<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

『田宮亜紀 陶展』のお知らせ



4月25日から、陶芸家 田宮亜紀の個展が始まりました。

d0005397_4515273.jpg


『田宮亜紀 陶展』
期間: 4月25日(土)-5月6日(水) ※4月28日(火)休廊
時間: 10:00~17:00
場所: 横浜市青葉区寺家町602 Tel: 045-961-5862
寺家ふるさと村内の郷土文化館 茶室 白心庵にて
作家の在廊日: 25日(土)26日(日)

こちら、お庭がとても素晴らしいところだそうで、
作家自身も出かけるのをとても楽しみにしているようです。
というか、もう出かけちゃいましたが・・・(笑)。

※作家の在廊日は終わりましたが、GW中も開催されますので、
お近くにお住まいの方はお散歩ついでに、寄っていただけるとうれしいです。


地図はコチラ↓




[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-04-30 00:00 | Information  

春宵港町価千金


夕方、ふと思い立って元町商店街の書店までチャリンコ走らせ、
ついでに近くの南京町でオヤツ買い。
d0005397_22422839.jpg


暖かい季節を迎えた南京町では、表通りの屋台のみならず、
小さな食堂のある路地裏にもテーブルが出ていたりして、
アジアチックでいい感じ。
d0005397_22435975.jpg


ついでに海岸通に出て、
d0005397_22553930.jpg

レトロビルで雑貨買い。
d0005397_22444213.jpg

d0005397_22464093.jpg

d0005397_22471716.jpg
海岸ビルヂング (旧兼松商店本社/日豪会館) 1896年 河合浩蔵設計

またまた思いついて、ハーバーランドへ。
ホームセンターでお買い物。

ふと見れば、そろそろ港は黄昏時。

ポートタワーに灯りがともれば、
d0005397_23162173.jpg


はしけのカンテラにも灯がともる。
d0005397_23164766.jpg


遊覧船も帰港して、
d0005397_22574589.jpg


リゾートホテルも輝きはじめ、
d0005397_231290.jpg


遠くでジャズが聴こえだすと、
d0005397_2322179.jpg


港町に夜が来る。
d0005397_2323038.jpg


そろそろおうちに帰ろうか、
それとも、灯りに誘われ、ハッピーアワーでほろ酔うか、
悩ましい春の宵なのであった。
※チャリの前カゴ、買物でいっぱいなんですけど・・・・(>_<)。


[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-04-24 23:23 | 神戸&関西街歩き  

GREE~Nな気分


いい季節になりました。

時期はずれの風邪や、
まだまだ飛んで~飛んで~♪の、花粉はおいといて、

なんとなくグリーンな気分でやんす。

作る料理もなんとなくグリーン。


グリーンなタイカレー。
d0005397_14173077.jpg


アボガドのパスタ。
d0005397_14183062.jpg


豆ご飯。
d0005397_1419994.jpg


とくりゃ、オカズはワカタケ。
d0005397_1420970.jpg


余談ですが、こんなタケノコが、テマヒマかけてアクヌキしたあと、
タケノコご飯とちょっぴりのワカタケにしかならぬとは、なんかトホホ。
d0005397_14242251.jpg
剥きながら、どこまで食べれるか皮を噛んでみたりして、我ながらいじましい。


久々にキュウリのビール漬け、通称「ビールQちゃん」やりました。
よく漬かるまでガマンして三日目(本日)から解禁。
d0005397_14261564.jpg


高菜のチャーハン。
d0005397_14295352.jpg


食べながら、荒廃したベランダも、どげんかせんといかんと思うが、
ソッチの方のグリーン化までは手が回らず、
ご近所の借景で間に合わす日々ざます。


[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-04-16 14:37 | 美味しいもの  

花食いこびんと姐さんの夢殿


あー。

愚妹がかーちゃんの月命日に買ってきた花。
ミヤコワスレとカスミソウ。
d0005397_23271942.jpg


こびんめ、すんごい顔して思いっきりガジガジ。
そんなに美味しいのかな?。
d0005397_2329999.jpg


おやびん知らないよ~。
あとでオバハン(愚妹)に怒られたって知らないよ~。
d0005397_23301578.jpg

といっても、まるで聞く耳持たぬこびんであった(>_<)。



そのころ、
チャー子姐さんは・・・・。

d0005397_23334338.jpg


なにをなさっておいでかというと・・・・。

d0005397_23341220.jpg


キャットルーム(愚妹の部屋)内にあるこの箱のなかに・・・。
d0005397_23423013.jpg

ご記憶の方もおられましょう。
ああそうだよ、この箱は、いつか私がDIYした 猫トラップ 別荘

こびんが遊び飽きたあと、解体して捨てようとしたところ、
愚妹が「チャーさん用に」と、キャットルームに持って行ったもの。
ちなみに愚妹は私がときどき作るこびん用のダンボール箱工作を、
「ビンボー臭い」とか「部屋のなかが小汚くなる」とか言って毛嫌いしていたものですが、
数ヶ月前からの減給で自身がホンモノのビンボーになって、ちと風向きが変わったらしい。
可愛いチャー子さん用にこびんの廃品を利用するなど、以前は考えられませんでしたなあ(笑)。


まあその中古別荘(しかも逆さ)なんですが、
中古だろうが廃品だろうが、高貴なチャー子姐さんは頓着しませんので、
愚妹の思惑は彼女のツボにはまり、
d0005397_2353623.jpg

このように、一日に何度となく入って(ちゃんと入り口使っておられます。逆さだけど)は、
それはそれはご機嫌な様子でゴロ~ンゴロ~ンしたり、
ひとりまったりのんびり、寛ぎの場所として活用なされているのです。

しかも寛ぐけれど、どういうものか決して昼寝はなさらない。
静かになったと思って見ると、目を見開いたまま、沈思黙考なさってるんですね。
d0005397_0324496.jpg

というわけで、この箱、いまではチャー子姐さんの「夢殿」になっているのです。

そんな姐さんの聖域に・・・・、
d0005397_2359322.jpg

忍び寄る影あり・・・・。
花食いに飽きた退屈こびん、デバガメと化す。
でもちゃんと覗き窓から覗くあたり、お行儀はそんなに悪くないかも。

d0005397_013451.jpg

いやあ、すみませんねぇ、チャー子姐さん。
姐さんの邪魔しないよう、こびんにはよーく言い聞かせますんで。

d0005397_045742.jpg


あ、ふぁーい(汗)。

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-04-14 00:41 | 2にゃんねる  

春爛漫 相楽市


キョーレツなオバ風邪の後遺症で、ここ一週間ほど声がでませんで、
出そうとすると咳き込むし、喘息を誘発しそうになって、いやもうしんどかった。
昨日あたりからやっとかすれつつも、ニンゲンの声に戻ってまいりました。

そんな状態でしたが、さすがにあたりが春爛漫ともなれば、おでかけ心を抑えきれず、
去る日曜日、花見がてらに相楽園の「相楽市」に出かけてきました。

d0005397_14405669.jpg


相楽市というのは、相楽園で年二回、春と秋に開催される、
プロアマ問わず、手づくり作品の展示と作家自身による販売市でして、
どーもこのところ、手づくり市づいているアタクシなんでございます。
ま、春になるとそーいうイベントが多くなって、またそれが楽しみでもあるんだよね。

d0005397_1440262.jpg

相楽市の日は入場無料だーい。イェイ♪。

たまたま平日の開催になってしまった先日の湊川神社の「楠公さんのてづくり市」と比べて、
出店数も多く、全体的に作品のレベルも高いようです。
d0005397_1458364.jpg

エントランス付近はAブロック。

Bブロックを進んで、旧ハッサム邸前の広場では、飲食コーナーも設けられてあり、楽しい。
d0005397_1503799.jpg

やっぱこういうのもなくっちゃね。

旧ハッサム邸も修復完了で、優美なお姿を披露。
d0005397_1551941.jpg
今月下旬頃から1ヵ月間ほど内部が公開されるそうです。

Cブロックの芝生広場は、もっともお店が集まっているところ。
d0005397_151053.jpg

d0005397_1513391.jpg

出店者もファミリー総出で賑やかだったり、
出店者さん同士で情報交換しあったり、
常連客さんたちと和気藹々だったり、
あいたのしむ市(相楽市)の名の通り、お祭りのような雰囲気。

私も声がかすれて出にくい状態なんだけど、
気に入った作品の作家さんといろいろお話(私はボディ・ランゲージ)しつつ、
いくつかの作品をゲットしてきました。

そのなかのひとつ。
d0005397_159495.jpg
いやあ、可愛いでしょ。
ペンギン、好きなんですよ~。

このペンちゃんはフェルトを根気良く挿して作ったものだそうで、
「大変でしょう」と聞くと、「いえ、ストレス解消になります」とのこと。
作家さんが「エイエイエイッ」とブスブス挿してるとこを想像して笑っちゃいました。

このペンギン、手づくりだけにちょっとずつ違う表情や体型なのが十数羽いて、
それらが屋台の上で群れてるさまがとても魅力的だったのですが、
かといって全部買うわけにもいかず(いやほんとは欲しかったけど)、
じっくり選んで、いちばんイケメンを、おひとりさまお持ち帰り(笑)。

どっかの市で再会したら、また買おう。
めざすぞ、ペンギンコロニー(笑)。


そしてこちらはどこか懐かしい雰囲気の、マトリョーシュカ生地のポーチ。
d0005397_15203830.jpg

使いやすそうな形に、色といい模様といい可愛らしくて、一目ぼれ。
マトリョーシュカの模様は近頃とても流行りだそうで、
そういえばこのところ、いろんな雑貨店で見かけるので、私も気になっていました。
作家さんによると、マトリョーシュカ模様の生地は、
「品不足でなかなか生地が手に入らない。しかもとても高いの」とのこと。

かといって作品の価格を上げると売れにくいし、安いと利益が出ないし、
もともと工賃なんてなきに等しい手づくり市価格なのに、
楽しい市の裏側には、なんとも厳しい面もあるようです。

ちなみにこのマトリョーシュカのポーチたちは、
すぐさま東に飛んで友人のところにお嫁入りし、
うれしいことにとても喜んでもらえたようです。

d0005397_025370.jpg


お天気も良く、ほんわか花見と、充実のお買い物、
春爛漫な日曜日だったのでありました♪。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-04-09 00:44 | 神戸&関西街歩き  

春うららヘルシー・ドーナッツ♪


お気に入りのご近所スィーツ第二弾。

神戸の台所、神戸新鮮市場のすぐそばにある『はらドーナッツ』

d0005397_1514069.jpg
 

市場の原とうふ店が始めた、豆乳やおからを使ったヘルシー・ドーナッツ。
大人から赤ちゃんまで安心して食べられるオヤツということで、
いつも地元のお客でにぎわっている、下町のドーナッツ屋さん・・・・。

d0005397_1511967.jpg

・・・・と、最近までは単にそういう認識であったのだが、
実は十数軒の支店(直営店)を有する本店だっちゅうのを知ってびっくり。
ちまたではすごい人気で、東京の支店などはかなり並ばないと買えないとか、
まだまだどんどん出店しているとか、
しかもコンセプトと材料はすべて本店と同じであるとか、
いやあ、そんな有名店とはつゆ知らず・・・、いやはや失礼しました。

この本店にもわざわざ遠方からやってくるお客もいるらしい。
そんなお店だけれど、店内はいたってシンプル。
ひたすらドーナッツを作るスタッフと売るスタッフ、
そしてショーケースの中に並べられたドーナッツ。それだけ。

d0005397_2115274.jpg

本日ゲットしたのは六個。
d0005397_2145248.jpg
てっぺんから、時計回りで、
はらドーナッツ、ホワイトチョコ、紅茶、チョコ、ホウレンソウ、真ん中がカカオ。

もちもちした食感であっさり、ほどよい甘みで、ほんとヘルシー。
フツーのドーナツだったら、1個食べたらもう充分てな、
甘いものにあまり執着のない私でも、はらドーナッツなら何個でもいけちゃうよ。

ということで、こっこちゃんですた。


あれっ、全部食べたと思ってたら、1個残ってた?。
d0005397_2233156.jpg


なんちて。

d0005397_2234299.jpg

実はこれ、テープのケースなんだよぅ(笑)。




ちなみに、ご近所スィーツ第一弾の記事はコチラです。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-04-04 02:45 | 美味しいもの  

四月のバカ


4月1日。
なんぞ面白い嘘でも落ちていないかと、近所をチャリで徘徊するも、
晴れてると思えばにわか雨が降り、降ったかと思えばまた晴れと、
気まぐれ天気に翻弄され、結局、エイプリル・フール一番の嘘つきは、
予測不能の空模様なのだと思った次第。

風邪っぴきの身で濡れネズミ、四月バカとはわれのことなり。

雨上がりの桜。
d0005397_0552494.jpg


ウチのマンション桜。ただいま五分咲きくらいかな。
d0005397_0594979.jpg


こうやって観ると満開(笑)。
d0005397_0561824.jpg


隣の桜はあーかいぞ。
d0005397_11281.jpg



ポッポポポポポ、ポッポー♪。
濡れネズミ先輩のまま近所の花見だけ、なんつうのではつまらないので、
晴れたスキを狙って、湊川神社の「手づくり市」に。

d0005397_113383.jpg

湊川神社。通称楠公さんでは、毎月1日、
境内の一角で、手づくりアーチストたちの市が立つ。

d0005397_11535.jpg

お店はそんなに多くはないけれど、
陶芸やガラス、アクセサリー、布雑貨や染めもの、木工など、
さまざまな作品が展示即売されていて、ブラブラ観て回るだけでも楽しいのよん。

といいつつ、ピカッとくるブツあらば、すかさずゲットぢゃ。
本日は、「けものや」さんの、
d0005397_19421.jpg
これ、鍋つかみ。
雄鶏、雌鶏、つがいでいただいてきました。
こぶりで使いやすそう。

それと、けしゴムはんこ。
d0005397_193138.jpg

こりゃもう私が買わなきゃ誰が買うってなもんで、即お買い上げ。
久々に私のはんこコレクションに加わった新顔。
これから当分、私からのおたよりには、このはんこがペタッと押されていることでせう。
d0005397_143796.jpg

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-04-02 01:35 | 神戸&関西街歩き  

風邪っぴきの愚痴と春野菜


風邪引いてまんねん。

花粉症だけでも持ち倦ねているのに、
このうえ風邪っぴきとはどーいうこっちゃ。

普段から風邪予防はちゃんとしているつもりだが、
今を去ること1週間ほど前、某所にて偶然隣に居合わせた
「風邪が長引いてんのよ~」とのたまう某オバハンから、
話の合間にゲホゲホと無神経な咳を吹きかけられ、
内心「ひぇぇぇ」と慌てたものの、その場でうがいをするわけにいかず、
ましてやこれ見よがしのマスク装着で、相手の気分を損ねては悪いという、
慎み深い思案もあり、いっそ気づかれぬよう息を止めておこうとしたが、
砂漠のらくだでもなけりゃ伊勢の海女でもないわたしゃ、数十秒でギブアップ。
花粉の影響で免疫力低下中のことゆえ、やーな予感がしつつも、
「麗しい美女の風邪ならまだしもこの某の風邪は絶対もらいたくないもんだ」と思い、
後ろ手でエンガッチョを切ったりもしたが、その願いむなしく、
美麗とは対極にいる無神経オバハンに風邪を給付されちまったのである。

しかもさすが、オバハン風邪。
咽喉が痛くなり、熱がでて鼻水でて、鼻がつまって、今は咳という、
ゴージャスなフルコース。
めっちゃいまいましい。
世の中には、ヒトに風邪をうつすと早く治ると信じて、
わざとうつそうとするバカタレがいるらしいが、
某オバハンもその手合いだったかもしれない。

ということで、ただいま無念の風邪っぴき中、
および厭世アンド対人恐怖症気味なのであった。


んであるからにして、さすがの私も食欲イマイチ、味もよくワカラン。
料理もテキトーな今日この頃ではありますが、
淡路の菜の花と、丹波のシメジという地元産をゲットしたので、
玉子チャーハンの具にしてみますた。
d0005397_0395324.jpg

菜の花のほろ苦さ。風邪っ引きの舌にも感じられて美味しいなあ。
d0005397_0402723.jpg

なにより、菜の花をゆがいて、水にさらしたときの色の鮮やかさが、
なんともいえず「春」。ええわぁ、うふうふうふ♪。
d0005397_0444912.jpg

つけ合わせは、小茄子の浅漬け。
d0005397_045416.jpg

色といい、きゅっきゅっとした噛み応えといい、なんといふ別嬪ちゃんでせう。

美しい野菜たちに心身を浄化してもらい、早く厄おとししたいものぢゃ。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-04-01 01:25 | 美味しいもの