「ほっ」と。キャンペーン

タグ:Cafe ( 20 ) タグの人気記事

 

大阪ステーション・シティでランチ&お茶♪



またまたすっごくおひさの更新です。

相変わらずなんやかやバタバタの日々が続いております。
蒸し暑いのとあいまって、もう心身バテバテなんですが、本気でバテちゃ困るので、
ここらでちょっくら自分に半日休暇を与えることにし、
気分転換を計るべく、京都の友人ミキさんを呼び出して、遅めのランチへと出かけました。

といっても、それはもう1週間も前のことなんすが・・・(T_T)。


煮魚定食ぅぅ♪。

d0005397_134497.jpg


じつは地中海料理のレストランにするつもりが、もう席待ち客いっぱいで、
1時間待っても順番が来るかどうか怪しいくらいだったので、
急遽、その隣の、ウェイティングリストが三組ぐらいだった和食屋さんにシフト。

d0005397_13433193.jpg


いやあ、美味しかった、メバルの煮魚。
吸い物代わりの小鉢うどんもダシと手打ち麺ともにイケてたし、
茶碗蒸し、そして炊き合わせがまた上品な味加減でおいしゅうございました。
こういう和食、ホント久々でした。
今はもうちゃんと料理しているヒマもないので・・・(^^;)。

d0005397_1344332.jpg

メッケもんでした、また行こう、このお店。


って、ここがどこか申し遅れましたが、

コチラ、ただいま関西でもっともホットなスポット。
といえば、「大阪ステーション・シティ」
今まではご飯食べるにもお茶するにも、ちょいと困ってた大阪駅周辺に、
突如(というわけでもないが)ドカーンと現れた、巨大な「まち」。
5月初めのオープンからそろそろ3ヵ月。
混雑のほとぼりもさめたころあいと思い出かけてみました。
が!、

ぜんぜーん、ほとぼり冷めてへんかったワ。
どこもかしこもえらい人出や~。

d0005397_13533252.jpg


でも駅の改札でたら、すぐノースゲートビル。

d0005397_13545125.jpg


めっちゃ楽。どこもかしこも広々しているから、混雑もあまり気にならず。

レストラン街のトイレからの景色。

d0005397_13432468.jpg


ヘップの赤い観覧車がすぐそこに♪。

そして、同階から出られる、ここは「風の広場」。

d0005397_1343666.jpg


吹き抜けや広場が多いのも、新まちづくりのコンセプトのひとつというか、
イマドキの流れなんだけど、とてもありがたいものです。
今までもっとも息苦しく感じていた大阪のど真ん中で緑や風を楽しめるなんて嬉しい。

なんやしらん、まだ建設中の巨大ビルも目の前に。

d0005397_13431279.jpg


クレーン萌えの方(そんなんおるんか?)のために夜景も撮ってみました。

d0005397_13425313.jpg


大阪はほんに夜景がいいわ。

d0005397_13423471.jpg


d0005397_13422537.jpg



「風の広場」にはタリーズもあるけど、オサレな「ファミマ!!」が私的ツボ。

d0005397_13413736.jpg


コーヒーもオーダーで淹れてもらえるのよん。

d0005397_13415272.jpg


夜風も涼しくて、かなり気に入ってしまいました。

d0005397_1342658.jpg


今回は行きつけなかったけど、この上には「天空の農園」というのもあるそうな。
両広場ではエコ系のワークショップなどのイベントも開催されているみたい。
近いうちにきっと行ってみよう。


d0005397_1448339.jpg


広場でくつろいだあとは、ぶらぶらウィンドーショッピングしつつ、
下階に降りて、寄ってみたかった、ルクアのスイーツ・フード街へ。

ドミニク・サブロンのマルシェ・エ・カフェですわ。オホホホ。

d0005397_13411491.jpg


店頭で銀座マキシムドパリのミルフィーユがあると知って、
同行の友人ミキさんが小躍り!。
なんでも愛読していたコミックで紹介されていたのを見て以来、憧れていたケーキなんだとか。
SSサイズ(840円也)でご注文。

d0005397_13411125.jpg


パクッとサクッと召し上がっておられましたな。
ちなみに隣のテーブルをみると、Sサイズ(1050円也)で、SSサイズの倍近くあるカンジ。
「そっちの方がコスパ良くて、思いっきり食べられたんじゃない?」
と、ビンボー症のワタクシなどは、つい思っちまったのでありました。

かくいう私は、ドミニクセットだったか、生ハムサラダとスープと、
カットやミニのパンが六種ついて、超お得なプレート。

d0005397_1341524.jpg


サブロンのパン初食なので、いろんな味のパンが味わえて良かった。
さすがにいずれも美味しいです。

d0005397_1341169.jpg


その後は、伊勢丹のフード街にも足を伸ばし、いっぱい試食させてもらって、
手土産あれこれ買って、堪能したあとは、それぞれ西と東に別れて帰路につきました。

ああ楽しかった。

ちなみにこの日は大阪駅(ステーション・シティ)から一歩も出ず(笑)。

d0005397_13541393.jpg




[PR]

by tamarind-cafe | 2011-08-06 14:51 | 神戸&関西街歩き  

鯉川筋カフェランチ



元町鯉川筋界隈で遅めのランチ。

待ち合わせまで付近をぶらり。


d0005397_16341440.jpg

花屋のショーウィンドゥ。
風景が写りこんで、ちょっとシュールな絵画のよう。


d0005397_163434.jpg

こちらのウィンドゥも。

d0005397_1634883.jpg

反対に見る街並みは、見知らぬ町のようでちょっと新鮮。


d0005397_16335754.jpg

そういや、お向かいはパリ。


d0005397_16335058.jpg

お隣はベルギー。

昔から異国情緒満点のこの界隈。
以前はアジア色が濃かったが、今じゃすっかりヨーロピアン。


d0005397_16333034.jpg

ランチは小さなビルの2階。


d0005397_16333357.jpg


d0005397_16332636.jpg

小さな階段を上がると、


d0005397_16331661.jpg

小さなカフェ。


d0005397_1633619.jpg

週替わり定食は「野菜ときのこのまろやか麻婆豆腐」。



d0005397_1720309.jpg

食後のお茶は、なんとはなく場所を変えて、


d0005397_1633214.jpg
こちらのカフェで。


d0005397_16325771.jpg

バゲットのフレンチトーストはこってり甘い禁断の味。


ごちそうさま~。



カフェのはしごですっかりリラクゼーション。
あとは摂取したカロリーを消費すべく、
またしっかり働きましょう・・・(笑)。




d0005397_16424372.gif



[PR]

by tamarind-cafe | 2011-03-08 17:02 | 神戸&関西街歩き  

神戸でドイツ食い倒れ



過日、京都滞在中だった友人夫妻が、神戸に遊びに来てくれました。
このBさんとH氏のご夫妻、しょっちゅう旅から旅へ、
いったい御自宅にいつ帰っているのか、いやそれ以前に、
ご自宅なるものを持っておられるのかと疑いたくなるほど、
移動の多い生活をされている。
そんなおふたりも神戸はお初とのことで、
来訪にあたってテーマをいただきました。
そのテーマとは「ドイツ」。
その理由は、H氏がドイツの方で、
ドイツと神戸のかかわり浅からずという風聞を、
耳にされたということから。

そのご期待、いささかなりとも答えずばなりませぬのう。

ところが、結果を先にいえば、たしかにドイツ的ではあったものの、
「なんちゃって食い倒れ」の一日になってしまったことに反省・・・(爆)。

まあしかし、せっかくなので、その店から店へのはしご、
食い倒れのメニューの数々、ご披露いたしたく思いまする。


三ノ宮駅に出迎えたご夫妻をまず案内したのは、
1977年創業、ドイツ菓子の「ケーニヒス クローネ」。

d0005397_1153389.jpg

センター街にある「ケーニヒスクローネ」ザ・ダンケ・コレクション店は、
14時からのアフタヌーン・ティー・セットが人気で、
それ目当てのご婦人客も多いのですが、
今回はちょっと時間が早かったため、他のメニューをチョイス。

d0005397_1181913.jpg

オススメしたのは、
キャラメリゼされ渋皮栗の入ったプリンのベルリンと、
サクサクのパイ地にカスタードクリームの入ったクローネのセット。
どちらもケーニヒスを代表する美味しいスイーツです。

d0005397_1154276.jpg

一休みのつもりが、ここですっかり話し込んでしまいました。
Bさんは、一階の売店で店のトレードマークであるクマをデザインした、
バラエティバッグを購入。Bさん、クマさんのコレクターなのであります。


さて、お次の店にまいりましょう。

三宮「ケーニヒス クローネ」から元町に向かって、歩くこと数分。
「カリーブルスト」の専門店
ドイツのスナック、カレーソーセージやホットドッグを供するインビス(軽食店)です。

d0005397_1183251.jpg

ドイツではポピュラーだというカリーブルストですが、
日本では専門店は珍しい。オープンして1年もたたない新しいお店です。
自慢の出来のブルストはミュンヘンで作っているとか。
ここでグリューワインとともにブルストを食したH氏、
ゲストブックに「ドイツより美味しい」と記され、案内の私も面目躍如。


ブルストを堪能した後、腹ごなしに、ドイツというテーマからは外れるものの、
B夫人のご興味ありそうな南京町あたりをご案内しようと店を出るも、
ぐずついていた空からとうとう雨が。
近所の無印良品のショップに飛び込み、傘をゲットしたものの、
南京町観光は取りやめて、その一本山側、アーケードのある元町商店街に。

老舗「ユーハイム」本店。
d0005397_1184042.jpg


1919年に来日したユーハイム氏によって、
初めてバウムクーヘンが紹介されて以来、
日本におけるドイツ製菓の先駆者ともいえる「ユーハイム」。

d0005397_1184622.jpg

店内にはユーハイム氏の歴史を物語る写真などが飾られて、
雰囲気もあり、ゆったりとした空間。

ここでお茶や珈琲を楽しむのは、ブルストでお腹いっぱいのB夫人と私。
H氏はビールとハム、チーズのドイツ式ほろ酔いセット。
これにパンを別に注文したH氏によると、これはドイツの夕食のスタイルなのだそう。
ドイツでは暖かい食事は昼食だけで、夜は冷たい軽食を摂るのみであるらしい。

へえぇぇ~、意外。
ドイツってけっこう寒そうな国だし、冬の夜ともなれば、
舌が焼けるほど熱いジャガイモとベーコンの
シチューなどを食してるイメージでありました。

余談ですが、ビールを飲み、小用に立ったH氏、
さすが老舗のドイツ菓子店ゆえ、トイレの表示もドイツ語だったのに感心されていたが、
残念なことに「男性」のスペルに間違いがあるらしい。
「とはいえ間違って女性用に入ったりはしなかったようだけど」と、笑うB夫人。
帰りがけにその旨スタッフに伝えておいたので、今頃は訂正されているかもしれない。


そうこうするうちにそろそろ夕暮れ。
雨はまだやまないが、港町らしい神戸の雰囲気も味わってもらおうと、
傘をさして元町からハーバーランドまで、少し歩いていただいた。

ハーバーランドのモザイク・ガーデン。
d0005397_1185257.jpg


d0005397_1185448.jpg


d0005397_119394.jpg

雨でも営業中の大観覧車。
というか、ここだけお客がいて、しかも並んでいます。
ゴンドラ32基のほとんどが空のまま動いているのに、
たった4基のシースルーゴンドラに乗るべく、順番待ちをしているのです。

へぇぇ~と、またしても妙な感心をしている私を尻目に、
さっさとチケットを購入する夫妻。
「ええー、乗るの??」。
この夫妻、とくにH氏は、観覧車には目がないらしい。
もちろん乗るのはシースルーゴンドラ(普通のゴンドラより料金高し)。

d0005397_1194467.jpg

しかし、せっかくのシースルーも雨で曇っていて視界悪し。
メリケンパークはこんなカンジ。

d0005397_1193895.jpg

スケスケの足元から下を見るとこんなカンジ。

ところで、夫妻がこれまで乗ってきた数々の観覧車は、
頂上にくると、その旨ちゃんとアナウンスがあったそうな。
というのも、カップルが観覧車の頂上でキスをすると、
幸せになるというジンクスがあるからだそう。
うーん、そうなのかぁ。
遊園地デートに縁がないせいか、ワタクシ寡聞にして存ぜず。
恥ずかしや。
モザイクの観覧車はどうやらアナウンスがなかったもよう。
サービス不足であるなあ。

それにしても、どうせなら晴れた日に乗っていただきたかった観覧車。
H氏は稼動しておらぬジェットコースターも諦めきれずに、
しばしその前に佇んでおられたが、気を取り直して、ラストのお店に。

メリケンパークの夜景を望む「ニューミュンヘン ハーフェンブルク」で夕食。

d0005397_42568.jpg


ちなみに同系列の三宮店「ニューミュンヘン 神戸大使館」はこちら。
d0005397_1203166.jpg

こちらの店のほうが内装もずっとドイツっぽい。
私は子供のころ、この店をホンモノの大使館だと思ってたもんねえ。
大使館って、ビール製造してたり、から揚げがあるんだぁと思ったりしてた。

ええ今までもこのブログに何度か登場したことのあるこの店、
名前はミュンヘンだけど、ドイツ式のビールやソーセージもあるけど、
から揚げが有名で、ピザもあればチヂミもチゲも上海風の焼きそばもあるんです(^^;)。

d0005397_4255944.jpg

すみません、ドイツ風と称するビアホールだと思ってください・・・(笑)。
いいわけだけど、当初考えていた北野の本格ドイツ料理とワインのお店は、
この日は残念ながら定休日だったんだよね。
もっとも、昼からずっと飲み食いしているので、
さすがの私もこの上に本格のドイツ料理を食すのは無理だったかも。

d0005397_121964.jpg


この「なんちゃってドイツ的食い倒れ」。
後になって思ったこと。
まあレストランにせよ、カフェにせよ、ベーカリーにせよ、
よしドイツ人が創業し、ドイツを銘打ってはいても、
商業的に他のメニューを取り入れざるを得ないこともあるでしょうし、
また長年日本にあるうちに、日本人の好みや文化に同化していくのは無理もないこと。
それはフレンチにしてもイタリアンにしてもチャイナにしても同じでしょう。

それぞれのお国の方々には、
それだけその国の文化が日本人に馴染んでいるのだと、
寛容に許していただきたい。
それでも、世界各地で遭遇する、ムチャクチャな日本食レストランよりかは、
美味しいだけマシだと考えるのは、身びいきがすぎるかな(笑)。

d0005397_1211552.jpg


もっともB夫人とH氏は、そんなことはじめからわかっていらして、
短い時間ながら少しは神戸を楽しんでいただけたかと思う。
なんちゃってドイツの食い倒れのみで、観光もナシのまま、
JR神戸駅から京都の宿に帰っていかれたご夫妻に、画像だけですが、
北野異人館通りでもっとも有名な異人館、「風見鶏の館」を。

d0005397_1204739.jpg

「旧トーマス邸」、別名「風見鶏の館」。
ドイツ人貿易商ゴッドフリード・トーマス氏の邸宅として1905年竣工。
ご夫妻へ。機会があったらまた神戸に来て、この館も見物してくださいね。
設計もゲオルグ・デ・ラランドというドイツ人で、ユーゲント・シュティール様式だそうです。
ヨーロッパの世紀末芸術、私はけっこう好きなんですけどね(笑)。





d0005397_3574471.gif




[PR]

by tamarind-cafe | 2011-01-22 04:55 | 神戸&関西街歩き  

京都駅ビルLOVE


私はなぜかJR京都駅ビルが好き。

d0005397_0182875.jpg

広々とした開放感ある吹き抜けも好きだし、
映画『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』ラストの
京都駅ビル死闘シーンなんかは、
ビデオで何回も見ちゃってるくらい(笑)。
広場あり、遊歩道あり、ギャラリーも劇場もあり、
神戸にはないテイストの伊勢丹デパートもあり、
京の土産物充実の各ショッピングセンターなどは大のお気に入り。

なので、今回の宇治観光の帰りにもJR京都駅ビルで、
美味しい京土産を買いあさって、ついでに家電量販店にも寄って、
小腹が空いたら、京都拉麺小路で京ラーメンすすって、
それから北山で人気のスイーツ店の支店でケーキ食べてお茶して、
・・・・などと駅ビル満喫の構想を描いてた。

しかし、京都駅に戻ってきたときゃ、どこも閉店か閉店間近。
いきあたりばったりで時間使って遊んでるから、
いつも最後はそういうハメになるんだよね。

ということで、今回も京土産はゲットせぬまま、
Mさんに付き合ってもらって、駅ビル10階の「空中経路」に行くことに。
これも今までついつい行けなかった京都駅ビル名所なんだけど、

d0005397_0215279.jpg

わあ良いよ~、ここからの夜景。

d0005397_085242.jpg

駅ビル名物、大階段一望。

d0005397_083263.jpg

京都タワーも夜景となるとステキ!。
オススメです、ここ。タダだしね(笑)。

そして空中経路の果て、駅ビル屋上にステキなスポットを発見。

d0005397_0285586.jpg


d0005397_029033.jpg

ちょうどお茶したかった頃合い、イタリアンなオープン・カフェもみっけ。
お客さん多すぎずオンナノコ度高し。どうやらかなりの穴場。

d0005397_029512.jpg


d0005397_074832.jpg


d0005397_075827.jpg

きらめくイルミネーション、いいわあ。
やっぱり私は基本、都会好きなのかも(笑)。

d0005397_073887.jpg

Mさんの頼んだケーキは、チーズのケーキ。

d0005397_074430.jpg

えーと、私はなんだったけな、チョコ系のケーキ(笑)。

ポットでたっぷりの紅茶をいただき、満足、満足。
京都エンジョイの一日をシメたのでした。

Mさん、夜遅くまで付き合ってもらって、ほんとほんとありがとね!。




d0005397_056480.jpg




[PR]

by tamarind-cafe | 2011-01-19 01:16 | 神戸&関西街歩き  

神戸元町 まったりランチ&カフェ



ひさしぶりに友人imaniちゃんとランチ。

元町南京町で待ち合わせて、さあどこ行こう。
あちこち店頭のランチメニューを覗きこみつつ、
インド飯もいいな、あ、ベトナム飯も、でもやっぱり中華よね、
などと、食べたい候補が多すぎて、あわや難民化するところ、
南京町西安門でてすぐ南側、
通りすがりに目についたこのお店が、ふたりのアンテナにピピッときた。

d0005397_1874269.jpg
「元町Umahalo」

屋台風の店頭から半地下になった店内に、
誘い込まれるように入店。

初めてのお店なので、お店「おすすめ」の天ぷら定食をオーダー。

するとキターッ!!。

d0005397_188269.jpg


このゴーカっぷりにビックリ。
いや、あーた、700円ですよ、これ。

d0005397_1883576.jpg
天ぷら盛り合わせ。

海老ちゃんもこぶりながら二匹、
お野菜も香ばしくカラリと揚がっていて、まったく胃にもたれません。
ゆずの器にイカと葱のぬた和えもさっぱりとしてよろしぃなあ。
六甲赤みそを使ったおつゆも旨し。
コスパにうるさいあっしですが、いやぁ大満足。
器や小物にももてなしの心がいきとどいていて、
お店の方々の優しい応対っぷりもいいわぁ。

d0005397_188479.jpg

メニューも豊富だし、あたしゃこれから贔屓にしちゃいますよっ(笑)。

d0005397_18142352.jpg


いや~、お腹いっぱいになったね。

といいつつ、徒歩1分。
腹ごなしもできぬまま元町商店街の「豆茶」に。


d0005397_189157.jpg
「豆茶」は最近オープンした「はらドーナッツ」の直営カフェ。


d0005397_1891137.jpg
商店街の路面には、
いまや日本中に店舗展開しつつある「はらドーナッツ」の元町店と、


d0005397_189193.jpg
その後方に、今話題の「はらロール」のお店。

つまり二重構造。

なぜに別々?、なぜに一緒に売らぬ??。
人件費その他もろもろ、なんか非効率ではないのか?。

そのあたりはようワカランが、その2店の上が、カフェ「豆茶」。

d0005397_1892333.jpg
すなわち、はら三重奏(笑)。


カフェの入り口は、脇の路地に。

d0005397_18184012.jpg
この路地、澳門街(マカオ・ストリート)という名前(笑)。
ちなみに奥は南京町のメインストリートへと続く。


d0005397_18102889.jpg


d0005397_1810215.jpg

「はらドーナッツ」らしさは、壁面にも出ていて、こういうの好きだなあ。

表のメニューやドア、階段、踊り場の装飾も私好み。

d0005397_1829338.jpg


d0005397_18301561.jpg


d0005397_18272851.jpg


d0005397_1831110.jpg



店内の雰囲気もシンプルな小箱でいいカンジ。

d0005397_18323766.jpg
人気の窓際席。


で、imaniちゃんは「ずっと食べたかった」はらロールの、
まずはベーシックな白巻。

d0005397_18111096.jpg
国産米粉のふんわりもっちりスポンジに、豆乳のクリーム。
あっさりした口あたりにほんわか甘い、なんとも上品なあじわい。

近頃のケーキ同様、けっこうなお値段しますが、それもむべなるかな。


d0005397_18111665.jpg

あたくしは、はらドーナッツのジンジャーレモン。
いつも湊川本店で買うそれは、揚げたてをその場でほおばるか、
おうちでちょっと温めて食べるのだけど、
これはもう冷たくなってて、それが少しザンネン。
でもやっぱり美味しいよ。


d0005397_1811207.jpg
コーヒーに添えられてきたおからのクッキー。
これが絶品。
私、ふだんあんまりクッキー類は食べないのだけど、
これはエブリディ、エブリタイムいけますで~。


うーん。


d0005397_18361570.jpg


美味しいもの三昧で、なんかまったりとシアワセ。
神戸元町のガールズランチなのでした。



d0005397_1952393.jpg





[PR]

by tamarind-cafe | 2010-10-19 19:12 | 神戸&関西街歩き  

夜のロクヨン@旧居留地



沖縄から学会出席のため神戸初来訪されたマイミクのHarmonyさんと、
楽しいガールズトーク爆裂の夜を過ごしました。


まずはワタクシいきつけの紅茶専門店「madomado」にてお茶しばき。

d0005397_31681.jpg


大の紅茶党とおっしゃるHarmonyさん、
美味しそうなスイーツも食されてましたが、
ハナシに夢中で写真撮るの忘れたよ・・・(^^;)。
よって店画像はサイトより無断拝借。tete氏よ、ゴメン(爆)。

まったりティータイム、ほどよくお腹が空いたところで、
先日ランチの記事で登場した「bar&bistro64」に移動。


高級ブランドのショーウィンドーまばゆい夜の旧居留地をそぞろ歩けば、
ほどなくロクヨン到着。

d0005397_3152178.jpg



さすが花金ナイト、予約客で満席トカ。

d0005397_3151751.jpg



かろうじて空いていたバーカウンター席をゲットし、
改めて乾杯~!。
d0005397_3151366.jpg



ピッツァ・マルゲリータ、おいひいぃ~。
d0005397_315878.jpg



塩ヤキソバ風という、ちょいエスニックな味付けのパスタ、
これまたうまーい。
d0005397_31556.jpg



鶏の柚子風味の蒸し料理。いけるぅぅ。
d0005397_315018.jpg



オトナの時間、オトナのオンナにあるまじき
食いっぷりしゃべりっぷりで楽しめば、
時はまたたくまに過ぎて深夜の旧居留地。
どうやらそれは道路かっぽじり工事のピークタイム。

d0005397_3144933.jpg


現場近くで面白いもの発見。

こりゃなんじゃらほい?。
d0005397_3144613.jpg



現場と歩道を仕切る特設ガード。
かなたまで連なるそれは、もしかして象さんの群か?。
d0005397_3144358.jpg


うはは、
深夜の街はなにやら路上ウォッチャーをそそるブツが多そうな。


とはいえ、終電時刻も間近。
Harmonyさんをホテルに送り、早足で駅へ向かうアタクシ。
ま、いざとなりゃ歩いて帰れるのではあるが・・・。


そのころ。

夕方出たまま帰ってこないおやびんを待つこびんは、

d0005397_3122694.jpg


d0005397_3122393.jpg



かたやチャー子姐さん、

d0005397_312437.jpg





d0005397_3323835.gif



[PR]

by tamarind-cafe | 2010-09-18 03:52 | 神戸&関西街歩き  

旧居留地でランチ


ひさびさに旧居留地でランチ。

d0005397_1328317.jpg


朋友オススメのコチラのお店に。
たしかオープンして1年くらいかな。

d0005397_13283573.jpg


この店、神戸のカフェ草分けってな老舗カフェ系列だから、
店の雰囲気も料理の味も保証されてるようなもんで、

場所も場所だし、ランチ時はかなり混むみたいですぜ。
私たちは 賢く正午チョイ前に入ってりガッチリ席ゲット。

d0005397_13282851.jpg

店名の64はロクヨンと呼びます。
旧居留地のレストランやカフェは番地を店名につけるとこ多いね。

ランチの種類も多くてぐぅ♪。

パンはブッフェ式でこんなかんじ。

d0005397_13284078.jpg

ひとくちサイズにカットしてあるのがオンナノコには嬉しいっ。

って、誰がオンナノコやねん。
オバハンはもっとでかいの食いたいぞ。


d0005397_13284756.jpg

結局たくさん取るんやけどね(爆)。

ランチセットにはサラダかスープが付いてます。
どっちもいいが、どっちかと言われればやっぱり野菜。

d0005397_13285135.jpg


で、チョイスはパスタのランチ。
わし、相変わらずの麺食いっす。
この日のパスタは野菜と小柱のオイルパスタ。

d0005397_1329499.jpg

うめー。
見た目シンプルなのに、さすがプロの味じゃ。
って、アタリマエか。

d0005397_1329964.jpg


パスタは量がそんなに多くない(あくまで私的(笑)には)ので、
珍しくデザート(同系列のココのケーキなのでうまいに決まっている)もいっちゃえそうなのだが、
しかし、両隣と席が近いのはいいとして、話声が天井に響いて騒がしいのと、
ランチ時だけにあまりゆっくりできる雰囲気ではない
(食べ終えると同時に皿を下げていくあたり、スタッフ優秀)ので、
さっさとコーシー飲んだあとは、そそくさとお勘定。待ってるヒトに席を譲ります。

ゆっくりお茶とスイーツしたいときは、ランチ時間を外すのがいいみたい。
テラス席もあるので、もう少し涼しくなったらそっちも楽しみたいな。

で、食休みのため近所の別のカフェ(つうか、きっちゃ店)に移動(爆)。
しかしきっちゃ店って、いまだに禁煙・分煙してないとこあるってのを忘れてた。
せっかくの美味しいランチのあとなのに、ちょっと失敗。



ということで、肝心の食休みもそこそこに、
朋友は行きつけのヘアサロンに。
私は炎天下の旧居留地から逃げるようにしてサンチカに潜り、
デパ地下でお気に入りのケーキをゲットしてさっさと帰宅。

d0005397_13292272.jpg

ユーハイムのフランクフルタークランツ。
見た目はとっても地味(写真映えしない)だが、
サクッとしたデリケートなテクスチャーと、
ヘンな甘さが口に残らないあっさり上品な味わい。
いつ食べても美味しいぃぃぃ。

d0005397_19414623.jpg


それにしても、ああ、おうちは静かで涼しいのぅぅ・・・・(笑)。


みなさま。
まだまだ猛暑は続きます。
美味しいものガッツリ食ってがんばりましょうね。


d0005397_13293765.jpg




d0005397_13325168.gif



[PR]

by tamarind-cafe | 2010-08-06 13:36 | 神戸&関西街歩き  

ガッツリ夜カフェ



友人との夜カフェは、前にも登場したことのある、
隠れ家的カフェ。
d0005397_19521385.jpg


手づくり感たっぷりの居心地良いインテリア。
d0005397_19524447.jpg


メニュー多くスィーツも充実のこちらは、
イマドキのカフェにはない特色がある。
それは・・・・カロリー無視のボリュームたっぷり飯であるということ。

「最近、夜は炭水化物を抜いてるの」という、友人imani先生@大学教授。
「でもまあまだ時間も早いし、1日くらい大丈夫」と、私の巧みな誘導に、
迷いに迷って注文したのは、アジア風焼きうどん。

d0005397_19554346.jpg
ナンプラーで味付けした、なかなかイケる一品。

私も迷って、結局オムライス。
d0005397_19545448.jpg

私、オムライス大好きニンゲン。
しかし基本は昔ながらのシンプルでケチャップのかかったオムライスが好き。
でも、ま、たまにはとろとろ玉子のデミグラソースのオムライスもいいかもね。

ところが・・・このオムライス。
とろとろ玉子もたっぷりで、ソースもしっかり手が込んでいて、
しかもとろけるチーズまでかかっていて、見た目以上にゴージャス。
そして旨い。味がしっかりしていてとても旨いのだが、
量がすっごく多いのだ!。
カフェ飯とは思えぬ飯を出すのがこのカフェの特徴だと前述したが、
うーむ、これまたヘヴィ。

困ったことに、私は出されたものは残せないタイプ。
それがマナーとして育てられたニンゲン。
それもまずいものならまだしも、美味しいのだからなおさら。。

ううっ、キャパ越えました。苦ちーっ。
腹一杯で苦しくて、水も飲めないくらい(笑)。
幸いゆっくりできる店なので、
たわいないおしゃべりで、時間の許す限りのんびり腹ごなし。

友人imaniは、結局チーズケーキを追加オーダー。
オイオイオイッ。

d0005397_203449.jpg

いやいや、たまにはいいともーっ!(笑)。

彼女はとてもハードワークな毎日で、ルーチン・ワークのほかに、
こないだはアメリカで学会、次にフィールドワークでアフリカへ、
そして韓国でのシンポジウムから帰ったばかり。
加えて常に研究会や論文提出に追われている。
それがひとくぎり終わったので、一息ついての夜カフェとなった。


ハナシを聞くと、このごろかなり疲れがたまってたので、
鍼灸クリニックに通い始めたとか。
そこで質の良い睡眠を取るために「夜は11時から寝るように」といわれ、
まあそれは無理だが、せめて深夜には就寝するようにし、
すると自然早起きになり、以前は深夜にやっていた仕事を朝やるようにしたという。
それと夜はタジン鍋で蒸し野菜のみの食事。
しばらく続けていると、目覚めもスッキリ、体調が良くなってきたという。

それはとても参考になるハナシだ。
早寝早起き、わかっていてもなかなかできないのだけど、
ビミョーな年頃になってきているので、努力だけはすべきだよね。

なんて、カロリーのむちゃくちゃ高そうなカフェ飯食べて言うセリフじゃないか。

ちなみにマックス越えのオムライスの威力は激しく、
幸い胃もたれはしなかったが、24時間まったく腹が減らず、
私の次の食事は翌日の夕食であった。
まあそんなこんなで、カロリー調整されたような気もするが、どうか。

快調のimani氏、キモチに余裕が出てきたのか、最近はブログも始めたようで、
フィールドワークでは撮って当然の写真も面倒がって撮らなかったヒトなのに、
なんとカフェ飯の写真を撮りだした。

d0005397_2031456.jpg

いつも生徒に間違われそうなガーリー・ファッションのimaniちゃん。
こう見えて、なかなかの鬼教授らしい。

センセイ、焼きうどん画像。学会では使えませんけどね~(笑)。


[PR]

by tamarind-cafe | 2010-06-11 18:07 | 美味しいもの  

ご近所巡りとガッツリ昼飯


あいもかわらずのご近所風景なれど、
天気がよければチャリ下りて、コンデジ取り出しパチリと一枚。

兵庫県公館。桜、そろそろみごろ。
d0005397_1414641.jpg


神戸栄光教会。
d0005397_1421126.jpg


こちらはハーバーランドのきりんさん。
d0005397_1423712.jpg


手前に神戸空港、かなたには泉州さかいみなと。
d0005397_1431556.jpg


足元は川崎造船。
左下、チョコマカ動いてるちっこい船は水陸両用の観光バス。
その名もスプラッシュ号。
d0005397_1433865.jpg



腹が減ったら、ハーバー近くの隠れ家カフェへ。
d0005397_144036.jpg


地下には心地よいインテリアと音楽。
d0005397_1454083.jpg


奥のとっておきソファでまったり・・・・
じゃなくて、ガッツリ。
d0005397_1511618.jpg

近頃のカフェにゃ珍しい大盛り飯にコッテリ揚げもん。
その名もカツ飯。加古川の名物だそうな。

d0005397_1472099.jpg

あか~ん、食いすぎて、もう動けんわぁ・・・・。

沈没・・・・。
d0005397_2395046.jpg







オマケのYoutube スプラッシュ号で神戸観光♪




[PR]

by tamarind-cafe | 2010-03-29 02:12 | 神戸&関西街歩き  

トアロードでマクロビ昼ごはん


こちらもちょっと前、
ドイツの学会から帰ったばかりの友人imaniセンセイとランチ。
センセイ、数日後にはまたまたフィールド・ワークに出かけるため、
その前に仕上げなきゃいけない論文作成に追われて、睡眠も食事も不足のご様子。

なわけで、トアロードのマクロビオティックなカフェにご案内しました。

d0005397_12174869.jpg

トアロードにある『あげは。』

店内は賑わっているのに、やさしいキレイな空気が満ちているようなカンジで、
なんとなくホッとできる空間。とってもくつろげます。
女子率高し、もちろん全店禁煙。
d0005397_12181167.jpg


お店のテーマは「お気軽健康カフェ」。
このお気軽健康、ってのがいいよね。
カラダにやさしい美味しいご飯やお水で、お気軽に健康になろうよ~、という提案。

お気軽健康で、お気軽に仕事も人生もホイホイこなせそう(笑)。

で、お気軽なお昼ご飯。

d0005397_12183456.jpg


imaniセンセイは、「季節のせいろ蒸しごはん」を十穀ごはんで。
d0005397_1219353.jpg


蒸された厳選お野菜がとっても色っぽい♪。
d0005397_12192250.jpg


私は、豆カレーを玄米ごはんで。
d0005397_13192728.jpg

マイルドなお味でクリーミィ。美味しいです。



食後は、香ばしい有機のコーヒーと、
原とうふ店(あの、はらドーナッツの豆腐屋さん)の
豆乳を使った豆乳プリンをいただきつつ、
d0005397_12194319.jpg

またまた、ガールズ・トーク爆裂。

時間のたつのも忘れて、リラックスした昼下がりでした。
センセイもすっかり栄養補給と気分転換できた様子で、よかったよかった。


d0005397_13282752.gif



思うのですが、いいカフェに共通していえること。
どういうインテリアやどういうBGMか、
またどの程度の空間でくつろげるか、というのは人それぞれだけど、
居心地の良いお店には「おもてなし」のこころが息づいてますね。
常連さん、一見客さんともにこだわりなく、親しみをこめて接する気持ち。
あたりまえのようだけど、そういうところが欠けているカフェってのは、
どんなにインテリアに凝っていても、雰囲気に角が出るんだよなあ。

もちろんカッコウだけじゃなく、ちゃんとメニューのすべてが美味しいこと。
それも大事。

そういうステキなカフェを何軒かお気に入りにもっていれば、
そして、そんなお店に一緒に行く、気の合うともだちがいれば、
La Vie en rose!!。



[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-09-09 13:16 | 神戸&関西街歩き