<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ブランチなうっ♪


おうちブランチなう。

d0005397_13192386.jpg


いつもと変わらぬナポリタンなれど、
(あ、バルメザンチーズかけるの忘れた)
d0005397_13194935.jpg

スナップえんどうが載ってるのが、うれしい「春」到来!。
サラダの赤紫のレタスは自家製。
ベランダにも春はどんどんやってきてます。
※花粉も一緒にやってきて、すでにワタクシ、鼻水製造機と化してますが・・・。



d0005397_13204487.jpg
完食なう。
最近気に入ってるドレッシング。
ミツカンのトマト酢。
まろやかでツンとした酢のカンジがなくて、
夏になったらところてんに重宝しそう。

あ、お天気も晴れてきた!。

d0005397_1325747.jpg
※ペンギンではありません。
毛づくろいして、日向ぼっこスタンバイっす。


[PR]

by tamarind-cafe | 2010-02-27 13:27 | 美味しいもの  

黒ゴムパッキン



おすましチャー子姐さん。

d0005397_3495832.jpg

しかし、

ひとたびアクビをすれば、
そのお口は、
d0005397_3501027.jpg

黒ゴムパッキン。

ちなみにチャー子姐さん、
数年前の出入りで牙を一本折ってしまい、
以後「一本牙の姉御」で通っています。

d0005397_415477.jpg



[PR]

by tamarind-cafe | 2010-02-26 04:03 | チャー子姐さん  

22222♪


本日、へーせー22年、2月22日でやんす。

にゃにゃんねん、にゃんがつ、にゃにゃんにち♪。

寅年のスペシャル猫の日だーっ。

ということで、

ウチの大御所、チャー子姉御。

d0005397_1452466.jpg

しかし、
スペシャルな日だつうのに、んなこと知ったこちゃあねえとばかり、
あいも変わらずの、のんべんだらり…。

d0005397_1453983.jpg


d0005397_146265.jpg


そんな姐さんを眺めるこびんも、

d0005397_159173.jpg


記念すべき日を理解するはずもなく、

d0005397_149497.jpg


やっぱり、それかよーっ。

にゃにゃん、にゃん、にゃにゃん♪ などと、ニャガニャガいいつつ、
なにやら楽しいことありそな予感で、心ウキウキ浮かれているのは、
おニャンコさまではなく、オバカなニャンゲンだけですか。

ま、今日はいつもオヤツに加えて、
とっておきのマタタビなんかもふるまっちゃいますかねぇ。


[PR]

by tamarind-cafe | 2010-02-22 02:02 | 2にゃんねる  

ひとりアロマでやんす


うっひょ~。

もっともお手軽、お気楽なアロマテラピー、
つうか、花粉、風邪、ドライ咽喉対策だよ~ん。

d0005397_2183523.jpg


濡れマスクにラベンダーオイルを一滴!。

すぅ~と、ほわ~っと、良い気分。

リラックスしすぎて、ちょっとやぶぁーい。


[PR]

by Tamarind-Cafe | 2010-02-20 21:14 | Comfortable life  

往来堂書店にて猫本フェア開催!


つぃったーから生まれたブックフェア。
その名も「猫本フェア」が、
明日5日から東京の街の小さな本屋さんである往来堂書店さんで始まります。

フェア開催の詳しい経路についてはこちらの平凡社さんブログに詳しいのでご覧ください。

このたび、つぃったーでのつぶやきが広がって、結果、リアルなブックフェア、
しかも開催が大型チェーンの書店ではなく、街の小さな本屋さんで、
それを各出版社さんたちが協力しあって実現に結びついたということは、
なんだか明るい光がチラッと見えたようで、
この未曾有の出版大不況といわれる状況下を憂いていた一本好きにとって、
とてもこころ温まるできごとでした。


ところで、
この活字文化の衰退。
まあ、今に始まったことではなく、ずいぶん昔から予想もしていたことですが、
それにしてもひどいとしかいいようがありません。

いまや、ニュースを筆頭に、たいていのことはネットでことたりる世の中です。
本を読まなくとも、ほかに娯楽も多いしね。
雑誌はコンビニで、
で、たま~に本を買うときは、夜中にネットで注文。
送料無料で、ポイントもたまるしぃ~。

その結果、
ちいさなこころあるたくさんの出版社や書店が、
毎年毎月毎日、その姿を消していきつつあります。

好きな出版社もつぶれた。定期購読していた雑誌も廃刊になった。
よく覗いてた本屋さんが何軒もなくなった。

もともと出版や書店というのは儲かる仕事ではありません。
おおかたは地道にコツコツこころざしだけでやっている、そういう商売です。
出版社がどんなに良い本を出しても話題にならなかったり、
書店がどんなにいい品揃えしても、お客が来なかったりしたら、
ハイそれまで~よ、です。

ネットはとっても便利です。
本もキンドルなど電子書籍で読む時代です。
資本の大きな出版社なら、これからはそういう方向で動いていくでしょう。

でも発行部数は少ないけど、
面白い本を出してる出版社はどうなるのかな。

なにより近所に本屋のない街はさびしいよね~。


地元の書店でホンモノの本を買わなくちゃ。
そして、眼精疲労にもめげず(笑)に、もっともっと面白い本を読みたい。
そう思う今日この頃です。


フェアからちょっとハナシがそれました。

猫本フェア。
往来堂書店さんのお近くの方は、お散歩ついでに覗いてみてください。
猫本ラインナップやつぶやきは、つぃったーの#nekohondanaで見られます。
猫好きも多いことですし、なにより猫ブームですし、
このフェアの輪はまだ広がりそうな気がします。

またそのうち、この連鎖が別のイベントにもつながりそうな気がします。

活字文化をネット文化が救う。
そういう流れになっていくことを期待します。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2010-02-04 16:18 | Information  

しとしとさぶぶな月曜日



お天気ドヨヨンのち雨シトシトのさぶぶで、
午前からのお出かけ予定はパス。

つうか、寝違えたらしく、首が右に回らねえ。
昔薦められて買った電子レンジでチンして使う
スチィームマッサーつうのを肩に乗っけてみましたが、
その重さ自体が辛い。ホカロンに代えてみるべか。


眠りの達人、ニャンコに「寝違え」はニャー。
d0005397_14105126.jpg

チャー子姐さんの見事なアンモナイト寝。
「アンモナイトは猫の夢を見るか」
・・・・ちょと違うか・・・・。
d0005397_1413664.jpg



寝違えの原因は、枕が合わなくなってきたということがある。
枕はいくつか持っていて、そのときどきで代えているのだけど、
今のは肩こり用の低反発枕なのに、なぜか使い心地イマイチなのだ。

もうひとつの原因は、いわずと知れたこびん。
毎夜、布団の中の私の脇と腕の間に入ってきて、
あろうことか私をアンカ代わりにするのだ。
私の肩にあごを乗せるその重みも、肩こりや寝違えの要因であるうえ、
耳元でいつまでも続くゴロゴロ音で、あたしゃなかなか寝付けません。

ほんとはどこでも寝られるくせによぅー。
今だって、どーよ。
d0005397_14251950.jpg

だらしない寝相じゃのう。
「猫は電気毛布の夢を見るか」ってカンジ。
あ、やっぱ違うか(笑)。
d0005397_14265637.jpg


毛布の中に足を突っ込んでやったら・・・・かかとかまれたっ!。
なんと恩知らずなヤツであろうか。


[PR]

by Tamarind-Cafe | 2010-02-01 14:35 | 2にゃんねる