タグ:雑貨 ( 39 ) タグの人気記事

 

ドイツからの贈り物 猫のカード

ドイツ、フライブルグにお住い(ご帰国直前)『のんびり午睡』のwhitewaterlilyさんこと、
りりぃさま、又の名を「CISチョコレート情報局」のMさまから、猫ちゃんのカードをいただきました。

d0005397_422939.jpg

1枚は一目でそれとわかるピカソ。
ピカソらしいワイルドなニャンコです。
ウチのこびんもワイルドで売ってるけど、
鳥を捕獲するなんてのはぜったいムリ(笑)。




2枚目は、こびんにそっくりということで、これをメインに送ってくださったカード。
d0005397_4154554.jpg

アメリカの現代画家のロウェル・ハーレロの絵です。
たしかに、こびんに目の色もマスクの形もよく似ていますね~♪。
どうですか?。
d0005397_4203754.jpg


自らもファーマーで、動物や自然風景画の多いハーレロは、
たくさんの猫の絵を描いています。
d0005397_4275629.jpg
どの猫ちゃんも魅力的だけど、やっぱりこびん似が一番かなぁ、なんちゃって(笑)。


3枚目は、アールヌーボーの代表的画家のひとり、スタンランの「黒猫」です。
d0005397_439576.jpg
ロートレックが大好きな私は、彼の影響を濃く受けているスタンランも好きで、
私の持っている画集や図録などにも、この「黒猫」は載っています。
初出はスタンランが1896年にパリのキャバレー「Chat Noir」の再オープンのために
描いた案内状。原画はハンブルグの装飾工芸美術館にあります。
この「黒猫」は、その後も刷りを変え、デザインを変えて、あちこちで活躍したようです。
d0005397_4383995.jpg
デザインの違うもの、同じでも微妙に色合いが異なるカードがあり、なんだかワクワクします。
りりぃさまにいただいたのは、その一枚で1898年に出たデザインです。

スタンランの猫の絵は、この「黒猫」の他にもタッチの違うもの含めていろいろありますが、
私もポスターを持っていて「黒猫」同様に人気の高い作品に、こういうのもあります。
d0005397_4375659.jpg
d0005397_5174723.jpg
こうしてみると、黒猫が多いですね。スタンランの飼っていた猫が黒猫だったのかもしれません。

思いがけず、りりぃさまにいただいたカードは、かの昔、
アールヌーボーやアールデコ、ユーゲント・シュティール、ジャポニズムなどに
憧れて、展覧会通いをしていた時代を懐かしく思い出させてくれました。


そして、美しい手跡のお手紙が添えられた封筒には、
5種類のドイツの切手が貼られていました。これもまた、とても嬉しい贈り物です。
りりぃさま、ほんとうにありがとうございます。
d0005397_5264567.jpg


カードの他にもいただきものがあるのですが、そのご紹介はまた次回に。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-03-22 05:37 | my favorite  

今夜は美ら島気分

休暇を沖縄で楽しんだ友人から、
手縫いの紅型巾着と、月桃とクチャのハンドメイド石けんをいただきました。

d0005397_20594075.jpg

めっちゃかわええ~♪

石けんは『ラ クッチーナ』という工房がコールドプロセスで作ったもので、
EVオリーブオイルと、ヘーゼルナッツ、ククイナッツ、ホホバオイルなど、
リッチなオイルをベースに、
死海のクレイと同等のミネラルを含むといわれる沖縄クレイの「クチャ」と、
美容、殺菌、アロマテラピー効果のある月桃が配合された贅沢なもの。
うほほほ~、さすが長年の友。私のツボを心得ているわ~。

友人手作りのキュートな紅型巾着は、
紐がリボンで、ストッパーとしてガラスのビーズがついてます。
う~ん、なにを入れて使おうかなあ。嬉しいなあ。

この友人、もともとセンス良く工芸が得意なヒトなのですが、
沖縄でまたなにかイマジネーションを得たようです。
まだまだ何か作りそうな気がするなあ。楽しみ♪。

そういや私も沖縄で遊ぶたびに、何か作りたい気分になってますなあ。

離島で拾ったビーチグラスや、貝殻を眺めていると、
「そのままでもステキだけど、ちょこっと何か作れそう」とか思っちゃって、

d0005397_22144239.jpg
ビーチグラスのストラップや、チョーカーなど。
それから、小さな貝殻と余ったボタンで作った画鋲(コルクボードで活躍)。
デキの良かったのや気に入ったのは友達にあげちゃったので、
今見たら、こんなのしか残ってなかった。
また作ろうかな~。

でもめちゃハマッたのはシーサー作りですね。
っていうか、いまもずっとハマッたままです。
作っている間は無心で、時間のたつのも忘れます。
これまで陶土や粘土でいろいろ作ってみたけど、次は漆喰でやってみたいな。
どうやら長~く続く趣味になりそうなんです。

d0005397_22145616.jpg


そんなことをつらつらと
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2006-02-25 22:50 | my favorite  

冬の風鈴



♪シャラーン、キーンン
♪シャララーン、キィィーンン

こころ洗われるやうな風鈴の音が響くのは、去りし夏の午後、
ではなく、
外気温6度の本日の午後のことでございます。

d0005397_20491864.jpg


西日よけの簾と観葉植物のせいで夏っぽく見えまするが、
当家は、あるじの趣味と怠慢で、年がら年中夏バージョンなのでございます。
風鈴の下に控えおるは、当家の若衆 古瓶之丞千代美丸。
夜となく、昼となく、また秋だろうが冬であろうが、
気の向くままに風鈴をかき鳴らすのを、たのしみとしておりまする。

右手でひょい
d0005397_20495336.jpg

d0005397_20501418.jpg


この風鈴は、戦国の甲冑匠 明珍家の52代宗理氏の手になる
火箸風鈴でござります。
兵庫を代表する伝統工芸品のひとつといっていいこの風鈴は、
丸状と 角状の火箸を組み合わせて作られており、
その音色は他に類のない美しさ。

あるじはこの比例なき音色をことのほか愛し、
「夏のみとは惜しい」と、
通年出しっぱなしにしているのでございますが、
それを古瓶之丞千代美丸が見過ごすはずはございませなんだ。
ちなみに風鈴にあるべきヒラヒラとした紙栞を食いちぎったのも、
もちろん千代美丸でございます。

左手でちょい
d0005397_20504339.jpg


二本立ちのまま、本日の千代美丸の風鈴演奏会は、
飽きることなく続いたのでございます。






[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-12-19 20:10 | こびん  

寒波の日のSurprisePresent♪

めっちゃ冷え込みです。寒波だそう。しかも降りしきる雨。
やだやだ~。
寒波はいらんからカンパくれ~と、ひとりギャグ飛ばすと、ますます寒くなりました。
なんでやっ??。

朝だと思えないくらい外も暗くて、気分ドヨヨ~ンとしていたところ、
宅配さんが、冷たい雨の中、とっても暖か~い贈り物を持って来てくれました。

ジャーン!!

d0005397_15481969.jpg


d0005397_15493640.jpg毛糸のお座布団です。
ふっくら可愛い花模様。

これは友人の91歳になる
おばあちゃんが編んだもの。
友人宅で見て、いいなぁとうらやんでいたら、
なんと新しく編んで送ってくださったのです。
それも3枚も!。
めっちゃんこ嬉し~♪。

                    
              おいおいおい。アカンで~、キミにはやらへんで~。
d0005397_1614968.jpg

                 
オサレにはほど遠いデスクチェアも、これ一枚でほっこりとした気分になれそう。
d0005397_15503299.jpg
身もこころもしばれる寒波の日に届いた、思わぬプレゼント。
お座布が温めるのは、お尻ばかりではありません♥。
すっかりいつものテンションを取り戻したワタシ(ホホホ)。

こころ優しき友よ、そして彼女のお祖母ちゃん。
あったかいお座布のカンパ(まだいうか)、ありがとお~♪。

だが、こころ温まらないヤツがここに!
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-12-04 16:59 | my favorite  

チョビ子嬢の秋冬ファッション

先日の蝶ネク・ファッションで、チョビはゆったりした首輪なら、喜びはしないものの、さほど嫌でもなさそう、つまりはかなり無頓着と判明したので、おやびんの気晴らしにまたやってみました。

d0005397_385082.jpg
南ア北部からジンバブエにかけて住むンデレベの人たちが作ったビーズをつけたチョビ。
ブツはヨハネスブルグ国際空港内の『Out of Africa』で購入したもの。


d0005397_319157.jpg
けっこう我モノのような顔のチョビ。
わかってるだろうけど、ちょっと貸してあげてるだけだかんね。


d0005397_3225579.jpg
衣替えのためクロゼットの整理をしていたら、例によってお邪魔虫するので、出てきたマフラーを巻いてあげた。およよ、おやびんより似合うかも?!。


d0005397_3264023.jpg
「なんや、なにか言いたいことあるのん?」
「どーでもいいけど、おやびんのお古ばっかりやん」
「ははは、(^^ゞそやな~」
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-23 03:36 | こびん  

神戸南京町『中秋節』

d0005397_1353732.jpg
昨日、神戸元町まで用足しに出たついでに神戸の中華街である、南京町に寄りました。
18日の中秋を挟んで3日間、『中秋節』が開催されているのです。
あいにく天気は曇り気味、そのくせムシムシと暑く不快指数高い日で、中秋気分は残念ながらイマイチ。
それでも南京町は賑わっていました。










d0005397_133155.jpg

d0005397_27030.jpg

まあ週末はいつも大勢のお客さんでお祭りみたいな南京町ですが、
春節(正月)や中秋には中央の広場で獅子舞などの特別なイベントが催されます。

d0005397_2262291.jpg

d0005397_1384291.jpg


西遊記の主人公たちが、小さなお友だちに中国式参拝の仕方などを教えてあげています。
さすがは観光名所だねえ。本場じゃ観光客にそんなサービスしてくれないよ。
ま、あっちは真似事じゃないんだから、アタリマエだけどね。











こちら広場の公衆電話ボックス。いかにも、ってデザインざんしょ?。
カンケイないけど、最近は携帯電話の普及のせいで公衆電話が減ってるんですってね。
ケータイもってない子供や年寄りはどーすんだよN○T!。
d0005397_143653.jpg


南京町でのイチバンの楽しみは、やっぱ「食」でござるよ。
超有名ブタマン(肉マン)店の『老祥記』。 店内はちっこいので、ほとんどお持ち帰り客です。
いつ見ても客がズラーっと並んでるので、並ぶのが大嫌いな私は、もう長いことこの店のブタマンを食べたことないです。どんな味だったか忘れちゃったよ。
d0005397_1473926.jpg


シュークリームが人気のケーキ店『エストローヤル』。
「おっ、誰も並んでない、ラッキー」と思うと、売り切れだったりする店。
d0005397_1511982.jpg

パリッと香ばしい皮がぐぅ♪。
d0005397_155578.jpg


レストランも、レストランでない店も、店頭に点心の屋台を出すのが近年の南京町スタイル。
お行儀は悪いけど、やっぱり買い食いは楽しいよね~。
ぶらぶら歩き飲茶。ウォーキング・ヤムチャー。どーよ、これは香港ではできないよ。
d0005397_26938.jpg
d0005397_2252897.jpg

こちらのお店、お客さんが引いたところですかさずパチリ!。
理由はひとつ、可愛い売り子さんだから。昔の私のようですわ。←もちろんウソ(>_<)。
d0005397_2404017.jpg

飲み物やデザートも勢ぞろい。マンゴープリンにライチのゼリー、杏仁豆腐もあるあるよ。
d0005397_2362620.jpg

キンキラ土産物店。チャイナドレスやキッチュな雑貨。変身して記念撮影もOKよん。
d0005397_2363186.jpg


しかし私はちょいと路地へ。
観光客のあまりやってこない一角に、ひっそりたたずむは一軒のアジア雑貨やさん。
この店が私の御用達店。立ち寄るといつもなにかしら欲しいものが見つかるお店。
d0005397_2471164.jpg


これが今回のゲット品、小皿いろいろ。小皿、好きなんですよ♪。
d0005397_2504910.jpg


そして茶器。なにより好きなのが茶器。
気に入れば安物でも愛用するし、高いものも無理して買っちゃうことも。
実用的な器はあまり持ってなくて、ひたすら茶器ばっかり増えていく人生です。
これは安物だけど、なんとなく愛用品になりそうな気がする。
d0005397_2535887.jpg


さ、美味しいお茶を淹れて、残りの月餅でもいただくか~。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-20 03:06 | 神戸&関西街歩き  

星の王子さま


あるとき、王子さまが白黒チョビ星に降りていらっしゃいました。

d0005397_135942.jpg


「おや、もふもふの毛皮でできた、なかなかいい星だね」と、王子さまは気に入ってくださり、
それを聞いた私も、たいへん嬉しく思っていました。

ところが、今日、
お気に入りのカステラ箱でうたたねしていたはずの白黒もふもふ星が
王子さまを見つけてしまいました。

d0005397_117510.jpg

「なにって、王子さまよ。とても有名な方で、いろんな星の見物をなさっているのよ」

d0005397_131255.jpg


d0005397_1314259.jpg


     あっ、コラッなにするねん!!


王子さまはこの世には、凶暴な星もあることを、
身を持って知られたのでありました。

さいわい、怪我のなかった王子さまに、私の宝物を見ていただきました。
大事にしている絵本です。
箱入りなのですが、ちょっとふちが黄ばんでしまっています。
腕時計はいつだったか、どこかのヒコーキの、機内販売で買ったものです。
もしかしたら、AIR FRANCEだったかもしれません。
見つけたときはとても嬉しくて、買った後も少し興奮してしまいました。

「旅に出るときもしていくのよ。王子さまと一緒に旅をしている気分になれるでしょう?」

王子さまはなにもいわず、微笑んでいました。
d0005397_146562.jpg


そして白黒もふもふ星です。

「寝ちゃったね」と、愉快そうにおっしゃる王子さま。
ムッシュウ・サン・テグジュペリいわく「寝転んで読んで欲しくない」本だというのに、
それを枕に寝ちゃうとは。トホホホなヤツです。
d0005397_1445133.jpg


「ぼくの星に行った夢を見ているかもしれない」と、王子さまはいいました。
でもおやびんは思います。
「いいえ、コヤツが行った先は、きっとカツオ星に違いない」と。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-09 02:12 | こびん  

ホワイトバンド

やっと買えました。
前々から探していて、どこも売り切れだったホワイトバンド。
ありゃりゃ、私ってば、『9.10 WHITEBAND DAY』に取り残されちゃうのか~?、
と思っていたところ、
『*** CCC ***』sofさんの8月30日(9月2日に追加情報)のエントリー
「ほっとけない ~ホワイトバンドを左腕に」で、ファミリーマートが
限定数販売を始めたと知り、大急ぎでチャリを駆って2軒目でゲットしました。

d0005397_2257257.jpg


ほっとけない世界のまずしさキャンペーンによれば、この樹脂製のホワイトバンド、
ともあれ「身につけよう(意思表示)」ということなので、外出のときには他のブレスと合わせて
(目立たないようにしてどーするって気はするが(^^ゞ)、着けてみようかと思ってます。

d0005397_042171.gif



そして、猫ブロガーとくりゃ、やらずにいられないお約束(^^)vのこれ♪。

                ホワイトパンドは(堕)天使の輪
d0005397_073320.jpg


                ホワイトバンドで逆三ッ矢
d0005397_085264.jpg

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-09-02 23:01 | Free Time  

お揃いはいかが?

買ったばかりのアロハなシャツ、
着ておでかけした初日に同じシャツのヒトと出っくわしました。
うひゃ~、やぁだ~。
まあでも、それもありなん。なにせ大量生産品です。

メーカーのボッシーニってのは、香港中心に台湾、シンガ、上海など
華人文化圏にチェーン展開している大型カジュアル・ブランドで、
香港じゃ石を投げたらボッシーニの店に当たる、ちゅーくらい多いのです。
その店がすべて同じ品揃えなんだから、
同じもの着ているヒトと出くわす確率も、こりゃ高いですなあ。

しかし、そんなボッシーニもまだ日本に進出していないので、
わたしゃいつも買った香港では着ず、神戸で着ているわけです。
その安心のはずの神戸で、それも初日だよ~(くどいけど)、トホホホ。
かのヒトは華人だったのか、やはり私と同じような香港に通う日本人だったのか。
もちろん近寄って尋ねたりしていないので不明のままです。

ちなみに着ていたシャツはこれ。お揃いのバッグがお気に入り。
今もまだたぶんやっているラスト・バーゲンでめっちゃ安くなってますよ(私もそれで買った)。

d0005397_7545378.jpg


とまあ、いかに大量生産品とはいえ、同じ服のヒトと出くわすといい気持ちはせず、
どちらかというと、お互い道の端と端に分かれて、
なるだけ遠くすれ違おうとするのが人の常であります。
ところが、これが同じ服は服でも、我がニャンと同じ服(?)のニャンを見つけたとき、
これはまた別の反応をしてしまいますねえ。

先般ハワイに出かけたおり、晩ご飯を食べに行こうとやや急ぎ足で、
ワイキキはクヒオ通りの近くを歩いていると、視界の端っこに白黒猫が飛び込んできました。
空腹にもかまわず近寄ってみると、なんと白黒のビミョーな模様が、
神戸で留守番をさせている我がこびんにクリソツではないですか~!。
「おお、チョビじゃ~ん」
d0005397_855556.jpg

嬉しくなった私は相手がハワイ猫であることも忘れ、日本語であれやこれやと話しかけると、
相手はうるさがって、路地裏に退散してしまいました(当たりまえだぁ~な)。

次の夜も白黒ニャンはいました。しかも二倍になって。
一瞬、あっちの扉は鏡張りか??と思いましたが、
d0005397_818570.jpg


よく見りゃ同じようなのが2匹です。双子か?。
d0005397_833359.jpg

路地の奥にチラリと別の白黒が見えたので、まだいるらしい。すると明晩は3倍か。

うーん、なんて楽しい路地なんだ。
今思えば、白黒猫大量生産、つまりボッシーニ地帯だったわけですね。
d0005397_819481.jpg


しかし翌日は昼過ぎの便で帰国せねばなりませんでした。
あの路地に何匹の白黒ニャンが居るのか、
それはいずれ再訪のときのお楽しみ、ということで。
じつは彼らと出会ったとたん、それまですっかり忘れていたこびんに
「早く会いた~い」気分になっちゃったのですよ。我ながら単純ですけど。
だから翌日の帰国はちょうど良かったかも。

でも、そんなおやびんの心も、まるでわかってないのがこびん。
得意技の「かかとガブガブ噛み」でお出迎えされました(T_T)。

なにかとトホホの多い日々でございます。
[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-08-08 09:14 | 旅のハナシ  

先住猫の説教

「キミ、悪いことはいわない。まずはボクの言うことをよーく、聞きたまえ」
d0005397_1462525.jpg


「キミ、聞いているのかねっ、ボクの目をちゃんと見なさい!」
d0005397_1471414.jpg


「ダ、ダメだわ、こりゃ~」
d0005397_1473513.jpg

[PR]

by Tamarind-Cafe | 2005-07-25 01:49 | こびん