「ほっ」と。キャンペーン

タグ:お猫さま ( 17 ) タグの人気記事

 

ニャン(2)月のお猫さま。



こないだ京都でランチ&街ブラしたとき、
とある商店街で遭遇した「招き猫」はん。

d0005397_15522051.jpg


寒い店頭で、物珍しさに寄ってくる人だかりにも動じず、
大籬の花魁みたいなオーラを発してるあたり、すごいやん。

d0005397_1553457.jpg


せやけどこの子、ずっとここで行儀よく看板してはるんやろか。
ダラダラ身づくろいしたり、ゴロゴロ丸くなったり、グースカ寝たり、
そんなことでけへんのやったら、おっぱりおたな勤めは辛いかもなあ。


かたや、コチラはウチのご近所、
通称(私が勝手につけたのだが)ニャンコ路地。
お天気の良い朝は、
いつもここで日向ぼっこや身づくろいが日課のニャンコさん。
あたしが「おはよ」とあいさつしても、
「なんやねん」という顔しかしてくれへん硬派のあんちゃん。

d0005397_15535234.jpg


いろんなニンゲンたちにご飯もらったりはしてるけど、
媚びたりせえへんし、なによりどこ行こうとなにしようと自由や。
寒い日、飴の日はちょっと困るけどなあ。
そんなときはあちこちの軒下に用意されてる箱やハウスに入ってもええし、
まあなんとかなるもんや。



そいで、ウチのニャンズはどないしてんねん。

d0005397_15515085.jpg


チャー子姐さんは、天気良ければ、日向ぼっこや。

d0005397_15515673.jpg



寒い日は毛布に潜り込みや。

d0005397_15514262.jpg


なんせ今年の冬は節電やさかいね。
昼の間だけでもエコしてくれる、けなげな姐やんやねん。
年の功っちゃうんかな、無口で無愛想な姐さんやけど、
世間のことはわかってくれてるみたいやわ。


なんもわかってへんのは・・・・
コイツやね(>_<)。

d0005397_15514699.jpg


ホットカーペット入れろとヒンヒンまとわりつくので、
とうとう根負けするのが毎度のパターン。

スイッチ入れると、

d0005397_15515882.jpg


これや(-"-)。




d0005397_1625732.gif







[PR]

by Tamarind-cafe | 2012-02-09 16:06 | 2にゃんねる  

下町のアイドル♪



d0005397_12404314.jpg

ええ天気やな~、あったかいし。
オレら外猫には、ええ季節になってきたわ。


d0005397_1240388.jpg

つうてもオレ様はただの外猫とちゃうけどな。
まあ、はばかりながらこの店のアイドル、つうわけや。
(店の中には入れてもらわれへんけどな)


d0005397_12402669.jpg

アイドルやから、ホンマはクールなオレ様やけど、
お客さんには愛嬌もふりまくで。
ちょっぴり出た舌が「セクシィ~♪」つう評判やねん。


d0005397_12402180.jpg

せやけど、うっかり出しすぎると、なんやちょっとアホみたいやし、
これも加減がけっこう難しいもんや。


d0005397_12495837.jpg

ほんでまあ、普段はクールなオレ様やねんけど、
お客さんが来るとな、カラダが勝手に動いてな、


d0005397_12395184.jpg
ごろーん、


d0005397_12394982.jpg
ごろろーん、


d0005397_12394349.jpg
ごろごろーん。
あ、はみ出してもた。

とまあ、全身でサービスや。

いや実は、お客さんやのうても、道行くヒトにはすぐ愛想してまうねんけど。

・・・・オレ、ホンマはクールやねんけどなあ。


d0005397_12382315.jpg

そんなオレ様に会いたくなったら、また来てや。
いつでもこの店の前におるからな。


d0005397_12383256.jpg
それにしても、この店の名前。
ちっちゃい「っ」て、いらんと思わへん?。



d0005397_12564971.gif




[PR]

by tamarind-cafe | 2011-04-17 13:02 | 神戸&関西街歩き  

ハイヌーン 真昼の決闘



d0005397_2345559.jpg
キジトラ「あれっ」

d0005397_23445932.jpg
キジトラ「なんやふたりとも、もう来てたん?」


d0005397_23445118.jpg
キジトラ「ごめんな、遅うなって」
茶トラ「・・・・・・」
黒「・・・・・・・・・・・・・・」


d0005397_23444728.jpg
キジトラ「なんや、どないしたん。なに黙ってんねや?」


d0005397_23543375.jpg



d0005397_2344387.jpg
茶トラ「・・・・・」
黒「・・・・・・・・・」
キジトラ「・・・・な、なんや、なにがあったんや?!」


d0005397_23443418.jpg
シロクロ「ん、なんや揉め事か。わしの出番やな?」


d0005397_23442989.jpg
シロクロ「よっしゃ、わしがハナシつけたろやないかい」
手下「兄貴、あっしもお役にたちますぜい」


d0005397_23441311.jpg
シロクロ「どれ、ハナシ聞いたろか?」
キジトラ「・・・・・・・」
茶トラ「・・・・・・・・」
黒「・・・・・・・・」

シロクロ「・・・・・なんや、もう終わっとるんかい(^^;)」


d0005397_2344783.jpg
手下「兄ィ。あっしはどないしましょ?」





d0005397_0225971.gif



[PR]

by tamarind-cafe | 2011-02-28 00:28 | Watching  

炎天下の猫ウォッチング



ある晴れた(暑いっ)日、high noon。


とある下町を歩いていると、

道の真ん中で日向ぼっこの(勇気ある)お猫さま!。

d0005397_11375985.jpg


おおっ、なかなか野性的な子やね。

d0005397_1138452.jpg


つきまとっている(暇人!)と・・・、

d0005397_11403795.jpg

警戒せんでええよ。怪しいオバハンとちゃうからね~。
(いやちょっと怪しいけど)

d0005397_11405642.jpg


d0005397_1141345.jpg

おおっ、ええ子ちゃんやね~。
よしよしよし~っ。


あ、コチラは日陰で。

d0005397_11414733.jpg

おんや、大きいお尻してはりますねえ。


d0005397_11415193.jpg

あ、奥さん。失礼しました・・・。


な~んちて。



よその子をかまって帰った日は・・・・、


d0005397_1142017.jpg



なんとなく・・・・


お家さんたちのニャン相が・・・・


d0005397_1142383.jpg



悪くなっている気が、する・・・・。






d0005397_11471286.gif





[PR]

by tamarind-cafe | 2010-07-03 11:54 | 2にゃんねる  

チビ猫元気な冬生まれ


このところ人気の洋食屋さんで外食したり、
節分で恵方巻食べたりもしたのだけど、写真撮り忘れてるし、
街を歩いていても、いささかボーッとしているらしく、
よさげなピクトさんとの遭遇もない毎日であります。

どうやらすっかりブロガー魂(笑)をなくしてしまったらしい。
こりゃ、ちょっくらリハビリせんとあかんなあ~。

・・・・と思っていたやさき、
やたーっ、撮影成功。

d0005397_12464744.jpg

お馴染み、ご近所の猫横丁。
この冬生まれのおチビちゃんのデビューです♪。
※いきなりのパパラッチにかーちゃん猫は怖い顔。ゆるちてー(爆)。

おチビちゃん、ちょっと前見たときは、まだヨチヨチ歩きで、
通りかかると寄ってきて、差し出した手のひらに乗ってきたりしてたけど、
今は少し大きくなって、ヒトに対して警戒心も出てきてました。
うんうん、ええこっちゃ。

それにしても、ここいらの猫たちは地域の人たちに
とても可愛がられていて、見るたびに温かい気持ちになります。
この親子のアパートの階段の下にセットされたキャリーも、
チビちゃんがいきなり道路に飛び出したりしないよう、置き方も工夫され、
また周囲はちゃんと防風の工夫がなされています。
もちろんごはんにも不自由ないし、チビちゃん親子も健康そうです。

ついでに近くにいた子もパチリ。
d0005397_13465313.jpg

あ、こりゃ失礼しましたー(笑)。

んじゃアップでもう一枚。
d0005397_1313348.jpg
わたしゃ、あーたのような味のある子も大好きですよん。

へへっ、今度かつおぶし持ってくるから、みんな、また撮らせてな!。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-02-10 13:53 | 神戸&関西街歩き  

秋晴れ、猫日和


取り入れて、たたんだ洗濯物。
愚妹の衣類を、とりあえず風呂敷代わりの手近な布に包んで
テーブルの上に置いておいたら・・・・、
d0005397_3271251.jpg
・・・ハイ、当然こうなるコトを予想すべきでしたね(笑)。

チャー子姐さん。それ私のスカーフなんですよぉ。
毛だらけ、爪あとだらけにするまえに、返してちょーよぉ。
d0005397_3273339.jpg
うあ、眠ってもた。
・・・うかつでした(>_<)。


かたやこびん。
宅配便、商品を取り出したあと、なにげなく脇に置いた梱包袋。
ふと見ると、コレは猫か、ハタマタやどかりか・・・・。
d0005397_3304723.jpg
ハイ、これまた予想すべきでしたよね~。

こびんよ。片付かないから出ろ、出れ、出らんか~い。
と言って、聞き入れられたためしなし。
d0005397_3322651.jpg
わかった、よーし、気の済むまで入ってろ~、
その代わりオヤツはやらへんで~(笑)。

とまあ、ウチのニャンコどもは
相変わらずのノーテンキぶりなのですが、

秋も深まり、北風が冷たい季節になってくると、
気になるのがご近所の外猫さんたち。
地域猫として可愛がられ、ご飯もあるし、
ダンボールや発砲スチロールのハウスなど、
猫好きおぢおばプロデュースの避難所があるとはいえ、
外猫は外猫。
雨の降る夜などは不憫でなりませぬ。

なので、雨の日の翌日。
すかっと秋晴れになって、ピッカピカのおてんとさんの下で、
彼らがのんびり日向ぼっこしているのを見かけると、
ホッとして気持ち和みます。

駐車場のアスファルトの上で、無防備に眠りこけてる子。
d0005397_348527.jpg
よく見ると、この子、耳がね、めくれ返ってます。
よくこういう状態で眠れるもんだ。
d0005397_441745.jpg
思わず吹き出しそうになったけど、ビックリして起こしちゃ可哀想だしね、
ぐっとこらえましたよ。ぷぷぷっ。


こちらの子は、まるでリゾートしてるみたいです。
d0005397_464259.jpg

どこに居るかというと、
d0005397_472161.jpg
軽トラの荷台。
いい場所見つけたね~。
シートに溜まった雨水がプールみたいだよね。


避難所の軒先では、ひそひそ話している子たち。
d0005397_4115187.jpg
「怪しいおばはんが近寄って来たで~」
「ほんまや、怖いわ~、どないしょ~」
なんて言い合ってたりして(笑)。


猫日和。
こういう日が毎日続いてくれたらいいな~と、
怪しいおばはんは思うのであります。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-11-24 04:56 | 2にゃんねる  

夏の名残り あるいは食いまくり


雨上がりの夜。草むらではコオロギの声が、リーリーリー。
いよいよ秋ですのう。
ちょっと前まではミンミンミンと、蝉の声がうるさいほどだったのにねぇ。

目にしみるほどの日差しを背中に浴びていた、ご近所猫のクロちゃん。
d0005397_117830.jpg

なにやら木立の一角を一生懸命に見ているので、
なにしてんの~?と尋ねると、
d0005397_1263763.jpg
という返事。
その後も必死に見てたけど・・・・
d0005397_1272471.jpg
見てるだけではねえ。
d0005397_1294492.jpg
もちろん、しっかり逃げられてました。


さて、あれほど暑かった夏も終わりとなると、なんとなく名残惜しく、
夏ならではの食材、料理のあれこれを食べ納めする日々であります。

今年はね、食べましたよ、これ。
d0005397_1353561.jpg
冷汁。
宮崎の郷土料理ということで、炊き立ての麦飯にかけると聞きましたが、
せっかく冷やした汁ですから、冷たく食べたい。
ということで、ウチでは飯(雑穀と麦と玄米ブレンド)もちゃんと冷やしました。
って、冷汁しか見えてねえけど。

見えてるのは・・・・
d0005397_1381244.jpg
あ、バレましたね。
ハイ、便利な市販の冷汁です~(^_^)v。なかなかイケますよ。
だって本場で食べたことないから、自分じゃ作れないんだもん(爆)。
宮崎。むか~し、一回行ったことあるきりです。
高千穂の峰とか行きました。鶏は食べた記憶があるようなないような、
冷汁のことは知らなかったな~。いつか本場モノ、味わってみたいものです。


で、今年もモリモリ食べました、これ。
d0005397_1421372.jpg
ぬくぬく飯にぶっかけてるのは「だし」。
オクラ、キュウリ、ナス、ネバネバ昆布に、ミョウガ、大葉などを混ぜ込んで、
だし醤油で和えたというか、かき混ぜたもの。
山形の郷土料理だそうです。
美味い。飯がワシワシすすみます。

d0005397_153543.jpg
素麺にかけてもよし、
d0005397_1534881.jpg
冷やっこにかけてもよし。
こちらも本場で食べたことはないのですが、カンタンだから自分でも作れちゃう。
そういや山形も一度きりしか行ったことがないや。
そんときは秋だったかな、米沢牛、食べましたよ。とても美味しかった。
またこんにゃくがね、びっくりするくらい旨かったのを覚えてます。
また行きたいなあ。本場の「だし」食べねばね~。



でね、こっちは我が家の夏料理といいましょうか、
神戸近在、魚の町明石や淡路で獲れた鱧を使った、母直伝の
d0005397_1572345.jpg
鱧皮の煮こごり。

鱧は小骨が多く、「骨切り」は素人には至難の技ですが、
鱧皮に残った小骨を抜くのもまた相当に面倒な作業です。
昔の母は、老舗の蒲鉾屋さんで下処理した鱧皮をわけてもらって、
それを酢の物にしたり、こういう煮こごりにしていました。
子供のころの記憶に、鱧皮の一品が食卓に出ると、
「ああ夏だなあ」という気がしたものです。
しかし鱧そのものが登場することはあまりなく、
それというのも、当時でも鱧は高級魚だったからでありましょう。
なんせウチ、ビンボーだから(笑)。
なもんで、私は大人になってから、京都の料亭など
(主にヒトのオゴリ)で、鱧料理あれこれの味を覚えたのでした。
もっとも、京都で有名な鱧も、もとを正せば、
やはり明石、淡路の港から運ばれたものだったそうです。
(今ではいろんなところから仕入れているだろうけど)

ま、ウンチクはおいといて、
三つ子の魂といいましょうか、ビンボー性百までといいましょうか、
私はやはり鱧も良いけど鱧皮が好き、なのです。
d0005397_3582549.jpg
私の場合はスーパーですでに焼いて刻んである鱧皮をゲット。
それを少し酢をきかせた薄味の出汁とゼラチンを使って煮こごりに。
七味(ここでは椒房庵の生七味)を添えると、
鱧皮の香ばしい味わいが一段と冴えます。
酒の肴にもバツグンの一品です。

ついでに不器用な性質といい加減な性格が露呈した料理も披露しちゃえ。

対馬のきずしをゲットしたので、鯖寿司が食べたくなって、
酢飯を作ってテキトーに握ってみました。
d0005397_7135464.jpg
うーん、味は悪くなかったが、カタチはひどい。
とにかくデカかった。自分の口の容量を過信していました。
口いっぱいにモノを頬張ると、ちょっと呼吸困難ぽくなりますね(笑)。
嚥下するまでが苦しかったです(爆)。

こるーさんのマネッコ一覧
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-08-28 08:07 | 美味しいもの  

ガン飛ばす猫


ガン飛ばす猫。
d0005397_91844.jpg


飛ばしまくる猫。
d0005397_919459.jpg

d0005397_9194722.jpg
d0005397_9203388.jpg
d0005397_9211158.jpg




[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-07-21 09:24 | 神戸&関西街歩き  

鳴くなドバトよ~、ポッポポッポ♪

トタン屋根の上のニャン。
d0005397_14434969.jpg


目線の先には・・・・鳩っ。
d0005397_14473395.jpg


d0005397_1456217.jpg
どう見ても、ニャンが鳩を狙ってるというよりは、
鳩ドモにニャンがオチョクラレているようですな・・・・(-_-;)。


鳩、土鳩、ドバト。
とにかく多いです。公園のみならず、駅も道路も気がつきゃドバトだらけ。
ご多分にもれず、ウチのマンションにもよく来てます。
留守がちのお宅のベランダを団体で占拠してしまい、
その下のお宅までもが鳩害にあい、全体のモンダイにもなったほど。

ま、でも、ウチは在宅率も高いし、狭いベランダは園芸に占領されて、
鳩の寄る余地ナーシよ、と安心してたら、
近頃、しょっちゅう、ときには早朝からバタバタバタと隣家のベランダにやってきて、
クルックルッ、ホッポポッポと、けっして可愛いとは思えない声で鳴いている。
すると、それを聞いたウチのこびんも騒がしくなる。
「おやびん、てぇへんだ。起きれ、起きれ」と、
あろうことか、おやびんの顔まで踏んでムリヤリ起こす。

「堪忍してよぉぉ」と泣きつつ、寝ぼけマナコで窓際に寄ってみると、
こびんすでに網戸にかぶりつき、チャー子姐さん、ちょっと遠くで匍匐体勢、
もっとも彼女らは深窓の令嬢にて、ベランダに出ることは許されず、
結局おやびんが出て、バリャ~と一括。

しかしね、テキもさるもの。
とても近いとはいえ、所詮お隣、手の届かぬ領域。
それを知ってか、トバトのやつら、バカにしたような赤い横目でチラリと見たきり、
なかなか退散しようとしないのですよ。
隣家も留守がちなお宅なので、すっかりドバトの休憩所になっちまってるらしい。
ほんまムカツク~。

津々浦々のノラニャンをいとしく思い、
彼らにご飯を運ぶ地域の猫好き有志をほほえましく思う私ですが、
公園や港などで鳩を呼び寄せエサをやる人たちを見かけると、
「もう充分すぎるくらい増えてるのに、それってどーなのよ」と、
正直なところ、少しばかり苦々しい気分(苦笑)。
ずいぶんな得手勝手だと自覚しつつも、
私自身、過去に鳩害でひどい目にあった経験もあるので、
やっぱりドバトにはできるだけお近づきになりたくない。

ということで、これからも2にゃんねる隊(ほぼ役立たず1名あり)ともども
警戒態勢でドバトのテロ防止につとめる所存。


と、ハナイキ荒くしていたら、
とつじょ愚妹が「ぽっぽぽっぽ~♪」とハナウタ歌ってるので、
ビックリして「おみゃーは鳩かーっ?」と聞いたら、
「うんにゃ、ハトじゃなくてネズミセンパイ」との答え。
「ネズミセンパイ???」
わたしゃとうとう愚妹のノーミソが壊れたのかと思いましたよ・・・・(爆)。
鳴くな愚妹よ、愚妹よ鳴くな~♪。なんちて。
ドメスなネタでどーもスミマセン>海外組さま


そんなこんなで、やっとこさドハトどもを追い払ったあと、
一仕事終えたかのようにご休憩タイムしているチャー子姐さん。
d0005397_12392578.jpg
仕事したのは、あーたじゃないでしょ~ヾ(-_-;)。
どーでもええけど、オケツがズリ落ちそうでっせ~。

で、キミも涼しいトコロで昼寝ですか。
d0005397_12462372.jpg
おやびんを寝不足にしといて、まったくいい気なもんですな~。


[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-07-03 13:18 | 2にゃんねる  

師走の・・・陽だまりの猫たち


ホットカーペット大好きの寒がりなニャンたちですが、
お天気さえ良ければ、師走の日差しでも室内はけっこうポカポカ。

ふたりともそれぞれに陽だまりを楽しんでいます。


ソファで寛ぐチャー子姐さん。
d0005397_2392366.jpg


姐さんの額にも陽だまりが。
d0005397_2402615.jpg
気持ち良さそう~。



こちらはこびん。
d0005397_241296.jpg


d0005397_353050.jpg
身づくろいしたり、ノビをしたり・・・、


d0005397_2435477.jpg
なんとなく所在なさげ。


こういうときのこびんは・・・、
d0005397_2443466.jpg


やはり、予想通りというか、いつも通りの行動に・・・。
d0005397_2461823.jpg


チャー子姐さんのお返事も、やはりいつも通り。
d0005397_2471268.jpg


こびん!。姐さんの邪魔したらあかんて、いつも言うてるでしょ!。
退屈やったらひとりで銀玉サッカーでもしてなさい!!。

d0005397_2511954.jpg
こびん。叱られるのも退屈しのぎのうち(>_<)。


d0005397_3114737.gif



さて、こちらは例の近所の庭猫さんたち

以前よりニャン数も増えて、その分、防風ハウスも増えてました♪。
d0005397_255166.jpg

ニューフェイスは奥にいるサビ猫。
サビ、ホントは二匹いるんだけど、もう一匹はお散歩中のよう。
見えてないけど、真ん中の箱にシマシマがもぐりこんでます。
手前のシロクロのチビも元気。
こんなあったかな日は、みな陽だまりでのんびり、まったり。
こちらも気持ち良さそう。

ニャンコたちには師走なんて、「そんなのカンケーねぇ!」んだよね。

うらやまし・・・。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-12-15 03:20 | 2にゃんねる