<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ラベンダーシュガーと栗、胡桃

ひそかに憧れているヘルシンキ在住chick_pea(ひよこ豆)さんのブログ『北へ行く猫』で、
ラベンダーシュガーを見つけたとき、「うわ~、なんてオサレなんぢゃ~」と、
さっそくマネってみた私。
d0005397_1529947.jpg

グラニュー糖と小さじ一杯のドライ・ラベンダーをブレンドして数日すると、
お砂糖にラベンダーのよい香りが移って、紅茶などに入れて楽しむのにぐぅ。

ひよこ豆さんはそれを美しいショートブレッドにされていたけれど、
私はお菓子作りはまったく苦手なので、超カンタンにこんなことに使って楽しんでます。
シナモンシュガー・トースト。
サクサクっとしたポールポキューズのパンドミーによく合います。
d0005397_15332967.jpg
以前もときどきやっていたこのシナモンシュガ・ートースト。
マーガリンをぬって焼いた食パンに砂糖とシナモンパウダーをふりかけただけの
いたって単純なトースト。
最近またこれにハマッているのも、じつはTVでやっていた『かもめ食堂』を観たせい。
遅ればせながら観た、ヘルシンキが舞台のこの映画。
その中に出てきたシナモン・ロール。見たとたん「うへ~、美味そうぢゃ~」。
またもスルドく反応。
けど、主人公みたいに思い立ってすぐには作れないのが難。
d0005397_1626967.jpg
で、カンタンにコレを作って食べ、それなりに美味しく、以来しょっちゅう食べてます(笑)。
偶然にもヘルシンキつながりなのです。

で、ヘルシンキ。
というより、ひよこ豆さんにインスパイアされたもの、まだ続きます。
ひよこ豆さん、秋ということで、胡桃にこだわりを持たれ、
これまた美味しそうな胡桃のケーキを作られていましたが、
もちろんこういうのもマネッコできん。
しかし私、胡桃大好き。
ケーキも好きだけど、特に胡桃の入ったパンが大好き。
ということで、近くのパン屋さんで買ってきたのがコレ。
d0005397_15411464.jpg
メープルシロップに漬け込んだ胡桃がどっさり入ったフランスパン。
けっこうヒットでした(^^)v。
あ~、でもひよこ豆さんの胡桃ケーキが食べたい(笑)。
ついでに『かもめ食堂』の小林聡美さんのシナモン・ロールも食べたい(爆)。


ところで、秋の味覚といえば、近頃あちこちのブログでお見かけする「栗」。
モンブランにマロングラッセ、栗ご飯や渋皮煮。
栗を使ったお料理やスィーツ、さまざまありますが、
私にとって「秋栗」といえば、まっさきにイメージするのがこれっ。
「天津甘栗」なんですよね。
神戸という港町育ちのせいか、子供の頃からの定番のオヤツでした。
d0005397_15501427.jpg
中国食材店の店先で、グルグルとまわる独特の石焼窯で作る天津甘栗。
秋になると「新栗入荷」のポスターが貼られ、秋の風情を感じたものです。

ところが昨今では、すでに皮を剥いた甘栗が主流となり
(私の感覚では、あれはまずいうえにちょっと気持ち悪いのだが)、
すっかりホンモノの作りたて天津甘栗を商う店は少なくなってしまいました。
(昔は天津甘栗で財をなした華僑もいたと聞きますが)
私の知る限り、元町商店街と神戸新鮮市場の東山市場内の2軒のみでしょうか。

栗はいくぶん小さ目になったような気がするけど、
やっぱり作りたてで熱々の天津甘栗は、美味しい。
それから、昔とちっとも変わらないこの袋(栗じゃなくて(^^ゞ)がまたいいんだなあ。
d0005397_155034100.jpg
赤ってのがポイントよね。
食いしん坊をそそる色だと思うな(笑)。


※蛇足ですが、以前、天津甘栗を輸入していた華僑の方に聞いた話ですが、
秋になると、中国北部で収穫された新栗が、天津港から日本の主要港に向けて
出荷されます。それが「天津甘栗」です。
つまり、中国産の栗すべてが「天津甘栗」ではないし、
「天津甘栗」の栗の産地もひとつではなくさまざまのようです。
しかし天津港から出荷する栗は、その道のプロが厳選した品質であり、
「天津甘栗」の名は、「最高級の栗」であるという証(ブランド)でありました。
で、今はどうなんだろ?。
やっぱ産地偽装とかあるんだろうな~(^_^;)。

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-10-30 16:34 | 美味しいもの  

我が家の近況

ご無沙汰、不義理をいたしております。
相変わらずなんやバタバタ&風邪ひいちゃいましてん。
しかも姉妹で。

私の風邪が愚妹の持ち込んだのをうつされたのか、まったくの自前かは不明ですが、
ともあれ妙齢のオンナふたりが「のど痛い~」とか「鼻水とまらへん~」とか、
訴え合っている姿はとてもババ臭く、見苦しいものでございました。

しかし幸い、我が家のお猫さまたちは元気でおます。
もっとも連中、昼間はほとんど寝てますけどね。


チャー子姐さんは、天気の良い日は毛布の上、
d0005397_23495345.jpg

雨のふる日はおふとんの中。
d0005397_23492487.jpg
いやはや、だらしない寝相ですなあ。
d0005397_23523584.jpg



かたやこびんは、天気のよい日はこちらでゴロゴロ。
d0005397_23543540.jpg

おやびんが見ていると知るや、すぐこういうことをやる。
d0005397_23563682.jpg
こら、やめんかい!。


雨の日はソファでフリースのひざ掛けの中に潜り込んでいるか、
d0005397_021194.jpg

例によってTVの上でパツパツの箱詰めになっているか。
d0005397_081480.jpg


ニンゲンもこれだけ寝れたら風邪も引かんよね。

なんともうらやましきは、お猫さまライフでおますなあ。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-10-27 00:14 | 2にゃんねる  

たそがれピクトさん


さあさあ、いよいよ日没が早くなってきました。
なんだかんだと雑事に追われ、ハッと気がつくともう夕暮れ。
巷に漂う金木犀の香りもいっそう侘しさを増すばかり。
なんちて。

黄昏時の交差点、たそがれ気分で見つけたピクトさん。
d0005397_1440521.jpg
失業し、妻に逃げられ、家もなくした男が、
なにも知らぬ幼い娘を連れて、街をさまよっている。
「お父さん、どうしたの?。おうちに帰ろうよ、ママのところに帰ろうよぅ」
「うん・・・そうだね」
困惑する父の、せつないため息が聞こえてきそうな、
・・・・・秋のたそがれピクトさん。

いや、もちろん彼らは一年中ここに居るんだけど・・・(笑)。
d0005397_14514710.jpg

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-10-17 15:01 | Watching  

黒猫さま


先日。朝、外出するのに愛車を出そうとしたら、
駐輪場の隅に黒いカタマリが!。
d0005397_1222471.jpg

よく見れば、この界隈でよく見かける黒猫さん。
ガチャガチャとチャリを引き出す間も微動だにせず、ぐーすかぴー。
d0005397_283274.jpg
ぽかぽか陽気に気持ち良さそうでんなー。
いやはや、うらやましい。

夕方帰ってくると、
今度は駐輪場の入り口でグータラしてるとこに遭遇。
d0005397_2103056.jpg

どーしたん?、なんや浮かん顔して。
d0005397_2113426.jpg
d0005397_2115883.jpg
d0005397_2121954.jpg
d0005397_2123871.jpg
d0005397_2125034.jpg
d0005397_213861.jpg
はいはい、いってらっしゃーい。


そして今朝。
しとしと雨模様、傘をさしてマンションを出ると、またもなにやら黒いカタマリ発見。
d0005397_2244669.jpg

よく見れば、これまたこの付近をテリトリーとする黒猫さん母子。
d0005397_226472.jpg
しかし、いったいどういう姿勢?。
肌寒いのか、仔猫がお母さんの腹毛に顔をつっこんだまま、ぐーすかぴー。
d0005397_23681.jpg
あ、はいはい。

しかし仔猫は気配に飛び起きてしまい、まったくもって申し訳なし。
d0005397_2363751.jpg
おお、白ソックスの仔猫さんや。ゴメンしてな。
知らないオバチャンに向けたちょっぴり険しい目線がまた可愛いねぇ。
そこは濡れるで。風邪引くとあかんから、はよお母さんとこに戻りなさいよ。

それにしても、ウチの近所。けっこう黒猫天国なのかも。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-10-09 02:44 | 徒然Diary  

独りでなくても一人しゃぶしゃぶ


そろそろあったかお鍋が嬉しい季節となってまいりました。

ということで、唐突ですが、本日のランチは(あまりランチっぽくないけど)鍋。
d0005397_22593946.jpg

場所は三宮のセンタープラザ地下。
この界隈、面白い食べ物屋さんがどんどん出てきて、ちょっとすごいんですよ。
そんなかでも、今日行った店は比較的新しく、珍しいお店。
三宮市場のなか、昼時は長蛇の列ができている老舗カツ丼屋さんの右奥にあって、
IHクッキングヒーター設置のカウンターで、一人一鍋でしゃぶしゃぶさせる店です。

d0005397_23273094.jpg

一人鍋って、台湾あたりでよくみかけ(食べ)てましたけど、
昨今は日本でもあるんですねぇ。
そうよね~、独りでも鍋食べたいときあるもんね。
って、大鍋で四人前のタイスキを平らげている独り客をバンコクで見かけたら、
・・・・・それは私です、なんちて。

この店でも、ほとんど独り客。みな悠々自適にしゃぶしゃぶしておられます。
かくいう私は本日は独りではなかったのですが、
なにがなんでも一人鍋の店なので、やむなくおツレ様たちと横並びでしゃぶしゃぶ。
d0005397_23321526.jpg
お肉は、冷凍ではない、鹿児島産の上質牛肉と、霧島産のSPF豚とのこと。
オーダーのたびにスライスするので、鍋とタレを前にしばしウェイティング・タイム。
d0005397_23394087.jpg
まあちょっと、クチを湿らせて待とうかなー、なんちて。

ということで、出ましたお肉。
d0005397_23423680.jpg
モウモウさんとブーブーさん、両方食いたし。
鍋は別でも肉は複数注文して、みなでシェアしました。
d0005397_23471625.jpg
肉はもちろんだけど、野菜も新鮮で美味しい。
※なんとか野菜を投じるとこまで写して(一枚目)、あとはひたすら食う食う。
しゃぶしゃぶのあとは麺にしても良し、雑炊も良し。
お酒も、サイドメニューもいろいろ揃ってるので、
油断すると昼間っから宴会気分になっちゃったりして、ちょいとやぶぁいですぜ。


お腹を満たした後、
なぜか赤い顔でふらふらと、某デパートで催されている北海道物産展へ。
これがすごいの~。けっして広くはない催し会場がほぼ女性客でごったがえし。
限定販売のチーズケーキには販売時間一時間前から行列できてるし、
ゴーカ海鮮盛り弁当屋さんの列もハンパじゃなかったな~。
なによりすごいのが試食の気前の良さ。
そんなに食べさせてどーすんの、売る分なくなっちゃうよってくらい食べさせてた。
人ごみは嫌いな私ですが、市場だけは別。ここはもうデパートじゃなく市場そのものです。
いやもうテンションあがっちまいました。
しかし欲しいだけ買いあさると、あっというまに財布はカラッポという、
トンデモナイことになっちゃいますからね。心の中で、お・ち・つ・い・て、とドラミング。
少し冷静を取り戻したところで、
バター飴やら松前漬けやら、お馴染み&好物の物産のみ数点を調達。
エライよ~私、ハァハァハァ(笑)。

で、今回のヒットは、いたって地味ですが、「とうきびチョコ」。
d0005397_015578.jpg
ほんのり甘いチョコと、とうきびの濃い味とがマッチして、
独特の食感がこれまたぐぅ~♪。ちょっとクセになりそう。
熱いコーヒー淹れて、夜中にこれをボリボリ食いながら、ブログを更新している私って、
やっぱり、やぶぁいかも・・・(>_<)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-10-06 00:26 | 美味しいもの  

もらったの♪


えへへっ、こんなんもらいました。

そのいち。
山猫手ぬぐい
d0005397_21564096.jpg
ええでしょ。
ワンニャンとヒトの「等身大エコ」と「身の丈LOHAS」な生活をサポートする
ネット・ショップ「ぽこりこ生活」さんで販売してまーす。

d0005397_22101778.jpg
お色がね、とっても私好み。
デザインは切絵。これまたとってもオサレ。
モデルの3ニャンはもちろん
「ぽこりこ生活」のアイドルであり、
店長アザラシーズさんたちを
しもべとする山猫三兄弟妹です(笑)。

この「山猫手ぬぐい」の売上金は、なんと
ライフボート友の会に支援金として寄付されるそうです。
さすがアザラシーズ。やることが偉いよっ!。


肌触りよく丈夫なので、手ぬぐいとして、ふきんとして、首に巻いてスカーフに、
また秋祭りのおりにはねじって額に巻いてもイケテるかと思います。

買ってね♪。
私はもらっちゃったけどね(汗)。

ちなみに「ぽこりこ生活」の最新ニュースは海豹店長ズのぽこりこ日記でどうぞ。
めったに更新されない(爆)アザラシーズのブログ山猫の缶詰。、と、
山猫たちとアザラシーズの王国サイトヤマネカーナも、どーぞよろしこ。

d0005397_2045030.jpg



そのに。
これもすごいよ。非売品、どころか、世界にたった二冊しかない写真集
そのうちの貴重な一冊を、
作り手であるNY在住のYOGI雅子さんからいただいちゃいました。

おほほほ~、なにやら嫉妬の視線を矢のように感じるわ~、なんちて(笑)。
なにしろ写真集のモデルである
拓王子さまが、ぜひワタクシにとご指名くださった
ので~(嘘)、
でも独り占めもなんなの(偉そう)で、ちょっと見せびらかしちゃいましょう。

タイトル・ページ。最初っからこれだもんねぇ。
拓さま、フェロモン出しすぎ。クラクラしますわ(笑)。
d0005397_22421387.jpg

巨猫(らしい)と思えない、このベィビーフェイス。
d0005397_22422264.jpg

拓さまにメロメロの雅子さんとのツーショットよん。
d0005397_22423078.jpg


天使のような表情、吸い込まれそうなブルーの瞳。
お美しい拓さま。癒されますねえ♪。
d0005397_22424363.jpg


いまさら紹介するまでもないですが、
拓さま満載の雅子さんのブログはニューヨークでのヨガ生活
NYで雅子さんのヨガ・クラスを体験したい方はこちら
Webで、お気軽に雅子さんのヨガレッスンを受けたいなら、
「ぽこりこ生活」とのコラボで毎月曜更新の気軽に毎日3分ヨガ(拓ちゃんも特別出演アリ)にどーぞ。


オマケに、ウチの可愛いこびん姫の得意技も見せちゃいましょう。
d0005397_23253358.jpg
d0005397_23254851.jpg
d0005397_2326027.jpg
って、それしかないんかいっ!(>_<)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-10-03 23:19 | 徒然Diary