秋深し・・・


またまたご無沙汰してました。

しばらく秋らしくない日々が続いた関西でしたが、
それでも
d0005397_2451966.jpg
金木犀のデジャヴな香りが街角に漂えば、
d0005397_246829.jpg
気分はすっかり「もの思ふ秋」へ・・・、
d0005397_2485062.jpg

といいつつ、もの思ふより、もの食う秋はなお深く、
d0005397_2493099.jpg
完熟柿はどえりゃ~うまい。

いちぢくも巨峰もうまい。紅玉りんごの菓子パンもうまい。
d0005397_252478.jpg

栗もうまい。
うまいが渋皮むいて栗ご飯するのはめっちゃ面倒やったわ、きぃぃ。
d0005397_2571328.jpg


丹波篠山の黒豆枝豆ももちろんうまい。
とくに「紫ずきん」は味が濃くてかなーりうまい。オススメ。
d0005397_257558.jpg


そういや秋鮭なんかも旨いですなあ。
サーモン丼なんかにしてもイケる。
d0005397_30025.jpg



んなことしてるうちに、気がつきゃ十月も終わりに近く・・・・、
あちゃ~。

巷じゃクリスマス・ケーキはもちろん、御節予約の勧誘も始まり、
カレンダーや年賀状も売り出され・・・、

あらら、こりゃまずい。
このままズルズルとブログ更新を怠けると
アッというまに新年が来ちゃうじゃんよ~。

ということで、

久々に・・・、

ルネッサーンス♪。

d0005397_2101969.jpg

って、あたしゃ髭男爵かーい。

いえ、ここはレッドカーペット、ではなく小さなトラットリア。
d0005397_2203898.jpg


突然、濃厚なチーズ味が恋しくなって、
そこへ朋友からグッドタイミングなランチのお誘いがあり、
渡りに船とばかり、三宮の路地裏の旨々イタリアンに直行。

久々のピッツァでした。
キノコとトリュフのタルトゥーフォと、四種のチーズのクアトロフォルマッジ。
d0005397_220632.jpg
うまーい。

d0005397_2205793.jpg

スープもサラダも、
最後のカフェラテ(不甲斐ないがドルチェはもう入らねえ)も満足。
d0005397_221201.jpg


てなわけで、相変わらず食へのテンションは高し。
テンション高く身も肥ゆる秋(爆)。

おうち飯もテンション高いです。
先日、友人たちがマカオで食い倒れしたと聞き、
「なぁにぃぃ~、やっちまったなー(クールポコ師匠の口調で・・・)」と、
ハナイキ荒く反応。
なかでも「アフリカンチキンがとくに美味しかった~」というのに、
私の食い意地は激しく刺激され、
速攻で、なんちゃって「アフリカンチキン」を自作。
d0005397_2282784.jpg
オリーブオイルとガーリック、チリ、パプリカや塩コショウなどで
一晩漬け込んだ鶏肉とジャガイモを炒め、
チキンストック、香味野菜、スパイス、トマト、ココナッツ・ミルクに
ローリエを加えて作ったソースで煮たのち、器に入れてオーブンで焼きました。
ネットで調べた某有名店のレシピをアレンジしたもの。

蛇足ながら、この「アフリカンチキン」は、マカオ料理の代表料理。
そもマカオ料理つうのはなんぞやというと、
長くマカオを植民地としたポルトガルの貿易商人たちの、
アフリカ~インド~マレーシア~マカオ(中国)の食べ歩きの成果、
各国食文化のブレンド、ええとこ取りのごった煮、
すなわち大航海時代の遺産というべき料理の総称にござんす。
アフリカン・チキンにカリー蟹など、独特の料理の数々は、
マカオに多くあるポルトガル料理店で食すことができますが、
おそらく本国ポルトガルには存在しないメニューではないかと思いますなあ。
ま、そういうこっち(神戸)にもマカオ料理店なんてないので、
やむなく自作したしだい。

一緒に作ったスープ。
d0005397_10153173.jpg

中で浮いてるパスタにご注目。
これじつは、
d0005397_10163092.jpg
黒猫の顔と肉球なんですと。
d0005397_10365769.jpg
ハローウィーン用のパスタでした~。

黒猫ならず、ウチの白黒猫は・・・、
d0005397_10181394.jpg
ジャック・オ・ランタン(のフリしたカボチャ餡の菓子パン)とにらめっこ(笑)。

ということで、
d0005397_10242854.jpg

これからもよろしく♪です。



PS:いただいたコメント、とても励みになります。
こころから感謝しています。ありがとう!。


[PR]

by Tamarind-Cafe | 2008-10-28 10:29 | 美味しいもの  

<< 秋晴れの相楽園 おひさのニャンズ♪ >>