<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

エコ猫とホットカーペット


「寒いよ~」といいつつも、
以北以東の地域と比べれば、まだまだ温暖な関西@神戸ですから、
当家のしきたりとして、
ホットカーペットは一部しかオンにしてやらないことが多うございます(笑)。
ヾ(-_-;)オイオイ、またそのネタかよ~(爆)。

すると面白いことに、
オンになっている部分に、当家の住人たちは寄り集ってまいります。
d0005397_3405312.jpg
d0005397_3411071.jpg


愚妹が帰宅し、夕飯(といっても夜遅くですが・・・)を摂る時、
オンの部分は、いっそう混雑をきわめます。
d0005397_3424873.jpg
d0005397_343454.jpg


食後、愚妹(オッサンみたいですが、オッサンではありません)が、
テレビ観つつゴロ寝すると・・・、
d0005397_3415139.jpg
両手に花・・・じゃなくて両脇に猫。
エコ(ノミー)なうえに、愚妹にとっては癒しのひとときとなります。
一石二鳥、一挙両得、坊主丸儲け・・って、カンケーないか(笑)。



とまあ、こんな毎日のこびんとチャー子姐さん。
今日も今日とて、お団子のように並んでおります。
d0005397_352356.jpg

いわずと知れた、オヤツ(ツナ缶)の出待ちでございます。
d0005397_3521635.jpg
へいへい、今、出しますよ~。

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-01-26 04:03 | 2にゃんねる  

寒い日のラドン湯とくず湯


寒くてドンヨリ天気の毎日。
冷たい空気に身が縮こまり、足はヒエヒエ、肩はコリコリ。
カラダがそんなだと、ココロも冷たくなってしまうので、
ここは一番、広くて熱い湯にゆっくりどっぷり浸かろうじゃないかと、
久しぶりに近所の銭湯に行きました。

ホントは温泉に行きたいとこだけど、温泉は徒歩五分圏内にないんだもん。
d0005397_5948100.jpg

ちょいとレトロな風情の下町の銭湯。

HPからの借り物ですが、中はこんなふう。
d0005397_5114540.jpg
d0005397_512216.jpg
あたしゃ女湯に入りましたよ、念のため。

銭湯は午後からの営業。
なので、朝湯ができないのは残念だけど、昼湯もまたオツなりよ。
d0005397_5121649.jpg

小さいけれど、湯はラドンと、一応温泉並み。
薬湯もあり、それにしばらく浸かってると、久々に血の気が戻ってきたというか、
寒さの呪いが解けて、やっとニンゲンに戻れました(笑)。

入浴料380円の贅沢、堪能~。
ほかほか気分、湿った髪もなんのその、ハナウタまじりにおうちに帰り、

ゼータクついでに・・・・・、夜はカニしました。
d0005397_5395955.jpg
食い散らかし途中の図にて失礼。
シメは雑炊で再びカラダを温め、チョイと泡なども投入して血行促進。


そして深夜、みたびカラダをあっためるべく、くず(葛)湯。
湯たって、今度は入る湯じゃなくて~、飲む湯でっせ。

d0005397_541074.jpg
すりおろしリンゴ入りのくず湯。
お好みでハチミツか三温糖など少しいれると甘酸っぱくて美味しいっす。


続いてこちらは、
d0005397_5423439.jpg
ポピュラーな黒蜜とすり生姜をたっぷり入れたくず湯。
これがまた美味い。
吉野の本葛をどっさり使い、とろとろ練るほどに作るのがコツ。

(追記)
↑鍋のタレみたいというご意見をちょうだいし、ナルホドごもっともなので、
今日も作った「すりおろしリンゴくず湯」の画像をば追加。
前の画像はいつも使ってる汲み出し(藤田圭三/作)なんだけど、
今回は三ノ宮の骨董屋さんで買った染付け蓋付き飯椀にしてみました。 
d0005397_1575497.jpg
今度は一見コーンスープみたいだな・・・(笑)。
d0005397_203756.jpg
葛を多めに。
ここまでトロトロだと、くず「湯」というより、リッパなオヤツ。
けっこう小腹が満たせます。
満たしてばっかり・・・てな気もするが、まっいっか(笑)。



温まったら、あとはぬくぬくお布団で、
ぐっすりたっぷり眠り・・・・たいですなぁ~(爆)。

 

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-01-24 06:12 | 徒然Diary  

新春チョコレート合戦


しばらくお休みしていたCIS部長も復活されたことですし、
ひっさびさのCIS(チョコレート情報局)の部活でっせ~。

というのも、お年賀にピエール・マルコリーニをいただいたのだー!。
やたーっ!!。
d0005397_11261243.jpg

箱を開けると~、
d0005397_11272926.jpg
どーよ、どーよ、このどひゃーな高級感!。
私のばやい、貰わなきゃぜってぇ食えねーブツだな~。

くださった方は、
「マルコリーニはあまり冒険がないようだが・・・」などとつぶやいておられた。
そうだった、この方、けっこうチョコ好きだった。
なかでもベルギー・チョコがお好みらしい。
しかしプラリネなどは、スタンダードなフィリングより冒険的なのが望ましいらしい。
かといって、ナッツのかわりにアンチョビ入れろ~なんてことではなく(アタリメーだろ)て、
具体的には、お酒が含まれているオトナなチョコを、ちょこっとつまむのがいいらしい。

そういや去年のお正月には、
同じ方からゴディバのボンボンをいただいたな~。


d0005397_11571797.jpg
マルコリーニ。
コイツなんか、かなりの冒険家のように思うがの・・・(笑)。


そこで私も考えた。
ベルギー・チョコのお返しは、やはりベルギー・チョコだ~!。

って、別に競ってるわけじゃないですが~、
昨年の秋、ベルギー・チョコの専門店
ご近所にオープンしたのを思い出したもので。

d0005397_11455797.jpg

楠公さん(湊川神社)の西側の路地にある小さなお店。

このショコラトリーでは、オリジナルをあわせて、
現在7社ほどのベルギー・チョコを直輸入し販売しているもよう。
d0005397_11545671.jpg

雰囲気の良い店内には、アタリマエだがチョコがあふれとります。
d0005397_11553150.jpg

あふれすぎて迷うやんけ・・・(-_-;)。
d0005397_11561425.jpg


といいつつ、私が選んだのは、Le Chocolatier Manonという、
ブリュッセルのメーカーのチョコたち。
なぜならば、お酒の入ったものが多かったから(^^)v。

ラム酒だの、ブランデーだのキルシュだのと、酒入りばかり、
全部で十種選んで、贈答用のハード・ケースに入れてもらおうとしたら、
あいにくと八個入りの箱しかないとのこと。
d0005397_1227126.jpg
とまあ、借り物画像ですがこんなカンジですな。

d0005397_0414937.jpg
そこで、お店の方に頼んで、オトナな味と思われるものから順に詰めてもらうと、
なぜかトリュフ2個がはみ出したので・・・・
d0005397_1273151.jpg
やむなく私が食べました(笑)。
美味かったー♪

ちなみに、贈答箱(なぜか高けーっ)のまわりの
ボンボン・リキュールたちは、お店のオリジナルのEgg-nog。
d0005397_045611.jpg
こんな風に光り輝いて私を呼んだので、つい買ってしまいました。
食べてみると、けっこう荒武者っぽいボンボンで、砂糖ジャリジャリ、お酒ドバーッ系。
とっても私好みだったので、これもオマケにつけることにしました。

実は、オマケはもうひとつあって、
ベルギー・チョコだけに頼るのでは神戸っ子の沽券にかかわると思い、
ゴンチャロフも一箱。
d0005397_182893.jpg
コチラも参考画像。

ベタなようですが、
神戸メイドの老舗チョコは、とってもコストパフォーマンスがぐぅなのよん。

なんちって、いただいたマルコリーニはもちろん、
いろいろ試し食いしたせいで、私の新春はチョコまみれ。
このままチョコのように甘い1年になればよいがのう・・・(笑)。

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-01-16 12:15 | CISチョコレート情報局  

マターリ町家カフェ・ランチ


息抜きのお茶、あるいは気晴らしのランチにと、
私の生活に欠かせないのが、お気に入りのカフェたち(酒場ではなくってよ)。

でも新年だし、たまには新しいのも開拓しなくちゃね~と、
前々から気になってたカフェに出かけました。


d0005397_1241716.jpg
神戸随一の日本庭園『相楽園』と、兵庫県庁に挟まれた一角にある、
神戸では珍しい町家を使ったカフェ


d0005397_127225.jpg
大きな窓は、外からでは内が見えないけど、内からはこのとおり。
向かいは職員会館。


d0005397_1291581.jpg
シンプルな店内には、シンプルなお正月のお飾り。


d0005397_1281769.jpg
高い窓、すりガラス、裸電球がノスタルジック。
外は明るいのに店内はほの暗く、この感覚、まさにアジアン建築ならでは。
とてもリラックスできるんだよね~。


d0005397_12181196.jpg

d0005397_12182817.jpg
朋友とそれぞれランチプレートをいただき、


d0005397_12184226.jpg
アップル・シフォンケーキとフレンチカフェでしばしマターリ。
おいしゅうございました。


しかし難をいえば、床は土間、いわゆるたたきなので、
末端冷え性の私には、足元の底冷えが・・・ちと厳しい。
お店の方が、玄関近くに小さな電熱ストーブをつけてくださったのだが、
「それはアータ、遠すぎます、もっと近くにカモーンカモーン!」
いえば(あまりにババくさくて)お店の雰囲気壊しそうだし、なによりコチトラ今回一見さん。
慎み深く・・・・耐えました(笑)。


d0005397_12125877.jpg

といいつつ、結局2時間近くもくつろがせていただきましたな。
また(ひざ掛け持参で)行かせていただきます(笑)。 

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-01-12 13:24 | 神戸&関西街歩き  

松の内(食ったもの)あれこれ



お正月、自分の作ったなんちゃってお煮染めなんぞに辟易したので、
途中エスケープして、明石に本店のあるお寿司屋さんでランチ。

d0005397_2483770.jpg

関西スタイルのお寿司。
江戸前のお寿司はもちろん大好きだけど、関西寿司も美味しい。

d0005397_2494324.jpg


ちゃんと仕事してるお刺身も好き。
d0005397_250417.jpg


この季節美味しいナマコも大好き。鱈の子も好き。
d0005397_25212.jpg


和風のデザートもぺろり。
d0005397_2522972.jpg
満足。
やっぱり正月は美味しいもの食べてまったりしなきゃいかんよね。



しかしまたなんやかやバタバタする日々が続き、
七草粥はパスするとこでしたが、やっぱりそれはなんだかな~と思いなおして、

d0005397_2373540.jpg


スズナ、スズシロ、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ。
春の七草、これで1年無病息災なら安いもの。

d0005397_2375086.jpg
余った七草は、

ちゃっかり翌日のブランチに。
d0005397_2393736.jpg
青野菜食べると元気出る、
ような気がする私はポパイ体質かも。


そういえば、
青ではないがこの季節、白菜が美味い!。

d0005397_2058339.jpg

これね(画像はイマイチですが)、。
白菜と鮭のクリームシチューに、思いついてポルチーニを戻し汁ごと入れたら、
ダシにすごーくコクが出ましたよ!。
ポルチーニ茸ってエライの~。

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-01-11 03:29 | 美味しいもの  

それぞれのお正月


猫たちのお正月。

こびん、さっそく仕事初め?。 

d0005397_4483847.jpg
ん、なにするんや?。



d0005397_4575021.jpg
あ、やめれ~!!。



d0005397_4582753.jpg
あ~あ、せっかくのお花が台無し!。
それにしても、その顔。まるで般若やな~(ぷぷっ)。



こぴんはとっても葉っぱ好き。
最近猫草作ってやってないので、ストレスたまってるみたいです。



チャー子姐さんは?。


d0005397_515682.jpg


d0005397_521992.jpg


d0005397_523753.jpg


グルメな姐さん、食っちゃ寝正月・・・、あ、いつもと一緒か~(爆)。

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-01-05 05:09 | 2にゃんねる  

謹賀新年♪

d0005397_22104137.jpg

いつもこの「タマリンド・カフェ」にいらしてくださるみなさま。
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は、お付き合いくださって、ほんとうにありがとうございました。
今年もおやびんこびんのコンビ、そしてチャー子姐さん(愚妹付き)という面々で、
ドタバタとやっていきますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。


みなさまの一年がより良い年でありますように。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-01-01 22:29 | 暦・節季