<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

螺旋な気分 新開地レトロビル


tripperオイチャンのステキな螺旋階段に、衝動的リンク。
d0005397_10414114.jpg
こちらは神戸新開地にある大阪ガスビル(旧神戸瓦斯本社)の螺旋階段。

d0005397_10432384.jpg
神戸瓦斯ビルは昭和12年創建。設計は名建築家といわれた渡辺節。
当時のオフィスビルはすでに機能第一が主流の近代化時代に入っていたようで、
またこののち戦時体制となって、物資的にも制限されるようになるわけで、
このビルは、装飾に懲り、贅をつくすことのできた最後の様式建築といわれています。

優雅なカーブの外壁は当時は大理石張りだったそうで、現在は鉄板。

神戸にはレトロな洋館やビルが多いですが、
そのほとんどは北野や元町旧外国人居留地に密集していて、
かつて神戸最大の繁華街だったとはいえ、新開地に残っているのはかなり珍しい。
神戸瓦斯は昭和20年に大阪ガスに併合され、
このビルも本社としての役目を外されたのが幸いして、
取り壊しなどを免れたもよう。

d0005397_13321415.jpg

d0005397_10442161.jpg
エントランスのドアやエレベーターも粋で、映画に使えそう。
d0005397_1044342.jpg
ありり、無粋なヤツが写り込んでますね~(^^ゞ。

内部は、大阪ガスの事業所および貸しオフィスとして現在も使われており、
普段は公開されていません。
先日の夏祭りのときのツアーで見学が叶い、ラッキー♪。

d0005397_12441066.jpg
重厚かつモダンな会議室は今も現役。
外装に沿ってもちろん部屋もカーブしています。
d0005397_1247484.jpg
当時の名残のガス灯。
はい、なんつうてもガス会社ですからね。
かつては向かいに電気局(のちに神戸市交通局)のビルがあり、
電気とガスというふたつの公共サービス事業は、熾烈な営業合戦を繰り広げたもよう。

写真が今も残る、かつての優美な休憩室などは分割されていたり、
そのせいで今は廊下になってしまったところに暖炉跡があったり
d0005397_13104140.jpg
などという「改装」は、残念ではあるがやむをえなかったのでしょう。

それでも当時の雰囲気を偲ばせるところが多く残っていました。

d0005397_14245129.jpg
巷の騒音とオフィスを隔離するために設けられた廊下。

駐車場に出る裏口のあたりに、いい感じの階段発見。
d0005397_1318848.jpg

こんなドアもすっきぃー。
d0005397_13184934.jpg


あちこちに残る「古きよき時代」のブツ。
こんなのや
d0005397_1256364.jpg
こんなの、
d0005397_12561761.jpg

エレベーターのボタンもレトロチック。
d0005397_1317379.jpg

重厚な扉の奥は資料室。
d0005397_12564868.jpg

廊下の隅にうち捨てられたかのような古時計。
いらんかったらわしにくれーっ、なんちて。
d0005397_1257051.jpg

こんなのもみっけー。
d0005397_1343473.jpg

どこでみっけたかというと、
d0005397_135950.jpg
地下にあった風呂場。
現役だそうで、ま、でも入ってるヒトいなかったわ、残念!。
なんちって、こんなトコまで覗いちゃって、あたしったらデバガメちゃん。

ついでに。
こちらも地下。
d0005397_137464.jpg
なんでしょ、これ。
d0005397_1363741.jpg
じつは、天井に設けられた明かり取り。
でも、ここはどこ?。

d0005397_13282297.jpg
じつは男子トイレだわさ。
ほっほっほー。

このトイレのうえは、ビルの玄関前の歩道。
d0005397_1385988.jpg
ここ、しょっちゅう歩いてるけど、
そんなこととは、まったく知らなかったよ。
なんともオサレな設計ざんすねえ~。

オマケのアーチ
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-08-31 11:18 | 神戸&関西街歩き  

夏の名残り あるいは食いまくり


雨上がりの夜。草むらではコオロギの声が、リーリーリー。
いよいよ秋ですのう。
ちょっと前まではミンミンミンと、蝉の声がうるさいほどだったのにねぇ。

目にしみるほどの日差しを背中に浴びていた、ご近所猫のクロちゃん。
d0005397_117830.jpg

なにやら木立の一角を一生懸命に見ているので、
なにしてんの~?と尋ねると、
d0005397_1263763.jpg
という返事。
その後も必死に見てたけど・・・・
d0005397_1272471.jpg
見てるだけではねえ。
d0005397_1294492.jpg
もちろん、しっかり逃げられてました。


さて、あれほど暑かった夏も終わりとなると、なんとなく名残惜しく、
夏ならではの食材、料理のあれこれを食べ納めする日々であります。

今年はね、食べましたよ、これ。
d0005397_1353561.jpg
冷汁。
宮崎の郷土料理ということで、炊き立ての麦飯にかけると聞きましたが、
せっかく冷やした汁ですから、冷たく食べたい。
ということで、ウチでは飯(雑穀と麦と玄米ブレンド)もちゃんと冷やしました。
って、冷汁しか見えてねえけど。

見えてるのは・・・・
d0005397_1381244.jpg
あ、バレましたね。
ハイ、便利な市販の冷汁です~(^_^)v。なかなかイケますよ。
だって本場で食べたことないから、自分じゃ作れないんだもん(爆)。
宮崎。むか~し、一回行ったことあるきりです。
高千穂の峰とか行きました。鶏は食べた記憶があるようなないような、
冷汁のことは知らなかったな~。いつか本場モノ、味わってみたいものです。


で、今年もモリモリ食べました、これ。
d0005397_1421372.jpg
ぬくぬく飯にぶっかけてるのは「だし」。
オクラ、キュウリ、ナス、ネバネバ昆布に、ミョウガ、大葉などを混ぜ込んで、
だし醤油で和えたというか、かき混ぜたもの。
山形の郷土料理だそうです。
美味い。飯がワシワシすすみます。

d0005397_153543.jpg
素麺にかけてもよし、
d0005397_1534881.jpg
冷やっこにかけてもよし。
こちらも本場で食べたことはないのですが、カンタンだから自分でも作れちゃう。
そういや山形も一度きりしか行ったことがないや。
そんときは秋だったかな、米沢牛、食べましたよ。とても美味しかった。
またこんにゃくがね、びっくりするくらい旨かったのを覚えてます。
また行きたいなあ。本場の「だし」食べねばね~。



でね、こっちは我が家の夏料理といいましょうか、
神戸近在、魚の町明石や淡路で獲れた鱧を使った、母直伝の
d0005397_1572345.jpg
鱧皮の煮こごり。

鱧は小骨が多く、「骨切り」は素人には至難の技ですが、
鱧皮に残った小骨を抜くのもまた相当に面倒な作業です。
昔の母は、老舗の蒲鉾屋さんで下処理した鱧皮をわけてもらって、
それを酢の物にしたり、こういう煮こごりにしていました。
子供のころの記憶に、鱧皮の一品が食卓に出ると、
「ああ夏だなあ」という気がしたものです。
しかし鱧そのものが登場することはあまりなく、
それというのも、当時でも鱧は高級魚だったからでありましょう。
なんせウチ、ビンボーだから(笑)。
なもんで、私は大人になってから、京都の料亭など
(主にヒトのオゴリ)で、鱧料理あれこれの味を覚えたのでした。
もっとも、京都で有名な鱧も、もとを正せば、
やはり明石、淡路の港から運ばれたものだったそうです。
(今ではいろんなところから仕入れているだろうけど)

ま、ウンチクはおいといて、
三つ子の魂といいましょうか、ビンボー性百までといいましょうか、
私はやはり鱧も良いけど鱧皮が好き、なのです。
d0005397_3582549.jpg
私の場合はスーパーですでに焼いて刻んである鱧皮をゲット。
それを少し酢をきかせた薄味の出汁とゼラチンを使って煮こごりに。
七味(ここでは椒房庵の生七味)を添えると、
鱧皮の香ばしい味わいが一段と冴えます。
酒の肴にもバツグンの一品です。

ついでに不器用な性質といい加減な性格が露呈した料理も披露しちゃえ。

対馬のきずしをゲットしたので、鯖寿司が食べたくなって、
酢飯を作ってテキトーに握ってみました。
d0005397_7135464.jpg
うーん、味は悪くなかったが、カタチはひどい。
とにかくデカかった。自分の口の容量を過信していました。
口いっぱいにモノを頬張ると、ちょっと呼吸困難ぽくなりますね(笑)。
嚥下するまでが苦しかったです(爆)。

こるーさんのマネッコ一覧
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-08-28 08:07 | 美味しいもの  

真夏の果実・・・ブルーベリー三昧


先日の満月あたりから、なんとなく秋の気配・・・。
てなわけで、たまってる夏ネタ、更新ままならぬうちに、
どんどんオチていきつつあります(^^ゞヘッヘヘ。

しかーし、このネタだけはどーしても披露して自慢しておかねば~!。

長野(の、誰もが憧れるあの辺り)にお住まいのharukasumiさんが、
ご地元の農園で自ら摘まれた物を送ってくださいました~。

じゃーん!
d0005397_9543567.jpg
どーよ、これ。
総量2キロのブルーベリーです。
しかも貴重な貴重な、国産ですっ。

私がいつも食べているブルーベリーは輸入の、もちろん冷凍モノ。
近所のスーパーなどではシーズン中は生のも見かけるが、
小さなカップに80グラムほど入った(しかも海外)ものが、
売り場の片隅にちょこっと並んでいるのみ。
こんなでっかいパックに入ったの見たの、生まれて初めてです。

もう一度、 どーん!。
d0005397_10133912.jpg

しかもこんなに大粒。
d0005397_9551343.jpg


こびん、「ピオーネじゃないの?」と言っております。
(もっともヤツは箱狙い(笑))
d0005397_9553739.jpg


憧れの生ブルーベリー、
「一生一度の贅沢~」と嬉し涙にかきくれながら、
そのまま、思いっきりむさぼり食いました。
もちろん無農薬。
送り主のharukasumiさんが普段体験していらっしゃるように、
摘んですぐ口に入れる「ブルーベリー狩り」のイメージでいただきました。
なんともいえぬステキな食感、とてもジューシーで甘いっ。
すんごくすんごく、美味しい。
いやぁ、いつまで食べても飽きません・・・。
やぶぁいっ。

この口福を長く楽しむためには、食い尽くす前に保存しなければ。
自らを制して、まずは砂糖漬けでブルーベリー・シロップ。
d0005397_9563665.jpg

いやあ、これ、めっちゃ美味しいです。
ジュースにしてよし
d0005397_9572568.jpg

でもカキ氷のシロップに、めっちゃぐぅ♪。
d0005397_9575970.jpg


d0005397_953553.jpg
ソースというか、ゆるめのジャムで、
d0005397_9584853.jpg
毎日のヨーグルトがとってもゴージャスに。
d0005397_9531763.jpg


そのまま冷凍したものを使って、
ヨーグルト・ドリンクやスムージーに。
d0005397_104892.jpg


私にケーキとかパンを焼く技術がないので、
ひたすらデザート、ドリンク系ばかりですが、
なるだけ「生」に近いカタチで味わうのが望み。充分満足。

砂糖を加えないソースも作ってみました。
d0005397_103144.jpg

オリーブオイル、バルサミコ酢、レモン汁、塩コショウ少々で、
久々に作った鶏ハムにかけてみると、
d0005397_9533595.jpg
さっぱり鶏ハムに、爽やかなソース。
ちょっとご馳走な味わいになりましたよ。


加えて、
harukasumiさんは、これもご地元の白ジャガイモも一緒に送ってくださいました。
これがまた煮崩れしないしっかりもので、ホクホクして美味し~い。
d0005397_1053837.jpg
これまた初めての味わいでした。

harukasumiさん、ほんとうにありがとうございます。
感謝感激、忘れられない感動のブルーベリーでありました♪。




[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-08-23 11:01 | 美味しいもの  

猛暑残暑、陽だまりのニャンズ


関西、モーショモーショでザンショザンショの盆シーズンざんす。

暑くて外出どころか窓際にも寄りたくない日中ですが、

その窓際で、毛皮を天日干しするケモノあり、
d0005397_14554295.jpg
あくびしたり、

d0005397_1514487.jpg
毛づくろいしたりと、見るだに暑苦しげなのに、
本ニャンはいたって快適そう。

なぜじゃ?。
もしかして、暑さに鈍感なのか?。
d0005397_1544380.jpg

d0005397_1551915.jpg
ハイハイ、あんたが悪口に敏感なのは、よーくわかりましたよ。



そういえば、こちらも窓際でまったり。
d0005397_1571626.jpg
寝ておられるのやら、起きてらっしゃるのやら・・・、
姐さんの場合、なぜか涼しげに見えるのが不思議。

お方さま、お方さま、
お部屋のお掃除が済みましてございます。
d0005397_15103657.jpg
ははーっ。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-08-12 15:19 | 2にゃんねる  

真夏の果実・・・とハーブの、お飲み物


毎日毎日、暑いのに飽きて、さすがにうんざりしてきましたね。

ここいらで、ちょっと涼しげな画像をば。
d0005397_9391366.jpg


すっかり忘れていたけど、初夏に漬けたんでした。
おなじみサワードリンク各種に加えて・・・果実酒。
d0005397_941110.jpg
アメリカン・チェリーとバレンシア・オレンジ。
しっかり飲み頃になってました。
かなり甘い。なのでソーダで割ると、キリリとしていい感じ。
で、クイクイ。けっこうヨッパらいますよ、これ。

漬けた瓶。今年の新兵器。注ぎ口がついていて便利。
3キロ近くありますが、蓋も持ち手もしっかりしていて、ブンブンしても平気。
ダンベル代わりにストレッチに使えそう。
d0005397_951797.jpg

d0005397_9515710.jpg
タハハハ~。


新兵器、サワドリにも導入しましたよ。
d0005397_10102951.jpg
こちら、スーパーでふと目に付いたクールサーバー。
こぶりでサワドリにぴったり。
パイナポーやグレフル、バナーナなど、数個並べて悦に入ってます。


今夏は生ハーブ・ティーの美味しさに開眼した年でもあります。
これまた初夏にいろいろ種を蒔いて育てたハーブたち。
そのなかでも、とりわけ元気に育ってくれたレモン・バーベナ。
さわやかな香りだけでも癒されますが、

d0005397_10255981.jpg
これをたっぷり収穫して、沸騰した湯で抽出し、
そのままでもいいけど、氷で冷やしてレモンを絞って飲む一杯。
d0005397_10281166.jpg
シャキーンとします。
果実とハーブのチカラで、残暑乗り切れるか、
ときどき焼肉入れつつ、ガンバリましょー(笑)。

d0005397_431388.jpg



[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-08-07 10:42 | サワドリ&スム部  

えーとこ新開地夏祭り♪


週初めは、元町商店街の夜市でしたが、
週末は、元町より西に位置する、新開地商店街の夏祭りでした。

d0005397_13442842.jpg


やー、賑やかでした。
d0005397_13505825.jpg
ライブあり、ガラクタ市あり、スタンプ・ラリーありのイベント盛りだくさん。
d0005397_13522032.jpg

煮えるような暑さもなんのその。
d0005397_1353630.jpg
津軽三味線のライブなどもありました。

ちなみに私は、元町と新開地のあいだに住んでいるので、
どっちでも地元っ子の顔して遊ぶというちゃっかり者でありんす。
というか、歳経るに従い、オサレな元町界隈も依然として大好きだけど、
B級グルメと娯楽のひしめく下町新開地がとってもスッキィ~になってきつつあります。

なんつうても、コテコテ下町新開地には知る人ぞ知るというより、
神戸っ子なら行ったこともない人も知っているという名店が点在するのが魅力。

そのうちのひとつ、創業が昭和27年という、老舗洋食店「グリル一平」さんで、
なーんと、名物のオムライスの作り方を教わってきました。
d0005397_13544035.jpg
「グリル一平」の店先看板。なぜか信楽たぬき。

なにをかくそう、私はオムライスが大好物!。
もちろんこれまでも「グリル一平」さんにオジャマしては、
カツレツや海老フライなど、ほかにもいろいろ美味しいものあるにもかかわらず、
悩んだ末に「やっぱりオムライス~!」をオーダーしてしまうという
グルメ一平オムライスの大愛好家なんすが、
そのオムライスの調理過程を拝見するのは初めて。

d0005397_1463135.jpg
親しみやすい落ち着いた雰囲気の店内。

d0005397_1481998.jpg
三代目オーナーの山本隆久シェフ自らフライパンを握っていただきました。

d0005397_14104638.jpg
オムライスに使う小さくてちょっと深めの鉄製フライパンは、
もう何十年も使い込んだものとか。
飯を炒めるのに使うのは特製のマーガリンだそうです。

d0005397_14123529.jpg
飯は温かいほうがほぐれやすい。
すべて高温で手早くがポイント。

d0005397_14164011.jpg
具はロースハム。以前はチキンを使っていたが、
「嫌いなので抜いて」という客がけっこういたため、ロースハムになったとか。
具はシンプルでも、時間をかけて作られたレッドソースが深~い味を作ります。

d0005397_14175425.jpg
ライスが完成すると、もうひとつのフライパンを使って薄焼き玉子を作ります。
一人前作るのに使う卵は、なんと半個(Lサイズ)ですと!。
薄い玉子焼きで包むほうが美味しいというのが「グリル一平」のポリシーです。
鍋肌に油をなじませたら、それを丁寧にふき取ります。
油が残っていると、卵が沸々となってしまうため。これがプロのコツ。
さっとといた卵をなるだけ薄く広げ、一瞬にして焼き上げたら、
ライスを乗せてすばやく包み、

d0005397_14243731.jpg
ひっくり返して、出来上がり。
作り始めてから完成まで、たった48秒です!!。
すごーい。
これで私も・・・って、いやいや、なんぼ教えてもろても、できませんって(笑)。

d0005397_1427764.jpg
Simple is Best。
お店伝統のデミグラス・ソースで彩られたオムライスの美しいこと。
これぞオムライスの王道です。
実は私もグチャグチャ半熟玉子がベローンと
具沢山のケチャップ・ライスの上に乗っかってるオムライスより、
この昔ながらの正統派オムライスの方がよっぽど好き。

本日も美味しく美味しく、いただきました。ごちそうさま。


ちなみに、この「グリル一平」厨房拝見は、
新開地夏祭りのイベントとして企画された「ザ・シンカイチツアー」の一部。
このシンカイチツアーの記事、まだ続きます(予定)。


ところで、
帰宅してから、無理とは知りつつ、
それでも少しは上手にできるような気がして、
さっそく作ってみました、オムライス。
ま、味はともかくとしてやね、
要するに手早く調理して、見かけが上手に形成できるかがポイント。
d0005397_14434757.jpg
どーん。
たははは、やっぱしぜんぜん違うや~ん。
だいたいちゃんと巻けてへんし玉子。一部破れてるし~。トホホ。
これをせっかくの「グリル一平」オムライスと同じ記事内に載せるなんて~、
勇気ある(無謀ともいう)な~、ワタシ(笑)。

ま、やっぱり食べに行った方がええよね~つうことがよくわかりました(^^ゞ。


オマケ。
暑い中遊びすぎて疲れ、
同日夜に開催された恒例「みなとこうべ海上花火大会」は、
人ごみにまみれる気になれず、自宅にて鑑賞(って毎年やけど)。
d0005397_14535836.jpg

d0005397_14543250.jpg

ちょっと遠目(音はでっかい)で、しかもハーバーランドのビルがじゃまっけだけど、
ま、お手軽だから許そう。
とりあえず、夏の風物詩、満喫。


※返コメが遅れていますが、しばしお許しください。
 いただいたコメント、ともすれば滞りがちな更新のはげみになっています。
 ニャンズも夏バテもせず元気です、今後ともよろしくお願いいたしやす。


[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-08-04 15:19 | 神戸&関西街歩き