時の彼女の困惑と悲しみの声が聞こえるような気がした。

だから決めた
できれば長生きすることに
年とってから凄く美しい絵を描いた
フランスのルオー爺さんのように
                   ね



さいごの「ね」が印象的だった。
繊細な女性らしい、しかし毅然とした決心が
この「ね」に、こめられている。

彼女は「長生き」できたのだろうか。
一番きれいだったときに失ってしまった「しあわせ」を
取り戻せたのだろうか。
そして「凄く美しい絵が描けた」のだろうか。
できればそうあって欲しいと思う。


こころから、ご冥福を祈ります。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-02-20 05:31 | Entertainment  

いまごろチョコレート

今夜のTV『世界不思議発見』で知ったのですが、
『ナルニア国物語』で、白い魔女が子供を誘惑するのに使ったお菓子(プリン)は、
「ターキッシュディライト」というお菓子なんだそうです。

これはイギリスの子供たちが大好きな甘いお菓子だとか。
ゼリーのようだけど、テクスチャーはぎゅうひみたいで、
甘い香り付けにローズウォーターを使っているらしいです。
普通にスーパーでも売られているポピュラーなお菓子のようですが、
名前通り、元はトルコから来たもので、トルコでは「ロクム」というお菓子なんですよね。
見ただけで虫歯になりそうなお菓子でしたが、イギリスのもトルコのも、
一度食べてみたいなあ、と思いました。

私は自分では甘いお菓子を買って食べることは少ないのですが、
先日のバレンタイン・ディのときにあちこちのブログで
美味しそうなチョコレートを見かけました。
拝見しているうちに、なんだか食べたくなってきたので、
なんともお手軽ですが、最寄のコンビニに物色しに行きました。
そこで見つけたのがこれ。
明治の『noir』。その名の通り、ブラックチョコレートです。

d0005397_22252623.jpg

ベネズエラ産46%を含む、全体の63%がカカオマスだそうです。
抗酸化物質のポリフェノール(フラボノイド)が多そうですねえ。

先日知った付け焼刃的知識によると、カカオマスが75%くらいで、
砂糖を25%以下に少なくしたビターチョコレートは
糖尿病患者の人たちも食べられるチョコだそう。
カカオマスに含まれるフラボノイドは、血圧を下げて
インスリンの効果を高める作用があるといわれています。
もっともまだ実際にその効果が実証されるまでにはいたってないみたいですけどね。
でもそういう効果がなくても、食べても大丈夫なチョコがあるなら、
患者、あるいは低インスリンのダイエットをされている人には嬉しいことでしょうね。
実際に低インスリン・ダイエットをやっている人から聞いたところでは、
糖尿病患者用のチョコで美味しいのは、なかなか見つからないようです。
75%以上もカカオマスが入っていると苦味や酸味がキツくなってしまうからですね。

どうやらドイツがけっこう糖尿病患者用の食品が豊富らしく、
美味しいチョコもあるらしいですね。
そういえば、これも先週の『世界ウルルン滞在記』で見たのですが、
番組中に登場したエクアドルのチョコ会社が、
マズいチョコに困っている糖尿病患者のために美味しいチョコを作っているようでした。
カカオマスは多いけどエグ味を減らし、砂糖は少ないけど、甘味をつける、
そんな特別な工夫があるんでしょうね。興味深いです。
ちなみに、普通の人が、美味しさと共にフラボノイド効果も期待するなら、
カカオマス70%くらいのチョコがいいそうです。
ただし食べすぎはやっぱりダメだそう。

ところでこの明治の『noir』。
カカオマス70%にも近いし、お味もなかなかぐぅです。
苦味も上品、イヤミのない程度の酸味もあり、大人のチョコって感じ。
舶来の有名なチョコはそこそこ高価ですから、
コンビニで安価にこのレベルのチョコがあるのはありがたいかも。

いやいや、でも食べすぎはいけないんでした。たま~にね、楽しむことにしましょう。
残りはどこかに隠しておかなくては(笑)。

蛇足ながら『世界不思議発見』と『世界ウルルン滞在記』は、
あまりテレビをみない私の、数少ないお気に入り番組です。
「いながら旅行気分」というところが共通点♪。
でも美味しそうなモノが出てくると、ちょっと辛いですね(笑)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-02-18 23:31 | CISチョコレート情報局  

あんま猫

お客さん、よろしいですか?
d0005397_23125052.jpg

あらぁ、けっこうこってますねぇ
d0005397_2321577.jpg

痛かったらおっしゃってくださいねぇ
d0005397_231649.jpg

だいぶ溜まってますよ
d0005397_23183937.jpg

腰の方、ちょっと念入りにやっときますね
d0005397_2320253.jpg


な~んちゃって(笑)。
私がやってもらいたいよ~だ、ったく。

ところで本日
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-02-16 23:09 | 神戸&関西街歩き  

私の栄養ご飯

いつもはCOOPの雑穀ミックスなどのお世話になっている私のご飯ですが、
こないだソウルのスーパーで、26の雑穀や豆類がミックスされたのを買ってきました。
d0005397_15592781.jpg
すべて国産(韓国産)の高品質モノ使用とのことで、1キロ8000w。
今はウォンが高くて日本人としてはちょっと辛いけど、それでも日本円にして960円。
安いでしょう。日本の3分の1以下ってとこですか。
これはお高い方で、他にも15雑穀ミックスとか五穀米とか、いろいろあります。
他に荷物がなければ、がんばって10袋くらい買って帰りたいとこですけどね~。

そういや私が雑穀に目覚めた(おおげさ)のは、韓国が最初かも。
韓国は医食同源のポリシーのもと、雑穀を食べる習慣が続いており、
ポリパップ(麦飯)をだす食堂もたくさんあります。
「ポリパップ」という言葉の響きがなんとも美味しそうで、
釜山では美味いと評判のポリパップ食堂をわざわざ探したりもしました。
その店は、ハルモニ(ばぁちゃん)のやってる普通(ちょっとボロっちい)食堂だったけど、
ポリパップでのビビムパップ。イメージ通りで美味しかったなあ。
麦ご飯って、日本じゃ近年はカフェ飯などでも見かけるようになりましたが、
それ以外では、静岡丸子のととろ飯でしか見たことなかったんです。

ついでに思い出しました。
韓国に通いだした頃のことですが、陶芸で有名な利川(イチョン)に行ったとき
たまたま見かけたお店でランチをしたのですが、そこの定食で出たのが、
何種類もの豆や木の実が入った釜炊きご飯。
美しいうえにカンドーの美味しさでした。
あとで知ったけど、利川は米の名産地でもあるのです。
美味しいはずだよね。

これが栄養釜飯(ヨンヤンソッパップ)と呼ばれるご飯との、初めての出会いでした。
「ヨンヤンソッパップ」。いかにもカラダに良さそうな良い響きですよねえ。
その後、あちこちの旅先でも、美味しい栄養釜飯を食べました。
まねっこしたくて、市場でいろとりどりの豆を買って帰ったこともありましたが、
帰国し、ワクワクしつつ開けたら、ビニール袋の中で蒸れて発酵しかかっていました(T_T)。
石釜は重くて、いや重すぎて、今回こそと思いつつ、まだ買ってないし。
ま、自分流の栄養ご飯ということで、ボチボチやるしかないっすね。

ちなみに、この26ミックスの内容ですが、
もち米や玄米、古代米などの米穀類が40%。
麦や押麦などの麦類が20% 。
キビやソバの実、とうもろこしなどの雑穀が20%。
緑豆やいんげんなどの豆類が20%です。

今日はこれを使ってブランチにリゾットを作ってみました。
d0005397_16591055.jpg
バターで炒め、白ワインとチキンのスープストックで、ちょっと硬めに炊きました。
最後に炒めたエリンギと合わせ、パルメザンチーズをふって出来上がり。
う~ん、シンプルながら、けっこう美味しくできました。


いつものご飯はこの26ミックスにナツメをたして炊いています。
d0005397_1772739.jpg
配合は米3に対してミックス1と、ミックスかなり多め。
しかし石釜どころか、炊飯器に頼っている私。ダメ人間ですわ~(中居クン風に)。

水は少なめでちょっと硬めに炊きます。硬めのテクスチャーが好きなのと、
ゆっくりよく噛んで、食べ過ぎないようという思惑なんですね(笑)。
ときどき、箸の先で、真ん中に線が入った麦などをつまみあげ、
マジマジ見て「可愛いのう」などとつぶやき、エヘヘと笑って口に運びます。

目でも口でも味わおう~がモットーの、私の栄養ご飯なのであります(笑)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-02-15 18:00 | 美味しいもの