タグ:部活 ( 68 ) タグの人気記事

 

真夏の果実・・・とハーブの、お飲み物


毎日毎日、暑いのに飽きて、さすがにうんざりしてきましたね。

ここいらで、ちょっと涼しげな画像をば。
d0005397_9391366.jpg


すっかり忘れていたけど、初夏に漬けたんでした。
おなじみサワードリンク各種に加えて・・・果実酒。
d0005397_941110.jpg
アメリカン・チェリーとバレンシア・オレンジ。
しっかり飲み頃になってました。
かなり甘い。なのでソーダで割ると、キリリとしていい感じ。
で、クイクイ。けっこうヨッパらいますよ、これ。

漬けた瓶。今年の新兵器。注ぎ口がついていて便利。
3キロ近くありますが、蓋も持ち手もしっかりしていて、ブンブンしても平気。
ダンベル代わりにストレッチに使えそう。
d0005397_951797.jpg

d0005397_9515710.jpg
タハハハ~。


新兵器、サワドリにも導入しましたよ。
d0005397_10102951.jpg
こちら、スーパーでふと目に付いたクールサーバー。
こぶりでサワドリにぴったり。
パイナポーやグレフル、バナーナなど、数個並べて悦に入ってます。


今夏は生ハーブ・ティーの美味しさに開眼した年でもあります。
これまた初夏にいろいろ種を蒔いて育てたハーブたち。
そのなかでも、とりわけ元気に育ってくれたレモン・バーベナ。
さわやかな香りだけでも癒されますが、

d0005397_10255981.jpg
これをたっぷり収穫して、沸騰した湯で抽出し、
そのままでもいいけど、氷で冷やしてレモンを絞って飲む一杯。
d0005397_10281166.jpg
シャキーンとします。
果実とハーブのチカラで、残暑乗り切れるか、
ときどき焼肉入れつつ、ガンバリましょー(笑)。

d0005397_431388.jpg



[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-08-07 10:42 | サワドリ&スム部  

なんちゃってハワイ気分


パッケージに惹かれて、買っちゃいました。
d0005397_10383384.jpg
わが家のラナイ(笑)にて写す。


ラナイでは、今朝もハイビスカスが元気良く咲いています。
d0005397_10432657.jpg


それを眺めながら飲む本日最初のサワードリンクは、
パイナップル。
d0005397_10414059.jpg
気分はハワイ。あくまでハワイ。
目を閉じれば、甘い南国の風と潮騒(の記憶)。
きゃははは・・・・(欲求不満の乾いた笑い)。

d0005397_4353698.jpg


さて、ハワイ気分でのブレックファーストは、
どちらにしようかしら。
d0005397_1050132.jpg
ハムとチーズのパニーニか、

d0005397_1051892.jpg
それとも、焼きたてホットケーキか、


ええい、どっちも食うかぁ~ヾ(-_-;)オイオイ。
そんなこんなで体型はハワイアン一直線(そこだけ現実)。
ダハハハ~。

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-06-13 10:54 | 美味しいもの  

しゃわしゅわ~♪ 梅サワドリ


一年漬けた梅のサワードリンク。
熟成の月日を重ねて、もう「酢」という感じはどこにもなく、
まろやか、とろりとコクありで、めっちゃおいすぃぃ~♪。

梅も、完熟梅(ゲットする時期が遅かった)を漬けたせいか、
シワシワにはならず、柔らかな実がとってもフルーティ。
甘露、甘露♪♪。

d0005397_1445311.jpg

今日は炭酸水で割ってみました。
しゅわしゅわ~とオトナのサワドリ。
アルコール入ってないのに、酔えそう~(笑)。

PS:今年も漬けたいけど、まだ梅ゲットできてませ~ん(汗ッ)。
サワドリ部部長(工場長)のとこでは、もう熟成完了とのこと。
でもね、工場長。美味しいからってすぐに全部飲んじゃわないで、
ガマンして一年「待つ~わ♪」してみてちょーね。
もうホント、すっごく美味しいから!。

d0005397_4364925.jpg



[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-05-27 15:00 | サワドリ&スム部  

新春チョコレート合戦


しばらくお休みしていたCIS部長も復活されたことですし、
ひっさびさのCIS(チョコレート情報局)の部活でっせ~。

というのも、お年賀にピエール・マルコリーニをいただいたのだー!。
やたーっ!!。
d0005397_11261243.jpg

箱を開けると~、
d0005397_11272926.jpg
どーよ、どーよ、このどひゃーな高級感!。
私のばやい、貰わなきゃぜってぇ食えねーブツだな~。

くださった方は、
「マルコリーニはあまり冒険がないようだが・・・」などとつぶやいておられた。
そうだった、この方、けっこうチョコ好きだった。
なかでもベルギー・チョコがお好みらしい。
しかしプラリネなどは、スタンダードなフィリングより冒険的なのが望ましいらしい。
かといって、ナッツのかわりにアンチョビ入れろ~なんてことではなく(アタリメーだろ)て、
具体的には、お酒が含まれているオトナなチョコを、ちょこっとつまむのがいいらしい。

そういや去年のお正月には、
同じ方からゴディバのボンボンをいただいたな~。


d0005397_11571797.jpg
マルコリーニ。
コイツなんか、かなりの冒険家のように思うがの・・・(笑)。


そこで私も考えた。
ベルギー・チョコのお返しは、やはりベルギー・チョコだ~!。

って、別に競ってるわけじゃないですが~、
昨年の秋、ベルギー・チョコの専門店
ご近所にオープンしたのを思い出したもので。

d0005397_11455797.jpg

楠公さん(湊川神社)の西側の路地にある小さなお店。

このショコラトリーでは、オリジナルをあわせて、
現在7社ほどのベルギー・チョコを直輸入し販売しているもよう。
d0005397_11545671.jpg

雰囲気の良い店内には、アタリマエだがチョコがあふれとります。
d0005397_11553150.jpg

あふれすぎて迷うやんけ・・・(-_-;)。
d0005397_11561425.jpg


といいつつ、私が選んだのは、Le Chocolatier Manonという、
ブリュッセルのメーカーのチョコたち。
なぜならば、お酒の入ったものが多かったから(^^)v。

ラム酒だの、ブランデーだのキルシュだのと、酒入りばかり、
全部で十種選んで、贈答用のハード・ケースに入れてもらおうとしたら、
あいにくと八個入りの箱しかないとのこと。
d0005397_1227126.jpg
とまあ、借り物画像ですがこんなカンジですな。

d0005397_0414937.jpg
そこで、お店の方に頼んで、オトナな味と思われるものから順に詰めてもらうと、
なぜかトリュフ2個がはみ出したので・・・・
d0005397_1273151.jpg
やむなく私が食べました(笑)。
美味かったー♪

ちなみに、贈答箱(なぜか高けーっ)のまわりの
ボンボン・リキュールたちは、お店のオリジナルのEgg-nog。
d0005397_045611.jpg
こんな風に光り輝いて私を呼んだので、つい買ってしまいました。
食べてみると、けっこう荒武者っぽいボンボンで、砂糖ジャリジャリ、お酒ドバーッ系。
とっても私好みだったので、これもオマケにつけることにしました。

実は、オマケはもうひとつあって、
ベルギー・チョコだけに頼るのでは神戸っ子の沽券にかかわると思い、
ゴンチャロフも一箱。
d0005397_182893.jpg
コチラも参考画像。

ベタなようですが、
神戸メイドの老舗チョコは、とってもコストパフォーマンスがぐぅなのよん。

なんちって、いただいたマルコリーニはもちろん、
いろいろ試し食いしたせいで、私の新春はチョコまみれ。
このままチョコのように甘い1年になればよいがのう・・・(笑)。

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-01-16 12:15 | CISチョコレート情報局  

風邪気味でんねん


冬至もクリスマスも、バタバタしてるうちにすっ飛んで行ってしまいました。
当然ながら、サンタさんもウチには来ず・・・。

代わりに風邪の神さんがちょっと寄りやがりはったみたいで、
ドでかいクシャミは連発するわ、咽喉ひりひり、鼻ズルズルでおます。
もちろん、このまま熱出して寝込むなんて贅沢は許されへんので、
ここいらでガッチリ食い止めんとね~。

ということで、加湿器かけて、思い出したようにラベンダーのアロマ焚いて、
ブランチは生姜とネギたっぷりの熱々あんかけうどん。
飲物は、これまた生姜たっぷりのショウガ・ハチミツ。
熱いので、いっそうズルズル鼻水の放出が加速しますが、ここがガマンのしどころ。

またはホット・サワドリ!。
d0005397_236827.jpg

梅のサワー・ドリンクをホットで、クエン酸効果に期待。
サワドリ部長のいてはる台湾の甘い梅を入れていただくと、いっそう美味しい。
つうことで、冬でもサワドリ!、お忘れなく。

d0005397_4403834.jpg


そして、殺菌作用のあるカテキンたっぷりの緑茶もたくさん飲んでますよ。
するとオヤツが欲しくなるので(笑)、

先日の芋けんぴを作った勢いで、けっこう続けて作ってしまっている
「大学芋」。
d0005397_2415151.jpg


作りながら、大学芋はなんで「大学」って付いてるんじゃ?と、素朴な疑問がわいてきて、
さっそくググってみたところ、詳しくWikipedia に記されてありました。
なるほど、東大赤門前の三河屋という芋屋が発祥とね。
勉強になります、ウィキペディア。
カンタンだがレシピ(写真はマズそうだが)も記載されていて、
「蜜を冷やさずにイモを並べておくと、冷えた時にひと塊になるのできわめて食べづらい」
とあるが、たしかにその通りですぞ。
私はそういうことをやって、尖った飴で口内を切ったりして、エラい目にあいましたがな。
今ではひとつずつバットに並べて冷やしてます。
d0005397_2585956.jpg

要するに、めっちゃジャマくさいやん(>_<)。
反動で切り方は乱雑。
っていうか、もともと包丁さばきが不器用なんじゃわ。

ジャマくさいついでに、カレーも作ってしまった。
d0005397_2564049.jpg

これまた玉ねぎコトコト炒めて面倒。
そんなことしてるヒマあるかーって感じだけど、
食べたいから仕方がない。

風邪気味でも食欲は落ちぬのが自慢・・・(になるのか?)。

あれ、風邪に効く飲食物のハナシしてたんだっけ?。
カレーって、けっこう刺激ブツ。どうなんでしょ?。
でもウコン(ターメリック)たっぷりだし、良いんじゃない?。
ウコンってショウガ科だしね。
ま、そういうことにしておこう・・・(笑)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-12-26 03:12 | 美味しいもの  

久々にイケ麺倶楽部!!

麺好きのみなさん、お待たせしました。
なんちて、誰も待ってへんか(笑)。

かつてハナイキも荒く活動していた『イケ麺倶楽部』。
部員ブロガーさんもその近辺のブロガーさんたちも、
あいかわらず麺はツルツルお食べになっているはず。
でもちかごろちーとも報告コメントないし、
巡回してもネタになっとる様子がないし、
TBは元々ないし(T_T)・・・・クスンクスン。
寂しいね~。

でもよく考えたら、イチバンさぼってるのは自分やった(爆)。

ということで、この休火山状態を打破すべく、部長自らドッカンバッカン、
麺の花火を打ち上げる次第です。

つうほど、たいしたネタはないねんけどね(最初にいうとくけど)。
例によってチープ&シンプルなイケ麺の寄せ集めですから~ぁぁ。

その①新蕎麦の粉もろた。

といっても蕎麦打ちなんかできまへーん。またそれほど多い量じゃないし。
そんならここはオサレにガレットなんぞ作りましょか?。
と、チラっと思ったけど、あれは生地を1日寝かさなあかんからジャマくさい。
それなら昔ハマッたことのあるソバ粉のパンケーキ?。
あれは上質のリンゴジャムとかメープルシロップと一緒に食べたいねん。
そんなんないもん。あるのは蕎麦粉だけやもーん。

ということで(前置き長いな)、「蕎麦がき」でーす。
d0005397_14393713.jpg
熱湯、鍋で練り練り。
作ってるときがイチバン蕎麦の香りを楽しめるかも。
湯の温度と量、火にかけてるときの練りの強さ手早さが勝負やね。
d0005397_14401242.jpg
関西では蕎麦文化に縁遠かったせいで、
蕎麦がきもいまだに馴染み薄い食べ物ですが、
自宅でカンタンに蕎麦の味を楽しむには良いですね。
しかーし、見た目、ガレットなどアチャラモンに比べるとかなり地味だ(爆)。
中身としても、これだけ(粉40g使用)ではモノ足りんぞー。
板ワサとか、厚焼き玉子とか、酒も欲しい~、って池波正太郎かい(爆)。

つうか、蕎麦がきって・・・麺ちゃうやん・・・ヾ(-_-;)オイオイ。


その②讃岐生うどん買うた

今度は正真正銘の麺やで。
スーパーで他の客がガバッと買い込んでたのがこれ。
d0005397_23404667.jpg
スーパーや市場で知らない人に話しかけたりかけられたり、
調理法など教えてもらったりすることは別に珍しくもないけど、
このときもご多分にもれず、私の好奇心ビームに気がついたその女性客が、
「讃岐までうどん食べ歩きによく行くんだけど、このおばあちゃん有名よ」とのこと。
「先日見つけて食べて、けっこう美味しかったし、
開封しなきゃ日持ちするので、また買いに来た」だって。
私はうどんより蕎麦好き、うどんなら讃岐より稲庭ファンなんだけど、
そこまで聞いちゃあ、買わずにはいられない。
d0005397_14584755.jpg
生麺はいかにも手打ちっぽい。
といっても、おばあちゃん監修での工場生産品らしいです。

せっかくなので、釜たまにしてみました。
d0005397_1502065.jpg

和のカルボナーラよね(笑)。
d0005397_1524941.jpg
ふむふむ、けっこうモチモチしておいしゅうござんした。
麺3人前袋の半分150gをツルツルとなんなく完食。
もしかして全部食えたかも~と思ったけど、
うどんはあとでドッシリ腹に来るんで止めときました(笑)。

そういや私も昔、讃岐うどん食べまくり旅したことあったな。
たしか5食か6食目でチト飽きてきて、
「私って、うどんはそんなに好きじゃないのかも」と思ったのだった。
今度はホントのるみばあちゃんの手打ち麺、食べに行きたいな~。



その③過去一週間、おそとで食べた麺。

いきつけ蕎麦屋の名物天蕎麦。
香ばしい海老天が蕎麦の上でパチパチ弾けながら運ばれてくる。
うめー。
d0005397_22343115.jpg
この店は創業百年になろうという老舗店ですが、
なんの気取りもないフツーの蕎麦屋。なんでも美味い、ダシが美味いのだ。
下町商店街、市場の近所なので、食材買出しついでにここで小腹を満たすこと多し。

コッチはちょっとイケ麺とはいえないかもなー。
d0005397_0115840.jpg
上は某デパートの中にあるイタリアンのランチ。
まあちゃんと手もこんでいて、もちろん不味くはないし、みた目も美味しいのだが、
味にこれといって特筆すべきものがない。ずわ~んねん。
下は某高級ホテル内のイタリアンのランチ。
こちらもちゃんと美味しいし、食材も良いものを使っているのだが、
やはり味に工夫というか個性がない(写すの忘れたけど、スープはかなり良かった)。
なによりパスタに髪が入ってた(取り替えてもらったが)のは、かなーりマイナス。
バイキング式のパンは何種類かあって喜んだのに、すっかり冷えてイマイチだったしなー。
いや、これがワンコイン・ランチなら文句は言いませんよ。
だって、街の1000円以内のカフェ・ランチでももっと美味しく、
自家製のパンやドルチェにまで気を配っているもんねえ。
それに比べ、上も下も、そこそこけっこうな値段のうえにサービス料までとって、
これというサービスもないまま、可なくもなく不可もない料理を出すっての、
立地(器)をカサにきてちょっと客をナメとるねえと思う(あくまで私個人の意見ですが)。

そーいうわけで、一部例外を除いてあんまりこの手の店には入らない私ですが、
今回はお付き合いがあったので、それならネタにするべえ(爆)と麺を食いました。


その④過去一週間におうちで食べたその他の麺。

冷やし素麺。
こないだ風邪で微熱でてたとき、のど越し良いひんやりしたものが食べたくて、
d0005397_22275683.jpg
時期ハズレの冷やし素麺しちゃいました。
ま、好きだから食べるのにシーズン問いません。
常備しているのは、三輪素麺、揖保の糸、ときどき島の光。
それらの特上品は親ン家に来たのを巻き上げたもの。
d0005397_10514076.jpg

先般、素麺の産地偽装がありましたが、これは食べたらわかるやろ~。
あ、わからんかったらどーしよ(^^ゞ。
おともは、テイクアウトのイカのにぎりとイカの塩辛。なんでかイカづくし(爆)。

こちらは明太子スパ。
d0005397_0131872.jpg

明太子スパはいつ食べても好き!。
値段だけ高級な高級店に行くくらいなら(しつこいね)、おうちで明太子スパ食べちゃうわん。
しかしこのときは大葉が切れてたのが残念。水菜で彩りをゴマカす(笑)。
あ~でもやっぱり好き。博多メンタイ、冷凍庫に必備!。

最後に「なーんや」ですが、昨今お気に入りのカップ・スープ麺。
d0005397_0123486.jpg
深夜に小腹が空いたとき、お手軽でちょうどいいんですよ~。
カロリー低いし、なによりカラダが温まるしね~。
お気に入りは、豆乳入りしらたきのヤツと、ひじき練り込みの黒春雨のヤツ。
あまり化調臭くなくて、けっこうダシもアッサリでイケてるつうとこもポイント高し。

なんやかんや小うるさいわりに、こういうものも食っちゃうのが我ながらどーかな?。
でも、ま、いーか(笑)。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-11-08 15:05 | イケ麺倶楽部  

中秋節 南京町ランチ

本日は中秋節、旧暦の8月15日。
中国文化圏人にとっては、正月の春節に並ぶ大きな祭日であります。
この期間、神戸の南京町でも「第10回中秋節」が開催され、
さまざまなイベントでいつにもまして賑わっているのですが、
d0005397_21503966.jpg

なかでも「中秋特別感謝祭」と称する各レストランの特別メニューが
テレビなどで取り上げられて話題になっています。
テーマは「月」「中秋」に加えて、今年は60年に一度の金豚年ということで「豚」。
それにスルドク反応したのが、わが朋友imani博士。

またまたランチを一緒にしようということになり、
合流するなり、「ぎょうざ、今だけのぎょうざがあるねん」と、やや興奮気味。
先週は休暇で数日の韓国旅を楽しんだものの、
来週はスウェーデンのシンポジウムに行かねばならんというimaniセンセ、
今のうちにしっかり美味いものを食いだめしておこうという魂胆らしい。

ともあれimaniセンセたってのリクエストとあれば是非もない、
というか、もちろん私も餃子は大好きあるよ、我愛餃子。
ということで、我々は地元客、観光客が入り交じって混雑する南京町へ。

目的地はここ。
1951年創業という老舗の餃子専門店。
d0005397_2275062.jpg
ちなみにこの画像は後刻撮ったもの。
昼時はなにしろすごい行列なので、とても全景が撮れません。
この提灯と
d0005397_2293861.jpg

愛嬌のあるカエルが目印。
d0005397_22101042.jpg

んで、このお店の中秋節の特別メニューというのが、「イベリコ豚の揚げ餃子」。
いつもの「揚げ餃子」が五個420円なのに、このイベリコ豚のはなんと1050円。
¡Qué maravilla!。
d0005397_22154040.jpg
レモンを絞っていただきやっす。
中はお肉たっぷり、ムーチョ、ムーチョ、ジューシィ♪。
d0005397_2216759.jpg
ちなみにこの店餃子にはニンニクは入っていないので、
お互いの午後の仕事にもさしつかえございません。
なので、
d0005397_22573339.jpg
焼き餃子と水餃子もいただきですよん。
それぞれ美味しゅうございますの。
あっさりしているので、いくらでもイケちゃいますよ。
d0005397_22574537.jpg
そういやちょっと前、安住アナや泉ピン子さんと孫悟空(香取慎吾)が
大食いのギャル曽根ちゃん連れてこの店に来てたの、TVで見たなあ。
みな豪快に食ってましたが、やっぱりギャル曽根ちゃんはすごかった。
d0005397_2321123.jpg
すべて手作りのためスタッフ大忙し。
なのにみな愛想好しで、いいお店なんですわ~。
d0005397_2322220.jpg

しかし、餃子だけではちと物足りなかった我々。
「次は汁気のものが食べた~い」とimaniセンセ。
「具体的にいうと、汁ビーフンが食べた~い」と、今日はあくまでワガママいう気らしい。
このお店にも美味しいと評判の麺はあるが、本場スタイルの汁なしジャジャ麺なので、
今回はパスして、ランチのはしご。

んで、こちら有名ビーフン・メーカーの直営店。
表の屋台でミニ麺にするか、店内のスタンダードにするか、
しばし悩むが、やはり店内でガッツリいくことに。
d0005397_031477.jpg

imaniセンセのは、上品で味わい深いスープの「豚肉と野菜の炒麺汁ビーフン」。
d0005397_0161155.jpg

私のは「ピリ辛汁ビーフン」。担々麺のビーフン版。
この店では、私はいつもこれ。辛くて美味くてヤメラレナイ。
d0005397_016226.jpg
はあ、満足。
imaniセンセも「もう思い残すことはない」とのたまいける。
なにせこのヒト、ランチ前はうるさいほど腹をグーグー鳴らしてましたからねぇぇ。

d0005397_2505252.jpg


また通りに出れば、美味しそうな点心屋台がずらずらり。
d0005397_055334.jpg
台湾バーガーの刈包(クアパオ)。ここのチャーシューは絶品だよな~。
d0005397_0564117.jpg
あ、蒸かしたての粽!。湯気がそそるよねぇ。

でもさすがの我々も、もう(しばらくは)腹いっぱいで食べられませんよ。
d0005397_112423.jpg

腹ごなしに広場での中秋節イベントをちょっと見物してみましょう。
今日は「曇りのち雨」という天気予報が、大幅にハズレて晴天。
秋晴れというより、あれ夏雲じゃないの?。けっこう暑いです。
d0005397_0294833.jpg
そんな広場では、西遊記の面々が案内役を勤めていました。

中秋といえば「月餅」。やはりあちこちで売ってます。
d0005397_0265586.jpg

広場のあずまやが即席の廟になっていました。
祀られているのは財神。日本でいう恵比寿さんですか。
d0005397_0273046.jpg
孫悟空さんが中国式の参拝をコーチしています。
d0005397_027498.jpg
どうかお金持ちにしてくださーい、たのんまっせ。なんちてね。
私もお参りすれば良かったかな(笑)。

さぁて、いつまでも遊んではいられない。
我々もそろそろ仕事に戻りますかね。
imaniセンセは東へ、私は西へ。
健康のためにも、それぞれ歩いて帰った方が良さそうです。

最後に八面六臂で大活躍の孫悟空さんに、一発キメてもらいましょう。
d0005397_0593258.jpg
ハイッ、どーも謝々。
今年も楽しかったよ、ありがとね~。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-09-25 22:23 | 神戸&関西街歩き  

真夏の午睡とスムージー


真夏の午後。

当家のお嬢たちはそれぞれの午睡場所に。

この 見るからに暑苦しそうな モフモフは、
いわずと知れたチャー子姐さん。
d0005397_18181853.jpg

近頃 これまた見るからに暑苦しそうな
部屋の隅っこがお気に入り。
d0005397_18194847.jpg

姐さんって、やっぱりヒッキーなん?。
d0005397_1822217.jpg



こちらは 姐さんに負けず劣らず暑そうではあるものの、
風通しの良い陽だまりでくつろぐこびん。
d0005397_18242491.jpg

暗がり好きの姐さんと、陽だまり好きのこびん。
これって、ネグラとネアカの性質の差かなぁ。
d0005397_1829502.jpg

いやいや、控えめな姐さんと、でしゃばりこびんの性格の違いだったりして。
d0005397_1827249.jpg



さて、午睡のヒマなし、当家の主。
せめては冷たく美味しいスムージーで一息入れましょう。

スムージー・クラブの部活も久々。

まずはカシスとヨーグルトのスムージー。
ほどよい酸っぱさでさっぱりとブランチ向きかも。
d0005397_18343232.jpg


バナナと牛乳の甘く濃厚なスムージー。
ハーシーのチョコ・シロップでスィーツ感アップ♪。
d0005397_18375991.jpg


d0005397_18394069.jpg
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-07-31 18:48 | 2にゃんねる  

夏のスタミナ食!


梅雨あけて、真夏の太陽ギラギラ。
なのに、さっぱり食欲落ちません。

つうか、夏バテしないよう、ますますスタミナ料理食ってる始末。

まずはイケ麺。「韓国(風)冷麺」。
牛スジの煮込みや自家製きざみ大根キムチ添えで、いただきマッスル。
冷え冷え、ツルツル。韓国麺ってステキに固くてアゴのストレッチになるかも~。
d0005397_16552329.jpg
d0005397_0261319.jpg


夏ってどうしても韓国(風)料理って多くなりがち。「カルビ丼」。
神戸新鮮市場で仕入れたカルビと特製ヤンニョムでモリモリ。
d0005397_177027.jpg


でもインドも負けてはいません。なんたってスパイスが夏気分盛り上げ。
相変わらずゴリゴリした自家製ブレンドのスパイスで、カレーは二種。
ほうれん草とチーズの「サグパニール(十六穀入りご飯添え)」と
d0005397_1657727.jpg

ジャガイモとチキンの「マドラス・カリー(玄米&押し麦入りご飯添え)」。
d0005397_1658515.jpg


ドメスな料理もイッときますか。
TVで東国原知事がPRする宮崎名産品を見ていたら、
無性に食べたくなったんですねぇ。「チキン南蛮」でワンプレート・ランチ。
d0005397_1722792.jpg


ビールのお供といえば、コレッという方も関西には多かろう。
d0005397_1774694.jpg


ときどきは安い泡もけっこうイケたりなんかして、
d0005397_1732762.jpg


そうそう、『天然豆ごはん』のdeartenさんに教えてもらった
「セロリの常備菜」ですが、本当に美味いッ。
作るそばから味見しちゃって、アッという間になくなっちゃうよ。
d0005397_1744178.jpg


ところで、いくら私だって、これら全部、いっぺんに食べてませんからね。
・・・念のため(笑)。

まあね、いくら夏でも、コッテリしたものを食べちゃったら、
次の食事はマクロビ的なもので少しはリセットしようかな~と思ったりするわけです。
で、スーパーで見つけたのがオーツ麦の「クエーカーオートミール」。
d0005397_17263434.jpg
なんかクェーカーつうのが禁欲的でそそるわ~。
これを粥とかリゾット風にして食してみると、けっこう美味しい。
栄養たっぷり、健康食品にして美味い。めちゃくちゃけっこう!。
しかし。
これって食えども食えども満腹感得られず・・・、
ちと悲し。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-07-27 17:42 | 美味しいもの  

梅、うめ~♪


先月末に漬けた「梅シロップ」。
解禁してます。
シロップだけをトロトロ煮詰めて保存瓶に。
d0005397_239199.jpg

d0005397_2394936.jpg
「うめ~よ~♪」
なんちて。
いや、だからといって、何杯飲んでも泥酔したりしませんよ。
でも来年は「梅酒」への挑戦もアリ、かもね。

漬けた梅は種を除いてジャム。
オサレに言えば、梅のコンフィチュールざます。
d0005397_23211832.jpg
ヨーグルトにかけると、このスッパさがなかなかオツ!。


梅サワドリは解禁まだだけど、ちびちびと味見にかかってます。
d0005397_23111353.jpg
これまた美味し。
d0005397_23133212.jpg
この琥珀色がまた良いね~。
ジャズなんか聴きつつサワドリ。
良いかも。
解禁までになくなっちゃわないか、ちと心配。
d0005397_0294072.jpg


梅味噌。
d0005397_23154593.jpg

正直、こんなに作っちゃって、何に使うんだべ?、なんて思ってた。
けど、イケるじゃーん。なんにでも合うじゃーん。
d0005397_2317799.jpg
とりあえず、この季節、大好きな刺身コンニャクにドバッとかけて。
いやまてよ。
コンニャクはいくら食べても肥らないだろうけど、
もしかしてこの味噌は・・・・ヤバイかも!。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-07-21 23:35 | サワドリ&スム部