愛しきローバープン

台湾の屋台食をこよなく愛するワタシ。
なかでも台湾滞在中は、毎日食べるほど好きなのが、ローバープン。
d0005397_236218.jpg
ローバープン、漢字で書けば、魯肉飯。
ちなみにローバープンは台湾(福建)語の呼び名。北京語だとルーローファン。
濃い甘辛味で煮込んだ豚の角煮、もしくはそぼろ煮を飯の上にかけたもの。
いつでも誰もが食べている、台湾人の日常食。
d0005397_2364987.jpg
それぞれの店、それぞれの家庭、味付けもそれぞれ異なる。

ときどき無性に食べたくなって作る私のローバープンは、
よく通った台北晴光市場の屋台の味に近いかも。
d0005397_2392263.jpg
煮汁もたっぷりかけるのが好き。たくわんを添えるのが台湾流。


こうなりゃ食後のデザートも台湾風。
d0005397_23162317.jpg
芒果牛奶刨冰(マンゴーの練乳がけカキ氷、バニラアイス添え)。
う~ん、満足、満足♪。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-08-09 23:23 | 旅のハナシ  

<< 箱取り合戦 焼肉はクセになる? >>