<   2006年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

うざい猫うざがる猫

キャットタワーの上と下、チェストの上と床、食器棚の上と隙間etc、
そんなタテ並びでのお近づきは、なんとか容認しているチャー子姐さんだけど、
ヨコ並びのお近づきはまだまだ苦手。
とりわけヒトでもネコでも、誰かが背後に居るという状況は極端に嫌い。
そんなゴルゴ13的な姐さんの性格を、てんでわかっちゃいないのがコヤツ。
d0005397_23484744.jpg


d0005397_2349960.jpg


d0005397_23492877.jpg
泣き言無用、アンタが悪いつうの。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-07-30 23:49 | 2にゃんねる  

萌え萌えのマーボー

暑いときには熱いものが美味い!。
暑いときには辛いものが美味い!。
これぞ真夏の方程式。
ということで、マーボー豆腐登場♪。
d0005397_23291257.jpg

使った調味料はコレ。
d0005397_23292376.jpg
本場四川省成都、マーボー豆腐元祖陳おばさんのマーボー豆腐の素。
激に辛いよ、マジで。山椒、ビリビリに効いてますから。

主食は麺。クールダウンを狙って冷しつけ麺、胡麻ダレでね。
d0005397_23293448.jpg


ところが、ハヒハヒと交互に食べているうちに、なぜかいつしか合体。
d0005397_23295095.jpg

d0005397_23411928.jpgこれぞイケイケの麺!、になっちゃったのはいいけど、
これじゃあ、クールダウンにならんでしょう。


なので、ピカッと思いついて、デザートは甘~く冷たいミルク金時だ。
練乳たっぷり、小豆こってり。
d0005397_2330387.jpg
何年ぶりかに出してきたカキ氷機、象印。
しかし難をいえば、手動なんだよね~。
マーボーの余韻で痺れるくちびるを半開きにしつつ、ガリガリガリ~。
氷もかいたが、汗もかきました。それだけにいっそう美味。

萌えてます、この夏。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-07-28 23:56 | 美味しいもの  

姐さんの避暑地

d0005397_22535883.jpg


d0005397_2254239.jpg


d0005397_22543963.jpg


d0005397_22545538.jpg


d0005397_2255112.jpg


d0005397_22552792.jpg


d0005397_2255524.jpg
食器棚の隙間です↑(^^ゞ。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-07-27 22:59 | 2にゃんねる  

いよいよ梅雨明け

ふぇ~、今日は暑かったですねえ~。外は熱風でした。
さすがにちょいバテで、料理もイマイチやる気なく、
昨日余ったワンタンの皮で、海老ワンタン・スープ。
d0005397_23444934.jpg
海老とワンタンはそれぞれ別入れ(笑)。めっちゃカンタン。
例によって、ピリカラの酢っぱスープ、酸辣湯(スゥワンラータン/サンラータン)です。
暑い日はとりわけ辛いのがええわ~。
しかし麺ナシなので、イケ麺部活動にはならず。残念ッ。

追記:下のtakusukila さんのコメントに「アメリカの中華レストランではワンタンは麺類」
とありますが、詳しくいえば、中国の食文化的にはワンタンは餅(ビン)類で、麺類も同じ。
ゆでたり、スープとともに調理されることから、どちらも「湯餅」に分類されます。
ところで、饂飩(ホゥントン)と書けば日本では「うどん」で麺になっていますが、
大陸の多くの地方や台湾ではワンタンを指します。
ちなみに雲呑(ワンタン)というのは広東地方の呼び名で、
日本にワンタンが渡来したルートが広東-香港であったことがわかります。
また四川地方では、ワンタンは妙手と呼ばれ、紅油妙手というピリカラ醤油だれをかけた
ワンタン料理が名物になっています。



それにしても、いよいよ猛暑到来かあ。長雨も困るけど、猛暑もねえ。
サワドリの消費にも加速がつきそうなので、今日は追加を漬けました。
私のなかでは美味い度NO1のグレープフルーツ。
d0005397_23525932.jpg
ゴーヤとか、冒険サワドリも漬けてみたいと思ってますが、
とりあえず美味しく飲める分は確保しておかねばね(笑)。
d0005397_043177.jpg



ところで、あのふたり。やけに静かなので見に行くと、
キャットルーム(妹の部屋)でミーティング中でした。
d0005397_012566.jpg
いったい何をしゃべってるんでしょうねぇ?。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-07-26 23:50 | 美味しいもの  

オオザッパな料理たち

「地中海と砂漠のあいだ」のck-photoさんことちからく師匠が、
ようやくサワドリ・デビューしたと聞き、さっそく検閲に行ってみたところ、
ありゃりゃん、見事に失敗されているご様子(>_<)ナンデヤー。
しかし彼女のマイブームという「Agar Agar」は、いかにも涼しげで美味しそう。

さっそくマネッコしちゃいました。

ちからく師匠のレシピは、ゆで鶏などを入れた豪華版ですが、
私のは 予算の関係で ベジ。
まあ手っ取り早くいえば、サラダの寒天よせ、つうことね。
沸騰したコンソメスープに寒天を溶き、粗熱が冷めたところでサラダを入れ、
ガラスボールで冷やしました。

d0005397_23523881.jpg
ちょっと寒天が多かったみたい。ぷるぷるというより、ずっしり感あり。
サラダ(具)の切り方も大きかった。もっと小さく千切りにしなくちゃね。

d0005397_23525163.jpg
カットしてみると、こんな感じ。やっぱちょっと固めだなあ。
味には問題ないけど、もうちょっと繊細に作りたかったなあ。

しかしこの寒天よせ or ゼリーよせ。私もマイブーム化しそうな予感。
なので、次回はもう少しキレイに作れるようこころがけます。
ということで、ちからく師匠も美味しいサワドリを作るよう、再挑戦するよろし。

一緒に作ったのは、揚げワンタン。
d0005397_2353452.jpg
こっちも包み方がヘタなの丸出し。
キレイに美味しそうに包むコツあったら教えてたも~れ、あも~れ。
ということで、今回はオオザッパな性格を露呈する結果に(^^ゞデヘヘ。

こちらはブランチ。ライ麦パンとサラダ&森のバター、アボガド。
d0005397_23532492.jpg
市場に行ったところ、大雨の影響で青物野菜が高騰していて、
なんと一気に倍額かそれ以上になったものもありました。
レタスやキュウリなんて一晩で成り上がって高級食材に!。
嗚呼、とてもショックです~(T_T)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-07-25 23:53 | 美味しいもの  

いつもの飯

やっぱり夏はカレーの出番多し♪。
d0005397_17143036.jpg
ナンはズルして市販品(^^ゞ。


さっぱり冷たい田舎蕎麦。
d0005397_17152247.jpg

d0005397_17195697.jpg花かつお、テンカス(揚げ玉)、大根おろし、
梅干、ゴマ、ネギ。



フェットチーネ・アッラ・カルボナーラ。
d0005397_028396.jpg
スパゲッティは細麺好きの私でしたが、
近頃はショートパスタやロングの太麺も好きになりました。
麺はやっぱりクチクチの腰♪。



デザートは、スム爺。
d0005397_17165333.jpg

d0005397_17204948.jpg安くて、甘くて美容健康にぐぅなバナナ&パイナポー。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-07-24 17:28 | 美味しいもの  

いつものふたり

チャー子姐さんの最新お気に入りの昼寝処は、
いかにも姐さんらしい、食器棚横の隙間。

d0005397_1339970.jpg
豊満なボディがスッポリ。

それを上からのぞき見しているのは、他でもない、もちろんコヤツ。
d0005397_13412088.jpg


d0005397_1342376.jpg


d0005397_13422539.jpg

久しぶりの登場ですが、相変わらずのふたりであります(^^)v。


ということで、新しい出路亀が来たので、試し撮り。
ちょうど目の前に転がっている、こびんの昼寝姿でも撮ってみようか。

d0005397_1353262.jpg
相変わらずだらしない寝相や。
女の子らしく、ちょっとは色っぽく寝られへんのかなあ。
d0005397_13545723.jpg
・・・、なんかちゃうで~(^^ゞ。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-07-24 13:58 | 2にゃんねる  

香港の誘惑

香港が呼んでいる。

まだ夜も明けきらぬ維多利亞港(ヴィクトリア・ハーバー)。
d0005397_0201248.jpg


つかのまの眠りをむさぼる摩天楼。
d0005397_0212790.jpg



やがて街は目覚め、いつもの喧騒を取り戻す。
妖しい匂いに誘われて、ふらふらと路地をさまよえば、
行きつく果てにあるのは、イケ麺屋。
d0005397_0325364.jpg


d0005397_0281326.jpg

d0005397_0284778.jpg
d0005397_0285749.jpg
d0005397_0291585.jpg

d0005397_0332981.jpg

d0005397_19383560.jpg

d0005397_1937889.jpg

d0005397_1938411.jpg


私を呼ぶのは、この夜景か。それとも、麺だろうか。
d0005397_0421012.jpg


※このエントリーは『ウイーンとパリと好きなものと』ホンコンにTBしています。
私のなかの眠れる龍を起こしてしまいましたね~、tripperさん。
ということでヨロシク♪。
d0005397_19444181.jpg

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-07-22 00:44 | 旅のハナシ  

マウイのフローラル・ガーデン




このたびの大雨。被害の出ている地域には友人もチラホラおりまして、
安否は確認できてホッとしたものの、いろいろ不便も生じているようすなどを聞きますと、
なにぶん被災のつらさを知っているだけに、気分もちょっくら落ち込み気味。

とはいえ、こんなお気楽ブログにそういう気分を引きずっていても仕方ござんせん。
気持ちを切り替え、元気良く更新したいと思いマッスル!(^^)v。

出路亀が不調のままなのをさいわいに、今回は趣向を変えてストック画像から。
題しまして、「Hawaii マウイ島の植物スペシャル」。
どーよ。夏気分盛り上がり?。

撮影地はマウイ島の植物園、『エンチャンティング・フローラル・ガーデン』です。

d0005397_2331382.jpg
『エンチャンティング・フローラル・ガーデン』は、標高3055Mのハレアカラ火山の中腹、
海抜800メートル地帯のクラ高原にあります。
1988年に開園したものの、経営難のため閉園の危機にあったのを、
1992年から日本人の武田夫妻が引継ぎ、私財を投じて管理しておられる植物園です。


d0005397_23101484.jpg
「プルメリア・ルブラ」
これがなきゃHawaiiじゃないっていうくらいお馴染みの植物。
どうしても欲しくて苗を買い求めたところ、
武田夫人に「日本(本州)で育つかしらねえ」と笑われちまいましたが、
鉢ごと室内に非難させたのに、やっぱり越冬できませんでした。
ガックリ。ま、予想はしてましたけどね。


d0005397_2315216.jpg
「フイリパイナップル」
葉っぱに斑が入っているのでそう呼ばれています。


d0005397_23193596.jpg
「ヘリコニア・ロストラタ」
いかにもトロピカル。学名のロストラタとは「くちばし」の意味ですと。
バナナと一緒のバショウ科の植物です。


d0005397_2324120.jpg
「アリス・デュポン」
あら、フランスの方かしら?。
いえいえ、ブラジル出身のハイブリッド。マンデビラ属のつる性植物です。


d0005397_23535518.jpg
「インドネシアン・ワックス・ジンジャー」
なんともユニーク。赤い部分は苞でできた花序で、黄色いのが花。


d0005397_065414.jpg
「キング・プロテア」
花の王とも呼ばれる植物です。
ヤマモガシ科のプロテア属で、南ア共和国のケープ地方が原産。
涼しく乾燥したクラ高原は、プロテアの有名な栽培地です。
観光客はお土産に切花を持ち帰ることもできます。


d0005397_0114359.jpg
「ネオレゲリア・クルエンタルブロ」
ブラジル産パイナップル科の植物です。ランナーが出てどんどん増えるようです。
ダイナミックな美しさに目を奪われてしまいました。


d0005397_0171877.jpg
「カリステモン・ビミナリス」
常緑小低木。たわわにしだれた枝先に咲いた花は、まるで瓶を洗うブラシのよう。
そう思ったら、やっぱり!。英名は「Weeping Bottlebrush」。


d0005397_152465.jpg
「ハワイ・ゴールド」
こちらはブラシじゃなくて、ピン・クッションと呼ばれる花のひとつです。
「プロテア」と似ていて同じヤマモガシ科。しかし属は異なってレウコスペルマム属です。


d0005397_1192847.jpg
「マンゴー」
実はまだ固く小さい。残念!!。


d0005397_0272557.jpg
「トウワタ」
「ランタナ」と思い込んでいたら、唐綿という西インド諸島原産の花だと、
ハワイに住んでいらしたこともある宮古島在住のナイアさんに教えていただきました。
これだけは間違いないと思い、検証してなかった~。
やっぱ手抜きはいかんですね(^^ゞ。ナイアさん、マハロ!!。



d0005397_213991.jpg
「エンジェルス・トランペット・ツリー」
「キダチチョウセンアサガオ」とも呼ばれています。
私がぴったりと思うのは中国名だな。「喇叭花(ラッパホァ)」と言います(笑)。


d0005397_0282783.jpg
「ザイザル」
龍舌蘭(リュウゼツラン)の一種です。花茎は高さ6Mもあり、花は悪臭がするそうです。
いやん迷惑。
葉から採った繊維で作ったザイザル・バッグは有名ですね。


d0005397_0384820.jpg
「サンユウカ」
園芸ファンには華やかな八重咲きサンユウカが人気ですが、
私はこの一重のサンユウカが好き。
色とりどりの南国植物の中にあって、ひときわ気品が感じられる花です。


d0005397_0511739.jpg
「ヴァンダ・メリルイ」
単品では派手に見える蘭も、ここでは意外とひっそり咲いていました。


d0005397_1214326.jpg
「ジャカランダ」
クラの名物ジャカランダ。
春から夏にかけてのハレアカラ・ハイウェイは紫の絨毯が楽しめますよ♪。


d0005397_1581969.gif


以上、オソマツ。
お付き合いありがとうございました♪。

ご紹介したのは、広大な植物園のほんの一部の植物たちです。
なにしろ素人がコンパクト・カメラで撮った写真ゆえに、
抒情的な雰囲気にはいささか欠けたかと思いますが、
少しでも南国気分を楽しんでいただけたなら嬉しいです。

もしも好評なら、気を良くして第二弾、いくか~?(笑)。


[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-07-21 01:29 | 旅のハナシ  

出路亀不調

昨日から突然にデジカメ不調。
いきなり感光がめちゃくちゃ良くなって、暗闇でも撮れちゃう。
照明すると青白く光ってるし、自然光ではほぼ真っ白。
まるでオカルト写真。
いったいなにが原因でしょうね。修理に出せば直るのかな。
突然こうなっちゃったんで、しばらく放っとけば突然元に戻るのかなあと、
のんきなことを思いつつも、やっぱりないと不便でやんすねえ。
相変わらずイケ麺食べて、サワドリ飲んでるんですけどねえ。撮れない。
チャー子姐さんもこびんのマイペースぶりも、撮れない。
どうするべ?。思い切ってニューモデル買うか?。
いやここは叩き売りの安いやつで場つなぎ?。
それとも修理に望みをつなぐか?。
こないだPC不調の思わぬ出費があったばかりなので、ちと悩んでます。

そんなわけで、更新もありあわせ写真で茶を濁す(笑)。

d0005397_0382295.gif


突然ですが、私の愛する野菜、セロリ。
d0005397_0225655.jpg

香味野菜が好き。
なかでも水気の多いセロリが大好きです。
セロリを買ってきて、いつも思う。
今日こそはきんぴらにしてみようか、野菜炒めにしてみようか。
でも結局はこのまま食べてしまう。
洗ったら、さっとスジをとっただけで、切らずに、葉っぱもつけたまま、
マヨネーズをチューとかけて、まるかじり。
ご飯のしたくしながら、オヤツ代わりに食べてしまいます。

いつになったら、セロリ料理ができるだろうか。
束で買ってこなくちゃ無理っぽいなあ。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-07-19 00:35 | 徒然Diary