<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

昼寝中のこびん



近頃キャットタワーで昼寝がマイブームのこびん。

d0005397_14101159.jpg


「そのあたり掃除機かけるから、退きなさーい」

d0005397_141514100.jpg


「聞いてるのー?」

d0005397_14153640.jpg


「掃除やめて、オヤツにしようか~?」

d0005397_14155158.jpg


急に目が覚めたらしい・・・(笑)。


d0005397_13221432.gif




[PR]

by tamarind-cafe | 2010-06-22 14:20 | こびん  

梅雨のベランダ・ガーデン


愚妹が「鬱陶しい天気が続くと気がめいるから」と、
奮発して買ってきた芍薬。

d0005397_14234397.jpg

d0005397_13553797.jpg

ワンダホー、ビュティホー♪。

しかし、室温が高くなると急に開いて・・・・散ってしまいました(T_T)。

夏の切花はほんとにもたないなあ。

そこいくと、ゴージャスとはいいがたいものの、
ベランダ・ガーデンはけっこう長く楽しませてくれます。

毎夏けなげに咲いてくれるデンドロビュームちゃん。

d0005397_14214118.jpg

過去ログを見ると、2006年の春にもらった鉢です。
一度植え替えしただけ、肥料もやらず放ったらかしでよく咲いてくれるものだ。

満開の姿も可憐で好きですが、
d0005397_1451788.jpg
つぼみのうちの、
緑かがったところも清々しくて好き。
散らず枯れずに長いあいだ咲いてくれるのもチョー嬉しい(笑)。


ラベンダーも満開になりつつあります。
こちらフレンチ・ラベンダー。
d0005397_1416661.jpg


こちらはタネから育ったイングリッシュ・ラベンダー。
これまた世話もしないのに、3年がかりで株が大きくなってきました。
d0005397_14192738.jpg

夏場。ウチのベランダはけっこう高温多湿。
それなのに、よくぞ育ってくれたものよと、感動でとうてい摘めません(笑)。

いまさらながら悔やまれるのは、水やりさえできなかった一昨年の冬場に、
お水の大好きなアジサイ三種をダメにしてしまったこと。
今年は新しいアジサイ欲しいな~と思いつつ、梅雨に入ってしまった。
まあご近所の花壇で楽しませてもらってるから、いいか。

雨あがり、観察すると他の鉢になんだか知らない芽が出てきていました・・・。
d0005397_1429159.jpg
なんだかお茶の葉っぽい。
これが四つほど、ポツポツと。
この木なんの木気になる木・・・(笑)、
観察続けてみよう。

コチラは、オダマキか?。
d0005397_14304267.jpg

以前、ここいらにオダマキがあったっけ?。
記憶にないのだが・・・。うーん、不思議だなあ。

こんなふうに、
小さいベランダなのに、しょっちゅう新しい発見があります。
だから、楽しいのだな。


ガーデニングのあとのランチは、
イングリッシュな気分で、
d0005397_14334267.jpg
サンドウィッチ。

そして熱くて濃い紅茶と、デザート。
d0005397_14341854.jpg


もぐもぐ・・・。

[PR]

by tamarind-cafe | 2010-06-21 14:42 | Comfortable life  

雨の日の・・・ちゃあこねえたん



雨の日の猫はよく寝るというが、
ほんまによく寝ますねえ。

d0005397_23501146.jpg
チャー子姐さん。

d0005397_23505230.jpg
爆睡中。

姐さんお気に入りの午睡場所。
しかしクッションにこびりついた毛が気になるのう
そんな私のひとりごちが、うつつに聞こえたのかどうか、
しばらくのち、見れば姐さん、向かいのソファに場所換え。

d0005397_0227.jpg
で、また爆睡。

と思ったら・・・。
d0005397_024123.jpg

・・・・はい、はい(^^;)。



夜は夜で、

こういうモノがテーブルの下に転がってます。

d0005397_23554376.jpg
なんでしょう、これ?。

ぬいぐるみですかぁ~、
もしもし、なかになんか入ってますかぁ~?。

d0005397_23555417.jpg
あ、うるさかったですか?。

すんませんねえ(^^;)。



・・・・いやはや。


[PR]

by tamarind-cafe | 2010-06-16 00:11 | チャー子姐さん  

imani先生の南ア土産



近頃エミール・アンリのタジン鍋で蒸し野菜料理を楽しんでいるという、
友人imani@大学教授にもらった南ア土産。

d0005397_1437208.jpg
ベジタボー用、シーズニング。

オレガノ、ローズマリー、バジル、胡椒、チリ、ガーリック、ソルトetc、etc。
キレイな矢車菊まで入って、ハーブとスパイスたっぷり~。

imani氏いわく
「ドレッシングなど使わず、これだけかけても美味しいよ」とのこと。

さっそくヘルシーなベジタボー・ランチ、やってみました。

d0005397_14374296.jpg
焼き野菜にふりかけて、ん、んまーい。

W杯が始まった南アフリカ。
自然は雄大で美しく、ワインやご飯だけでなく、調味料までも美味しい国です♪。

惜しむらくは、いまだその豊かな土地の恩恵が、
もともとの先住の人々に分け与えられ難い、ということですなぁ。

定期的に南部アフリカを訪れているimani先生、
先日は、W杯色で盛り上がっているヨハネスブルグ空港の店で、
南アチーム仕様のブブゼラ(vuvuzela)を、夫の土産用に買ったそうです。
私はその実物を見ていないけど、
センセイいわく、「ビーズで豪華な飾りがしてあるのよね~」だそう。
ほほぉ。

ところが、そのハデなブブゼラを手に意気揚々と空港を闊歩しているところを、
あろうことか教え子と遭遇してしまったのだとか。
日頃はなかなか厳しい教授で通ってるらしいのにねぇ、
ファンキーなブブゼラ持ってにやけてるところを目撃されたとは・・・(笑)、
威厳もなにもあったもんじゃなく、「ひぇぇ、めっちゃ恥ずかしい」。

すごい偶然もあったものだが、
なにせヨハネス空港は南部アフリカの玄関口、
ヘタな欧州の空港より巨大で立派でありまして、
まあ知り合いのひとりやふたりに会う確立も、
シンガポールのチャンギ空港並に高いのかも。

そんなこっぱずかしい思いをして持ち帰ったブブゼラ。
今日あたり、imani夫氏は、
東遊園地あたりで吹き鳴らしているかもしれません(笑)。

あちこちで論議をかもしているブブゼラ。
youtubeでも動画がたくさんあって笑えます。

そのうちのひとつ。(※でかい音でるよ!)



ま、こんな可愛いおねーちゃんが吹くぶんには、この音も我慢できるよね(笑)。


おねーちゃんの解説はマイミクのベルリーナさんに指摘していただきましたが、
アフリカーンスではなく、ドイツ語だそうです。
南アの白人といえば、もともとオランダから来たアフリカーナと
その後やってきたイギリス系に二分されると思ってたけど、
ウィキで調べてみると、その他にも、ポルトガル系やユダヤ系、
フランス系、ドイツ系など欧州各地からの移民も多いそうです。
そういや中国系も多いはず。1997年の香港本国返還前、
多くの香港人が南ア(他はカナダ、オーストラリア)に移民していました。
キャセイ=南ア航空の共同運航で香港とヨハネスには毎日直行便があり、
以外と近い関係なのでした。
ちなみに隣のナミビアは昔宗主国であった影響か、ドイツとの関係が深く、
独立のときに国語は英語と決められたのですが、
在住のドイツ系人多く、ドイツ語のシェアが高いようです。





[PR]

by tamarind-cafe | 2010-06-12 14:46 | 美味しいもの  

ガッツリ夜カフェ



友人との夜カフェは、前にも登場したことのある、
隠れ家的カフェ。
d0005397_19521385.jpg


手づくり感たっぷりの居心地良いインテリア。
d0005397_19524447.jpg


メニュー多くスィーツも充実のこちらは、
イマドキのカフェにはない特色がある。
それは・・・・カロリー無視のボリュームたっぷり飯であるということ。

「最近、夜は炭水化物を抜いてるの」という、友人imani先生@大学教授。
「でもまあまだ時間も早いし、1日くらい大丈夫」と、私の巧みな誘導に、
迷いに迷って注文したのは、アジア風焼きうどん。

d0005397_19554346.jpg
ナンプラーで味付けした、なかなかイケる一品。

私も迷って、結局オムライス。
d0005397_19545448.jpg

私、オムライス大好きニンゲン。
しかし基本は昔ながらのシンプルでケチャップのかかったオムライスが好き。
でも、ま、たまにはとろとろ玉子のデミグラソースのオムライスもいいかもね。

ところが・・・このオムライス。
とろとろ玉子もたっぷりで、ソースもしっかり手が込んでいて、
しかもとろけるチーズまでかかっていて、見た目以上にゴージャス。
そして旨い。味がしっかりしていてとても旨いのだが、
量がすっごく多いのだ!。
カフェ飯とは思えぬ飯を出すのがこのカフェの特徴だと前述したが、
うーむ、これまたヘヴィ。

困ったことに、私は出されたものは残せないタイプ。
それがマナーとして育てられたニンゲン。
それもまずいものならまだしも、美味しいのだからなおさら。。

ううっ、キャパ越えました。苦ちーっ。
腹一杯で苦しくて、水も飲めないくらい(笑)。
幸いゆっくりできる店なので、
たわいないおしゃべりで、時間の許す限りのんびり腹ごなし。

友人imaniは、結局チーズケーキを追加オーダー。
オイオイオイッ。

d0005397_203449.jpg

いやいや、たまにはいいともーっ!(笑)。

彼女はとてもハードワークな毎日で、ルーチン・ワークのほかに、
こないだはアメリカで学会、次にフィールドワークでアフリカへ、
そして韓国でのシンポジウムから帰ったばかり。
加えて常に研究会や論文提出に追われている。
それがひとくぎり終わったので、一息ついての夜カフェとなった。


ハナシを聞くと、このごろかなり疲れがたまってたので、
鍼灸クリニックに通い始めたとか。
そこで質の良い睡眠を取るために「夜は11時から寝るように」といわれ、
まあそれは無理だが、せめて深夜には就寝するようにし、
すると自然早起きになり、以前は深夜にやっていた仕事を朝やるようにしたという。
それと夜はタジン鍋で蒸し野菜のみの食事。
しばらく続けていると、目覚めもスッキリ、体調が良くなってきたという。

それはとても参考になるハナシだ。
早寝早起き、わかっていてもなかなかできないのだけど、
ビミョーな年頃になってきているので、努力だけはすべきだよね。

なんて、カロリーのむちゃくちゃ高そうなカフェ飯食べて言うセリフじゃないか。

ちなみにマックス越えのオムライスの威力は激しく、
幸い胃もたれはしなかったが、24時間まったく腹が減らず、
私の次の食事は翌日の夕食であった。
まあそんなこんなで、カロリー調整されたような気もするが、どうか。

快調のimani氏、キモチに余裕が出てきたのか、最近はブログも始めたようで、
フィールドワークでは撮って当然の写真も面倒がって撮らなかったヒトなのに、
なんとカフェ飯の写真を撮りだした。

d0005397_2031456.jpg

いつも生徒に間違われそうなガーリー・ファッションのimaniちゃん。
こう見えて、なかなかの鬼教授らしい。

センセイ、焼きうどん画像。学会では使えませんけどね~(笑)。


[PR]

by tamarind-cafe | 2010-06-11 18:07 | 美味しいもの  

黄昏時の旧・三菱銀行神戸支店



黄昏時の栄町通り界隈。

d0005397_16404483.jpg

仕事帰りの友人と近所のカフェで待ち合わせ。
時間があったので、その前に付近をパチリ。

d0005397_15364048.jpg

旧・三菱銀行神戸支店。
1900年(明治33年)築
設計者は曾禰達蔵

洋風建築の黎明期に建てられ、
鈴木商店をはじめ、栄町の栄枯衰退を見てきたビルである。

現在は子供服のファミリアの所有でファミリアホールと呼ばれている。
ちなみにファミリア本社は奥隣に建つ、フツーのビル。

d0005397_1537295.jpg
正面。

d0005397_15381559.jpg
側面。

d0005397_15385773.jpg
角にはさりげなくスヌーピーが。


この辺りは夕方ともなればオフィス街から吐き出された人の通りも多く、
交通量もそこそこあるので、信号待ちを狙ってみました。

d0005397_15395173.jpg



d0005397_1637440.jpg
斜向かいの中央郵便局。
ちょくちょくお世話になっています。

d0005397_15413235.jpg

ぼうぼうに育ったローズマリーとランタナがいいカンジ。

ここいらの花壇は、そこそこ放ったらかしな風情で、私の好み。

d0005397_15433871.jpg


d0005397_15442885.jpg


d0005397_15445295.jpg

並木の陰でみなひっそりと、でもキレイに咲いているなあ。

なんてことしているうちに、
「カフェに着いてるよ~」と、友人から電話。

おおっと、すぐに行きま~す。


[PR]

by tamarind-cafe | 2010-06-11 16:46 | 神戸&関西街歩き  

安土草多 田宮亜紀 二人展@千鳥



始まりますっ。


安土草多 田宮亜紀 二人展


d0005397_17494972.jpg


千鳥
〒101-0061
東京都千代田区三崎町3-10-5
第二原島ビル201A
TEL/FAX 03-6906-8631





2010年6月 5日(土)~13日(日) 会期中無休
11:00~19:00 (最終日17:00まで)

田宮亜紀 在廊日 5日(土) 6日(日)  
安土草多 在廊日 12日(土) 13日(日)

千鳥の6月の休店日 3日(木) 4日(金) 14日(月) 15日(火) 22日(火) 30日(水)


水道橋のうつわ屋さん「千鳥」さんといや、そのご主人は、
超人気ブログ薬膳のチカラの柳田栄萬さんでございます。

すんごい欲しいうつわ、作家さんばかりで、
オンラインショップを拝見するだけで、ハァハァ興奮もの。
出川じゃないけど「やぶぁいよ、やぶぁいよ!」。

今回、田宮亜紀さんの二人展パートナーである。安土草多さんは、
高名なガラス作家安土忠久さんの息子さん。
私も大好きで、安土忠久さんの作品はいくつか愛用させていただいてますが、
さすが、息子さんの草多さんの作品もいいですねえ~。
とても魅力的で、あれで、酢の物、あちらでビール、こちらでハイボール、なんちって。
食のイマジネーションかきたてられますし、やっぱり夏だから、ガラスもの、そそられます。
いや、わたしゃガラス・フェチなんで年中ガラスもん好きなんですが・・・(笑)。

ところで、田宮亜紀さんの新作もすっごくステキで、夏っぽさ全開ですよ。
白土に緑釉をさっと施したそのなも「緑釉刷毛目」シリーズは、今回の個展の目玉です。
もちろん田宮亜紀の真骨頂ともいうべき焼き〆作品もあり。
田宮亜紀作品、安土草多ガラスファンのみなさま、ぜひこの個展をお見逃しなく。

作品の詳しいご紹介と画像は、「千鳥」さんのサイトとブログでどうぞ。


千鳥ブログ

安土草多 田宮亜紀 二人展まであと1カ月

安土草多 田宮亜紀 二人展まであと3週間

安土草多 田宮亜紀 二人展まであと2週間

安土草多 田宮亜紀 二人展まであと1週間

安土草多 田宮亜紀 二人展まであと6日

安土草多 田宮亜紀 二人展まであと5日

安土草多 田宮亜紀 二人展まであと4日

安土草多 田宮亜紀 二人展まであと3日

このあとも、個展の真っ只中も千鳥ブログは続きます。コチラ!
田宮さん、安土さんの作品もステキな写真でたっぷり!。


「千鳥」ご主人 柳田さんの田宮亜紀工房訪問記。

田宮亜紀さんの工房へ行ってきました(その1)

田宮亜紀さんの工房へ行ってきました(その2)

田宮亜紀さんの工房へ行ってきました(その3)


田宮亜紀HP
個展のお知らせなど田宮亜紀ブログはこちら



[PR]

by tamarind-cafe | 2010-06-05 00:00 | Information