<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

SDから来たチュー君

こんにちわ。
ボクはチュー君。
アメリカ生まれです。
先日、『ロシアンブルー・りるーのサンディエゴ極楽生活』のこるーさんから、
こびんちゃんの遊び相手になるよう頼まれて、はるばる太平洋を渡ってきました。
d0005397_1172164.jpg

シロクロのこびんちゃんに、オレンジのボク。
ボクたちけっこう良いコンビかも。
d0005397_1201362.jpg

と思ったのもつかのま。
d0005397_1203945.jpg

何が気に入らないのか、いきなり豹変するこびんちゃん。
d0005397_1213982.jpg

その攻撃は執拗です。
d0005397_1214985.jpg

たちまちボクはこんな哀れな姿に・・・。
d0005397_1222449.jpg

しかも災難はこれで終ったわけではないのです。
フト気がつけば、また背後にシロクロの影が!。
d0005397_123158.jpg
d0005397_1231337.jpg

誰か、誰か~、ヘルプミ~!!。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-03-24 01:38 | こびん  

茉莉仙桃蓮花

更新が滞ってチョイ焦っ!。

困ったときの猫とお茶(苦笑)。

『茉莉仙桃蓮花』という工芸茶です。
茉莉花(ジャスミン)の香りを移した緑茶の中に
千日紅の花が包まれています。
見た目はもちろん香りよく美味しいお茶です。
加えてビタミンCとポリフェノール効果が期待できます
・・・ですかどうか(笑)。

これまた前回と同じように、
茶器の中で花開く過程をお楽しみください。

d0005397_2591890.jpg

d0005397_30196.jpg

上から見ると千日紅がこんなぐあいに咲いちょります。
d0005397_302812.jpg

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-03-20 03:07 | お茶のある暮らし  

ある証言

『ある証言』
d0005397_1831041.jpg

d0005397_18311744.jpg

d0005397_18314542.jpg

d0005397_19142386.jpg

d0005397_19133429.jpg

d0005397_18322666.jpg


ココもクリック♪『別の証言』
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-03-12 19:20 | 2にゃんねる  

Bonbon放浪


まいどのことながら、花粉に苦しんどりますねん。
鼻かみすぎで粘膜切れて高木ブー、
ぢゃなくて~ハナヂブー。

なので鼻がスー、のどもスーできるキャンディは常備品。
この時期、スーパーや薬局に行けば市販のど、鼻、花粉に効くという飴は数多あり、
ナンタラ効果やエキス配合とか、能書きに誘われてずいぶん試したものですが、
未だコレというものに出会ったことなし。

以前、『のんびり午睡』のwhitewaterlillyさんことりりぃさまや、
『たにしの江戸参り』のtnkさんから、花粉症に効果があるという
スイスのキャンディ(Bonbon)をいただいたのですが(しかもたくさん)、
それぞれティーツリーやユーカリの味が爽やかで、
しかもありがたいことに後味の良いシュガーフリー。
とっても気に入り、とっても助かりました。
d0005397_1342439.jpg
画像はりりぃさんにもらったもの。
tnkさんにもらったのは、画像を残さずなめつくしてしまったらしい(^^ゞテヘヘ。

とまあ、たくさんいただいたものも、いつかはなくなってしまいます。
こういうの、日本でも手に入らないのかなと思い、
いろいろ探してみました。

これはと思えるのはやはりスイス製。
スイスハーブって有名なんね~、知らんかった。

d0005397_031396.jpg
まずはポピュラーなリコラ。
小箱じゃないし粒が大きいのと、シュガーフリーじゃないので
水飴の味が濃く、後味がイマイチだなあ。

d0005397_0311914.jpg
ということで、手前がリコラのシュガーレス。
やはりこのスイス・スタイルの小箱でなくっちゃね!。
しかしやっぱり粒がでかいんだわ。
何種類か味があって、これはエクストラ・フレッシュ。
奥のはペンギン・マークが可愛いクライン・キャンディ。もちシュガーレス。
他にメンソール、コーラやマンゴ味などいろいろあり、これはビター・レモン。
粒小さく、お味はジューシィー。しかし花粉効果はイマイチなさそう。
お菓子だと思えばそれぞれ美味しいんだけどねぇ。

d0005397_0311181.jpg
こちらはゼファーマのシュガーレス・キャンディ。
携帯しやすく、小粒で口に含みやすい。
左からミント、スタンダード、レモン。
それぞれ爽やか味で、今までで一番気に入ってるかも。

でもやっぱり一般にいうハーブ・エキスより
ティーツリー、ユーカリといったエッセンシャル・オイル系の方が好みだなぁ。

ということで、私のキャンディ(Bonbon)探しはこれからも続きそうでござる。

ちなみに
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-03-10 02:36 | my favorite  

春きたりて旬を食う

あいやー!、もう3月。もうすぐ春やん!。
ちょっと前に新正月、そしてついこないだ旧正月すんだばっかりなのに・・・。

光陰矢の如しといいますが、なんぼなんでも早すぎる気がしますなあ。
なんちって、お久しぶりでございます。
風邪気味および花粉に苦しんでいますが~、ワタクシなんとか生きとります。
チョビこびんとチャー子姐さんのニャンズも元気でおます。

今日はひな祭り、なんですが~、
日常慌しくて、それらしきブツを整えることかなわず。
せめて借り物の画像なりと。
d0005397_22211644.gif


しかしですね。神戸っ子が感じる「春のおとずれ」は、
「ひな祭り」じゃないんですよね~。
じゃなにに「あ、春が来た~」と実感するかといえば、
「玉筋魚(いかなご)」でおます。

今年のいかなご漁は2月28日に解禁されました。
明石海峡にさっそうと漁船団が出陣、船曳き漁法でいかなごの新子が捕獲されます。
その日の午後から明石神戸の市場では、ピチピチのいかなごが魚屋の主役。
てぐすね引いて待っていた主婦たちが何キロも買いこんで
それぞれ工夫を凝らした味付けで、いかなごの佃煮を作ります。
たくさん作って、自宅の分だけでなく、近くの友人から遠くの親戚まで、
この地ならではの旬の味をおすそ分けしようという人も少なくありません。
台所から巷に漂い流れるその匂いこそが、神戸の春の兆し。
調理に使うのは、醤油、ザラメ砂糖、生姜が基本。
できあがったいかなごの佃煮は、
色と形状が古釘のようなので、昔から「くぎ煮」と呼ばれています。
d0005397_22512046.jpg

ところでウチのいかなごくぎ煮は、毎年もっぱらいただく方。
ベテランの主婦たちからいただくくぎ煮、ご飯がすすんで困ります。
そんなにも美味しいので、自分でも作ってみようかな~と、
毎年思いはするのですが、まだ未経験。今年はどうすべぇ?。
味自慢のレシピ求む。
(私信) ご近所にお住いのゆかりママさま。このエントリーをご覧になって、
もしご都合良かったら「くるみ入りいかなごくぎ煮」のレシピをメールしてください(笑)。

その他、最近むさぼりくった旬のもの。
タイランド産のホワイトアスパラとエリンギとエトセトラのソテー。
d0005397_2321457.jpg
アスパラ、撮りにくい!。なんやわからん画像になっちもた。

菜の花とツナのパスタ。
d0005397_235628.jpg
テレビでアンチョビで味付けするレシピを見たのだけど、
常備してなくて(シロクロのチョビならいるのだが)、
やむなく手元にあったツナ缶で、サッパリ味になりにけり。
コシはイマイチだがけっこう美味しいキヌアのスパゲティでヘルスィーに。

姫竹とタラの芽の天麩羅。
d0005397_238316.jpg
山菜大好き。とくに初春の山菜は美味しい。
こういうの食べられるんだから、花粉の苦しさも我慢しなくちゃね~。

旬にカンケイないけど、
やっと近頃、ダシ巻き玉子がまあまあ上手にできるようになりました。
d0005397_23121520.jpg
ポイントは簾だ!。
ちょっと簾を使って巻けばカンタンでした♪。
これしきのことに、大発見したかのような自分が可笑しい(笑)。
d0005397_2313864.jpg
いやはや、料理の基本をキッチリと教わりたいなあと、
ときどき、いやかなり頻繁に思います。
そんな贅沢なこと、いつになったらできるのでせう~?(T_T)。

※いただいたコメントありがたく拝見しています。
しかし例によってお返事が遅れています~ゴメンチャイ。
みなみなさまにおかれましては、もうしばらくご猶予くださりませい。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-03-03 23:33 | 美味しいもの