タグ:Library ( 7 ) タグの人気記事

 

田宮亜紀 再び


先日の記事でご紹介させていただいた陶芸家 田宮亜紀ですが、
さきごろ発売になった新雑誌『Mitate』の創刊号の特集に、
本人と器が登場していました。
d0005397_2493184.jpg


お料理達人のところに陶芸家が自身の作品を持ち込んで、
自慢の料理でもてなしてもらうという企画。

d0005397_135132.jpg
めっちゃ美味しそう。

d0005397_16415.jpg
めっちゃ楽しそう。

え~、なんで私も呼んでくれんかったんかな。
ずるいぞ~い、バタバタバタ!←地団駄踏む音(笑)。

雑誌を見て、うらやましさに涙しつつ、ひとりお茶する私である。
d0005397_1111772.jpg
落雁を乗せている渋~い色の小皿は、
もちろん田宮亜紀の焼き〆。

d0005397_1142856.jpg
上品な落雁(いただきもの)に合うのは、濃く淹れた「白毛猴」。
茶杯も上の小皿と同じ窯で焼かれたもの。
作家は中国茶を意識して作ったものではないでしょうが、
私は好んで茶芸に用いております。
(酒杯とツマミ皿としても使ってますがのう、ふぉっふぉっ)
茶海として使った片口も田宮作品。
この片口、茶芸にドレッシングに惣菜にと、日々こき使われております。

こき使われるで思い出したが、
小皿と茶(酒)杯は、薪窯を手伝ったおりのご褒美でちょうだいしたものです。

ちなみに大変ですよ、陶芸家って。そのほとんどがチカラ仕事だもんね。
なので仲間たちもタイヘン。薪窯になると徴兵されるんでやんす。
求められるのは友情より労働・・・なんちて(笑)。

てなことをつぶやきつつ、落雁に続いて栗饅頭(※ありがとうharuさま)。
d0005397_14046100.jpg
刷毛目片口。田宮亜紀の人気定番作品。ころんとして可愛いのだ。
普段は煮しめを盛りつけたり、とろろ汁なんかに使ってますが、
『Mitate』特集では田宮片口にミネストローネを盛っていました。
そういう使い方もいいね。


で、お知らせ。
 田宮亜紀の春の個展、近々始まります。

d0005397_14578.jpg

田宮亜紀 陶展 
ギャラリー阿吽 (静岡県三島市北田町7-3 三四呂内)tel055-972-1243
2009年3月21日(土)~3月31日(火) ※3月25日(水)休廊
10:30~19:00 (最終日17:00まで)
在廊日3月21日(土)、22日(日)


三島ですが、お近くにお住まいの方は、ぜひ寄ってみてください。
4月には横浜、5月には千駄ヶ谷での個展が予定されています。


ついでといってはなんですが、
田宮亜紀の著書も紹介させていただきます。

陶芸の基本が学べる本です。
作陶の手ほどきだけでなく、粘土や窯の種類の解説もあって充実の内容。
田宮作品が、全点カラーでたっぷり掲載されています。
d0005397_2223133.jpg

「陶芸教室」   田宮亜紀 著
誠文堂新光社 刊
B5変型(210×182)判 1680円(税込み)

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2009-03-14 01:51 | Information  

観たよ! 『ライラの冒険 黄金の羅針盤』


先日、『ライラの冒険 黄金の羅針盤』
の試写会に行ってきました。
d0005397_14372138.jpg

いやぁぁ、良かった!。
こーいう映画、こーいう主人公を待ってたんじゃよ~。

今世紀のシネマは空前のファンタジーブームで始まったトカ。
なるへそ、ハリポターのシリーズに、ロード・オブザ・リングの三部作。
そして『ナルニア国物語』。
どれも今世紀ならではのCGを駆使し、エンターティメントとして面白く優れている。
が、私自身にピンとくるものはなかったなぁ。
ナルニアは正統派すぎてチト面白味に欠ける気がし、
ハリポタとロードは主人公の性質が暗い、重い、ヾ(-_-;)。
ミリョク的なワキが大活躍し、かろうじて助けられ運命に立ち向かう彼ら・・・。
うーむ、どーもイマイチ痛快感に欠けちゃうカンジなのよね~。


ところがドッコイ!、ライラは違ったね~。
原作はまだ未読なので、映画のキャラクター設定で見る限りでは、
彼女は出生も育ちも複雑なせいか、ちとワガママで向こう見ずな少女。
反面、賢くて友情に篤く、行動力があり、勇敢というか、ときどき無謀。
やめろと言われたら、ぜったいやっちまうその自信は、いったいどこから?。
そんなライラに魅せられるように、オトナたちは彼女についていく。
カリスマ性があるんじゃわ。
しかも、パラレル・ワールドの謎を解き、
真実を告げる羅針盤を読めるのは世界にライラひとり。

いや~ん、もうシビれちゃう~。
ってか、ライラの前に、謎のコールター夫人に扮するニコール・キッドマンを見たときゃ、
その美しさ妖艶さに腰抜かしそうになりましたが。
ニコールを見ているだけで、こちらもイイ女になれそうな。って、そんなワケあるかいっ。

この映画のミリョクはライラ役の新人美少女のダコダ・ブルー・リチャーズと
美貌のニコールだけでは、もちろんない。
他のキャスティングも濃いし素晴らしい俳優揃いなのだが、
そのあたりまで書くと長くなるし、原稿料発生する(嘘)ので、はしょります。

この物語ならではの特筆すべきキャラクターがいるのだよ、諸君。

ライラの世界、パラレル・ワールドでは、
ヒトはみなダイモンと呼ぶ自分の魂の分身のような存在と生涯をともにしていて、
そのダイモンはみな動物・鳥類・昆虫のカタチをしている。
ライラのダイモンはパンタライモン(通称パン)という名で、
彼女がまだ子供(発展途上)のため、カタチが定まっていないが、
オコジョとかヤマネコの姿がお気に入りの様子。
これがまためちゃ可愛い。

もし、コッチの世界の自分にもダイモンがいるとしたら、いったいどんなカタチだろう?。
そう思ったアナタ。
さっそく公式HPで、
ダイモン⇒あなたのダイモン⇒20の質問アンケートに答えて、
自分のダイモンを見つけましょう。

私は「虎」でした。うっしっし、やっぱり猫科だった。
d0005397_3323747.jpg
ダイモンの性別は主と対になっているので、私の場合は雄の虎なんですと。


ところで、映画本編は112分、2時間弱と、イマドキの映画にしては短く、
これは、あまりにも有名な原作をみな読んでいると想定してか、
出来上がったフィルムを30分ばかりもディレクターズ・カットしてしまったらしい。
(制作費250億円もかけてるのに、惜しげがないのう)
余分な説明がない分、ぶっちぎりでストーリーは進む進む。

海風をきり、空を飛び、氷上を駆け、スピード感たっぷりのこの映画。
ああもう今から続編が待ち遠しい!。

しかしとりあえずは原作読みつつ
3月1日の『ライラの冒険 黄金の羅針盤』一般公開を待とう。
もいっかい観るつもりかいっ(爆)。


原作のフィリップ・プルマン著 『ライラの冒険』シリーズは、
全英ファンタジーの金字塔といわれているそうで、
BBCの「イギリス国民にもっとも愛された小説」の調査で、
なんと三位にランキングされたのだとか。
ちなみに、一位はトールキンの『指輪物語』、二位はオースティンの『高慢と偏見』、
四位が『銀河ヒッチハイク・ガイド』で、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は五位、
『アラバマ物語』が六位、『クマのプーさん』が七位、
ジョージ・オーウェルの『1984年』が八位で、
C・S・ルイスの『ナルニア国物語 ライオンと魔女』は九位、
十位はC・ブロンテの『ジェイン・エア』。
へ~、『不思議の国のアリス』とかディケンズとかは入ってないのか~。
わかったようなわからんようなランキングである。

まあそれはさておき、『ライラの冒険』日本語版は、新潮社から出版されています。
d0005397_353315.jpg
※文庫版は2月初旬重版出来です。書店さん各位はどんどん予約注文してあげてちょーね。

こちらGyaOの『ライラの冒険』特設サイト
予告編にインタビュー、メイキング動画満載♪。

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-02-01 04:17 | Entertainment  

2.22 猫の日とねこまんが♪

今日は2月22日。
ニャンニャンニャンで猫の日なんだそうです。

世間じゃなにかスペシャルなイベントがあったのかな?。

ウチのニャンどもはいつもと変わらず。

朝、あわただしく愚妹が出かけたあと、
姐さんを見ると、ノビノ~ビと、独り寝中。
d0005397_20595532.jpg

d0005397_2103348.jpg
あ、これは失礼!。
それにしても、寝起きの機嫌が悪いトコなどは愚妹にソックリや(>_<)。

こびんも自分のカウチで二度寝中。
d0005397_2131414.jpg

d0005397_2112846.jpg
ちゃうよ~。
d0005397_2114012.jpg
猫の日だっちゅーのに、プレゼントをなにも用意してなかったのは失敗。
上物のマタタビを取り寄せておくべきだったね。
ま、それは後日改めて、つうことで。

ところで猫の日で
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2007-02-22 23:24 | 2にゃんねる  

『世界を見る目が変わる50の真実』

何気なく観ていたTV番組『世界一受けたい授業!!』に、
イギリスBBCのジャーナリストであるジェシカ・ウィリアムズさんが登場しました。

それでちょっとビックリしてしまいました。

彼女は一年ほど前に日本でも翻訳本が出版された
『世界を見る目が変わる50の真実』(草思社)の著者です。

d0005397_4185315.jpg


私もこの翻訳本で、知識だけは持っていたことの具体的な数字を知ったり、
まるで知らなかったことを教えられたりして目からウロコを落とした読者のひとりです。

たとえば、
 
★自動車は毎分、二人を殺している。

★肥満の人の三人に一人は発展途上国に住んでいる。

★世界の五人に一人は一日一ドル未満で暮らしている。

★世界で三人に一人は戦時下で暮らしている。

★世界中の紛争地帯で戦う子供兵は30万人。

★毎年10の言語が消滅している。


等々。

ええっ~?と思うこと、やっぱりかよ~と思うことが取り上げられています。

また悲惨な事柄ばかりでなく、クスッと笑いを誘うテーマも盛り込まれています。

★ブラジルには軍人よりも化粧品の訪問販売員のほうが多い。

★英国のスーパーマーケットは政府よりも多くの個人情報を持っている。

★米国は国連に10億ドル以上の未払い金がある。


等々。

いずれも数字を指し示しながら、鋭く原因を探り、問題点を的確に表しているので、
誰が読んでも、非常にわかりやすい構成になっています。

そして、この本を読み終えるころ、読者にぼんやりとみえてくるのは、
強国、富裕国による途上国、貧国への窄取だったりします。
もちろん環境破壊しているのも先進国だしね。

そして重要なことは、著者が前書きで
「これらは事実だが、変えられないわけではない」と言っている点です。
同じことをTVでも言っていましたね。

つまりこの本をただの雑学本にして欲しくないということです。
この本をきっかけに、たとえ少人数であっても、
世界を変えていこうという人々が増えれば、
世界はきっと変わるだろうと、そう願っているということです。

私もそう思いたい。
いや、思っているだけではダメか。行動しなくちゃね。

たとえば、日本は世界でももっとも多くの援助を途上国に対して行なっている国です。
だからこそ国民は世界のさまざまな問題点への意識を、もっと高めなくちゃいけないですね。

ちなみに、ジェシカ・ウィリアムズさんは若くてとても美人でした。
私がTVで彼女を見てビックリした理由は、実はそこにあったんですね(笑)。

せっかくだから、
本の帯にでも彼女の顔写真を載せたら、もっと売れるかもよ草思社さん。
って、余計なお世話か。

でも多くの人に読んでもらいたい興味深い本であることは確かです。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-04-30 04:32 | 雑学  

晩秋のホットアップルサイダー

肌寒くなりました。いよいよ晩秋です。
冷え込む深夜、なにか温かい飲み物をと思いたち、
ホットアップルサイダーを作りました。

d0005397_3155992.jpg


ホットアップルサイダーは、絞った林檎汁にシナモンを加えて鍋で煮た飲み物です。
林檎のまろやかな酸味とシナモンの甘みが溶けあって、
湯気と共に良い香りが部屋に広がります。
カップを手のひらで包んでゆっくりと味わえば、カラダばかりかココロも温かくなります。

この飲み物は、アメリカの、ニューイングランド地方の伝統的な冬の飲み物だそうです。
ニューイングランド。紅葉とメープルシロップで有名な雪深い土地。
いかにもホットアップルサイダーが生まれそうなところですよね。

ニューイングランドといえば、バーモント州で悠々自適の暮らしを営む、
絵本作家ターシャ・テューダーの1年を記録した『ターシャ・テューダー四季の庭』
という番組がNHKで、放映されました。
すこし前、秋の始まりのころ、9月のことです。
すごい反響だったようで再放送もされましたから、きっとごらんになった方も多いことでしょう。


d0005397_4491552.jpg
d0005397_4493190.jpg


ターシャ・テューダーの絵本のファンは世界中にたくさんいるでしょうが、
彼女自身のライフスタイルに共感する人もまた多いようです。
私も番組を見、90歳になるターシャが「今が一番いい時よ」といい、
次の春に咲かせるために、たくさんの球根を植えるのを見て、
いいようのない感動を覚えました。

ターシャは美しくも厳しい自然あふれるバーモントの地で、
昔風の家を建て、開拓者のような暮らしを好み、
アンティークの衣類や家具や道具を愛し、食べものや日用品を手作りし、
自然にまかせたとしか思えない広大な庭を、長い月日をかけて創り上げています。
それはたゆまず努力して手に入れた彼女の実りです。
「自分の思うような庭を造るには、少なくとも12年はかかるのよ」というターシャの言葉を聞き、
私は思わずハッとしてしまいました。

その日、その時が楽しければ良いと過ごしてきたキリギリス型の私。
そんな生き方、考え方は、10年前の大震災からますます増長して、今日に至っています。
植物でいえば1年草。そんな私が、宿根草のようなターシャの生き方に感動してしまう。
ない物ねだりしてしまいそうで、それはまずいなあと思いつつ、
あれからの私は一冊、また一冊と、ターシャの本を読んでいます。


d0005397_450666.jpgホットアップルサイダーをすすりつつ、
今夜もまたターシャ本を開きます。
いきいきとして、ユーモアもたっぷりな
ターシャの言葉は、暖炉の火のように暖かくもあり、
林檎のように酸っぱい香りもするようです。

d0005397_4502247.jpg

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-11-21 05:12 | Entertainment  

チョビ子先生のニャガ・レッスン

面白い本見つけました。

d0005397_14644.jpg
『ドガ 犬的ヨガ健康法』(新潮社)
ワンコのヨガ的ポーズをドガ(ドッグのヨガ)と呼び、
ドガをワンコと一緒に行なって、ハッピー&心身の健康の素にしようという本。
NY在住のヨガ・インストラクターとアニマル・コンサルタントの共著だそうですが、ワンコ好きにはたまらん発想ですにゃあ。

しかしニャンコとできるニャガ(和製名だにゃ)本はまだ出ていない様子です。
本来は同時発売されてもよさそうなものですが、
遅いですなあ。


そこで、本日はニャガ本発売促進デモンストレーションのため、
チョビ子先生にご登場願うことにしました。
なんといってもチョビ子先生、歩く姿はデューク更家、走る姿は萩本欽一といわれるほどのストレッチの達人です。素晴らしいニャガ・ポーズを見せてくれることでしょう。

みなさまも、チョビ子先生とのニャガ体験を、ぜひご一緒にお楽しみください。

「まずはニャンび体操。
大きくのびをして~、カラダをそらすように伸ばしましょう」

d0005397_1471029.jpg


「最初は、カラダをねじって腕を背中に回すニャガです」
d0005397_156148.jpg

「イチ、ニッ、サン。ハイッ、今度は反対側。左右交互にゆっくりと行ないます。
背中の毛づくろいが出来るほど、ねじれるようになりましょう」

d0005397_1561679.jpg


「今度は、リラックスして手足の血行促進です」
d0005397_27039.jpg

「手足を交互にプルプルさせましょう」
d0005397_2151575.jpg


「だいぶカラダが柔らかくなりましたね。
それでは、今度は前足を内にまげてください。こんなふうにです」

d0005397_2165950.jpg


えっ、あ、先生。私、ちょっと、前足がないんですが・・・。

「まあ、出来ないっていうのね」
d0005397_220278.jpg


す、すみません・・・。

「しかたないわね。それではつぎ。
瞬発力を養うニャガです。まずは箱にすっぽり入った基本のポーズから~」

d0005397_24336.jpg

「ハエを見つけたときのイメージで、勢い良く飛び出します!」
d0005397_2441958.jpg


あ、あの先生~、ワタシが入れる箱が見つからないんですが~。

「なんですって?」
d0005397_253630.jpg


す、すみません・・・。

「しょーがないわね。
じゃあ今日はここまでよ。最後に大きくのびをして~、ハイッ、終了です」

d0005397_2391332.jpg


呆れたチョビ子先生、さっさとニャガを終わらせてしまわれました。

その後、楽屋でのチョビ子先生談。
d0005397_321794.jpg


そんなこと言わないで、またやりましょうよ~、ねっ、チョビ子先生♥。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-10-25 03:17 | こびん  

星の王子さま


あるとき、王子さまが白黒チョビ星に降りていらっしゃいました。

d0005397_135942.jpg


「おや、もふもふの毛皮でできた、なかなかいい星だね」と、王子さまは気に入ってくださり、
それを聞いた私も、たいへん嬉しく思っていました。

ところが、今日、
お気に入りのカステラ箱でうたたねしていたはずの白黒もふもふ星が
王子さまを見つけてしまいました。

d0005397_117510.jpg

「なにって、王子さまよ。とても有名な方で、いろんな星の見物をなさっているのよ」

d0005397_131255.jpg


d0005397_1314259.jpg


     あっ、コラッなにするねん!!


王子さまはこの世には、凶暴な星もあることを、
身を持って知られたのでありました。

さいわい、怪我のなかった王子さまに、私の宝物を見ていただきました。
大事にしている絵本です。
箱入りなのですが、ちょっとふちが黄ばんでしまっています。
腕時計はいつだったか、どこかのヒコーキの、機内販売で買ったものです。
もしかしたら、AIR FRANCEだったかもしれません。
見つけたときはとても嬉しくて、買った後も少し興奮してしまいました。

「旅に出るときもしていくのよ。王子さまと一緒に旅をしている気分になれるでしょう?」

王子さまはなにもいわず、微笑んでいました。
d0005397_146562.jpg


そして白黒もふもふ星です。

「寝ちゃったね」と、愉快そうにおっしゃる王子さま。
ムッシュウ・サン・テグジュペリいわく「寝転んで読んで欲しくない」本だというのに、
それを枕に寝ちゃうとは。トホホホなヤツです。
d0005397_1445133.jpg


「ぼくの星に行った夢を見ているかもしれない」と、王子さまはいいました。
でもおやびんは思います。
「いいえ、コヤツが行った先は、きっとカツオ星に違いない」と。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-09 02:12 | こびん